及び

athwbx.sysのブルースクリーンエラーを修正する方法

Athwbx.sysまたはQualcommAtherosドライバーファイルは、いくつかのブルースクリーンオブデスエラーをトリガーすることが知られています。 これは、ドライバーが破損した場合、またはオペレーティングシステムがドライバーにアクセスまたは検出できない場合に発生します。 さらに、ハードディスクまたはRAMの不良セクタも、BSODエラーを引き起こす可能性があります。 athwbx.sysファイルは、以下にリストされている次のBSODエラーを引き起こすことが知られています。

  • SYSTEM_THREAD_EXCEPTION_NOT_HANDLED(athwbx.sys)
  • STOP 0x0000000A:IRQL_NOT_LESS_EQUAL(athwbx.sys)
  • STOP 0x0000001E:KMODE_EXCEPTION_NOT_HANDLED(athwbx.sys)
  • 停止0×00000050:PAGE_FAULT_IN_NONPAGED_AREA(athwbx.sys)
  • PC に問題が発生したため、再起動する必要があります。 後でこのエラーをオンラインで検索できます: athwbx.sys

以下のトラブルシューティングのヒントに進む前に、athwbx.sysファイルによって引き起こされたブルースクリーンエラーを解決できる可能性があるため、システムの復元を実行してみることをお勧めします。 システムの復元を実行するには、次の手順に従います。

  • Win + Rキーをタップして、[ファイル名を指定して実行]ダイアログボックスを開きます。
  • その後、フィールドに「sysdm.cpl」と入力し、Enterをタップします。
  • 次に、[システムの保護]タブに移動し、[システムの復元]ボタンをクリックします。 これにより、新しいウィンドウが開き、希望のシステムの復元ポイントを選択する必要があります。
  • その後、画面の指示に従ってプロセスを終了し、コンピュータを再起動して、問題が修正されたかどうかを確認します。

システムの復元でブルー スクリーン エラーを修正できなかった場合は、次に示すトラブルシューティングのヒントに頼ってください。ただし、作業を開始する前に、まずシステムの復元ポイントを作成していることを確認してください。

オプション 1 – athwbx.sys ファイルを再作成してみる

最初に試せるのは、athwbx.sys ファイルを再作成することです。 Windows 10 PC は起動するたびに、適切な場所にあるすべてのシステム ドライバーを検索し、見つからない場合は作成しようとします。 このため、破損したドライバー ファイルを削除すると、修正されたファイルが再作成される可能性があります。 どうやって? 以下の手順を参照してください。

  • Windows 10PCをセーフモードで起動します。
  • 次に、ファイル エクスプローラーを開き、次の場所に移動します: C:/Windows/System32/drivers
  • そこから、という名前のファイルを探します SYS 名前を次のように変更します athwbx.old.

注: ご覧のとおり、ファイルの拡張子は .sys から .old に変更されました。

  • 次に、コンピュータを再起動して、athwbx.sysブルースクリーンエラーが修正されたかどうかを確認します。

オプション 2 – デバイス ドライバーを更新またはロールバックしてみる

最初のオプションが機能しなかった場合は、デバイス ドライバーを更新するかロールバックします。 Windows コンピュータを更新した後は、ドライバも更新する必要がある可能性が高くなります。 一方、デバイス ドライバーを更新したばかりの場合は、ドライバーを以前のバージョンにロールバックする必要があります。 どちらに該当する場合でも、以下の手順を参照してください。

  • WinXメニューからデバイスマネージャを開きます。
  • 次に、デバイスドライバーを見つけて右クリックし、プロパティを開きます。
  • その後、[ドライバ]タブに切り替えて、[デバイスのアンインストール]ボタンをクリックします。
  • 画面オプションに従って、完全にアンインストールします。
  • 最後に、コンピューターを再起動します。 デバイスドライバを自動的に再インストールするだけです。

注: 専用ドライバーをお持ちの場合はコンピューターにインストールすることも、製造元の Web サイトから直接探すこともできます。

オプション3–システムファイルチェッカースキャンを実行する

システム ファイル チェッカー (SFC) は、破損したファイルや失われたファイルの復元に役立つ組み込みのコマンド ユーティリティです。 不良または破損したシステム ファイルを正常なシステム ファイルに置き換えます。 SFC コマンドを実行するには、以下の手順に従います。

  • Win + RをタップしてRunを起動します。
  • 入力します CMD フィールドに入力し、Enterをタップします。
  • コマンドプロンプトを開いた後、次のように入力します SFC / SCANNOW

コマンドはシステムスキャンを開始しますが、終了するまでに数時間かかります。 完了すると、次の結果が得られます。

  1. Windowsリソース保護は整合性違反を検出しませんでした。
  2. Windows Resource Protectionは破損したファイルを検出し、正常に修復しました。
  3. Windows Resource Protectionは破損したファイルを検出しましたが、一部を修正できませんでした。
  • コンピュータを再起動します。

オプション 4 – CHKDSK ユーティリティを実行してみる

CHKDSKユーティリティを実行すると、athwbx.sysブルースクリーンエラーの解決にも役立つ場合があります。 ハードドライブに整合性の問題がある場合、システムは正常ではないと判断し、CHKDSKユーティリティが使用されるため、更新は実際に失敗します。CHKDSKユーティリティは、問題の原因となっている可能性のあるハードドライブエラーを修復します。

  • 管理者権限でコマンドプロンプトを開きます。
  • コマンドプロンプトを開いた後、次のコマンドを実行してEnterキーを押します。

CHKDSK / F / R

  • プロセスが完了するのを待ってから、コンピューターを再起動します。

オプション 5 – メモリ診断ツールを実行する

Windows 10でWindowsメモリ診断ツールを実行すると、athwbx.sysブルースクリーンエラーの修正にも役立つ場合があります。 このツールの実行方法については、以下の手順を参照してください。

  • Win + Rキーをタップして、[実行]を開き、次のように入力します exeファイル Enterキーを押して、Windowsメモリ診断ツールを開きます。
  • その後、次のようなXNUMXつのオプションが表示されます。
    • 今すぐ再起動して問題をチェックする(推奨)
    • コンピュータを次回起動したときに問題を確認する
  • コンピュータが再起動したら、基本的なスキャンを実行するか、「テストミックス」や「パスカウント」などの「詳細」オプションを選択することもできます。 F10キーをタップするだけでテストを開始できます。

