及び

Windows Updateのエラーを修正する0x80244019

Windows 10 コンピューターを更新しようとして、代わりに Windows 更新エラー 0x80244019 が発生した場合は、この投稿が問題を解決するための考えられる修正を提供するのに役立つので、読み続けてください。 この種の Windows Update エラーは、通常、Windows Update の設定または Windows Update コンポーネントが原因で発生します。 このエラーに遭遇した多くのユーザーは、上記のエラーにより更新が失敗し、Windows Update がもたらす最新機能を享受できないと報告しています。

このような場合、この Windows Update エラーの一般的な原因としては、Windows Update の設定、Windows Update の構成、サードパーティのウイルス対策プログラムなどが考えられます。 このエラーを解決するには、以下のオプションを確認してください。

オプション 1 – コンピュータを再起動し、アップデートを再度インストールしてみる

コンピューターを再起動してから、更新プログラムのインストールを再試行できます。 単純な再起動でWindowsUpdateエラーが解決される場合があります。 それとは別に、インターネット接続が機能していて安定していることを確認したほうがよいでしょう。 そのため、コンピューターを再起動した後、更新をもう一度確認し、それでもエラーが発生するかどうかを確認してください。

オプション 2 – Windows Update の設定を変更してみる

Windows Update の設定を微調整してみることもできます。 これにより、他の Microsoft 製品が更新されなくなり、さらに、後でいつでもこのオプションをオンに戻すことができます。 Windows Update 設定を変更するには、次の手順に従います。

  • Win + Iキーをタップして[設定]を開きます。
  • 次に、「更新とセキュリティ」に移動し、「詳細オプション」をクリックします。
  • そこから、「Windows を更新するときに他の Microsoft 製品の更新プログラムを入手する」オプションをオフにします。

オプション 3 – Windows Update トラブルシューティング ツールを実行する

組み込みのWindowsUpdateトラブルシューティングツールの実行は、エラーコード0x80244019などのWindows Updateエラーを自動的に解決することが知られているため、最初に確認できることのXNUMXつです。 実行するには、次の手順を参照してください。

  • Win + Iキーをタップして[設定]を開きます。
  • そこから、[更新とセキュリティ]をクリックして、[トラブルシューティング]セクションに移動します。
  • 次に、[Windows Update] を選択して [トラブルシューティング ツールの実行] ボタンをクリックし、完了するまで待ってから、Windows Update を再度実行してみます。

オプション 4 – サードパーティのウイルス対策プログラムを無効にしてみる

Windows Update プロセスがスムーズに進まない場合は、コンピュータにインストールされているウイルス対策プログラムまたはセキュリティ ソフトウェアを無効にすることをお勧めします。 サードパーティのウイルス対策プログラムの干渉により、0x80244019 のような Windows Update エラーが発生する場合があります。 したがって、コンピュータを再度更新する前に、必ずウイルス対策プログラムまたはセキュリティ プログラムを無効にしてください。また、Windows Update が完了したら、忘れずにウイルス対策プログラムを再度有効にしてください。

オプション 5 – Windows Update を手動でインストールしてみる

Windows Update エラー 0x80244019 は、失敗した Windows Update が原因である可能性があります。 そのため、機能更新プログラムではなく累積更新プログラムのみの場合は、Windows Update をダウンロードして手動でインストールできます。 ただし、最初に、どの更新が失敗したかを確認する必要があります。そのためには、次の手順を参照してください。

  • [設定]に移動し、そこから[更新とセキュリティ]> [更新履歴の表示]に移動します。
  • 次に、どの特定の更新が失敗したかを確認します。 インストールに失敗した更新は、「失敗」というラベルの付いた「ステータス」列の下に表示されることに注意してください。
  • その後、Microsoftダウンロードセンターにアクセスし、KB番号を使用してその更新プログラムを探し、見つかったら、ダウンロードして手動でインストールします。

注: また、企業ネットワーク経由で配布できるソフトウェア更新プログラムのリストを提供する Microsoft のサービスである Microsoft Update カタログを使用することもできます。 このサービスを利用すると、Microsoft ソフトウェアの更新、ドライバー、および修正プログラムを簡単に見つけることができます。

オプション 6 – 一部の Windows Update サービスを再起動する

まず最初に行う必要があるのは、Windows Update 関連のサービスを再起動することです。 これを行うには、以下の手順を参照してください。

  • WinXメニューを開きます。
  • そこから、管理者としてコマンドプロンプトを開きます。
  • 次に、次のコマンドを入力します。それぞれを入力した直後にEnterキーを押すことを忘れないでください。

ネットストップ

ネットストップビット

  • これらのコマンドを入力すると、Windows UpdateServiceとバックグラウンドインテリジェント転送サービスが停止します。
  • 次に、C:/Windows/SoftwareDistribution フォルダーに移動し、すべてのフォルダーとファイルを削除して、Ctrl + A キーを押してそれらをすべて選択し、[削除] をクリックします。 使用中のファイルは削除できませんのでご注意ください。
  • ソフトウェアディストリビューションフォルダの内容がすべて削除されたら、PCを再起動し、コマンドプロンプトに戻って、次のコマンドをもう一度入力します。

ネットスタートwuauserv

ネットスタートビット

 フォルダーはすでにフラッシュされているため、コンピューターを再起動して Windows Update を開いた瞬間にフォルダーが新たに設定されます。 次に、コンピュータを再度アップデートして、エラーが修正されるかどうかを確認してください。

お使いのデバイスについてサポートが必要ですか?

