及び

TWCU.EXEを修正する方法Windows10でライブラリファイルの読み込みに失敗しましたエラー

TWCU.EXE または TP-LINK ワイヤレス クライアント ユーティリティは、ワイヤレス アダプターを正常に実行するために必要な構成アプリケーションです。 TP-LINK ワイヤレス クライアント ユーティリティ アプリケーションは、TP-LINK アダプターを使用しているコンピューター上にのみ存在します。 このアプリケーションをインストールすると、サービスは Windows サービス リストに自動的に追加され、バックグラウンドで継続的に実行されます。

Twcu.exe は C:\Program Files\TP-LINKTP-LINK\Wireless Utility フォルダに配置されており、TP-LINK がインターネットに接続するために使用されます。 メインの実行可能ファイルの名前は twcu.exe で、タスク マネージャーの [サービス] タブで確認できます。 以前の Windows バージョンから Windows 10 にアップグレードしたばかりのユーザーの場合、「ライブラリ ファイルの読み込みに失敗しました!」というエラーが表示される可能性が高くなります。 それは twcu.exe または TWCU と関係があります。 このエラーは、デスクトップに移動するとき、および Windows 10 PC にログインするたびにポップアップ表示されます。

指摘したように、このエラーは TP-LINK ワイヤレス クライアント ユーティリティに関連しており、TP-LINK ワイヤレス クライアント ユーティリティを使用しているすべてのユーザーがこの問題に遭遇しています。特に、直後にこのエラーが発生し始めた場合は、互換性の問題が原因である可能性があります。 Windows 10 にアップグレードしました。この問題を解決するには、以下の各オプションに従ってください。

オプション 1 – 互換モードで実行してみる

問題は互換性の問題が原因であるため、実行できる最善の方法は、互換モードでTP-LINKワイヤレスクライアントユーティリティを実行することです。 このユーティリティを互換モードで実行するには、次のことを行う必要があります。

  • デスクトップにあるTP-LINKワイヤレスクライアントユーティリティを探します。
  • 見つけたら、それを右クリックし、コンテキスト メニューから [プロパティ] を選択します。
  • その後、[互換性]タブに移動し、[このプログラムを互換モードで実行する]のチェックボックスをオンにして、ドロップダウンリストからWindows7またはWindows8を選択します。
  • [適用]ボタンをクリックし、[OK]をクリックして行った変更を保存し、問題が解決したかどうかを確認します。

オプション 2 – 互換性のトラブルシューティングを試す

このオプションは、最初のオプションが機能しなかった場合にTP-LINKワイヤレスクライアントユーティリティを修正する別の方法であることを除いて、最初のオプションとほぼ同じです。 このオプションでは、TP-LINKワイヤレスクライアントユーティリティの互換性の問題のトラブルシューティングを行います。

  • 前述のように、デスクトップにあるTP-LINKワイヤレスクライアントユーティリティを探します。
  • 次に、それを右クリックし、コンテキストメニューから「互換性のトラブルシューティング」を選択します。
  • その後、「推奨設定を試す」オプションをクリックします。 プロセスが完了すると、エラーメッセージは表示されなくなります。

お使いのデバイスについてサポートが必要ですか?

私たちの専門家チームがお手伝いします
Troubleshoot.Tech エキスパートがあなたをサポートします!
破損したファイルを置き換える
パフォーマンスを復元する
空きディスク容量
マルウェアを削除する
WEBブラウザを保護
ウイルスを削除する
PCのフリーズを止める
お問い合わせ
Troubleshoot.Tech の専門家は、Windows 11 を含むすべてのバージョンの Microsoft Windows、Android、Mac などに対応しています。

この記事を共有する:

あなたはおそらくそれも好きでしょう

マウスの中ボタンが機能しない
Windows 10 コンピューターでマウスの中ボタンを使用しているときに突然中ボタンが機能しなくなった場合は、この投稿で問題の解決に役立ついくつかの提案を提供するので、ここは正しい場所に来ています。 マウスの中ボタンは長い Web ページや大量のデータを含む画面をスクロールするのに役立つため、この種の問題はコンピュータの使用エクスペリエンスに影響を与える可能性があります。 したがって、それが停止すると、代わりにキーボードを使用することになりますが、これはマウスの中ボタンを使用する場合に比べて少し面倒です。 この問題は、ハードウェアまたはソフトウェアのいずれかに関係している可能性があります。 ハードウェア障害の可能性を切り分けるには、マウスを別のコンピュータに接続して、そこで正常に動作するかどうか、または依然として同じ問題が発生するかどうかを確認します。 マウスが別のコンピュータで正常に動作する場合、問題はソフトウェアに関連しています。 ソフトウェアのアップデート、特にゲーム ソフトウェアの設定が誤って、中央のボタンが正常に反応しなくなる可能性があります。 この問題を解決するには、マウス ドライバーを再インストールまたは更新するか、ハードウェアとデバイスのトラブルシューティング ツールを実行してください。 OEM 固有のマウス ドライバーをインストールしたり、Windows レジストリの一部のエントリを変更したりすることもできます。