注: このオプションを選択すると、PC が再起動し、メモリベースの問題がないか確認します。 問題が見つかった場合は自動的に修正されます。問題が見つからなかった場合は、メモリベースの問題ではない可能性が高いため、以下に示す他のオプションを試してください。

オプション 6 – ブルー スクリーンのトラブルシューティング ツールを実行する

ブルー スクリーンのトラブルシューティング ツールは、ユーザーが athwbx.sys のような BSOD エラーを修正するのに役立つ Windows 10 の組み込みツールです。 これは、「設定のトラブルシューティング」ページにあります。 これを使用するには、次の手順を参照してください。

  • Win + Iキーをタップして、[設定]パネルを開きます。
  • 次に、[更新とセキュリティ]> [トラブルシューティング]に移動します。
  • そこから、右側にある「ブルースクリーン」というオプションを探し、「トラブルシューティングの実行」ボタンをクリックしてブルースクリーンのトラブルシューティングを実行し、次の画面上のオプションに従います。 PCをセーフモードで起動する必要がある場合があることに注意してください。

お使いのデバイスについてサポートが必要ですか?

私たちの専門家チームがお手伝いします
Troubleshoot.Tech エキスパートがあなたをサポートします!
破損したファイルを置き換える
パフォーマンスを復元する
空きディスク容量
マルウェアを削除する
WEBブラウザを保護
ウイルスを削除する
PCのフリーズを止める
お問い合わせ
Troubleshoot.Tech の専門家は、Windows 11 を含むすべてのバージョンの Microsoft Windows、Android、Mac などに対応しています。

この記事を共有する:

あなたはおそらくそれも好きでしょう

Windows 10アップデートエラー0x8024a000を修正する方法

エラー コード 0x8024a000 – それは何ですか?

エラー コード 0x8024a000 は Windows Update に関連しています。 最新の新しい機能やテクノロジを使用するために Microsoft サイトから Windows を更新しようとすると、このエラーが表示されることがあります。 このエラーは、コンピュータと Windows Update サーバー間の接続の中断が原因である可能性があります。 オペレーティング システムの過負荷やレジストリの破損によっても、このエラーが発生する可能性があります。 モデム、ルーター、ケーブルなどをチェックして、これらのコンポーネントが正常に動作していることを確認してください。 一般的な症状
  • Windows とそのコンポーネント (システム ドライバーなど) を更新しようとしています。 プロセスが突然停止し、エラー コード 0x8024a000 が表示されます。
  • 同じプログラムを実行すると、PC がエラー 0x8024A000 で頻繁にクラッシュします。
  • Windows の動作が遅く、マウスやキーボードの入力に対する反応も遅くなります。
  • Windows Updateサーバーに接続できず、更新が開始されません。
  • 一部のファイルを更新できなかったことを示すエラー メッセージが表示される場合もあります。

ソリューション

レストアボックスイメージエラーの原因

このエラーにはさまざまな原因が考えられます。 そのうちのいくつかは:
  • いいえ、インターネット接続されていません
  • Windows オペレーティング システムが無効なシステム参照で過負荷になっています
  • WindowsUpdateソフトウェアの不正なダウンロードまたは不完全なインストール。
  • ケーブル、ルーター、またはモデムに障害があります
  • WindowsUpdateサービスがありません
  • システムが悪意のあるプログラムに感染している
  • システム レジストリ ファイルが破損または削除されました。 PC レジストリ エラーは、プログラムのインストール、変更、削除に伴い、コンピュータのレジストリから情報やファイルが継続的に書き込み、編集、移動、削除されるため、時間の経過とともに発生します。

詳細情報と手動修理

このような問題を解決し、新しいアップデートをインストールできるように PC を動作させるための簡単な方法について説明します。

方法1:

  1. キーボードのWindowsボタン+ Wを押します
  2. 検索ボックスに「トラブルシューティング」と入力します
  3. トラブルシューティング ボックスで、[すべて表示] タブを選択します。
  4. これらのサービスのトラブルシューティング ツールを実行し、更新プログラムのインストールを試行します。

方法2:

インストール関連のエラーのほとんどはシステム ファイル チェッカーで修正できるため、システム ファイル チェッカーはエラーを修正する非常に効率的な方法です。 インストール関連のエラーのほとんどは、システム ファイル チェッカーで修正できます。 このツールを使用するには、次の手順に従ってください。 画面の右端からスワイプして、「検索」をタップします。 マウスを使用している場合は、右上隅をポイントし、ポインタを下に移動して、「検索」をクリックします。 または キーボードで Windows + W キーを押します。 検索ボックスが表示されます。 検索ボックスに「cmd」と入力します。
  1. コマンドプロンプトで、sfc / scannowと入力します
  2. これにより、システムファイルがスキャンされ、エラーが修正されます
  3. コンピュータを再起動し、アップデートをインストールしてみてください
OR
コマンドプロンプトで「sfc / scannow」と入力します。
これにより、システム ファイルがスキャンされ、エラーがあれば修正されます。 コンピューターを再起動し、更新プログラムのインストールを試みます。

方法3:

  1. Windows + Rを押す
  2. 実行ダイアログボックスが表示されます
  3. services.mscと入力し、[OK]を押します
  4. それで サービス 窓、探す バックグラウンドインテリジェント転送サービス。 クリックして。
  5. サービスの問題の場合は、サービスが停止されます。 下のウィンドウで「開始」をクリックし、「 申し込む および OK.
  6. マシンを再起動して、アップデートのインストールを再試行してください。

方法4:

  1. [スタート]をクリックするか、検索ボックスを開きます
  2. 種類 CMD
  3. 右クリック CMD スタートメニューで 'を選択します管理者として実行'
  4. 種類 ネットストップ
  5. ヒット 入力します
  6. 種類 ren c:windowsSoftwareDistribution softwaredistribution.old
  7. ヒット 入力します
  8. 種類 出口
  9. ヒット 入力します

方法5:

通常の Web サーフィンやコンピュータの使用により、PC にはジャンク ファイルが常に蓄積されています。 これらのジャンク ファイルを時々クリーンアップしないと、ファイルとの競合またはハード ドライブの過負荷が原因で、Windows Update の応答が遅くなり、エラー メッセージ 0x8024A000 が表示される可能性があります。 これらの一時ファイルをクリーンアップすると、この問題が解決されるだけでなく、PC のパフォーマンスも向上します。 このジャンクをクリーンアップするには、次の手順に従ってください。
  1. クリック 開始
  2. タイプ " command" の中に 検索ボックス および しない] ヒット ENTER まだ!
  3. 持ちながら CTRL-シフト キーボードで、 ENTER.
  4. 権限ダイアログボックスが表示されます。
  5. クリック はい.
  6. カーソルが点滅している黒いボックスが開きます。
  7. タイプ "ます。cleanmgr」と叩いて ENTER.
  8. ディスクのクリーンアップ どれだけの占有スペースを取り戻すことができるか計算を開始します。
  9. [ディスク クリーンアップ] ダイアログ ボックスに、選択する一連のチェックボックスが表示されます。 ほとんどの場合、 「一時ファイル」 カテゴリは最も多くのディスクスペースを占有します。
  10. チェックボックスをオンにします クリーンアップしてクリックしたいカテゴリの OK.
これを自分で達成するために必要な技術的専門知識を持っていない場合、またはそうすることに不安がある場合は、ダウンロードしてインストールしてください 強力な自動化 仕事を成し遂げるためのツール。
続きを読む
Windows 10PCが自動的にオンになった場合の対処方法
時々勝手に電源が入る PC は非常に煩わしいものです。 多くのユーザーがこの問題に何度も直面してきました。 Windows 10 PC の電源が勝手にオンになったり、スリープから復帰したり、スタンバイ状態になったり、シャットダウンしたりする場合には、さまざまな理由が考えられます。 コンピューターを正確にスリープ解除した原因を確認するには、管理者としてコマンド プロンプトを開き、次のコマンドを入力します。
powercfg –lastwake
上記のコマンドを入力すると、PCを起動した最後のデバイスが表示されます。 その後、次のコマンドを入力する必要があります。
powercfg -devicequery wake_armed
コマンドを入力すると、PCをウェイクアップする可能性のあるすべてのデバイスのリストが表示されます。 これらのコマンドを実行する目的は、PCの電源が実際にオンになる原因を理解し、その理由がハードウェアレベルにあるかどうかを確認することです。 Windows 10PCが自動的にオンになった場合に試すことができるいくつかのオプションを次に示します。

オプション 1 – 高速スタートアップを無効にしてみる

ご存知のように、Windows 10には、通常の方法でコンピューターの電源をオフにしないFastStartupと呼ばれるモードが付属しています。 このモードでは、コンピューターが混合状態に保たれるため、再度電源を入れたときに、はるかに高速になります。 ただし、この機能は便利なように見えますが、セキュリティの専門家の中には、さまざまな理由でこの問題を見つけている人もいます。たとえば、Windows 10PCを単独でオンにすることができます。 したがって、問題を解決するには、この機能を無効にする必要があります。

オプション 2 – タスク スケジューラによるコンピュータのウェイクアップを停止する必要がある

問題がハードウェアではなくソフトウェアに関係している場合があります。 スケジュールされたタスクを使用して、XNUMX 日の特定の時間に、または XNUMX 日に何度もコンピュータ上で何らかの作業を実行している可能性があります。 そのため、実際にタスク スケジューラを使用している場合は、コンピュータがハイブリッド モードまたはスタンバイ モードのときにそれらのタスクを削除するのではなく無視するように Windows の電源設定を変更する必要があります。
  • 電源オプションを開き、「プラン設定の変更」をクリックします。
  • その後、必ず正しい電源プランを選択し、「詳細な電源設定の変更」オプションを選択してください。
  • 次に、スリープツリーを探して展開し、[ウェイクタイマーを許可する]オプションを表示してから無効にします。 このオプションを無効にすると、シャットダウンモードまたはスリープモードのいずれかでPCをウェイクアップする可能性のあるプログラムがないことを確認できます。 ただし、これはラップトップにのみ適用されます。

オプション 3 – 自動再起動を無効にしてみる

コンピュータがクラッシュし、システムが自動的に再起動する場合があります。 これは実際には仕様によるものです。コンピュータをスタンバイ状態にすると、コンピュータが再起動し、プログラムが繰り返されると、PCを起動し続けます。
  • 検索バーに「システム」と入力します。
  • 検索結果に表示されたら、クリックします。
  • 次に、左側の[システムの詳細設定]を選択し、[詳細設定]タブに移動します。
  • そこから、[スタートアップとリカバリ]の下の[設定]をクリックします。
  • 次に、「自動的に再起動する」のマークを外し、「OK」をクリックします。

オプション 4 – キーボードとマウスの両方の電源管理オプションを調整する

ご存知のとおり、PC をスリープ状態から復帰させる原因の XNUMX つは、キーボードとマウスです。 少し動かしたり、ぶつけたりすると、PC の電源が入ります。 これら XNUMX つによってコンピュータがウェイクアップするのを防ぐには、これら XNUMX つは電源管理オプションを備えているため、これを調整する必要があります。 このオプションを無効にすると、本当に希望しない限り PC がウェイクアップされないようにすることができます。
  • Win + Xキーをタップしてから、Mをタップしてデバイスマネージャーを開き、コンピューター上のすべてのハードウェアを一覧表示します。 そこから、キーボードまたはマウスを選択します。
  • 次に、右クリックして「プロパティ」に移動し、「電源管理」タブに移動します。
  • このタブで、[このデバイスにコンピューターのスリープ解除を許可する]チェックボックスをオフにします。
注:キーボードとマウス以外に、ゲーミングリグを使用してコンピューターでゲームをプレイしている場合は、電源オプションを無効にする必要がある場合があります。また、コンピューターをスリープ解除する可能性もあります。 コンピュータの電源を入れるたびに電源ボタンをタップするのは非常に不便である可能性があるため、少なくともキーボードまたはマウスのいずれかがコンピュータをウェイクアップできることを確認してください。