私たちの専門家チームがお手伝いします
Troubleshoot.Tech エキスパートがあなたをサポートします!
破損したファイルを置き換える
パフォーマンスを復元する
空きディスク容量
マルウェアを削除する
WEBブラウザを保護
ウイルスを削除する
PCのフリーズを止める
お問い合わせ
Troubleshoot.Tech の専門家は、Windows 11 を含むすべてのバージョンの Microsoft Windows、Android、Mac などに対応しています。

この記事を共有する:

あなたはおそらくそれも好きでしょう

Windows 11 でアップデートの再起動をスケジュールする
Windows 11のスケジュールアップデートWindows 11 更新プログラムが利用可能であるが、コンピューターを使用中のためすぐには再起動したくない場合は、最大 7 日間の再起動をスケジュールできます。 とても簡単ですので、その方法をご紹介します。
  1. イベント ⊞ウィンドウ + I 設定を開くには
  2. ソフトウェアの制限をクリック Windows Updateの
  3. 上部の「再起動が必要です」の下にあるをクリックします 再起動のスケジュールを設定する
  4. 下のスイッチをクリックします 時間をスケジュールする それを回す ON
  5. 時間を選ぶ および 日を選んでください 更新したい日時を設定するメニュー
  6. XNUMX つの画面に戻り、日付が設定されていることを視覚的に確認します
  7. 設定を閉じます
スケジュールされた再起動は、Windows Update ページのメッセージで確認されます。
続きを読む
オーディオデバイスエラーなし–トリックを修正

オーディオデバイスの誤動作がないのは正確には何ですか?

オーディオ デバイスのエラーは、多くのコンピュータ消費者が遭遇する故障の XNUMX つです。 エラーが発生すると、コンピューターから音や音声が聞こえなくなります。

ソリューション

ドライバーフィックスボックスエラーの原因

この誤動作の基礎となる可能性のある要素は多数あります。 破損または破損したサウンド カード ドライバー、たとえばデバイス マネージャー オプションが正しくない、またはさらに間違っている BIOS構成.

詳細情報と手動修理

どうすればあなたのパーソナルコンピュータによる標準的なオーディオ生成を回復し、この誤動作を解決できるでしょうか? 他の多くの故障と同様に、修復方法はその原因によって異なります。 このジレンマを適切に解決するには、PC システムを評価して原因を特定する必要があります。 これは、単独または同時にこのジレンマを引き起こす可能性のある変数が多数あるためです。 これらの対策により、パーソナル コンピュータ プログラムでサウンドなしデバイスのエラーを解決し、原因を特定して修正することができます。 コンピュータにオンボードオーディオデバイスがインストールされている場合は、ステップ 1 の指示に従い、BIOS 設定を評価します。 別のサウンド カードを使用する場合は、ステップ 1 にジャンプしてステップ XNUMX に進むことができます。

ステップ #1 - BIOS オプションを評価します。

サウンド デバイスのエラーは、パーソナル コンピュータの BIOS 設定が正しくないことが原因で発生する可能性があります。 これらの設定が不具合の原因となっている場合は、これらの設定を修正することで簡単に解決できます。 必ず PC を再起動し、すぐに BIOS オプションにアクセスしてください。 サウンド カード (通常は AC97オーディオ、その後、Integrated Peripherals を開く必要があります。 見つけたらすぐに、「許可」または「自動」に設定します。 最後に、オンボード オーディオ AC97 コントロールにアクセスし、同様に [許可] または [自動] に設定する必要があります。 それでも状況が解決しない場合は、ステップ XNUMX に進みます。

ステップ #2 - デバイスマネージャーを分析する

デバイス マネージャーの誤動作によってサウンド デバイスの誤動作が発生することはありません。 この問題を解決するには、「マイ コンピュータ」に移動し、右クリックしてプロパティを選択し、「ハードウェア」タブをクリックして、「デバイス マネージャ」をクリックします。 このウィンドウペインで、ムービー、オーディオ、およびゲーム コントローラーを分析します。 サブ項目のいずれかにバツ印があることがわかった場合は、それを右クリックして有効に設定します。 デバイス マネージャーのメニューに感嘆符や疑問符が表示されている場合は、サウンド カード ドライバーが正しくインストールされていないか、破損している可能性があります。 これは、サウンド カード ドライバーが正常であることを意味するものではありません。 異常が見つからなくても故障している可能性があります。 これは、デバイス マネージャーがオーディオ ハードウェアのエラーを常に認識するとは限らないためです。 この後、ステップ 3 に進むことができます。

