及び
en English

マイクロソフトはロシアからのウィンドウズを禁止します

マイクロソフトは、ロシアがWindows10とWindows11のISOファイル、およびインストールツールをダウンロードすることを、説明や理由なしに排除しました。

マイクロソフト

VPN経由でロシアのサーバーに接続し、ISOファイルまたはインストールツールのいずれかをダウンロードしようとすると、エラー404と、ファイルまたはディレクトリが見つからない、またはリクエストに問題があったという説明が表示されます。

現時点では、Windows 11メディア作成ツールをダウンロードできますが、実行すると、テキスト付きの0x80072F8F-0x20000エラーがスローされます。不明な理由により、このツールをコンピューターで実行できませんでした。

ロシアの人々は、VPN経由で接続し、ロシア国外にあるサーバーにアクセスすれば、ファイルをダウンロードできます。

マイクロソフトは、なぜこれが起こっているのか、技術的な問題である可能性がある、または意図的に発生している可能性がある理由についての説明を公開していません。

マイクロソフト対ロシアの他の歴史

ウクライナでのロシアの軍事作戦の開始以来、マイクロソフトはXNUMX月にすべての販売を停止することからロシアに制限を課してきましたが、来月XNUMX月に、マイクロソフトは制裁対象企業にリンクされたGitHubの開発者のアカウントを停止し始めました。特定の会社で働いていないか、会社を辞めました。

今月初め、Microsftは、ロシア国内での事業縮小を開始したため、ロシア国内で400人の従業員を解雇しましたが、ロシア国内のすべての請負業者と顧客にサービスを提供し続けると述べたため、この突然のダウンロードのブロックは予想外であり、それは彼らの声明に反します。

Advanced System Repir Pro

ワンクリックで自動化されたPC修復ソリューション
Advanced System Repair Proを使用すると、簡単に
破損したファイルを置き換える
パフォーマンスを回復する
空きディスク容量
マルウェアを削除する
WEBブラウザを保護します
ウイルスを削除する
PCのフリーズを停止します
DOWNLOAD
Advanced System Repair Proは、Windows11を含むすべてのバージョンのMicrosoftWindowsと互換性があります。

この記事を共有する:

あなたはおそらくそれも好きでしょう

Chromeエラー1603&0x00000643を修正する方法
Google Chromeブラウザーをインストールまたは更新しようとしているときに、Windows1603コンピューターでエラー0および00000643x10が発生した場合。 ほとんどのエラーはいくつかの簡単なトラブルシューティング手順で修正できますが、これら1603つのエラーにはかなり具体的な解決策があるため、そうではありません。 Chromeブラウザでエラー0と00000643xXNUMXを解決するには、以下の解決策を確認する必要があります。

オプション1–Microsoftのインストールとアンインストールのトラブルシューティングを実行してみます

Microsoftのインストールとアンインストールのトラブルシューティングを実行すると、Chromeのエラー1603と0x00000643、およびWindows10コンピューターの次の問題を修正するのに役立ちます。
  • 64ビットオペレーティングシステムの破損したレジストリキー。
  • 更新されたデータを制御する破損したレジストリキー。
  • 次のような問題:
    • 新しいプログラムがインストールされないようにします。
    • 新しいプログラムがインストールされないようにします。
    • コントロールパネルの[プログラムの追加と削除](または[プログラムと機能])を使用してプログラムをアンインストールできない問題。
Microsoftのインストールとアンインストールのトラブルシューティングを使用するには、以下の手順を参照してください。
  • まず、ダウンロードしたMicrosoftProgram_Install_and_Uninstall.meta.diagcabファイルを右クリックし、管理者権限で実行します。
  • 次に、トラブルシューティングのXNUMXつのシナリオ、つまり「インストール」または「アンインストール」が提供されます。現在のエラーを解決するには、「インストール」を選択する必要があります。
  • その後、コンピュータで利用可能なプログラムのリストが表示されます。 そこから、Google Update Helperを選択し、[次へ]をクリックします。
  • その後、問題のトラブルシューティングが開始され、修正が自動的に適用されます。 問題の根本的な原因であることが判明した場合は、Chromeをアンインストールするように提案されます。
  • その後、Google Chromeを再度ダウンロードして、再インストールする必要があります。

オプション2–Chromeをクリーンインストールしてみてください

アンインストール後にプログラムがファイルを残す場合があり、Chromeでも同じことが起こる可能性があるため、Chromeを再インストールする前に、ユーザーデータフォルダを削除したことを確認する必要があります。 これを行うには、次の手順を参照してください。
  • Win + Rキーを押して、[実行]ダイアログボックスを開きます。
  • 次に、フィールドに「%LOCALAPPDATA%GoogleChromeUser Data」と入力し、Enterキーを押してユーザーデータフォルダーを開きます。
  • そこから、デフォルトフォルダの名前を変更し、「Default.old」などの別の名前を付けます。
  • その後、Google Chromeを再度インストールして、問題が修正されたかどうかを確認します。

オプション3–Chromeクリーンアップツールを実行してみてください

Google Chromeに組み込まれているマルウェアスキャナーとクリーンアップツールを実行すると、不要な広告、ポップアップ、さらにはマルウェア、さらには異常な起動ページ、ツールバー、その他の可能性のあるものをすべて取り除くことができます。ネットワークを追い越し、ブラウザのパフォーマンスに影響を与える可能性があります。