オプション 5 – Wake On Lan を変更する

Wake On Lan機能を使用すると、コンピューターがネットワークに接続されている場合、コンピューターをオンラインに戻すことができます。 この機能は、コンピュータがネットワークコンピュータと通信したり、データやファイルを送信したりする場合に特に便利です。ネットワークコンピュータは、要求された場合にのみオンラインになります。 Wake On Lanはハードウェア、つまりネットワークアダプターに組み込まれているため、PCが自動的にオンになる理由のXNUMXつです。
  • Win + xキーをタップし、Mを押してデバイスマネージャーを開き、ネットワークアダプターの下で上記のアダプターを探します。 ミニポートとしてリストされているもので何も変更してはならないことに注意してください。
  • 次に、右クリックして [プロパティ] を選択し、 [電源管理] に移動し、そこから [このデバイスによるコンピューターのウェイクアップを許可する] オプションのチェックを外します。 これにより、ネットワーク上のどの PC もコンピュータをウェイクアップできなくなります。

オプション 6 – スケジュールされた Windows Update と自動メンテナンスを防止する

また、WindowsUpdateがPCを再起動して更新を完了した可能性もあります。 これは、アクティブな時間または事前定義されたスケジュールによって異なります。 ご存知のとおり、Windowsには自動メンテナンスモードが組み込まれており、スケジュールされた時間にコンピューターを起動してシステムの更新を実行します。 これは、コンピュータが自動的にオンになる理由のXNUMXつである可能性があります。 したがって、スケジュールされた更新とメンテナンスを防ぐために、自動メンテナンスの時間を変更するだけです。 どのように? 次の手順を実行します:
  • [設定]を開き、[WindowsUpdateとセキュリティ]> [Windows Update]に移動して、[アクティブ時間]を選択します。
  • その後、検索バーに「自動メンテナンス」と入力して、自動メンテナンスの時間を変更します。
  • そこから、タイミングを調整するか、[スケジュールされたメンテナンスでコンピューターをスケジュールされた時間にウェイクアップすることを許可する]チェックボックスをオフにすることができます。
続きを読む
PCからFullTabを削除するためのガイド

FullTab は、Google Chrome、Firefox、Internet Explorer のブラウザ拡張機能です。 この拡張機能をインストールすると、ホームページがハイジャックされ、デフォルトの検索エンジンが http://search.fulltabsearch.com に変更されます。 この拡張機能は通常、他のフリーウェア ソフトウェアにバンドルされており、インストールされている間、インターネットの閲覧アクティビティ、訪問したリンク、クリックしたページ、その他の個人情報を監視し、後で検索結果にターゲットを絞った不要な広告を配布するために使用します。

この拡張機能がインストールされている間、変更された検索結果、挿入された広告、スポンサー リンク、Web ページのリダイレクト、さらにはポップアップ広告も表示されます。 いくつかのウイルス対策スキャナがこの拡張機能をブラウザ ハイジャッカーとして検出しましたが、コンピュータから収集する情報のため、保存することはお勧めできません。

ブラウザハイジャッカーについて

ブラウザ ハイジャッカー (ハイジャックウェアとも呼ばれます) は、ユーザーの知識や同意なしに Web ブラウザの構成設定を変更する一種の悪意のあるソフトウェアです。 このようなハイジャックは世界的に驚くべき速度で増加しているようで、本当に極悪であり、場合によっては有害な場合もあります。 ブラウザ ハイジャッカーは、ホームページを変更するだけではありません。 通常、ブラウザハイジャックは、強制的な広告クリックや Web サイトへのアクセスから得られる広告収入を得るために利用されます。 ほとんどの人は、そのような Web サイトは合法で無害であると信じていますが、そうではありません。 ほぼすべてのブラウザ ハイジャッカーはオンラインの安全性に対して実際の脅威をもたらすため、それらをプライバシー リスクに分類する必要があります。 ブラウザ ハイジャッカーは、知らない間に他の悪質なプログラムによってパーソナル コンピュータにさらなる損害を与える可能性もあります。

ブラウザハイジャックの兆候と症状

Webブラウザが乗っ取られたことを示す兆候は数多くあります。 1. ブラウザのホームページが突然変わります 2.アクセスするつもりがなかったインターネットサイトにリダイレクトされていることがわかります 3.デフォルトのWebブラウザ設定が変更されているか、デフォルトのWebエンジンが変更されている 4.未承諾の新しいツールバーが追加されていることがわかります 5.ポップアップ広告の止められない風花があなたのパソコンの画面に表示されます 6. Webページの読み込みが遅く、場合によっては不完全 7. コンピュータ セキュリティ ソフトウェア関連のサイトなど、特定の Web ページに移動できません。

ブラウザハイジャッカーがコンピュータに感染する正確な方法

PC がブラウザ ハイジャッカーに感染する可能性はさまざまです。 これらは通常、スパム電子メール、ファイル共有ネットワーク、またはドライブバイ ダウンロードによって届きます。 これらは通常、ツールバー、BHO、アドオン、プラグイン、またはブラウザー拡張機能に含まれています。 ブラウザ ハイジャッカーは、無料ソフトウェア アプリケーションのダウンロードに加えて、あなたの PC に忍び込み、オリジナルのソフトウェア アプリケーションと一緒に意図せずインストールしてしまいます。 人気のあるブラウザ ハイジャッカーの例には、Fireball、GoSave、Ask Toolbar、CoolWebSearch、RocketTab、Babylon Toolbar などがあります。 システム上にブラウザ ハイジャッカーが存在すると、Web ブラウジング エクスペリエンスが大幅に低下し、インターネット アクティビティが記録されて厄介なプライバシー上の懸念が生じ、コンピュータ全体のパフォーマンスが低下し、アプリケーションの不安定性も引き起こされる可能性があります。

除去

一部のブラウザハイジャックは、コントロールパネルから対応するマルウェアソフトウェアを特定して削除することで、非常に簡単に修正できます。 ただし、ほとんどのハイジャック犯は非常に粘り強く、それらを削除するには専用のツールが必要です。 そして、手動による修正と削除の方法が新人のPCユーザーにとって確かに難しい仕事になる可能性があるという事実を否定することはできません。 さらに、PCレジストリファイルをいじくり回すことに関連する多くのリスクがあります。

Safebytes Webサイトおよびマルウェア対策ダウンロードへのウイルスブロックアクセス-何をすべきか?