ステップ #3 - サウンドカードドライバーをアップグレードまたは再インストールします。

「サウンド システムが検出されない/インストールされていない」という不具合の約 80% は、壊れたカード ドライバや古いカード ドライバが原因で発生します。 オーディオ カード ドライバが壊れている、損傷している、または古い場合、サウンド カードは Windows オペレーティング システムによって検出されず、そのためコンピュータから音が出なくなります。 これがサウンド デバイスの誤動作の原因である場合は、コンピュータにオーディオ カード ドライバを再インストールする必要があります。 それでも、Web 上のドライバー アップグレード アプリケーションを利用して、古いドライバーをアップグレードすることができます。
続きを読む
システムに接続されているデバイスが機能していません
モバイルまたは外部デバイスを Windows 10 コンピューターに接続しようとしているときに、「システムに接続されているデバイスが機能していません」というエラーが突然発生した場合は、この投稿でこのエラーを解決する方法について説明しますので、このまま読み続けてください。いくつかの潜在的な修正を使用します。 この場合、接続されたデバイスが何らかの理由で動作しておらず、デバイスを接続したとき、またはコンピュータから外部デバイスにファイルを移動またはコピーしようとしたとき、またはその逆にファイルを移動またはコピーしようとしたときに、このエラーがポップアップする可能性があります。 ご覧のとおり、エラー メッセージは非常に単純で、主に USB ドライブ、プリンタ、外部ストレージ デバイスなどのプラグ アンド プレイ デバイスを接続したときに発生します。 また、デバイス マネージャーを開いてデバイスを確認すると、デバイス上に黄色の感嘆符が表示される可能性が高く、これはデバイスに現在問題があることを示します。 この問題を解決するには、いくつかのオプションを確認してください。 デバイスのステータスを確認するか、外部デバイスとドライブの種類の間の互換性を確認する必要があります。 また、デバイスが正しく接続されていること、またはデバイスが正しくフォーマットされているかどうかを確認する必要もあります。 詳細については、以下の提案に従ってください。

オプション 1 – デバイスのステータスを確認してみる

エラーを解決するために最初にできることは、外部デバイス (特にプラグ アンド プレイ デバイスの場合) のステータスを確認することです。 したがって、コンピュータが起動するときに、デバイスが検出できるかどうかを確認してください。

オプション 2 – 外部デバイスとドライバー間の互換性を確認してみる

ご存知のように、外部デバイスをコンピューターに接続すると、Windowsは、マザーボードに接続するハードウェアと同じように、デバイスと通信するためのドライバーをインストールします。ドライバーが破損したり、互換性がなくなったりした場合は、次のことを行う必要があります。デバイスドライバを更新します。 これを行うには、以下の手順に従います。
  • まず、[スタート]ボタンをクリックして、「デバイスマネージャ」と入力します。
  • 次に、検索結果から「デバイスマネージャ」をクリックして開きます。
  • そこから、外部デバイスに関連するドライバーを探し、各デバイス ドライバーを右クリックして、メニューから [ドライバーの更新] を選択します。
  • PCを再起動し、[更新されたドライバソフトウェアを自動的に検索する]オプションをクリックします。
注: デバイス ドライバーの更新が機能しなかった場合は、代わりにドライバーを再インストールしてみてください。

オプション 3 – ハードウェア接続を確認してみる

問題をさらにトラブルシューティングする前に最初に行う必要があるのは、コンピューターのハードウェア接続をチェックし、USBポートの場合と同様に、損傷したものがあるかどうかを確認することです。これは、デバイスとコンピューターの全体的な接続にも影響します。 そのため、接続ケーブルに物理的な不規則性がある場合は、別のケーブルを購入して交換し、問題が解決するかどうかを確認する必要があります。

オプション 4 – デバイスが正しくフォーマットされているかどうかを確認する

特に最近フォーマットした場合は、外部デバイスが正しくフォーマットされているかどうかを確認することもできます。 デバイスが適切にフォーマットされていない場合、「システムに接続されているデバイスが機能していません」というエラーが表示されるのも不思議ではありません。 これを修正するには、ディスク管理を使用する必要があります。 そこから、接続されているが表示されていないデバイスを見つけることができます。 管理者アカウントを使用している場合、このエラーを修正するには、ドライブをフォーマットするか、インターフェイスを使用して新しいパーティションを作成するオプションがあります。 これを行うと、問題が解決するはずです。

オプション 5 – システム ファイル チェッカーまたは SFC スキャンを実行してみる

  • Win + RをタップしてRunを起動します。
  • 入力します CMD フィールドに入力し、Enterをタップします。
  • コマンドプロンプトを開いた後、次のように入力します SFC / SCANNOW Enterキーを押します。
  • 完了したら、コンピュータを再起動します。

オプション 6 – クリーン ブート状態でコンピュータを再起動する

ウイルス対策などのサードパーティ製プログラムが問題の原因である場合は、次の手順に従ってコンピューターをクリーン ブート状態にして問題を切り分けることができます。
  • 管理者としてPCにログオンします。
  • 入力します MSConfigの [検索の開始]で、[システム構成]ユーティリティを開きます。
  • そこから、[全般]タブに移動し、[選択的なスタートアップ]をクリックします。
  • [スタートアップ項目をロードする]チェックボックスをオフにし、[システムサービスをロードする]および[元のブート構成を使用する]オプションがオンになっていることを確認します。
  • 次に、「サービス」タブをクリックし、「Microsoft サービスをすべて隠す」チェックボックスをオンにします。
  • [すべて無効にする]をクリックします。
  • [適用/ OK]をクリックして、PCを再起動します。 (これにより、PCがクリーンブート状態になります。通常の起動を使用するようにWindowsを構成し、変更を元に戻すだけです。)
  • 次に、デバイスを接続するか、ファイルを外部デバイスに再度コピーして、エラーがなくなったかどうかを確認します。
続きを読む
致命的なエラーを修正する方法c000021a

致命的なエラーc000021a-それは何ですか?