オプション4–ネットワークトラブルシューティングを実行してみてください

  • コンピューターの検索バーを開き、「トラブルシューティング」と入力してトラブルシューティング設定を開きます。
  • 次に、下にスクロールして、右ペインから「ネットワークアダプタ」オプションを選択します。
  • 次に、「トラブルシューティングの実行」ボタンをクリックします。
  • その後、コンピュータは考えられるエラーをチェックし、可能であれば問題の根本原因を特定します。

オプション5–Chromeをリセット

Chromeをリセットすると、エラーの修正にも役立ちます。 これは、デフォルト設定を復元し、すべての拡張機能、アドオン、およびテーマを無効にすることを意味します。 それとは別に、コンテンツ設定もリセットされ、Cookie、キャッシュ、サイトデータも削除されます。 Chromeをリセットするには、次のことを行う必要があります。
  • Google Chromeを開き、Alt + Fキーをタップします。
  • その後、[設定]をクリックします。
  • 次に、[詳細設定]オプションが表示されるまで下にスクロールし、表示されたらクリックします。
  • [詳細設定]オプションをクリックした後、[復元してクリーンアップする]オプションに移動し、[設定を元のデフォルトに戻す]オプションをクリックしてGoogleChromeをリセットします。
  • 次に、GoogleChromeを再起動します。
続きを読む
Windowsコンピュータは自動的にスリープ状態になります
Windows 10コンピューターまたはラップトップを使用しているときでもランダムにスリープ状態が続く場合は、この投稿を読んで、問題を解決するプロセスを説明します。 Windows10コンピューターが自動的にスリープモードになる方法について報告したユーザーが多数います。 ある特定のユーザーは、新しいWindows 10バージョンをインストールすると、同じ問題が発生し始めたと主張しました。 画面がスリープ状態になることがわかりましたが、奇妙なことに、電源ライトとキーボードはまだ機能しています。 コンピュータはまた、触ると温かくなりますが、スリープモードの場合はそうではありません。 また、一部のユーザーがイベントログを確認しようとすると、コンピューターが実際にはスリープモードになっておらず、代わりにシャットダウンしたことが示されました。 この問題を修正するために、うまくいけばうまくいく可能性のあるいくつかの修正があります。

オプション1-コントロールパネルを使用して電源プランの設定を編集する

  • [Cortana]ボタンをクリックし、フィールドに「コントロールパネル」と入力し、適切な結果を選択してコントロールパネルを開きます。
  • コントロールパネルを開いた後、電源オプションをクリックします。
  • そこから、[プラン設定の編集]オプションを選択し、[コンピューターをスリープ状態にする]オプションが[しない]に設定されていることを確認します。

オプション2–設定を使用して電源オプションを編集する

  • Windowsキー+ Iをタップして、設定アプリを開きます。
  • その後、[設定]を選択し、[電源とスリープ]セクションに移動します。
  • 次に、デバイスがバッテリー電源で動作しているとき、または接続されているときは、システムを「しない」に設定します。
  • 次に、コンピュータを再起動して、すべてが正しく機能していることを確認します。

オプション3–電源トラブルシューティングを実行してみてください

問題の解決に役立つ可能性のある別のオプションは、電源のトラブルシューティングです。 Windowsに組み込まれているこのトラブルシューティングツールは、問題を再開するのに役立ちます。

オプション4–クリーンブート状態でのスリープモードの問題のトラブルシューティング

スリープモードの問題は、コンピュータにインストールされているサードパーティのプログラムが原因である可能性があります。 このプログラムは、コンピュータをスリープ状態にするプログラムである可能性があるため、この可能性を分離するには、以下の手順を使用してPCをクリーンブート状態にする必要があります。
  • 管理者としてPCにログオンします。
  • 入力します MSConfigの [検索の開始]で、[システム構成]ユーティリティを開きます。
  • そこから、[全般]タブに移動し、[選択的なスタートアップ]をクリックします。
  • [スタートアップ項目をロードする]チェックボックスをオフにし、[システムサービスをロードする]および[元のブート構成を使用する]オプションがオンになっていることを確認します。
  • 次に、[サービス]タブをクリックし、[すべてのMicrosoftサービスを非表示にする]チェックボックスをオンにします。
  • [すべて無効にする]をクリックします。
  • [適用/ OK]をクリックして、PCを再起動します。 (これにより、PCがクリーンブート状態になります。通常の起動を使用するようにWindowsを構成し、変更を元に戻すだけです。)
  • その後、Windows Updateをインストールするか、もう一度アップグレードしてみてください。

オプション5–スリープの詳細設定を確認してみてください

  • Windowsキーをクリックし、フィールドに「コントロールパネル」と入力して、関連する検索結果を選択します。
  • 次に、[セキュリティとメンテナンス]オプションを選択し、[電源オプション]をクリックします。
  • その後、プラン設定の変更を選択する必要がありますが、このオプションはほとんど読めないため、各オプションを注意深く読む必要があることに注意してください。
  • 次に、[詳細な電源設定の変更]ボタンをクリックすると、新しいウィンドウが表示されます。
  • 次に、「スリープ」オプションを探し、それを展開して「ハイブリッドスリープを許可」オプションを選択します。 このオプションをオフにして、開いているすべてのウィンドウを閉じます。
  • コンピュータを再起動し、コンピュータが正しく機能するかどうかを確認します。 それでも機能しない場合は、行った変更を元に戻す必要がある場合があります。