すべてのマルウェアは本質的に危険ですが、特定の種類の悪意のあるソフトウェアは他のものよりもはるかに多くの損害をコンピュータに与えます。 一部のマルウェアは、コンピューター上で実行したいことを妨害したりブロックしたりすることを目的としています。 ネットから何もダウンロードできなくなったり、いくつかまたはすべてのサイト (特にウイルス対策 Web サイト) にアクセスできなくなったりする場合があります。 この記事を今読んでいる方は、インターネット トラフィックがブロックされている原因がマルウェア感染であることに気づいているでしょう。 では、Safebytes などのウイルス対策プログラムをインストールしたい場合はどうすればよいでしょうか? この問題を回避するために実行できるアクションがいくつかあります。

Windowsをセーフモードで起動する

セーフ モードは実際には Microsoft Windows の特別な基本バージョンであり、ウイルスやその他の問題のあるプログラムのロードに対抗するために最小限のサービスだけがロードされます。 マルウェアがインターネット接続をブロックし、PC に影響を与えている場合は、セーフ モードで実行すると、マルウェア対策ソフトウェアをダウンロードしてスキャンを実行でき、被害の可能性を最小限に抑えることができます。 セーフ モードまたはセーフ モードとネットワークに入るには、コンピュータの起動中に F8 キーを押すか、MSCONFIG を実行して、[ブート] タブで [セーフ ブート] オプションを探します。 セーフ モードとネットワークで再起動すると、そこからマルウェア対策プログラムをダウンロード、インストール、更新できるようになります。 インストール直後にマルウェア スキャナーを実行して、ほとんどの標準的な感染を排除します。

代替インターネット ブラウザを使用してウイルス対策プログラムをダウンロードする

悪意のあるプログラムコードは、特定のWebブラウザの脆弱性を悪用し、すべてのウイルス対策ソフトウェアWebサイトへのアクセスをブロックする可能性があります。 Internet Explorerにウイルスが感染していると思われる場合は、FirefoxやChromeなどの安全機能が組み込まれた別のブラウザに切り替えて、お好みのウイルス対策プログラムであるSafebytesをダウンロードしてください。

起動可能なUSBアンチウイルスドライブを作成する

もう XNUMX つの解決策は、ウイルス対策プログラムを完全に Thumb ドライブに保存して実行することです。 ポータブルマルウェア対策ツールを使用して、影響を受けるコンピュータをクリーンアップするには、次の簡単な措置を実行してください。 1)ウイルスのないコンピューターに、SafebytesAnti-Malwareをダウンロードしてインストールします。 2)感染していないPCにペンドライブを入れます。 3)ダウンロードしたファイルをダブルクリックして、インストールウィザードを実行します。 4)求められたら、ソフトウェアファイルを保存する場所としてペンドライブの場所を選択します。 画面の指示に従って、インストールプロセスを完了します。 5)次に、破損したPCにUSBドライブを挿入します。 6)アイコンをダブルクリックして、ペンドライブから直接SafebytesAnti-malwareを実行します。 7)「今すぐスキャン」ボタンを押してウイルススキャンを開始します。

SafeBytes Anti-Malware Softwareを使用して、PCの安全性を確保します

ラップトップに最適なマルウェア対策アプリケーションをインストールしたいですか? 市場には、Windows システム用の無料バージョンと有料バージョンのアプリケーションが数多くあります。 それらの中には、素晴らしいものもあれば、まともなものもあれば、PC 自体に影響を与えるものもあります。 コンピュータ ウイルスだけでなく他の種類のマルウェアも検出できる、評判の高いツールを使用する必要があります。 信頼できるアプリケーションについて考えると、Safebytes Anti-Malware が強く推奨されるアプリケーションであることは間違いありません。 SafeBytes マルウェア対策は、あらゆるレベルの IT リテラシーを持つユーザーが悪意のある脅威を見つけてパーソナル コンピュータから削除できるように設計された、強力で非常に効果的な保護アプリケーションです。 このプログラムをインストールすると、SafeBytes の高度な保護システムにより、ウイルスや悪意のあるソフトウェアがコンピュータに侵入することがまったくなくなります。 SafeBytes は、他のさまざまなマルウェア対策プログラムと比較して優れた機能を備えています。 そのうちのいくつかを以下に示します。 リアルタイムの脅威対応: SafeBytes は、パーソナル コンピュータを XNUMX 時間体制で保護し、マルウェアの侵入を即座に制限します。 新しいアップデートや安全対策によって定期的に改善されるため、さまざまな脅威をスクリーニングして排除するのに非常に効果的です。 世界クラスのマルウェア対策保護: 高度で洗練されたアルゴリズムを備えたこのマルウェア削除ツールは、PC 内に隠れているマルウェアの脅威を効果的に検出し、取り除くことができます。 クイックマルチスレッドスキャン: SafeBytes の高速マルウェア スキャン エンジンは、スキャン時間を短縮し、バッテリー寿命を延ばします。 同時に、感染したコンピュータファイルやインターネットの脅威を効果的に検出して排除します。 Webセキュリティ: SafeBytes は、独自の安全性評価を通じて、サイトにアクセスするのが安全かどうかを警告します。 これにより、ワールド ワイド ウェブを閲覧する際に常に安全が確保されます。 軽量: このツールはコンピュータのリソースに「負担」を与えないため、SafeBytes がバックグラウンドで動作しているときに全体的なパフォーマンスの問題が発生することはありません。 24時間年中無休のライブプロフェッショナルサポート: 有料ソフトウェアを使用している場合は、XNUMX 時間体制で高レベルのサポートを受けることができます。

技術的な詳細と手動による削除(上級ユーザー)