致命的エラー c000021a は、ブルー スクリーン (BSoD) エラーとしても知られる Windows 停止エラーの一種です。 このエラーが発生すると、コンピュータの画面が青くなり、ユーザーは現在のアクティビティからロックされます。 このエラー コードは致命的であり、システムのクラッシュやフリーズなどの深刻な問題を引き起こす可能性があります。 エラー コードは通常、次の形式で表示されます。
停止:c000021a {致命的なシステムエラー} Windows Logon Processシステムプロセスが0xc0000034(0x00000000 0x0000000)のステータスで予期せず終了しました

ソリューション

レストアボックスイメージエラーの原因

致命的エラー c000021a は、Winlogon.exe または Csrss.exe サービス プロセスが応答を停止したか、読み込みに失敗したことを Windows カーネルが検出したときに発生します。 これが発生すると、エラーコードが画面にポップアップ表示されます。 ただし、これがこのエラーが発生する唯一の理由ではありません。 致命的エラー c000021a がコンピューター画面に表示される理由は他にもたくさんあります。 これらには次のものが含まれます。
  • ハードウェアドライバの欠落または破損
  • ハードウェアの不良
  • ロールバックプロセス中にWindowsシステムの復元が失敗しました
  • マルウェアまたはウイルス感染
  • レジストリの問題
理由が何であれ、遅滞なく直ちにエラーを修正することをお勧めします。 これは致命的なエラーであり、PC に多大な損害を与える可能性があることに注意してください。

詳細情報と手動修理

致命的エラー c000021a は PC の重大な問題ですが、修正するために専門家を雇う必要があるという意味ではありません。 幸いなことに、このエラーは実際には非常に簡単に解決できます。 PC 上の致命的エラー c000021a を修正するには、技術的な専門家やコンピューター プログラマーである必要はありません。 このエラー コードを手間をかけずにすぐに修正するための、自分で行う方法をいくつか紹介します。 始めましょう:

方法1:PCドライバーを更新する

ドライバーの破損または欠落について説明したように、このエラーが発生する多くの理由のXNUMXつである可能性があります。 したがって、最初にドライバーを確認してください。 ドライバースキャンを実行し、すべてのドライバーが更新されていることを確認します。

方法2:Windowsシステムの復元を実行する

これを行うには、まず タスクマネージャーを起動する キーボードの CTRL+SHIFT+ESC を押します。 次に、アプリケーション タブをクリックし、[新しいタスク] をクリックして参照します。 その後、C:\Windows\System32\Restore フォルダーに移動し、rstrui.exe ファイルをダブルクリックします。 これはシステムの復元を開始するのに役立ちます。 プロセス中にコンピュータが再起動され、エラーが解決されることが期待されます。 それでもエラーが解決しない場合は、方法 3 と 4 を試してください。

方法3:ウイルスをスキャンする

致命的なエラーc000021aが原因で発生することもあります マルウェア感染。 あなたの PC は、知らないうちにさまざまな場所に潜んでいるウイルスの影響を受ける可能性があります。 したがって、このエラーを解決するには、ウイルス対策ソフトウェアを実行してウイルスをスキャンすることをお勧めします。 検出された場合は、すぐに削除してエラー コードを修正してください。

方法4:レジストリを修復する

システム上の致命的なエラーc000021aコードを解決する別の方法は レジストリを修復する。 レジストリには、システム上で実行されるすべての情報とアクティビティが保存されます。 頻繁にクリーニングしないと、ジャンク ファイル、Cookie、インターネット履歴、一時ファイルなど、不要で古くなったファイルが大量に読み込まれ、レジストリが破損して損傷し、致命的エラー c000021a のようなブルー​​ スクリーン オブ デス エラー コードが生成されます。 レジストリを手動で修復することもできますが、特にコンピュータ プログラマでない場合は、時間がかかり、少し難しい場合があります。 したがって、レジストリ クリーナーをダウンロードしてすぐに修正することをお勧めします。

Restoro による自動修復。

致命的エラー c000021a コードがウイルス感染またはレジストリの問題によって発生するかどうかに関係なく、Restoro をダウンロードしてください。 次世代の先進的かつ多機能な PC Fixer です。 このソフトウェアは、強力なレジストリ クリーナー、ウイルス対策、システム オプティマイザーなどの複数のユーティリティとともに展開されます。 レジストリ クリーナーは PC 全体をスキャンし、あらゆる種類のレジストリの問題を一度に検出します。 レジストリをクリーンアップし、不要なファイルをすべて消去し、レジストリを通常の状態に戻します。 同時に、このソフトウェアに組み込まれているウイルス対策機能が、マルウェア、アドウェア、スパイウェア、トロイの木馬を含むあらゆる種類のウイルスを検出し、数秒で削除します。 システム オプティマイザー機能により、修復プロセス中に PC の速度とパフォーマンスが損なわれないようにします。 PC が最適な速度で動作するようにします。 Restoro は、PC のあらゆるニーズに対応するワンストップ ソリューションです。 ユーザーフレンドリーなインターフェイスを備えているため、あらゆるレベルのユーザーが簡単に対処できます。 すべての Windows バージョンと互換性があります こちらをクリックしてください 今すぐ Restoro をダウンロードして、PC 上の致命的エラー c000021a コードを解決してください。
続きを読む
インテルのオープンソース Clear Linux* プロジェクト
LinuxプロジェクトをクリアするClear Linux プロジェクトは、高度に最適化されたパフォーマンス、セキュリティ、汎用性、管理性を提供するオペレーティング システムとソフトウェア スタックを作成します。 Intel CPU 用に明らかに最適化されており、GNOME に基づいているため、Intel CPU を使用している場合は信じられないほどの速度が提供されます。 ただし、大きなニュースは、Clear Linux がピカピカの新しい Gnome 40 を搭載していることです。これは、Ubuntu のより実験的な 21.04 リリースでさえ見られるものよりも新しい Gnome です。 Gnome 40 を試用できる大手企業は、Fedora と Arch Linux だけです。