オプション6–MEIまたはIntelManagementEngineインターフェイスのv9または10をインストールしてみてください

このオプションは、HPラップトップを使用しているユーザーにのみ適用されることに注意してください。 また、マザーボードがハイブリッドスリープをサポートしていない場合は、Intel MEIをバージョン9または10にダウングレードする必要があります。v9またはv10をインストールするには、HP Drivers&Downloadsページに移動し、からMEIドライバーバージョン9を探す必要があります。 Webサイトのドライバチップセットセクション。 ドライバをダウンロードしたらインストールし、ダイアログボックスの警告が表示された場合は、無視して続行します。

オプション7–デバイスドライバーを更新する

  • ネットワークをサポートして、コンピュータをセーフモードで再起動します。
  • キーボードのWin + Rキーをタップして、[実行]ダイアログボックスを開きます。
  • その後、「devmgmt。MSCフィールドに「」と入力し、Enterキーを押すか、[OK]をクリックしてデバイスマネージャを開きます。
  • デバイスマネージャを開いた後、コンピュータ上のすべての古いデバイスドライバを更新します。
  • 次に、適切にラベル付けされたすべてのドライバーエントリを右クリックし、[ドライバーの更新]オプションをクリックします。
  • 次に、PCを再起動して、コンピューターが正常に戻ったかどうかを確認します。
続きを読む
アプリケーションのサイドバイサイド構成..。
最近、多くのユーザーから、「サイドバイサイド構成が正しくないため、アプリケーションを起動できませんでした」というエラーが報告されました。 この種のエラーは、その起源、開発者、および互換性に関係なく、多数のプログラムを開こうとするとポップアップする可能性があります。 エラーメッセージの完全なコンテキストは次のとおりです。
「「 、side-by0side構成が正しくないため、このアプリケーションを起動できませんでした。 詳細については、アプリケーションイベントログを参照するか、コマンドラインのsxstrace.exeツールを使用してください。
この種の問題は、バックグラウンドでのC ++ランタイムパッケージと関係があります。 また、レジストリ値のエラーに関連している可能性もあります。 原因が何であれ、この投稿で提供されているいくつかの提案の助けを借りて、このエラーを修正できます。 アプリケーションを再インストールするか、レジストリ設定を確認するか、適切なVisual C ++ランタイムを再インストールするか、Microsoft .NETFrameworkを再度有効にしてみてください。 詳細については、以下の手順を参照してください。

オプション1-アプリケーションを再インストールしてみてください

内部でアプリケーションのサポートモジュールがアプリケーションを台無しにした可能性がある場合があります。 そのため、これを修正するには、関連するアプリケーションをアンインストールしてから、再インストールする必要があります。 完了したら、問題が解決したかどうかを確認します。

オプション2–レジストリ設定を変更してみてください

  • Win + Rキーの組み合わせをタップして、[実行]ダイアログボックスを開きます。
  • 次に、フィールドに「Regedit」と入力し、Enterをタップしてレジストリエディタを開きます。
  • 次に、次のレジストリキーに移動します。コンピュータHKEY_LOCAL_MACHINEソフトウェアMicrosoft Windows NT CurrentVersion SideBySide Winners x86_policy.9.0.microsoft.vc90.crt_1fc8b3b9a1e18e3b_none_02d0010672fd8219 9.0
  • そこから、「default」という名前の文字列値を探し、それをダブルクリックします。
  • その後、値データを変更して、BINARYのXNUMX番目の値と一致させます。
  • 次に、コンピュータを再起動して、行った変更を正常に適用します。

オプション3–適切なVisual C ++ランタイムを再インストールしてみてください

  • まず、Windowsの検索ボックスでイベントビューアを検索して、イベントビューアを開く必要があります。
  • イベントビューアを開いた後、SideBySideによって発生したエラーイベントを探します。
  • 次に、エラーの原因となっている実際のVisual C ++ランタイムモジュールを探します。
  • 次に、Microsoftサポートの公式Webサイトからモジュールをダウンロードしてインストールし、問題が解決したかどうかを確認します。

オプション4– Microsoft .NETFrameworkを再度有効にする

また、Microsoft .NET Frameworkを無効にしてから、PCで最新バージョンの.NET Frameworkを有効にして、エラーが修正されているかどうかを確認することもできます。
続きを読む
0x800ccc92エラーコードを修正する方法

0x800ccc92-それはなんですか?

0x800ccc92はMicrosoftOutlookのエラーです。 このエラーにより、Outlookの電子メールアドレスで電子メールを正常に送受信する機能が制限されます。 このエラーは、0x800cc90および0x800ccc91Outlookのエラーコードと非常によく似ています。 0x800ccc92エラーメッセージは、多くの場合、次のように表示されます。

「受信したと報告されたエラー(0x800ccc92):あなたのメールサーバーはあなたのログインを拒否しました。」

このエラーは非常に一般的であり、多くのMicrosoftOutlookユーザーが直面しています。 Outlookを介した電子メールの送受信を制限するだけでなく、このエラーのためにOutlookのデータにもアクセスできなくなり、Outlookも予期せずフリーズし始めることがあるため、このエラーをすぐに修正することをお勧めします。

エラーの原因

エラーコード0x800ccc92の最も一般的な原因のいくつかは次のとおりです。
  • PSTファイルが破損します
  • Outlookの構成設定が正しくありません
  • PSTファイルが固定ファイルサイズの制限を超えています
  • データベースサーバー接続でのPOP3およびプロトコルSTMPの失敗
  • Outlookとサーバー間の不適切な同期
  • 無効なパスワードまたはユーザー名の使用
  • ウイルス感染