FullTab を手動で削除するには、Windows のコントロール パネルの [プログラムの追加と削除] リストに移動し、削除するプログラムを選択します。 インターネット ブラウザ拡張機能の場合は、Web ブラウザのアドオン/拡張機能マネージャに移動し、無効にするか削除するアドオンを選択します。 おそらくブラウザをリセットすることも必要になるでしょう。 確実に完全に削除するには、システム上で次の Windows レジストリ エントリを見つけて削除するか、それに応じて値をリセットします。 ただし、これは困難な作業であり、安全に実行できるのはコンピュータの専門家だけです。 さらに、特定のマルウェアは複製を続けるため、排除することが困難になります。 このプロセスはセーフ モードで実行することをお勧めします。
ファイル: %LOCALAPPDATA%GoogleChromeUser DataDefaultExtensionsdddjdbagaalmcfiaklngpcdefppkhpnf %UserProfile%ローカル設定アプリケーション データGoogleChromeUser DataDefaultExtensionsdddjdbagaalmcfiaklngpcdefppkhpnf %LOCALAPPDATA%GoogleChromeUser DataDefaultExtensionsdfobofkgfnlaibpdigilbhhnampnfphg %UserProfile%Local設定アプリケーション データGoogleChromeユーザー データDefaultExtensionskikgikaaibdokmgbiocgoeepfphfllml %LOCALAPPDATA%GoogleChromeユーザー データDefaultExtensionskikgikaaibdokmgbiocgoeepfphfllml %LOCALAPPDATA%GoogleChromeユーザー データDefaultExtensionsekeidcohoadhbbfgbhppjihllchhdgea %UserProfile%ローカル設定アプリケーション データGoogleChromeユーザー データDefaultExtensions ionsdokppbonbkemcpplmcghjemlodkjcoif %LOCALAPPDATA%GoogleChromeUser DataDefaultExtensionsdokppbonbkemcpplmcghjemlodkjcoif %UserProfile%Local設定アプリケーション データGoogleChromeユーザー データデフォルト拡張機能sekeidcohoadhbbfgbhppjihllchhdgea レジストリ: HKEY_CURRENT_USERSoftwareMicrosoftInternet ExplorerDOMStoragewww.search.fulltabsearch.com HKEY_CURRENT_USERSoftwareMicrosoftInternet ExplorerDOMStoragesearch.fulltabsearch.com HKEY_CURRENT_USERSoftwareGoogleChromePreferenceMACsDefaultextensions.settings、値: dfobofkgfnlaibpdigilbhhnampnfphg
続きを読む
GifsGaloreを取り除く方法

Mindspark Interactive Network、Inc。のGifsGaloreツールバーは、GIFを電子メールに埋め込んだり、ソーシャルメディアサービスを介して友達と面白いGIFを共有したりするアクティブなWebユーザーに提案されています。 GifsGaloreソフトウェアは、インターネットクライアントに無料で追加できますが、GifsGaloreツールバーをアクティブにするには、Google Chrome、Internet Explorer、またはMozillaFirefoxを使用する必要があります。

インストールすると、新しいタブ ページとデフォルトの検索エンジンがハイジャックされ、search.myway.com に変更されます。 この拡張機能は、訪問した Web サイト、クリックしたリンク、閲覧した製品などの情報を記録するユーザーの閲覧アクティビティも監視します。この情報は、後で広告のターゲットを絞り込むために使用されます。 この拡張機能を有効にしてインターネットを閲覧すると、ブラウジング セッション全体 (特に検索結果) で、追加のポップアップ広告、スポンサー リンク、挿入された広告が表示されます。

ブラウザハイジャッカーについて

ブラウザ ハイジャックは、実際には、望ましくないソフトウェア プログラムの一種であり、多くの場合、ブラウザのアドオンまたは拡張機能であり、Web ブラウザの設定の変更を引き起こします。 インターネット ブラウザ ハイジャックが発生する理由はさまざまです。 ただし、商業、広告、マーケティングがその作成の主な理由であることは間違いありません。 そのアイデアは、サイト訪問者のトラフィックを改善し、より高い広告収益を生み出すことを目的として、ユーザーに特定のサイトへの訪問を強制することです。 素朴に思えるかもしれませんが、これらのサイトのほとんどは正規ではなく、オンラインの安全に重大なリスクをもたらす可能性があります。 ブラウザ ハイジャッカーは、知らないうちに他の悪質なプログラムによってコンピュータにさらなる損害を与える可能性もあります。

ブラウザハイジャックを特定する方法をご覧ください

Web ブラウザがハイジャックされると、次のようなことが起こる可能性があります。ブラウザのホームページが変更されます。 ブックマークと新しいタブも変更されます。 デフォルトの検索エンジンが変更され、知らないうちにブラウザのセキュリティ設定が低下した。 不要な新しいツールバーが追加されています。 コンピュータ画面にポップアップ広告が次々と表示されます。 Web ブラウザが遅くなったり、バグが多くなったり、頻繁にクラッシュしたりします。 SafeBytes などのマルウェア対策ソフトウェア開発者のサイトなど、特定の Web ページへのアクセスは禁止されています。

ブラウザハイジャッカーがコンピュータシステムに侵入する方法

ブラウザ ハイジャッカーは、ドライブバイ ダウンロード、ファイル共有ネットワーク、あるいは電子メールの添付ファイルを使用して、標的のコンピュータに到達する可能性があります。 また、悪意のある目的を持った BHO、ブラウザ拡張機能、ツールバー、アドオン、またはプラグインからのものである可能性もあります。 また、意図せずブラウザ ハイジャッカーをアプリケーション パッケージ (通常はフリーウェアまたはシェアウェア) の一部として受け入れてしまった可能性もあります。 有名なブラウザ ハイジャッカーの例としては、Fireball、CoolWebSearch などがあります。 保存、Ask ツールバー、RocketTab、および Babylon ツールバー。

除去

一部のブラウザ ハイジャックは、対応するマルウェア ソフトウェアを検出してコントロール パネルから削除することで、非常に簡単に元に戻すことができます。 しかし、特定のハイジャッカーは、必要なオペレーティング システム プロセスとして動作できるようにするいくつかの重要なコンピューター ファイルに関連付けられる可能性があるため、見つけたり排除したりするのがはるかに困難です。 さらに、手動による削除にはシステムに関する深い知識が必要となるため、初心者にとっては非常に難しい作業になる可能性があります。 影響を受けるコンピュータにマルウェア対策プログラムをインストールして実行すると、ブラウザ ハイジャッカーやその他の悪意のあるアプリケーションが自動的に消去される可能性があります。 Safebytes Anti-Malware には、ブラウザのハイジャックを最初から防ぎ、既存の問題を解決するのに役立つ高度なマルウェア対策エンジンが搭載されています。 また、Total System Care などの PC オプティマイザーを使用して、レジストリ内のすべての関連ファイルを削除し、ブラウザの問題を修復します。

マルウェアが何かのダウンロードやインストールを阻止した場合、あなたは何ができますか?