必要なときだけパッケージ化

パッケージのインストールは、Clear Linux* パッケージ管理ツールである Swupd によって使用されます。 使い方は簡単で、とても簡単です。
  • インストールされているものを表示するための「bundle-list」
  • インストールされたバンドルの詳細については、「bundle-info」を参照してください (「‑‑files」フラグを介した所有ファイルなど)
  • リポジトリ検索の「search」
  • インストール用の「bundle-add」
  • アンインストールには「bundle-remove」
ここでの唯一の問題はパッケージ自体です。 Clean Linux* は、主に井戸開発の負担に焦点を当てた開発者ディストリビューションとして想像されてきました。 intel の言葉を借りれば、「Linux 開発者のために構築された Linux OS」なので、いくつかの点は省略されます。 奇妙なことに、FFmpeg のように、作業中に YouTube ビデオを再生したい場合は、自分で手動で完了する必要があるものもあります。

明確な Linux* モジュラー哲学

Clear Linux* のすべてはモジュール哲学のアプローチに基づいています。 /etc/fstab ファイルはなく、/boot ディレクトリは完全に空です。 マウントされるすべてのパーティションは、systemd の「マウント ユニット」として有効になります。 Intel は、すべてが XNUMX つのユニットであるという systemd のモジュラー哲学の恩恵を受けています。 systemd の使い方を知っていれば、中級レベルの構成タスクは簡単にできるはずです。 高度な構成では、systemd の深い知識が必要になる可能性があります。

明確な Linux* パフォーマンス

前に述べたように、これは Intel のディストリビューションであり、Intel ハードウェア用に最適化されています。これは、開発者としての Intel が、ハードウェアの可能性を最大限に活用するために自由に使えるあらゆるツールを備えていることを意味します。 Distro は速度パフォーマンスにおいて他のディストリビューションをほぼ XNUMX 倍引き離します。 したがって、速度を実現し、開発者向けのディストリビューションを探している場合は、Clear Linux* が最適です。

まとめ

Clear Linux* は非常に興味深いディストリビューションであり、Intel が公式 Web サイトに新しいソフトウェア パッケージを追加している様子を見ると、明るい未来があるかもしれません。 ただし、いつものように、自分で判断して、それが自分のニーズに合うかどうかを確認してください。 入手してください: https://clearlinux.org/
続きを読む
W11 の管理者権限でファイル エクスプローラーを実行する
ファイル エクスプローラーの通常の使用には、昇格された特権はおそらく必要ありませんが、場合によっては、実行するために管理者権限が必要なタスクが発生することがあります。 この場合、これらの権限を使用してファイル エクスプローラーを実行する必要がありますが、Windows 11 内ではファイル エクスプローラーは多少隠れており、1 クリックでアクセスできません。 ファイルエクスプローラー W11これがどのようなケースなのか、まさにこのタスクを実行し、管理者権限でファイル エクスプローラーを実行する方法についての小さなチュートリアルを提供することにしました。

EXEファイル経由でエクスプローラーを開く

  1. Open ファイルエクスプローラ 一般的に
  2. MFAデバイスに移動する この PC > Windows (C:) > Windows
  3. ファイルエクスプローラーアプリケーションを見つける
  4. それを右クリックして選択します 管理者として実行
  5. ファイルエクスプローラーを実行する
ファイル エクスプローラーの新しいインスタンスが、昇格された管理者権限で表示されます。

タスクマネージャーを使用して管理者として実行します

  1. Video Cloud Studioで Task Manager ( CTRL + SHIFT + ESC )
  2. ソフトウェアの制限をクリック 詳細 (一番下)
  3. タスクマネージャーが展開されたら、 File タブ
  4. ソフトウェアの制限をクリック 新しいタスクを実行する
  5. 入力します explorer.exeの そして、その横にあるチェックボックスをオンにします 管理者権限でこのタスクを作成する
  6. ソフトウェアの制限をクリック OK
これで、ファイル エクスプローラーが管理者として実行されます。
続きを読む
preinstall.cmd スクリプトの実行に関する問題
コンピューターに Windows オペレーティング システムをセットアップすることは、非常に複雑な作業となる場合があります。これは、多数のプログラムやスクリプトなどを含むオペレーティング システムの完全かつ保護されたセットアップを保証するために、バックグラウンドでいくつかの作業が行われるためです。の上。 これらはバックグラウンドで連携して、Windows オペレーティング システムの整合性を保証します。 ただし、このコードでも問題が発生する可能性があります。 その結果、「preinstall.cmd スクリプトの実行中に問題が発生しました」エラーのようなエラーが発生する可能性があります。 「Preinstall.cmd」は、Windows OS 用に Gateway によって開発されたアプリケーションとドライバーに関連付けられた CMD ファイルの一種です。 「preinstall.cmd スクリプトの実行中に問題が発生しました」エラーを解決するには、いくつかの方法を試すことができます。 新しい Windows インストール イメージをダウンロードしたり、新しい起動可能ドライブを作成したり、競合するプログラムや互換性のないプログラムをアンインストールしたりすることができます。 さらに、Windows Update トラブルシューティング ツールを実行したり、Windows 10 をリセットしたりすることもできます。

オプション 1 – 新しい Windows インストール イメージをダウンロードしてみる

「preinstall.cmd スクリプトの実行中に問題が発生しました」エラーを解決する最初のオプションは、新しい Windows インストール イメージをダウンロードすることです。 Windows 10 の最新リリースの公式 ISO ファイルを入手できます。ISO ファイルをダウンロードした後、それを使用して最新の Windows 10 バージョンにアップグレードできます。