オプション 1 – マウス ドライバーを再インストールまたは更新する

この問題は、破損したマウスドライバまたは古いマウスドライバが原因である可能性があります。 これを修正するには、マウスドライバを更新または再インストールする必要があります。 どのように? 次の手順を実行します:
  • WinXメニューからデバイスマネージャを開きます。
  • 次に、マウスおよびその他のポインティング デバイスを見つけて、マウス ドライバーを右クリックしてプロパティを開きます。
  • その後、[ドライバ]タブに切り替えて、[デバイスのアンインストール]ボタンをクリックします。
  • 画面オプションに従って、完全にアンインストールします。
  • 最後に、マウスを取り外してから再度接続して、マウスドライバを再インストールします。
注: 専用ドライバーをお持ちの場合はコンピューターにインストールすることも、製造元の Web サイトから直接探すこともできます。

オプション 2 – ハードウェア トラブルシューティング ツールを実行してみる

問題を解決するために次にできることは、ハードウェアトラブルシューティングを実行することです。 大きな違いはありませんが、これらのファンクションキーの問題を自動的に修正できる可能性があります。 これを使用するには、次の手順を参照してください。
  • 最初に行う必要があるのは、[スタート]をクリックしてから、歯車のようなアイコンをクリックして、[設定]のウィンドウを表示することです。
  • [設定]を開いた後、[更新とセキュリティ]オプションを探して選択します。
  • そこから、リストの左側にある[トラブルシューティング]オプションに移動します。
  • 次に、リストから[ハードウェアとデバイス]を選択し、トラブルシューティングを開いて実行します。 仕事が終わったら、プロセスが完了するのを待ってから、システムを再起動します。
  • システムの再起動後、問題が修正されたかどうかを確認します。 そうでない場合は、以下の次のオプションを参照してください。

オプション 3 – OEM 固有のマウス ドライバーをインストールしてみる

マウス ドライバーを更新または再インストールする以外に、OEM 固有のマウス ドライバーをインストールしてみることもできます。 Windows をインストールすると、そのすべてのコンポーネントに汎用ドライバーが使用されます。 マウス用の汎用ドライバーの欠点は、機能が制限されることです。 実際、マウスの中ボタンが特定のアクションに応答するように構成されている場合もありますが、これは適切なドライバーがないと機能しません。 このような場合は、コンピュータの製造元の Web サイトにアクセスして最新のドライバをダウンロードしてインストールし、ソフトウェアを開いて以前と同じように設定する必要があります。 一部の OEM はジェスチャーも提供しているため、それについても確認する必要があることに注意してください。

オプション 4 – レジストリ内のいくつかのエントリを変更してみる

Windows Updateが問題の原因である場合は、レジストリにいくつかの変更を加えることで修正できますが、続行する前に、必ず最初にシステムの復元ポイントを作成してください。
  • Win + Rキーをタップして、実行ユーティリティを開きます。
  • 次に、フィールドに「Regedit」と入力し、Enter キーを押してレジストリ エディタを開きます。
  • 次に、次のレジストリパスに移動します:HKEY_CURRENT_USERControl PanelDesktop
  • その後、右ペインの「WheelScrollLines」エントリをダブルクリックして、そのプロパティを開きます。
  • 次に、値データを「3」に変更してレジストリエディタを終了し、マウスの中ボタンの問題が修正されているかどうかを確認します。
続きを読む
エラーコード0xC004C770を修正する方法

エラー コード 0xC004C770 – それは何ですか?

Windows 0 ソフトウェアのアクティベーション中にコンピューターにエラー コード 004xC770C10 が表示された場合でも、心配する必要はありません。 これは、特に Windows 10 がインストールされライセンス認証されている複数のコンピューターを所有している人にとって、かなり一般的なエラーです。 このエラー コードの要点は、入力したプロダクト キーがすでに要求されているか、別のコンピュータで使用されているということです。 特定のライセンス アクティベーション コードまたはプロダクト キーを使用できるコンピューターの数には制限があるため、その制限を超えた場合にこのエラー コードが発生する可能性があります。 使い捨てライセンスをお持ちで、特定のプロダクト キーを別のマシンにすでに入力している場合は、アクティベーション中にこのエラーが発生することがあります。

エラーコード0xC004C770とエラーコード0x803FA071はどちらも同じ問題から発生し、同じ手順を使用して両方のエラーコードを解決できます。

ソリューション

レストアボックスイメージエラーの原因

エラーコード0xC004C770は、あなたまたは組織内の他の誰かが別のコンピューターで使用されているプロダクトキーを既に入力している場合、Windows10のアクティブ化中に画面に表示される可能性があります。 複数回使用ライセンスをお持ちの場合は、入力するプロダクトキーが、そのライセンスで許可されている最大数のコンピューターですでに使用されている可能性があります。

詳細情報と手動修理

エラーコード0xC004C770に関連する問題に対処するためのXNUMXつの基本的な方法があります。 これらのメソッドは、コンピューターからWindowsストアを快適に操作できる人なら誰でも簡単に実装できるため、この特定のエラーコードの解決は非常に簡単で簡単です。

以下の手順を完了できない場合、または以下のガイドに従ってもエラー コード 0xC004C770 が解決されない場合は、Windows 10 のライセンス認証プロセスに詳しい Windows 技術者に問い合わせて、プロセスを支援してください。 必要に応じて、Windows テクニカル サポート チームに連絡して、プロセスを支援することもできます。