すべてのマルウェアは悪ですが、特定の種類のマルウェアは他のマルウェアよりもコンピューターに大きなダメージを与えます。 一部のマルウェアは、PC 上で実行したいことを制限したり阻止したりするために作成されます。 インターネットから何もダウンロードできなくなったり、一部またはすべての Web サイト (特にウイルス対策 Web サイト) へのアクセスができなくなったりする可能性があります。 この記事を読んでいるということは、Safebytes Antimalware などのセキュリティ ソフトウェアを PC にインストールすることを妨げるウイルスに感染している可能性があります。 この問題を回避するために実行できるアクションがいくつかあります。

セーフモードでマルウェアを削除する

Windows OSには、必要最低限​​のプログラムやサービスのみがロードされる「セーフモード」と呼ばれる特別なモードが備わっています。 マルウェアがインターネット アクセスを妨害し、コンピュータに影響を与えている場合、セーフ モードでマルウェアを起動すると、ウイルス対策ソフトウェアをダウンロードしてスキャンを実行し、被害の可能性を最小限に抑えることができます。 セーフ モードまたはセーフ モードとネットワークに入るには、コンピュータの起動中に F8 キーを押すか、MSConfig を実行して、[ブート] タブで [セーフ ブート] オプションを見つけます。 セーフ モードとネットワークで再起動すると、そこからマルウェア対策プログラムをダウンロード、インストール、更新できるようになります。 この時点で、別のアプリケーションからの干渉を受けることなく、ウイルス対策スキャンを実行してコンピューター ウイルスやマルウェアを削除できます。

別のWebブラウザを使用してセキュリティソフトウェアをダウンロードする

Web ベースのウイルスは環境に固有であり、特定のブラウザを狙ったり、ブラウザの特定のバージョンを攻撃したりする場合があります。 Internet Explorer を使用してマルウェア対策ソフトウェア プログラムをダウンロードできない場合は、ウイルスが IE の脆弱性を狙っている可能性があることを意味します。 ここで、Firefox や Chrome などの別のブラウザに切り替えて、Safebytes マルウェア対策プログラムをダウンロードする必要があります。

USBドライブからアンチウイルスをインストールして実行します

もうXNUMXつの解決策は、USBスティックにポータブルマルウェア対策プログラムを作成することです。 影響を受けるコンピュータシステムでアンチウイルスを実行するには、これらの対策を採用してください。 1)別のウイルスのないコンピューターを使用してSafebytesAnti-Malwareをダウンロードします。 2)サムドライブを感染していないコンピュータに接続します。 3)実行可能ファイルをダブルクリックして、インストールウィザードを実行します。 4)ウィザードがソフトウェアをインストールする場所を尋ねてきたら、場所としてフラッシュドライブを選択します。 画面の指示に従って、インストールプロセスを完了します。 5)次に、USBドライブを感染したコンピュータシステムに転送します。 6)サムドライブのSafebytes Anti-malwareアイコンをダブルクリックして、ソフトウェアを実行します。 7)「今すぐスキャン」をクリックして、影響を受けるコンピューターでマルウェアの完全なスキャンを実行します。

SafeBytesAnti-Malwareがコンピュータウイルスを防ぐ方法

デスクトップ用のマルウェア対策製品を購入する予定がある場合は、検討すべきブランドやユーティリティがたくさんあります。 そのうちのいくつかは優れていますが、正規のマルウェア対策プログラムを装った詐欺ウェア アプリケーションが多数存在し、コンピュータに大損害を与えようと待ち構えています。 高い評価を得ており、ウイルスだけでなく他の種類のマルウェアも検出するツールを使用する必要があります。 数少ない優れたアプリケーションの中でも、SafeBytes Anti-Malware はセキュリティを重視する人に強く推奨されるソフトウェア プログラムです。 SafeBytes マルウェア対策は、PC を完全に保護するだけでなく、あらゆる能力レベルの人にとって非常に使いやすい信頼できるツールです。 最先端のテクノロジーを備えたこのアプリケーションは、ウイルス、トロイの木馬、PUP、ワーム、ランサムウェア、アドウェア、ブラウザ ハイジャッカーなど、複数の種類のマルウェアを削除するのに役立ちます。

SafeBytesマルウェア対策は、他のすべてのマルウェアとは一線を画す無数の拡張機能を提供します。 以下は良いもののいくつかです:

堅牢なマルウェア対策保護: 高く評価されているウイルス対策エンジンに基づいて構築されたこのマルウェア削除ツールは、ブラウザ ハイジャッカー、PUP、ランサムウェアなど、他の一般的なウイルス対策ソフトウェアでは見逃してしまういくつかの頑固なマルウェアの脅威を特定して削除できます。 ライブプロテクション: SafeBytes は、パーソナル コンピュータを XNUMX 時間体制で保護し、マルウェアの侵入を即座に制限します。 これらは新しいアップデートやアラートによって定期的に改善されるため、多数の脅威をスクリーニングして削除するのに非常に効果的です。 Webフィルタリング: SafeBytes は、Web ページ上に存在するリンクに潜在的な脅威がないか検査し、独自の安全性ランキング システムを通じて Web サイトが安全に閲覧できるかどうかを警告します。 高速スキャン: SafeBytes のウイルス スキャン エンジンは、業界で最も高速かつ効率的なエンジンの XNUMX つです。 ターゲットを絞ったスキャンにより、さまざまなコンピューター ファイルに埋め込まれたウイルスの捕捉率が大幅に向上します。 CPU と RAM の使用率が非常に低い: SafeBytes は、軽量で使いやすいウイルス対策およびマルウェア対策ソリューションです。 このアプリケーションはコンピュータ リソースの使用量が少ないため、コンピュータの電源をそのまま使用します。 24 時間年中無休のプレミアム サポート: セキュリティ ツールに関する問題を迅速に解決するために、24 時間年中無休のテクニカル サポートが受けられます。 まとめると、SafeBytes Anti-Malware は、非常に低いシステム リソース使用量と、優れたマルウェアの検出と防止の両方を組み合わせた優れた保護を提供します。 この特定のソフトウェアが、コンピュータから脅威をスキャンして排除するだけではないことがおわかりいただけるでしょう。 SafeBytes AntiMalware サブスクリプションに費やした金額に対して、最高の総合的な保護が得られることには疑いの余地がありません。