詳細情報と手動修理

上記のいずれかの原因により、0x800ccc92エラーメッセージが表示される場合があります。 このOutlookエラーが発生した場合でも、慌ててオフィスのネットワーク担当者に電話してエラーを修正および修復する必要はありません。 実際、修正は非常に簡単で、自分で修復できます。このエラーを最短時間で解決するための最良かつ簡単な方法のいくつかを次に示します。
  • エラーメッセージ0x0800ccc92がPOP3:Invalid Passwordとして表示される場合は、この場合、OutlookアカウントIDとパスワードをクロスチェックすることをお勧めします。 間違ったパスワードまたはIDを挿入すると、このエラーメッセージがポップアップすることがあります。 したがって、問題を解決してどこで問題が発生したかを確認し、IDとパスワードを正しく再入力するのが最善の方法です。
エラーがPOP3に関連していない場合(郵便局プロトコル) 次に、この問題を解決するために他の方法を試すことができます。
  • もうXNUMXつの方法は、利用可能な最新のServer Service Pack forExchangeをインストールすることです。 このソリューションは、互換性が問題になる場合に最適に機能します。
  • ただし、何も機能しない場合は、次のことをお勧めします。 PST修復ツールをダウンロード。 PST修復ソフトウェアは、0x800ccc92などのOutlookエラーをスキャン、検出、修復、および解決するように設計されています。 PST修復ソフトウェアは、PST破損ファイルを数秒で修復するのに役立つ特別なアルゴリズムで構築されています。 このツールは、Windows 8、Windows 7、Windows Vista、Windows XP、Windows 2003、およびWindows2008を含むすべてのWindowsオペレーティングシステムで動作します。
  1. このソフトウェアをダウンロードしてシステムにインストールするだけです。
  2. ダウンロードしたら、PCで実行してエラーを検出します。
  3. スキャンを押して開始します
  4. スキャンが完了するまでに約数分かかる場合があります。
  5. 完了したら、[修復]タブをクリックしてエラーを修正します。
  6. Outlookを再起動して、メールを送信してみてください。 上記の解決策が機能しない場合、この解決策は機能する可能性があります。
続きを読む
Rundllエラーを修正するためのXNUMXつの実証済みの方法

Rundllエラー-それはなんですか?

Rundllエラー、DLLはダイナミックリンクライブラリとも呼ばれます。これは基本的に、システムにインストールされている複数のプログラムによって使用および共有される命令とコードで構成されるウィンドウライブラリです。 プログラムのロードと実行をスムーズに行うのに役立ちます。 Rundllエラーは、システムがDLLファイルにアクセスできず、目的のプログラムを正常に実行する能力を妨げる場合に生成されます。

世界

Restoroボックス画像エラーの原因

rundllエラーコードは、次のような複数の理由でトリガーされます。
  • ウイルスやマルウェアの影響を受けるDLLファイル
  • プログラムのインストールが不十分
  • 無効なWindowsレジストリエントリ
run.dllエラーは、システムクラッシュ、フリーズ、障害、データ損失、さらにはサイバー犯罪、データ侵害、個人情報の盗難などのプライバシーの脅威にさらされるため、遅滞なくすぐに修正することをお勧めします。

詳細情報と手動修理

システムのrundllエラーを解決するために、以下の解決策を試すことができます。

解決策1:システムを再起動します

システムを再起動しても問題が解決する場合があります。 ただし、そうでない場合は、他の解決策を試して修正する必要があります。

解決策2:エラーをトリガーするプログラムを特定する

rundllエラーを修正するには、最初に、このエラーを生成しているプログラムを特定し、有効性を確認する必要があります。 このためには、rundllエラーダイアログボックスを分析するだけです。 システムで次のrun.dllエラーが発生したとします。読み込みエラー
C:\ WINDOWS \ system32 \ usvdgpo.dll。
このエラーメッセージは、プログラム'usvdgpo'がシステムでrun.dllエラーを引き起こしていることを示しています。 プログラムが識別されたら、次のステップはそれを手動で停止することです。 このためには、スタートメニューに移動して[実行]をクリックし、ダイアログボックスに「services.msc」と入力して「Enter」を押します。 その後、rundllエラーに関連するプロセスを右クリックし、[停止]ボタンをクリックしてプログラムを停止します。 次に、ウィンドウを閉じます。 このアクションはプロセスを停止しますが、偽のアイテムへの参照を削除しません。 これを削除するには、Windowsレジストリからプログラムを削除する必要があります。 これは、[実行]ダイアログボックスで「Regedit」と入力することで実行できます。 これにより、レジストリエディタが開きます。 左側のパネルにリストされているキーから、次のキーに移動します:HKEY_LOCAL_MACHINE / Software / Microsoft / Windows / CurrentVersion/Run。 次に、このキーを右クリックして[削除]をクリックし、Windowsレジストリを閉じて、システムを再起動します。 この後、rundllエラーを完全に根絶するために、プログラムをアンインストールする必要があります。 これを行うには、コントロールパネルに移動し、プログラムを追加/削除し、右クリックしてプログラムをアンインストールすると、システムでrun.dllエラーが発生します。 [はい]をクリックして、決定を確認します。 プログラムがアンインストールされたら、プログラムCDを使用してプログラムを再インストールし、エラーのないプログラムを入手します。 この手順は、特にコンピュータープログラマーでない場合は、注意が必要で時間がかかり、少し難しいかもしれません。