方法XNUMX:Windowsから新しいプロダクトキーを購入する

別のコンピューターですでにプロダクトキーを使用している場合、または許可されている最大数のデバイスで使用している場合は、エラーコード0xC004C770のコンピューター用に追加のプロダクトキーを購入する必要があります。 プロダクトキーは、Windows 10ソフトウェアライセンスを販売している小売店から物理的に購入することも、Windowsストアから直接購入することもできます。

新しいプロダクト キーを Windows ストアから直接購入するには、次の手順に従います。

  • ステップXNUMX:ツールバーの下部にあるWindowsのスタートボタンを選択します。 「設定」をクリックし、「更新とセキュリティ」のオプションを選択します。
  • ステップXNUMX:「アクティベーション」オプションをクリックします。
  • ステップ 10: 表示されるメニューで、「ストアに移動」オプションを選択し、画面上の指示に従って Windows XNUMX ソフトウェアとプロダクト キーの購入を完了します。
  • ステップ10:新しいプロダクトキーを使用して、コンピューターへのWindowsXNUMXソフトウェアのインストールとアクティベーションを完了します。

「アクティベーション」ページが表示されたときに「ストアに移動」オプションが表示されない場合は、マシンの管理者として設定されていない可能性があります。 この場合、会社のサポート担当者に連絡して、コンピューターでの購入、インストール、およびアクティブ化のプロセスを完了してください。

方法XNUMX:電話でアクティベーションを終了しよう

新しいマザーボードの取り付けや新しいハードドライブのアクティブ化など、コンピューターのハードウェアの一部を変更したユーザーの場合、電話からアクティブ化を試みると、より多くの成功を収めることができます。

携帯電話からWindows10のコピーをアクティブ化するには、次の手順に従います。

  • ステップXNUMX:モバイルデバイスで、タスクバーから検索ボックスを開きます。
  • ステップ 04: 検索ボックスに「SLUI XNUMX」という語句を入力します。
  • ステップ04:表示される「SLUIXNUMX」オプションを選択します。
  • ステップ10:画面に表示される指示に従って、WindowsXNUMXのコピーのアクティベーションプロセスを完了します。

他のエラーコードの解決と同様に、上記の方法がうまくいかない場合、または上記の手順を正常に完了する能力に不安がある場合は、Windows10アクティベーションプロセスのトレーニングを受けた資格のある専門家に連絡してください。 強力な自動ツールをダウンロードする 仕事を終わらせる。

続きを読む
コンソール モード サインインを有効または無効にする
Microsoft は、ユーザー エクスペリエンスを向上させるために、Windows 10 の反復的な機能リリースごとに新しいロック画面機能を提供してきました。 ただし、Windows 10 ユーザーの意見は異なります。 満足しているユーザーもいれば、単純に気に入らないユーザーもいます。 したがって、あなたがこの機能を承認していないと思われるユーザーの一人である場合は、この投稿は Windows 10 のコンソール モード サインイン機能の有効化または無効化に関するものであるため、読み続けてください。続行する前に、次のことに注意してください。このコンソール モードのログイン画面ではマウス ポインタを使用できますが、キーボードを使用してさまざまなオプションを操作することしかできません。 念のためシステムの復元ポイントを作成しておくこともできます。 Windows 10 コンピューターでコンソール モード サインインを有効または無効にするには、以下の手順を参照してください。 ステップ1: Win + Rキーをタップして、[ファイル名を指定して実行]ダイアログボックスを開きます。 ステップ2: 次に、フィールドに「Regedit」と入力し、Enter をタップしてレジストリ エディタを開きます。 ステップ3: 次に、次のレジストリパスに移動します。
コンピューターHKEY_LOCAL_MACHINESOFTWAREMicrosoftWindowsCurrentVersionAuthenticationLogonUITestHooks
ステップ4: そこから、「ConsoleMode」という名前の DWORD を探します。 この DWORD が表示されない場合は、新しい DWORD を作成して「ConsoleMode」という名前を付け、その基数が XNUMX 進数に設定されていることを確認してください。 ステップ5: その後、ConsoleMode をダブルクリックし、その値を「0」に変更して無効にし、「1」に変更して有効にします。 ステップ6: 次に、コンピュータを再起動して、加えた変更を適用します。 指摘したように、キーボードを使用できるのは、コンソール モードのログイン ウィンドウまたは画面にいるときだけです。 ESC ボタンを使用してメニューに戻ることができ、矢印キーを使用して、ほとんど垂直に配置されたオプションを通過し、Enter キーを使用してオプションを選択できます。 コンソール モードでは、パスワードと PIN を使用したサインインが効率的に機能しました。
続きを読む
一般的なOutlookエラー

最も一般的なMicrosoftOutlookエラー

プログラムを持っているときは、それを使い始める前から、あるいはプログラムでどのような問題が発生するかさえわかります。 購入またはダウンロードしたプログラムには、常にエラー メッセージが表示されたり、動作しないことがあります。 保証されています。 世界で最も有名なプログラム開発者の中にも時々間違いを犯す人がいますが、それは入手したプログラムに対して支払う代償としては小さなものであり、それが事実です。 マイクロソフト Outlook 他のプログラムと同じです。 エラーがあります。 コンピュータ上のMicrosoftOutlookの最も一般的なエラーのいくつかを次に示します。