オプション 2 – 新しい起動可能ドライブを作成してみる

  • USB ドライブを PC に挿入します。
  • Win + Rキーをタップして[ファイル名を指定して実行]ダイアログボックスを開き、「cmd」と入力し、Enterをタップしてコマンドプロンプトを開きます。 または、Cortana検索ボックスで「cmd」を検索してコマンドプロンプトを開くこともできます。
  • CMDを開いたら、このコマンドを入力してDISPARTユーティリティを開きます– DISKPART
  • その後、「DISKPART>」という新しい白黒ウィンドウが表示されます。
  • 次に、「リストディスクコマンドラインで」を選択し、Enterキーをタップして、すべてのストレージデバイスとPCに接続されているハードディスクのリストを表示します。 ここでは、ディスクの番号を特定する必要があります。
  • このコマンドを入力します。ここで、「X」は識別したディスク番号であり、Enterキーを押します– ディスクX
  • このコマンドを入力し、Enterキーを押して、ドライブ上のテーブルレコードとすべての表示データをクリアします–
  • 次に、ドライブの新しいプライマリパーティションを再作成する必要があるため、このコマンドを入力して、–の直後にEnterキーをタップする必要があります。 パーツプリを作成
  • 新しいプライマリパーティションが作成されたため、このコマンドを入力してEnterキーをタップしてパーティションを選択する必要があります– 部品を選択1
  • 次に、次のように入力して、通常のユーザーに表示されるようにフォーマットする必要があります– format fs = ntfs quick
注: プラットフォームが Unified Extensible Firmware Interface (UEFI) をサポートしている場合は、手順 32 のコマンドの「NTFS」を「FAT10」に置き換えます。
  • その後、このコマンドを入力し、[Enter]をタップします– アクティブ
  • 最後に、このコマンドを入力し、Enterキーを押してユーティリティを終了します– 終了する
  • オペレーティングシステム用のイメージを準備したら、それをUSBストレージデバイスのルートに保存します。

オプション 3 – 競合するプログラムをアンインストールしてみる

デル製のコンピュータを使用していて、Windows 10がプリインストールされている場合は、以下のプログラムをアンインストールして、問題が解決するかどうかを確認できます。
  • デルの暗号化管理サービス
  • デルのデジタルライブラリサービス

オプション 4 – Windows Update トラブルシューティング ツールを実行する

また、Windowsで組み込みのWindows Updateトラブルシューティングを実行すると、「preinstall.cmdスクリプトの実行に問題がありました」というエラーを解決するのに役立ちます。 [設定]> [更新とセキュリティ]> [トラブルシューティング]> [WindowsUpdate]に移動するだけです。 そこから、[トラブルシューティングの実行]ボタンをクリックし、表示される次のXNUMX画面の指示に従います。 その後、コンピュータを再起動し、アップデートをもう一度インストールして、エラーが修正されたかどうかを確認します。

オプション 5 – Microsoft のオンライン トラブルシューティング ツールを実行する

Microsoftのオンライントラブルシューティングを実行すると、エラーの修正にも役立つ場合があります。 このオンライントラブルシューティングは、Windows Updateエラーの修正に役立つことが知られており、問題の原因となっている可能性のある問題がないかコンピューターをスキャンして、自動的に修正します。

オプション 6 – Windows 10 をリセットしてみる

  • Winキーをタップするか、タスクバーにある[スタート]ボタンをクリックします。
  • 次に、画面の右下部分にある電源ボタンをクリックします。
  • 次に、キーボードのShiftキーを押したままにして、[再起動]をクリックします。 これにより、PCが再起動して高度なスタートアップオプションが表示されます。
注: [詳細スタートアップ] オプションにアクセスしたら、Windows 10 PC をリセットできる設定に移動する必要があります。 必要なのは、[トラブルシューティング] > [この PC をリセットする] を選択して、次の画面に到達することだけです。その後、[ファイルを保持する] オプションのいずれかを選択し、次の画面上の指示に進んで、ファイルを失わずに Windows 10 コンピューターをリセットします。 。
続きを読む
モデムエラーを修正する方法633
モデム エラー 633 エラーは、通常、Windows コンピュータで USB モデムを使用しているときに発生するダイヤルアップ エラーです。 モデム エラー 633 エラー メッセージは次のように表示されます。

「エラー633:モデムはすでに使用されているか、正しく構成されていません。」

ソリューション

レストアボックスイメージエラーの原因

このエラーは、次のようないくつかの理由でトリガーされる可能性があります。
  • ソフトウェアプログラムがUSBモデムと競合しています
  • モデムが正しく構成されていません
  • Telephon.iniファイルが見つからないか破損しています
  • Windowsがコンピュータの通信(COM)ポートを管理する方法に問題があります。

詳細情報と手動修理

PC でモデム エラー 633 が発生した場合でも、パニックになる必要はありません。 このエラーはデータ損失などの重大な脅威を引き起こすものではありませんが、インターネットの使用に支障をきたす可能性があるため、エラーを解決することをお勧めします。 モデムエラー633の修復は非常に簡単です。 このエラーを修正するにはいくつかの方法があります。 それでは、始めましょう:

解決策1:互換性のないソフトウェアと存在しないモデムを削除する

  • スタートメニューをクリックし、「コントロールパネル」に移動します。 次に、「電話とモデム」オプションを選択します。
  • ここには、ダイヤル ルール、モデム、詳細の 633 つのタブが表示されます。 「モデム」タブを選択します。 それをクリックすると、PC にインストールされているモデムが表示されます。 モデム エラー XNUMX を修復するには、存在しない互換性のないソフトウェアとモデムをすべて選択して削除し、[OK] をクリックします。
  • 変更を有効にするには、モデムを接続した状態でシステムを再起動し、インターネットへの接続を再試行します。