解決策3:アンチウイルスを実行する

run.dllエラーの原因がマルウェア攻撃である場合は、アンチウイルスをダウンロードしてシステムで実行する必要があります。 ただし、これはPCの速度に影響を与える可能性があります。 アンチウイルスは、PCの速度を遅くすることで有名です。

解決策4:Restoroをダウンロードします。

コンピュータープログラマーでない場合は、Restoroを実行するのが、システム上のrundllエラーを数秒で解決するための最も簡単な方法である可能性があります。 Restoroは、rundllエラーを含むあらゆる種類のシステム関連エラーを修復するために使用できる、革新的で最先端の多機能機能を備えたPC修復ツールです。 レジストリクリーナーユーティリティは、アンインストールされたプログラムからジャンクファイル、無効なレジストリエントリ、ファイルなどの不要で廃止されたファイルを削除することにより、RAMをクリーンアップします。 ディスクの断片化の問題を解決し、dllファイルとレジストリを修復します。 数回クリックするだけで、レジストリを簡単に修復してマルウェアを削除し、システムのrundllエラーを解決できます。 トータルシステムケアの運用は非常に簡単です。 それはユーザーフレンドリーなインターフェースと簡単なナビゲーションを持っています。 安全で効率的でバグがなく、すべてのWindowsバージョンと互換性があります こちらをクリックしてください。 Restoroをダウンロードして「rundllエラー」を解決し、システム上のプログラムにスムーズにアクセス/実行します。
続きを読む
PCからSadoomaを削除する方法

Sadoomaは、GoogleChromeのブラウザ拡張機能です。 この拡張機能により、ユーザーはWeb上のトレンドニュースを検索できます。

この拡張機能は、デフォルトの検索エンジンをYahooに変更し、アクティブな間、ブラウザに表示される広告を変更して、クリックするすべての広告で収益を上げることができるようにします。 これは本質的に悪意のあるものではありませんが、拡張機能は検索を最初にサーバーにリダイレクトしてから、yahooに転送して検索結果を表示します。 サーバーに返送される情報には、閲覧データとアクセスしたWebページが含まれます。 これはセキュリティとプライバシーのリスクを表すため、Sadoomaは、その潜在的に不要な機能と貧弱なユーザーエクスペリエンスのために、ブラウザハイジャッカーとして分類されます。 著者から:
私たちはあなたが必要とするものを持っています! あなたが私たちのようで、興味深いバイラルコンテンツに夢中になっているなら、あなたはこれに最適な場所に到達しています。 Sadoomaは、インターネット上で現在トレンドになっているものを簡単かつ迅速に見つけるのに役立ちます。 プライバシー–私たちはあなたの情報を他人と共有しません。 トレンドコンテンツ–毎日新しいバイラルコンテンツ 最新–ソースを更新して最新の状態に保ちます。 Made with Love –私たちのコンテンツは安全で、すべての年齢層に適しています。

ブラウザハイジャッカーについて

ブラウザハイジャッカーは、不要なソフトウェアの一種であり、通常はブラウザのアドオンまたは拡張機能であり、Webブラウザの設定が変更されます。 ブラウザハイジャッカーは、単にホームページを変更する以上のことができます。 それはあなたをスポンサーサイトにリダイレクトし、その作成者が収入を生み出すのを助けるインターネットブラウザに広告を挿入します。 多くの人がこれらのタイプのサイトは合法で無害であると考えていますが、それは真実ではありません。 ほぼすべてのブラウザハイジャッカーは、オンラインの安全性に脅威をもたらします。プライバシーの危険性の下でそれらを分類することが重要です。 最悪の場合、Webブラウザが乗っ取られて、コンピュータに多大な損害を与える悪意のあるソフトウェアをダウンロードする可能性があります。

ブラウザハイジャックの兆候

ブラウザの乗っ取りを示す多くの症状があります。Webブラウザのホームページに不正な変更が加えられているのがわかります。 訪問するつもりがなかったサイトにリダイレクトされます。 デフォルトのWebエンジンが変更されます。 今まで気づかなかったブラウザツールバーが表示されます。 インターネットブラウザは常にポップアップウィンドウを表示します。 Webブラウザーの実行が遅くなるか、エラーが頻繁に発生します。 特定のWebサイト、特にウイルス対策Webサイトにアクセスできません。

彼らがあなたのコンピュータやラップトップに入る方法

ブラウザハイジャッカーは、悪意のある電子メールの添付ファイル、ダウンロードされた感染したコンピュータファイル、または感染したサイトにアクセスすることによってコンピュータに感染します。 多くのWebブラウザーの乗っ取りは、アドオンソフトウェア、つまり、ブラウザーヘルパーオブジェクト(BHO)、ツールバー、またはWebブラウザーに追加された拡張機能から発生して追加機能を提供します。 ブラウザハイジャッカーは、オリジナルと一緒に無意識のうちにインストールした無料のソフトウェアアプリケーションのダウンロードとともにコンピュータに忍び込みます。 よく知られているブラウザハイジャッカーの例としては、Conduit、Anyprotect、Babylon、SweetPage、DefaultTab、RocketTab、Delta Searchなどがありますが、名前は定期的に変更されています。

除去

コントロールパネルから対応するマルウェアアプリケーションを見つけて削除することで、特定のブラウザハイジャックを簡単に阻止できます。 しかし、ハイジャック犯の大多数は本当に粘り強く、それらを取り除くために特別なアプリケーションを必要とします。 潜在的なリスクはシステムレジストリとHOSTSファイルをいじることに関連しているため、技術に精通した個人である場合にのみ、手動による修復を行うことを検討する必要があります。 信頼性の高いマルウェア対策アプリケーションをインストールして実行するだけで、ブラウザハイジャッカーの自動削除方法を選択できます。 ブラウザハイジャッカーマルウェアを修正するためのトップツールのXNUMXつは、SafeBytesAnti-Malwareです。 これは、コンピューター内の既存のマルウェアを削除するのに役立ち、最新のインターネット脅威からのリアルタイムの監視と保護を提供します。 マルウェア対策ツールとともに、SafeBytes Restoroなどのシステムオプティマイザーは、コンピューターレジストリ内のすべてのリンクされたファイルと変更を自動的に削除するのに役立ちます。

アンチウイルスをインストールできない場合はどうすればよいですか?