1.メールの受信に問題があります

場合によっては、本当に重要なメールを待っていることもあります。 メールが送信されたと知っているのに、メールボックスをチェックしても何も入っていないときは本当に腹が立ちます。 受信トレイは空で、忍耐力も薄れてきています。Microsoft Outlook のエラーの可能性はありますか? これが問題である可能性が高いです。 このプログラムでは、電子メールの受信が少し遅くなる場合があり、場合によっては数日かかる場合もあります。 これは、受信する電子メールが多すぎることや、受信トレイに電子メールが多すぎることなど、さまざまな原因で発生する可能性があります。 「」をクリックすると送受信するただし、上部に「」を追加すると、メールの受信速度が向上するはずです。受信を待っている場合は、試してみてください。 ただし、これが機能しない場合は、受信トレイがいっぱいになっている可能性があります。 不要なメッセージをいくつか完全に削除してから、もう一度 [送受信] をクリックしてください。 そうすれば、すべてのメールが届くはずです。

2.一般的にパフォーマンスが遅い

Outlook には利点もありますが、多くの場合非常に遅くなることがあります。 おそらくブラウザを必要とする他の電子メール プログラムよりも遅いですが、アクセスは速いため、この事実を補うことができるかもしれません。 ただし、パフォーマンスの低下が非常にイライラする場合もあるので、次のことを試してみるのが賢明かもしれません。 修理する できれば。 動作が遅くなる理由の XNUMX つは、開いている他の Windows アプリケーションが多すぎることです。 Outlook の速度を妨げる可能性のあるアプリケーションは、Microsoft Word から Windows Live Messenger までさまざまです。 これらのいずれかが開いている場合は、閉じてみて、速度の問題が解決するかどうかを確認してください。

3.破損したファイル

.dbx ファイルには Microsoft Outlook からアクセスできません。 したがって、それらが電子メール内に含まれている場合、電子メールに問題が発生する可能性があります。 この問題を解決するには、電子メールを再度開く前に、添付されている電子メール アカウントをすべて削除し、再添付する必要がある場合があります。 これらの破損したファイルにより、電子メールを削除できなくなる可能性もあります。 これは通常、フォルダーの破損が原因であるため、これらの削除された破損したファイルを別の削除フォルダーに転送する必要があります。 ただし、Microsoft Outlook で最も頻繁に発生する他のすべての問題の中で、これはおそらく最も発生する可能性が低いものです。これは、このアプリケーションで実際に問題がいかに少ないかを示しています。

まとめ

したがって、Microsoft Outlookには最も一般的な問題があります! それほど悪いことではありませんか?
続きを読む
Windows Updateエラー0x800F081F – 0x20003を修正
コンピューターをアップグレードしようとして、代わりに Windows Update エラー 0x800F081F – 0x20003 が発生した場合は、この投稿を読んでこの Windows Update エラーを修正してください。 この種のエラーは、Windows 10 のコピーをアップグレードするときによく発生します。これは、システムで有効になっている開発者関連のさまざまな設定のエラーが原因で発生します。 Windows Update エラー 0x800F081F – 0x20003 が発生すると、次のいずれかのエラー メッセージが表示されます。
「Windows10をインストールできませんでした。インストールはSAFE_OSフェーズで失敗し、INSTALL_UPDATES操作中にエラーが発生しました:エラー0x800F081F」  「インストールは、apply_image 操作中のエラーにより Safe_OS フェーズで失敗しました: エラー: 0x800f081f – 0x20003」
この種のWindowsUpdateエラーを修正するには、外部プログラムを使用する必要はありませんが、開発者モードを無効にするか、Windows Updateトラブルシューティングを実行するか、WindowsUpdate関連のすべてのサービスとコンポーネントを再起動してみてください。 詳細については、以下のオプションを参照してください。

オプション 1 – 開発者モードを無効にしてみる

WindowsUpdateエラー0x800F081F– 0x20003を修正するには、開発者モードを無効にする必要がある場合があります。 どのように? 次の手順を参照してください。
  • キーボードのWin + Iキーをタップして、設定アプリを開きます。
  • 次に、[更新とセキュリティ]> [開発者向け]に移動します。
  • そこから、右側のパネルにあるサイドロード アプリまたは Microsoft Store アプリのトグルを選択します。
  • プロンプトが表示されたら、[はい]をクリックします。
  • その後、[アプリ] > [アプリと機能] に移動し、右側のパネルで [オプション機能] をクリックします。
  • 次に、下にスクロールしてWindows開発者モードのエントリを見つけて選択し、[アンインストール]をクリックします。
  • Windows開発者モードコンポーネントのアンインストールが完了したら、設定アプリを閉じてコンピューターを再起動し、加えた変更を適用します。

オプション 2 – Windows Update トラブルシューティング ツールを実行してみる

また、組み込みのWindows Updateトラブルシューティングツールを実行してみてください。これは、WindowsUpdateエラー0x800F081F–0x20003の解決に役立つ可能性があるためです。 実行するには、[設定]に移動し、オプションから[トラブルシューティング]を選択します。 そこから、Windows Updateをクリックし、[トラブルシューティングツールを実行する]ボタンをクリックします。 その後、次の画面の指示に従ってください。