解決策2:通信ポートを変更する

モデムが適切に構成されていないためにエラーが発生した場合は、このソリューションがこのエラーを解決するための最良の方法である可能性があります。 これがあなたがする必要があることです:
  • [スタート]メニューをクリックして、[マイコンピュータ]を選択します。
  • 次に、[管理]オプションをクリックして、[コンピューターの管理]ウィンドウを開きます。
  • 開いたら、[デバイス マネージャー] オプションをクリックし、オプションのモデムを展開します。 「プロパティ」をクリックし、「詳細」タブをクリックして、「ポートの詳細設定」ボタンをクリックします。
  • [ポートの詳細設定] をクリックし、[COM ポート番号] ドロップダウン ボックスをクリックします。
  • 新しい通信ポートを選択します。 ただし、まだ使用されていないことを確認してください。
  • 変更を加えたら、[OK]をクリックして、PCを再起動します。
  • 次に、デバイスマネージャを再度開きます。 [モダンプロパティ]ウィンドウを開き、[診断]タブをクリックします。
  • その後、コマンド応答ウィンドウを表示して、エラーが修正されたかどうかを確認します。 「はい」の場合は、新しいダイヤルアップ接続を作成して、インターネットに簡単に接続します。

解決策 3: スタートアップ項目を無効にする

  • PC でモデム エラー 633 を解決するもう XNUMX つの方法は、スタート メニューに移動し、検索ボックスに「msconfig」と入力して「Enter」を押すことです。
  • missconfig.exe プログラムを開きます。 これを開くと、「全般」、「ブート」、「サービス」、「スタートアップ」、「ツール」の 4 つのタブが表示されます。
  • 次に、「スタートアップ」をクリックし、「すべて無効にする」をクリックして、「適用」を押します。
  • [適用]を押すと、コンピューターの再起動を求めるウィンドウがポップアップ表示されます。
  • 確認して、[再起動]をクリックします。
  • コンピュータが再起動したら、インターネットへの接続を再試行してください。 これにより、モデムエラー633が解決されることを願っています。
続きを読む
ランタイムエラーを解決する方法372

ランタイムエラー372とは何ですか?

ランタイムエラー372 は、WindowsPCでのさまざまな種類のランタイムエラーのXNUMXつです。 このエラーコードは、システム上でMicrosoft VisualBasicアプリケーションにアクセスして実行する機能を妨げます。

ソリューション

レストアボックスイメージエラーの原因

ランタイムエラー372は、複数の理由で発生する可能性があります。
  • ウイルス感染による不正なアプリケーション
  • DLL ファイルが見つからないか破損している
  • PCのメンテナンスが不十分
  • データの過負荷
  • レジストリの損傷
ランタイムエラー372の解決が遅れると、PCは、新しいプログラムをインストールできない、Windowsの起動の問題、 PCのパフォーマンスが遅い、システムのハングアップ、クラッシュなどが発生するため、ランタイム エラー 372 をすぐに解決するための措置を講じることをお勧めします。

詳細情報と手動修理

レジストリ Windows PC の最も重要なコンポーネントの XNUMX つです。 コンピューターのあらゆるデータと構成が保存されます。 システム上のすべてのハードウェアとソフトウェアが正しく機能するには、レジストリに接続する必要があります。 ただし、PC を毎日頻繁に使用すると、システム上に無駄な、時代遅れの、無効なエントリが作成され続け、それらのエントリがレジストリに保存されます。 また、これらのファイルがクリーンアップされていない場合、レジストリが拡張され、最終的にはレジストリが誤動作する原因になります。 DLL ファイルが紛失したり、破損したり壊れたりすることがよくあります。 これはにつながります ランタイムエラー エラー コード 372 のようなポップアップが表示されます。さらに、マルウェア攻撃やウイルス感染によってレジストリが損傷する場合もあります。 この悪意のあるソフトウェアはレジストリに損傷を与え、システム障害、データ損失、データ侵害などの深刻な PC の脅威にシステムをさらします。

ランタイムエラーの解決策372

システムのランタイム エラー 372 を解決するには、レジストリをクリーンアップして復元します。 このために、無料で修理できる場合は、技術者を雇ったり、数百ドルを費やす必要はありません。 Restoroをダウンロードするだけです。 これは、PC 関連のあらゆる問題を解決する強力なワンストップ ソリューションです。 レジストリ クリーナーおよびシステム オプティマイザーとして機能します。 Restoro は、あらゆるレベルのユーザーが使用できる、使いやすい Windows PC 修復ツールです。 システム上でこのソフトウェアを実行および操作するには、コンピューター プログラマーや専門家である必要はありません。 シンプルなナビゲーションとレイアウトにより、非常に使いやすくなります。 DLL ファイルの欠落につながるディスクの断片化の問題を解決します。 また、破損したレジストリを修復して、エラー コード 372 などのランタイム エラーを解決します。 Restoro はバグがなく、信頼性が高く、効率的なツールです。 すべての Windows バージョンと互換性があります。 こちらをクリックしてください Restoro をダウンロードして、PC のランタイム エラー 372 を修復します。
続きを読む
エラーコード32を解決するためのガイド

エラーコード32-それはなんですか?