すべてのマルウェアは本質的に危険ですが、特定の種類のマルウェアは、他のマルウェアよりもコンピュータに大きな損害を与えます。 一部のマルウェアの亜種は、プロキシサーバーを含めるか、コンピューターのDNS構成を変更することにより、インターネットブラウザーの設定を変更します。 このような場合、一部またはすべてのWebサイトにアクセスできなくなり、コンピュータウイルスを駆除するために必要なセキュリティソフトウェアをダウンロードまたはインストールできなくなります。 これを読んでいる場合は、SafebytesAnti-Malwareなどのコンピュータセキュリティソフトウェアのダウンロードを妨げるウイルスに感染している可能性があります。 この種の問題を回避することは困難ですが、実行できるいくつかの手順があります。

問題を解決するためにセーフモードを利用する

セーフモードでは、Windowsの設定を調整したり、一部のプログラムをアンインストールまたはインストールしたり、削除が難しいマルウェアを排除したりできます。 コンピュータの起動時に悪意のあるソフトウェアがすぐにロードされるように設定されている場合、このモードに切り替えると、ロードできなくなる可能性があります。 セーフモードまたはネットワークを使用したセーフモードに入るには、コンピュータの起動中にF8キーを押すか、MSCONFIGを実行して、[ブート]タブの下にある[セーフブート]オプションを見つけます。 セーフモードになったら、悪意のあるソフトウェアの邪魔をすることなく、マルウェア対策ソフトウェアプログラムのダウンロードとインストールを試みることができます。 インストール後、マルウェアスキャナーを実行して、ほとんどの標準的な感染を排除します。

他のブラウザに切り替えます

悪意のあるコードは、特定のインターネットブラウザの脆弱性を悪用し、すべてのウイルス対策ソフトウェアWebサイトへのアクセスをブロックする可能性があります。 Internet Explorerがコンピュータウイルスに乗っ取られたり、ハッカーに侵害されたりした疑いがある場合は、Google Chrome、Mozilla Firefox、Apple Safariなどの別のインターネットブラウザに切り替えて、選択したセキュリティをダウンロードすることをお勧めします。アプリケーション– SafebytesAnti-Malware。

サムドライブからアンチウイルスをインストールして実行します

もうXNUMXつの解決策は、ウイルス対策プログラムを完全にUSBドライブから保存して実行することです。 これらの簡単なアクションを試して、ポータブルアンチウイルスを使用して感染したPCをクリアしてください。 1)別のウイルスのないPCを使用して、SafebytesAnti-Malwareをダウンロードします。 2)フラッシュドライブをクリーンなコンピューターに接続します。 3)ウイルス対策ソフトウェアのセットアップアイコンをダブルクリックして、インストールウィザードを実行します。 4)ウィザードがアンチウイルスをインストールする場所を尋ねてきたら、場所としてフラッシュドライブのドライブ文字を選択します。 画面の指示に従って、インストールプロセスを完了します。 5)ペンドライブを取り外します。 これで、感染したコンピューターでこのポータブルマルウェア対策を使用できます。 6)フラッシュドライブのSafebytes Anti-malwareアイコンをダブルクリックして、プログラムを実行します。 7)フルシステムスキャンを実行して、あらゆる種類のマルウェアを特定して駆除します。

SafeBytes Anti-Malwareについて話しましょう!