オプション 3 – さまざまな Windows Update 関連のサービスとコンポーネントを再起動してみる

  • Win + Xキーの組み合わせをタップし、[コマンドプロンプト(管理者)]を選択して、管理者権限でコマンドプロンプトを開きます。
  • コマンドプロンプトを開いた後、以下にリストされている各コマンドをXNUMXつずつコピーして貼り付け、各コマンドを入力した直後に[Enter]をタップします。
    • ネットストップ
    • ネットストップビット
    • net stop appidsvc
    • ren%systemroot%SoftwareDistribution SoftwareDistribution.bak
    • ren%systemroot%system32catroot2 catroot2.bak
  • 上記のコマンドをすべて入力すると、コンピューター上で実行されているすべての Windows Update サービスが停止され、SoftwareDistribution フォルダーがクリアされ、Catroot2 フォルダーがリセットされます。 次に、次のコマンドを実行して、停止したばかりの Windows Update サービスをすべて開始する必要があります。
    • ネットスタートwuauserv
    • ネットスタートビット
    • net start appidsvc
    • net start cryptsvc
  • その後、コンピュータを再起動し、セットアップを再度実行して、エラーが修正されたかどうかを確認します。
続きを読む
Windows 0 エラー 80070652x10 を修正するためのガイド

エラーコード0x80070652–それは何ですか?

エラーコード0x80070652は、別のプログラムのダウンロード中にWindowsユーザーがオペレーティングシステムをアップグレードしようとしたときに発生します。 また、WindowUpdate内で以前に失敗した更新の試行に関連する問題が原因で発生する場合もあります。 このWindows10アップグレードが発生すると、WindowsユーザーはダウンロードしようとしているバージョンのWindowsにアクセスできなくなります。 代わりに、デバイスでエラーコード0x80070652が発生したことを示すメッセージボックスが表示されます。 このエラーメッセージが修正されない場合、次のような他のWindows10エラーが発生する可能性があります。 エラーコード0x80072EE2.

ソリューション

レストアボックスイメージエラーの原因

Windows 0 ユーザーがオペレーティング システムのアップグレード中に別のプログラムをダウンロードしようとすると、エラー コード 80070652x10 が発生する可能性があります。 また、以前の更新プログラムのインストールに関連した問題が原因で発生する可能性もあります。 たとえば、場合によっては、以前の Windows プロセスのインストールが中断されたか、単に正しく完了しなかった可能性があります。 これにより、その後の他のアップグレード プロセスでエラー コード 0x80070652 が発生します。

詳細情報と手動修理

しかし、そのような状況でエラーコードを解決するために何ができるでしょうか? Windowsユーザーには、いくつかのオプションがあります。 たとえば、ダウンロードの過程にある可能性のある追加のプログラムを待って、Windowsのアップグレードを試みる前にプロセスを完了することができます。 また、失敗した更新に関連する問題のトラブルシューティングを行ったり、エラーコードが存在しなかったシステムの復元ポイントを選択したりする場合もあります。

Windows 10ユーザーが選択する手動修復方法には、前述のソリューションのいずれかが含まれる場合があります。 選択は、ユーザーとエラーコードを修正するというユーザーの決定に大きく依存します。 ただし、自動化されたツールまたはWindowsの修理技術者がソリューションを提供する場合もあることに注意してください。 エラーコードのようなPCの問題 0x80070652。

方法XNUMX:失敗したアップグレードの確認とトラブルシューティング

Windows Update 内で以前に失敗した更新によりエラー コード 0x80070652 が発生する可能性があるため、Windows 10 ユーザーは、Windows Update ツールの履歴セクションを確認して、どの更新が失敗したかを確認する必要があります。 最近更新の失敗が発生したことを確認できたら、これらの問題のトラブルシューティングを行ってエラー コードを修正する必要があります。 Windows Update 経由で正しくインストールできなかった更新プログラムがないか確認するには、以下の手順に従ってください。

  • ステップ XNUMX: [スタート] メニューの近くの検索ボックスに「Windows Update」と入力します。
  • ステップXNUMX:WindowsUpdate設定を選択します
  • ステップXNUMX:[更新履歴]を選択します
  • ステップXNUMX:最新から最新までの更新を確認して、失敗した更新を確認します
  • ステップXNUMX:詳細については、失敗した更新をクリックし、それに応じてトラブルシューティングします。

失敗した更新のトラブルシューティングが完了したら、デバイスを再起動して続行します。 その後、他のプログラムのダウンロードが行われなくなったら、最新バージョンのWindows10へのアップグレードを再試行できます。

エラーコード0x80070652の原因となる問題が過去の更新の失敗に関連している場合、これらの問題は、トラブルシューティングに成功すると解決される可能性があります。 ただし、エラーコードが再発する場合は、この記事に記載されている次の手動修復ソリューションを適用してください。

方法XNUMX:Microsoftダウンロードセンターを介して手動で更新をダウンロードする

ユーザーが利用できるもうXNUMXつのオプションは、Microsoftの公式Webサイト、特にダウンロードを提供するWindowsセクションにアクセスして手動で更新をダウンロードすることです。 このプロセスを正常に完了するには、Webサイトで入手可能なこれらのダウンロードのスタンドアロンパッケージを探してください。 失敗した特定の更新プログラムに関連するマイクロソフトサポート技術情報(KB)の記事番号を知っておく必要があります。

Windowsユーザーが特定の更新プログラムのKB記事番号を確認したら、Microsoft Webサイトからダウンロードし、[実行]を選択して更新プログラムをインストールします。 PCを再起動し、Windows Updateをチェックして、Windows10のアップグレードを正常に完了できるかどうかを確認します。