コード32、 デバイスマネージャエラー、デバイス ドライバーおよびドライバーに関連するその他の必要なサービスが無効になっている場合にポップアップが表示されます。

エラーコード32は通常、次の形式で表示されます。

「このデバイスのドライバー(サービス)が無効になっています。 別のドライバーがこの機能を提供している可能性があります。 コード32インチ

ドライバーに問題が発生すると、デバイス マネージャーに報告されます。 エラー コード 32 はシステムに有害な損傷を引き起こすことはありませんが、ドライバーが無効になっているハードウェア デバイスの機能が失われる可能性があります。

ソリューション

ドライバーフィックスボックスエラーの原因

エラー32は、いくつかの理由で生成される場合があります。 ただし、最も一般的な原因は次のとおりです。
  • デバイスドライバが古くなっています
  • デバイスはデフォルトとして構成されていません
  • 他のいくつかのデバイスがデフォルトの機能を提供しています
  • レジストリでデバイスドライバが無効になっている
  • CDROMドライブクラスのレジストリキーのレジストリ値の破損

詳細情報と手動修理

PC でエラー コード 32 が発生した場合は、PC のパフォーマンスを最適化するために直ちに修復してください。 このエラー コードを解決するには、以下にリストされている方法を試してください。 コンピューター プログラマーではない場合でも、心配する必要はありません。

リストされているソリューションは実行が簡単で、技術的な背景や専門知識は必要ありません。さらに重要なことに、これらのソリューションは非常に効果的です。

指示に従って、システムのエラーコード32をわずか数分で修復します。

方法 1 - PC を再起動する

時々 デバイスマネージャ 一時的な問題が原因でエラーコードが表示される場合があります。これは、システムを再起動するだけで解決できる場合があります。 運が良ければ、これは実際に機能するかもしれません。

PCを再起動すると、エラーコード32を取り除くことができる場合があります。ただし、それでもエラーが続く場合は、以下に示す他の方法を試してください。

方法 2 - ドライバーをアンインストールして再インストールする

エラーコード32を解決するには、ドライバをアンインストールしてから再インストールします。 ドライバをアンインストールするには、次の手順に従ってください。

  1. スタートメニューに移動します
  2. 検索バーに「デバイスマネージャー」と入力し、Enterキーを押します
  3. 次に、デバイスマネージャで、アンインストールするデバイスのカテゴリを見つけてダブルクリックします。たとえば、ディスプレイアダプタをクリックしてグラフィックカードをアンインストールします。
  4. アンインストールするデバイスとドライバーを見つけたら、それを右クリックして[アンインストール]をクリックします。
  5. Windowsは、デバイスの削除の変更を確認するように求めます。
  6. [OK]をクリックして確認し、続行します。
  7. その後、システムを再起動して変更を有効にします
  8. 再インストールするには、コントロールパネルに移動し、[ハードウェアの追加と削除]を選択して、新しいデバイスを追加します。 すべてのプロンプトに従って、デバイスを再インストールします。

方法 3 - 上部フィルターと下部フィルターの両方のレジストリ値を削除する

上記のように、レジストリ値の破損が原因でエラーコード32がトリガーされる場合があります。

これが根本的な原因である場合は、レジストリから上位フィルターと下位フィルターの両方のレジストリ値を削除します。 これには約5〜7分かかります。 これがあなたがしなければならないことです:

  1. スタートメニューに移動します
  2. 検索ボックスに「Regedit」と入力し、Enter キーを押します
  3. 次に、「マイコンピュータ」の下にあるHKEY_LOCAL_MACHINEフォルダを見つけます。
  4. フォルダ名の横にある|>または(+)アイコンをクリックして展開します
  5. ここにはサブキーの長いリストが表示されます
  6. 問題のあるデバイスの正しいクラスGUIDを見つけます
  7. 次に、デバイス クラスの GUID に対応するレジストリ サブキーをクリックします。
  8. 上位フィルターと下位フィルターの値を見つけて削除します
  9. レジストリエディタを閉じます
  10. PCを再起動して変更を有効にします

これにより、レジストリ値の破損が原因でエラーが生成された場合に、システムのエラーコード32が解決されることが期待されます。 ただし、エラーが引き続き表示される場合は、方法4を使用してください。

方法 4 - 問題のあるドライバーを更新する

問題のあるドライバーを特定し、最新バージョンで更新します。 この手順は効果的ですが、手動で実行すると時間がかかります。

問題のあるドライバーを特定し、製造元の Web サイトで各ドライバーの互換性のある最新バージョンを見つけるには数分かかります。 さらに、エラーが再度発生しないように更新を継続的に実行する必要があります。

方法 5 - DriverFIX をダウンロードしてドライバーを自動的に更新する

面倒な作業を避けるために、ドライバーをダウンロードしてくださいFIX.

これは、インテリジェントなシステム プログラミングと直観的なテクノロジーが組み込まれた最先端のユーザー フレンドリーなソフトウェア プログラムで、問題のあるドライバーを特定し、互換性のある最新のドライバー バージョンで数秒で自動的に定期的に更新します。

PCにインストールすることで、すべてのドライバーを更新し、コード32をすぐに修復できます。

こちらをクリックしてください ドライバーをダウンロードするにはFIX デバイス マネージャーのエラー コード 32 を今すぐ解決してください。

続きを読む
及び
著作権©iriz.co ErrorTools。 全著作権所有
商標: Microsoft Windows のロゴは、Microsoft の登録商標です。 免責事項: ErrorTools.com は Microsoft と提携しておらず、直接の提携も主張していません。
このページの情報は、情報提供のみを目的として提供されています。
DMCA.com保護ステータス