コンピュータ用のマルウェア対策プログラムをダウンロードする場合、市場には検討すべきツールがいくつかありますが、有料プログラムか無料プログラムかに関係なく、誰もが盲目的に信頼することはできません。 それらのいくつかはマルウェアの脅威を取り除くのに素晴らしい仕事をしますが、いくつかはあなたのPC自体に影響を与えます。 評判が良く、ウイルスだけでなく他の種類のマルウェアも検出するツールを購入する必要があります。 業界アナリストが推奨するツールのXNUMXつは、MicrosoftWindows用の最も安全なプログラムであるSafeBytesAnti-Malwareです。 SafeBytesマルウェア対策は、あらゆるレベルのITリテラシーのユーザーがパーソナルコンピューターから悪意のある脅威を見つけて削除するのを支援するために作成された、強力で非常に効果的な保護ソフトウェアです。 このアプリケーションは、最先端のテクノロジーを使用して、コンピューターウイルス、PUP、トロイの木馬、ワーム、ランサムウェア、アドウェア、ブラウザーハイジャッカーなどのさまざまな種類のマルウェアを駆除するのに役立ちます。 このセキュリティ製品で得られる多くの優れた機能があります。 以下は、ツールに含まれているハイライトされた機能の一部です。 リアルタイムの脅威対応: SafeBytesは、マルウェアの侵入を即座に制限するPCのXNUMX時間体制の保護を提供します。 ラップトップまたはコンピューターのハッカー活動を定期的に監視し、ユーザーに高度なファイアウォール保護を提供します。 世界クラスのアンチウイルス保護: Safebytesは、業界で最高のウイルスエンジンで作られています。 これらのエンジンは、マルウェアの発生の初期段階でも脅威を見つけて取り除きます。 より高速なスキャン: このソフトウェアは、業界で最も高速で効果的なウイルススキャンエンジンのXNUMXつを備えています。 スキャンは非常に正確で、完了するまでに短時間かかります。 安全なWebブラウジング: SafeBytesは、チェックアウトしようとしているWebページに即時の安全性評価を提供し、安全でないサイトを自動的にブロックし、ネットを閲覧している間、オンラインの安全性を確認します。 軽量ツール: SafeBytesは、軽量でユーザーフレンドリーなウイルス対策およびマルウェア対策ソリューションです。 最小限のコンピューターリソースを使用するため、このアプリケーションは、コンピューターの能力をそれが属する場所に正確に残します。実際には、ユーザーに任せます。 24時間年中無休のオンラインテクニカルサポート: 有料のソフトウェアを使用している場合は、XNUMX時間体制で高レベルのサポートを受けることができます。 要約すると、SafeBytes Anti-Malwareは、あらゆる種類のマルウェアの脅威からラップトップまたはコンピューターを保護するのに非常に優れています。 このソフトウェアを使用するとすぐに、コンピュータがリアルタイムで保護されることは間違いありません。 したがって、使用するのに十分シンプルな包括的なウイルス対策プログラムを見つけようとしている場合は、SafeBytesAnti-Malwareがまさに必要なものです。

技術的な詳細と手動による削除(上級ユーザー)

マルウェア除去ソフトウェアを使用せず、Sadoomaを手動で除去したい場合は、コントロールパネルの[プログラムの追加と削除]メニューに移動し、問題のあるソフトウェアを削除します。 ブラウザアドオンの場合は、ブラウザのアドオン/拡張機能マネージャにアクセスしてアンインストールできます。 ブラウザの設定をリセットしたり、WebブラウザのキャッシュとCookieをクリアしたりすることもできます。 完全に削除するには、ハードディスクとレジストリで次のすべてを手動で調べ、必要に応じて値を削除またはリセットします。 ただし、Windowsレジストリの編集は実際には複雑な作業であり、上級ユーザーと専門家だけが修正を試みる必要があります。 さらに、特定の悪意のあるプログラムには、その削除を防ぐ機能があります。 この手順はセーフモードで行うことをお勧めします。
ファイル: %USERPROFILE%\ AppData \ Local \ Google \ レジストリ: HKEY_CURRENT_USER \ Software \ Microsoft \ Windows \ CurrentVersion \ Run HKEY_LOCAL_MACHINE \ SOFTWARE \ Microsoft \ Windows \ CurrentVersion \ Run HKEY_LOCAL_MACHINE \ SOFTWARE \ Wow6432Node \ Microsoft \ Windows \ CurrentVersion \ Run
続きを読む
DuckDuckGoの新しいブラウザが登場します
人気のあるプライベート検索エンジンであるDuckGoGoは、検索エンジンのようにプライバシーに焦点を当てた最初のブラウザを間もなくリリースします。 duckduckgoブラウザ最近のブログから、DuckDuckGoのCEOであるGabrielWeinbergは次のように述べています。
「モバイルで行ったように、デスクトップ用のDuckDuckGoは、日常のオンラインプライバシーに対するユーザーの期待を再定義します。」
これまでに学んだすべてのことから、ブラウザはプライバシーを非常に簡単かつシンプルにし、プライバシーに関するさまざまな設定を排除し、環境全体をデフォルトで設定された堅牢なプライバシー保護にすることに重点を置きます。 設定は、検索、ブラウジング、メールなど、すべてのフィールドに適用されます。 ガブリエル氏はまた、ブラウザの目的は単なるプライバシーブラウザではなく、プライバシーを保護するボーナスとして日常的に使用するために構築され、日常のブラウザとして使用されることを意図していると述べました。 述べられた興味深いことのXNUMXつは、ブラウザー自体が、通常のChromiumではなく、OSが提供するレンダリングエンジンに基づいて構築されていることです。 DuckDuckGoによると、このアプローチにより、主要なブラウザーで長年にわたって蓄積された不要な雑然としたものの多くが取り除かれます。 また、同社は、Chromeと比較した場合、DuckDuckGoアプリのデスクトップはよりクリーンでプライベートであり、初期のテストでも大幅に高速であることがわかったと述べています。 これは単なる企業広告ですか、それとも現実ですか? ブラウザがリリースされるか、公開テストのためにリリースされると表示されます。 それまでは気をつけて幸せな休日を。
続きを読む
Realtekの米国の調査を求めるAMD

AMDとATITechnologiesULCは、RealtekSemiconductorとTCLIndustries Holdingsに対して、XNUMXつの特許に違反しているとして、米国国際貿易委員会に苦情を申し立てました。

amdatiロゴ

苦情は自動的にUSITCからの調査を引き起こし、USITCは、特定のグラフィックシステム、そのコンポーネント、および台湾を拠点とするRealtekと中国/香港を拠点とするTCL Industries Holdings(およびその子会社)のコンポーネントを備えたデジタルテレビを調査すると回答しました。 。

AMDとATIは除外命令を求めており、製品の販売の排除措置命令を求めています。 調査はXNUMX月XNUMX日に正式に開始されました。 AMDとATIは、MediatekとTLCIndustriesがグラフィックカードで使用されているさまざまなテクノロジーに関するXNUMXつの特許に違反していると主張しています。