アップグレードが失敗した場合は、以下に説明する次の手動修復方法を実装する必要があります。

方法XNUMX:Windowsシステムの復元を使用する

特定の PC の問題に直面している Windows 10 ユーザーにとっての最良のオプションの XNUMX つは、システムの復元を適用することです。 これにより、問題が存在しなかった期間、マシンをリセットすることができます。 これは復元ポイントとして知られています。 この手動修復方法を適用するには、次の手順に従います。

  • ステップXNUMX:[スタート]メニューの横にある検索ボックスに、「システムの復元」と入力します
  • ステップXNUMX:[復元ポイントの作成]を選択します
  • ステップ XNUMX: [システム保護] タブを選択し、[構成] または [作成] を選択します。
  • ステップXNUMX:選択したシステムの復元ポイントに関する詳細を提供します
  • ステップXNUMX:[作成]、[OK]の順に選択します。

方法XNUMX:自動化されたツールをダウンロードする

これらのWindows 10やその他の関連する問題が発生したときに、それらを修正するためのユーティリティツールを常に自由に使用したい場合 ダウンロードとインストール 強力な自動化ツール。

続きを読む
一般的なPnPモニタードライバーの問題を修正
ユニバーサル PnP またはプラグ アンド プレイ モニターは、汎用 PnP Windows ドライバーを使用します。 ユーザーが USB デバイスまたはモニターを PC に接続すると、システムは自動的にデバイスを識別し、スムーズな動作のために適切なドライバーをインストールします。 Windows 10 の汎用 PnP モニターとは、PNP がデバイスを認識しなかったため、Windows 10 がモニター ドライバーをインストールしたことを意味します。 この汎用 PnP モニター ドライバーは、メーカーのドライバーのように完全には動作しない可能性があります。 最適なモニター解像度や画面のリフレッシュ レートを設定できないなどの問題が発生する可能性があります。 したがって、この問題を解決することが重要です。 以上のことを踏まえて、PnP ディスプレイ ドライバーの問題を解決しましょう。
  1. モニターを再接続します

    常に最初にこれを試してください。モニターのプラグを抜いてから再度差し込むだけで問題が解決する場合があります。モニターが最初に正しく検出されなかった場合は、この方法で問題が解決する可能性が非常に高くなります。
  2. デバイスマネージャがエラーを報告しているかどうかを確認し、ドライバを更新します

    ハードウェアが正しく機能している場合、問題はWindowsがデバイスまたはドライバーの誤動作を検出していないことにある可能性があります。 いずれの場合も、この問題を報告するのはデバイスマネージャーです。 ドライバーが正常に動作しているかどうかを確認するには、を押します ⊞ウィンドウ + X 非表示のスタートメニューを開きます。 Windows と x マークが付いたキーボード 開いたら、をクリックします デバイスマネージャ Windows 内でドライバー デバイス エラーがある場合は、デバイス マネージャーに入るとすぐにそのエラーが表示され、横に黄色の感嘆符が表示されます。 右クリックする その上で選択します ドライバの更新.
  3. ドライバを再インストールします

    ドライバーの更新に失敗した場合、または既に最新のドライバーを使用している場合は、更新またはアプリケーションのインストール中にドライバーが破損している可能性があるため、ドライバーを再インストールすると問題が解決する可能性があります。 ポイント3の手順に従って、デバイスマネージャーでドライバーにアクセスします。 右クリックします その上で、しかし更新の代わりに選択してください アンインストール。 ドライバがアンインストールされたらWindowsを再起動すると、Windowsは新しいドライバを自動的にインストールします。 ドライバを更新したくない場合は、デバイスの最新のドライバを自動的にインストールしてから、再起動してください。
  4. WindowsUpdateを確認する

    最新のWindowsUpdateがインストールされているかどうかを確認し、必要に応じてWindowsを更新します
  5. DRIVERFIXでのドライバーの問題を修正

    他のすべてが失敗した場合は、 ドライバーフィックス、PCの問題に対するプレミアムソリューションであり、ドライバーエラーを修正します。
続きを読む
簡単に修復できます サーバーにアクセスできません
Windows 10 PCを使用して、ネットワークを使用してサーバー上のデータを作成およびアクセスするユーザーはたくさんいます。 ただし、一部のユーザーは、サーバーにアクセスできないというエラーが発生したと報告しました。 エラーメッセージの全内容は次のとおりです。
「\ serverにアクセスできません。 このネットワークリソースを使用する権限がない可能性があります。 このサーバーの管理者に連絡して、アクセス許可があるかどうかを確認してください。 ログオンの失敗:ターゲットアカウント名が正しくありません。」
同じ問題が発生しているユーザーの場合は、この投稿を読んで、サーバーにアクセスするときにこのエラーを解決するのに役立ててください。 ただし、問題のトラブルシューティングを開始する前に、特にシステムの復元を作成する傾向がある場合は、システムの復元を実行することをお勧めします。 システムの復元を使用するには、次のことを行う必要があります。
  • Win + Rキーをタップして、[ファイル名を指定して実行]ダイアログボックスを開きます。
  • その後、フィールドに「sysdm.cpl」と入力し、Enterをタップします。
  • 次に、[システムの保護]タブに移動し、[システムの復元]ボタンをクリックします。 これにより、新しいウィンドウが開き、希望のシステムの復元ポイントを選択する必要があります。
  • その後、画面の指示に従ってプロセスを終了し、コンピュータを再起動して、問題が修正されたかどうかを確認します。
システムの復元で ACPI.sys ブルー スクリーン エラーが解決しなかった場合は、以下に示す潜在的な修正を利用してください。