ATIの特許には、テクスチャ解凍技術、統合シェーダーを備えたグラフィックス処理アーキテクチャ、およびマルチスレッドグラフィックス処理システムが含まれます(特許7,742,053クレーム1-9、8,760,454クレーム2-11、および11,184,628クレーム7-12)。 AMDの特許は、スレッドの波面データとイベントを同期するための方法とシステムを対象としています。 特許は、非同期タスクディスパッチを可能にする処理ユニットを対象としています(特許8,468,547クレーム16-21、および8,854,381クレーム15-20)。

AMDとATIがUSITCの調査を依頼したのはこれが初めてではなく、2017年には、LG、Vizio、Mediatek、およびSigmaDesignsを対象としていました。 以前の調査は、当事者間の和解で終了しました。これがどのように進むかを確認し、進行中に最新情報を提供します。

続きを読む
Instagramの投稿がコンピューターで利用可能になりました
Instagramの投稿は非常に長い間携帯電話用に予約されていましたが、2021年XNUMX月にその特権は終了しました。 Instagramは、ウェブサイトからInstagramに投稿する待望の機能を追加しました。 iPhoneやAndroidアプリにもあるのとほぼ同じフィルターや編集ツールを利用できます。 InstagramのロゴInstagramアカウントにコンピューター経由で投稿するには、ブラウザーだけが必要です。 もちろん、最初のステップはinstagram.comにアクセスしてアカウントにログインすることです。アカウントをお持ちでない場合は、無料でアカウントを作成できます。 次に、右上隅の+アイコンをクリックします。 新しい投稿の作成画面が開きます。この画面で、下部にある[コンピューターから選択]の青いボタンをクリックします。 ファイルマネージャが開き、目的の写真を選択して確認します。 その後、写真の調整画面が表示されます。ここでは、写真のトリミング、ズームイン、アスペクト比の調整、または写真を追加してスライドショーを作成することができます。 これらの調整がすべて完了したら、右上の[次へ]をクリックします。 そこから、多くのフィルターのXNUMXつを適用できるフィルター画面が表示されます。必要に応じて、携帯電話のアプリケーションと同じように、明るさ、コントラスト、彩度、温度などを調整できます。 目的の結果が得られたら、画面の右上にある[次へ]をもう一度クリックします。 最後に、必要に応じて写真のキャプションを書き込んで場所を追加するオプションが表示されます。 この手順が完了したら、右上の[共有]をクリックしてフィードを投稿できます。 これですべてです。モバイルアプリケーションの場合と同様に、コンピューターを使用してInstagramに投稿できます。
続きを読む
DRIVER_VERIFIER_DETECTED_VIOLATIONを修正します
ドライバベリファイア はWindows10に組み込まれているツールで、コンピューター上のデバイスドライバーを監視します。ドライバーの問題を検出すると、問題の修正を試みます。 ドライバーのブルースクリーンが発生し、ドライバーベリファイアを実行した後、メッセージDRIVER_VERIFIER_DETECTED_VIOLATION XNUMXが表示された場合は、この記事に従って、問題を解決してください。 セーフモードでこれを実行しなければならない可能性もあります。その場合は、セーフモードにログインして続行します。それ以外の場合は、通常どおり続行します。
  1. デバイスドライバを更新する

    ブルースクリーンで最も一般的な問題は、古いドライバー、ほとんどの場合、グラフィカルドライバーです。 すべてのドライバーを更新する 最新バージョンを使用して、これで問題が解決するかどうかを確認してください。
  2. 仮想化ソフトウェアを停止またはアンインストールします

    Virtuaマシンソフトウェアは、安全な環境を確保し、Windowsのインストールをそのまま維持しながら実験するための優れた方法ですが、これらのアプリケーションの性質上、ブルースクリーンエラーが発生する場合があります。 仮想化を停止する それが問題を取り除くかどうかを確認するためのソフトウェア。 その場合は、別の仮想化アプリケーションを試してください
  3. Driver Verifierを無効にする

    メディア情報 ⊞ウィンドウ + X シークレットメニューを開く 【送信】ボタンをクリックします。販売者は原則としてXNUMX日以内に回答を返信します。XNUMX日を過ぎても回答がない場合は、Artisanaryまでお問い合わせください。 on コマンドプロンプト(管理者) コマンドプロンプトの種類: 検証者 を押し ENTER 現在地に最も近い 既存の設定を削除する ラジオボタン Finishをクリックします。 リブート あなたのコンピュータ
  4. ドライバー検証ツールをリセット

    メディア情報 ⊞ウィンドウ + X シークレットメニューを開く 【送信】ボタンをクリックします。販売者は原則としてXNUMX日以内に回答を返信します。XNUMX日を過ぎても回答がない場合は、Artisanaryまでお問い合わせください。 on コマンドプロンプト(管理者) コマンドプロンプトの種類: ベリファイア/リセット を押し ENTER リブート あなたのコンピュータ
  5. システムの復元を使用する

    Windowsをにロールバックする 以前の状態 すべてがうまく機能していたところ。
続きを読む
及び
著作権©iriz.co ErrorTools。 全著作権所有
商標:Microsoft Windowsのロゴは、Microsoftの登録商標です。 免責事項: ErrorTools.comはMicrosoftと提携しておらず、直接提携しているとは主張していません。
このページの情報は、情報提供のみを目的として提供されています。
DMCA.com保護ステータス