オプション 1 – ルーターを再起動してみる

エラーを修正するために最初にできることは、ルーターを再起動することです。 管理パネルからルーターを再起動するだけです。または、ルーターを手動でオフにして、数秒後に再びオンにして、完全に再起動できるようにすることもできます。 完了したら、サーバーに再度アクセスして、エラーが修正されたかどうかを確認してください。

オプション 2 – ワークステーション サービスのステータスを確認してみる

エラーはワークステーションサービスに関係している可能性があるため、ワークステーションサービスのステータスを確認することをお勧めします。
  • キーボードの Win + R キーをタップして、ファイル名を指定して実行ユーティリティを起動します。
  • 次に、フィールドに「services.msc」と入力し、[OK]をクリックするか、Enterキーを押してWindowsサービスマネージャーを開きます。
  • サービス マネージャーを開くと、コンピューター上のすべてのサービスのリストが表示され、そこからワークステーション サービスを見つけます。
  • ワークステーションサービスをダブルクリックして、そのプロパティを開きます。
  • 次に、サービスを停止して再度開始するか、サービスを右クリックして [再起動] を選択し、スタートアップの種類が [自動] に設定されていることを確認します。
  • 次に、コンピュータを再起動して、エラーが修正されたかどうかを確認します。

オプション 3 – ファイル共有接続の設定を変更してみる

ファイル共有接続の設定を変更してみることもできます。 必要なのは、[コントロール パネル] > [ネットワークと共有センター] > [詳細な共有設定] > [ファイル共有接続] に移動することだけです。 そこから、「40 ビットまたは 56 ビット暗号化を使用するデバイスのファイル共有を有効にする」を選択し、問題の解決に役立つかどうかを確認する必要があります。 そうでない場合は、行った変更を元に戻し、次のオプションに進みます。

オプション 4 – ネットワーク構成を確認してみる

ネットワーク構成を確認すると、エラーの修正にも役立ちます。 これを行うには、以下の手順を参照してください。
  • システム トレイにある Wi-Fi 接続またはイーサネット接続アイコンを右クリックします。
  • 次に、[ネットワークとインターネットの設定]を開き、[アダプタオプションの変更]をクリックします。
  • その後、新しいウィンドウが表示され、そこから、コンピューターをネットワークに接続するネットワーク接続を選択します。これは、Wi-Fi接続またはイーサネット接続のいずれかです。
  • その接続を右クリックして [プロパティ] を選択すると、項目のリストが表示されます。
  • システム要件に応じて、これらの項目からインターネットプロトコルバージョン4またはインターネットプロトコルバージョン6を選択します。
  • 次に、[プロパティ]ボタンをクリックします。
  • すべてが想定どおりに構成されているかどうかを確認し、エラーが解決されているかどうかを確認してください。

オプション 5 – Winsock、TCP/IP、およびフラッシュ DNS をリセットしてみる

また、Winsock、TCP/IP をリセットし、DNS をフラッシュすると、エラーの解決に役立つ場合があります。 これを行うには、次の手順に従います。
  • [スタート] ボタンを右クリックし、[コマンド プロンプト (管理者)] をクリックして、管理者特権のコマンド プロンプトを表示します。
  • その後、以下の各コマンドを実行してください。 そして、次々に入力した後、Enterキーを押す必要があります。
  1. netsh winsockリセット –このコマンドを入力して、Winsockをリセットします
  2. netshをint型のIPリセットresettcpip.txt – TCP / IPをリセットするには、このコマンドを入力します
  3. でipconfig / flushdnsと –このコマンドを入力して、DNSキャッシュをフラッシュします
  • 次に、PCを再起動して、問題が修正されたかどうかを確認します。

オプション 6 – ネットワーク アダプターのトラブルシューティング ツールを実行する

  • コンピューターの検索バーを開き、「トラブルシューティング」と入力してトラブルシューティング設定を開きます。
  • 次に、下にスクロールして、右ペインから「ネットワークアダプタ」オプションを選択します。
  • 次に、「トラブルシューティングの実行」ボタンをクリックします。
  • その後、コンピュータは考えられるエラーをチェックし、可能であれば問題の根本原因を特定します。
続きを読む
さまざまな種類のコンピュータウイルス
コンピュータ ウイルスは、生物体内のウイルスと同様に、自己複製してシステムやさまざまなデバイスに広がる能力を持つ悪意のあるアプリケーションです。 コンピューター ウイルスは有害であり、できる限り避けるべきであることは誰もが知っています。 この精神に基づいて、私たちはどのような種類のウイルスが存在し、それらがどのように機能するかをさらに深く掘り下げています。

ウイルスの種類1. ファイル感染ウイルス

実行可能プログラムに自身を添付するウイルス。 これは寄生ウイルスとも呼ばれ、通常、拡張子 .exe または .com を持つファイルに感染します。 一部のファイル感染者はホスト ファイルを上書きする可能性があり、他のファイル感染者はハード ドライブのフォーマットに損傷を与える可能性があります。

2. マクロウイルス

このタイプのウイルスは、Microsoft Word や Excel などのプログラムでよく見られます。 これらのウイルスは通常、ドキュメントの一部として保存され、そのファイルが電子メールの添付ファイルを通じて他のコンピュータに送信されると拡散する可能性があります。

3. ブラウザハイジャッカー

このウイルスはブラウザの設定を標的にして変更します。 これは、ブラウザを、アクセスするつもりのない他の悪意のある Web サイトにリダイレクトするため、ブラウザ リダイレクト ウイルスと呼ばれることがよくあります。 このウイルスは、ブラウザのデフォルトのホームページを変更するなど、他の脅威を引き起こす可能性があります。

4. Web スクリプト ウイルス

人気のある Web サイトを標的とする非常に卑劣なウイルスです。 このウイルスは、Web サイト上のコードを上書きし、デバイスに悪意のあるソフトウェアをインストールできるリンクを挿入します。 Web スクリプト ウイルスは、Cookie を盗み、その情報を使用して、感染した Web サイトにユーザーに代わって投稿する可能性があります。

5. ブートセクターウイルス

これらのウイルスは、コンピュータがフロッピー ディスクから起動されていた頃によく見られました。 現在、これらのウイルスは、外付けハード ドライブや USB などの物理メディアの形式で配布されていることが確認されています。 コンピューターがブート セクター ウイルスに感染している場合、ウイルスは自動的にメモリに読み込まれ、コンピューターの制御が可能になります。

6. 多型ウイルス

このウイルスは、感染したファイルが実行されるたびにコードを変更する可能性があるため、ウイルス対策プログラムを回避する機能があります。

7.常駐ウイルス

常駐ウイルスはコンピュータのメモリに自身を保存し、コンピュータ上のファイルに感染する可能性があります。 このウイルスはオペレーティング システムに干渉し、ファイルやプログラムの破損を引き起こす可能性があります。

8. 複数の部分に分かれたウイルス

感染力が非常に強く、コンピューター システム上で簡単に拡散する可能性があるウイルスの一種。 メモリ、ファイル、ブート セクタなど、システムの複数の部分に感染する可能性があるため、封じ込めが困難になります。
続きを読む
0x00000050停止エラーの修正–ガイド方法

0x00000050停止エラーとは何ですか?

Windows 7 / Windows Server 2008 R2の実行中に、システムが完全なランダム性から突然応答を停止し、次のようなエラーメッセージがポップアップ表示されます。

0x00000050(parameter1、parameter2、parameter3、parameter4)

ソリューション

レストアボックスイメージエラーの原因

停止エラー 0x00000050 PAGE_FAULT_IN_NONPAGED_AREA の問題があることを示します。 このエラーをさまざまな機会に見た場合は、メッセージ内のパラメーターが変化していることがわかります。 これは、PC の構成に依存するためです。 すべての Stop エラー「0x00000050」が XNUMX つの問題によって発生するわけではありません。

ただし、停止エラーがポップアップ表示される最も一般的な問題は、Srvnet.sys ファイルで発生したプールの破損が原因です。

この問題は、ソフトウェアの非互換性または物理メモリの欠陥により、メモリ内で見つからないハードウェア ドライバまたはサービスのデータが要求されたことが原因で発生する可能性があります。

新しいアプリケーションまたはデバイスドライバーをインストールした後にエラーが発生した場合は、セーフモードにアクセスして、そのアプリケーションまたはドライバーをアンインストール、無効化、または削除する必要があります。

詳細情報と手動修理

この問題を修正するには、起動時にリストされている「LastKnown-GoodConfiguration」でコンピューターを起動してみてください。

このためには、以下の手順に従う必要があります。

  1. システムを起動します。
  2. 「Windowsのトラブルシューティングと高度な起動オプションについては、F8キーを押してください」というメッセージが表示されたら、F8キーを押して続行します。
  3. 上下の矢印キーを使用して「LastKnown-GoodConfiguration」を強調表示し、Enterキーを押します(この方法は、特定の変更を行ってからシステムの起動が正常に実行されなかった場合にのみ機能します)。
  4. コンピューターを起動するときに、F12キーを押して、PSA / 32ビット診断に進みます。
  5. クリーンブートを実行できるように、次の手順を実行します。
  • Windows 7 デスクトップが表示されたら、[スタート] メニューに移動します。
  • 検索バーに「msconfig」と入力して検索を押します。
  • 「スタートアップ」タブにリストされているすべてのアプリケーションを無効にします。
  • 次に、「サービス」タブに移動し、「Microsoft サービスをすべて非表示にする」オプションをマークします。
  • 「すべてのサービスを無効にする」オプションを選択します。
  • 「適用」をクリックして変更を適用し、PCを再起動します。 これで、コンピューターのパフォーマンスを確認する必要があります。 BSODが表示されない場合は、BSODが表示される原因が最終的に特定されるまで、すべてのサービスおよびスタートアップアプリケーションをXNUMXつずつ再度有効にします。
6.Windowsを「Windowsのアップデート"。
続きを読む
及び
著作権©iriz.co ErrorTools。 全著作権所有
商標: Microsoft Windows のロゴは、Microsoft の登録商標です。 免責事項: ErrorTools.com は Microsoft と提携しておらず、直接の提携も主張していません。
このページの情報は、情報提供のみを目的として提供されています。
DMCA.com保護ステータス