技術的な詳細と手動による削除(上級ユーザー)

GifsGalore を手動で削除するには、Windows のコントロール パネルの [プログラムの追加と削除] リストに移動し、削除するプログラムを選択します。 インターネット ブラウザの拡張機能の場合は、Web ブラウザのアドオン/拡張機能マネージャーに移動し、削除または無効にするアドオンを選択します。 Web ブラウザをリセットすることも必要になる場合があります。 システム ファイルとレジストリ エントリを手動で削除する場合は、アクションを実行する前に、次のリストを使用して削除するファイルを正確に把握してください。 ただし、レジストリの編集は通常難しい作業であり、経験豊富なユーザーや専門家のみが修正を試みるべきです。 さらに、一部のマルウェアは複製したり、削除を阻止したりすることができます。 このマルウェアの削除プロセスはセーフ モードで実行することをお勧めします。
ファイル: %LOCALAPPDATA%\GifsGaloreTooltab %UserProfile%\Local Settings\Application Data\GifsGaloreTooltab %UserProfile%\Local Settings\Application Data\Google\Chrome\User Data\Default\Sync Extension Settings\fnjgjdfhhakkbojkgmiihabbbjhgbchh %UserProfile%\Local Settings\Application Data\Google\Chrome\User Data\Default \拡張機能\fnjgjdfhhakkbojkgmiihabbbjhgbchh %LOCALAPPDATA%\Google\Chrome\User Data\Default\同期拡張機能の設定\fnjgjdfhhakkbojkgmiihabbbjhgbchh レジストリ: HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\[APPLICATION]\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Uninstall..Uninstaller GifsGaloreTooltab Internet Explorer をアンインストールする HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Internet Explorer\LowRegistry\DOMStorage\gifsgalore.dl.tb.ask.com HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\ Internet Explorer\LowRegistry\DOMStorage\gifsgalore.dl.myway.com HKEY_CURRENT_USER\Software\GifsGalore
続きを読む
ディスクスペースの割り当てでSteamがスタックする問題を修正
Steam でディスク領域の割り当てに行き詰まった場合は、このエラーがどれほど迷惑であるかをご存知でしょう。 新しいゲームをプレイして少しリラックスしたいと思っていると、突然、ディスク領域の割り当てで蒸気が停止してしまいます。 幸いなことに、このエラーは修正可能です。提供されたガイドに従ってエラーを修正し、ゲームのインストールを続行してください。
  1. コンピューターを再起動

    オフにしてからオンに戻すという古い解決策ですが、この場合、90%の確率で機能します。
  2. 管理者としてSteamを実行する

    サードパーティアプリケーションによって実行される場合のディスクスペースの割り当ては、通常のユーザーよりも高い特権を必要とするタスクになる可能性があります。 インストールフォルダでsteam実行可能ファイルを見つけて右クリックし、管理者として実行します
  3. Steamキャッシュをクリアする

    Steamを管理者モードで起動します。 クライアントに入ったら、 をクリックします。 Steam 画面の左上隅にあります。 ドロップダウン ボックスから、 設定。 [設定] を開いたら、次の場所に移動します。 ダウンロード タブ。 クリック ダウンロードキャッシュをクリア オプション。 クリック OK プロンプトでアクションを確認します。 プロセスが完了するまで待ちます。 完了したら、変更を保存してクライアントを終了します。
  4. ダウンロードサーバーを変更する

    Steam クライアントを管理者モードで起動します。 クライアントに入ったら、 をクリックします。 Steam 画面の左上隅にあります。 ドロップダウン ボックスから、 設定。 [設定] を開いたら、次の場所に移動します。 ダウンロード タブ。 の下のドロップダウン メニューをクリックします。 地域をダウンロード。 ダウンロード元の別のサーバーを選択してください。 Steam クライアントを終了します。
  5. インストールファイルを更新する

    • タスクマネージャーでSteamプロセスを強制終了します。
    • Steamフォルダーに移動します
    • Steamフォルダー内で、 SteamApps フォルダと Steam.exe 実行可能ファイル。
    • キーボードのDeleteキーをタップします。
  6. ファイアウォールをオフにします

    ファイアウォールは蒸気を防ぎ、システム操作へのアクセスを遮断する可能性があります。ファイアウォールを無効にしてこの問題を修正してください。
  7. オーバークロックを停止

    PCをオーバークロックした場合は、変更を元に戻すことができます。 実行する必要のある手順は、オーバークロックソフトウェアによって異なります。 ソフトウェアを起動し、オーバークロックを停止するオプションを探します。 完了したら、コンピュータを再起動し、ゲームのインストールを再実行します。
続きを読む
2021 年 XNUMX 月: データ侵害と攻撃のリスト
2021年21月–XNUMX万件のレコードが侵害されました インシデントの完全なリスト:

サイバー攻撃 2021 年 XNUMX 月

ランサムウェア 2021 年 XNUMX 月

データ侵害 2021 年 XNUMX 月

財務情報

悪意のある内部関係者とその他の事件

あなたがしたい場合 read より役立つ 記事とヒント さまざまなソフトウェアとハ​​ードウェアの訪問について errortools.COM 毎日。
続きを読む
Windows 10エラー0x80072ee7を修正する方法

エラーコード0x80072ee7-それはなんですか?

エラーコード0x80072ee7は、Windows10およびWindowsストアの使用に最も一般的に関連するエラーコードです。 いくつかの原因でこのエラーが発生する可能性があります。これは、Windows10およびWindows8までずっとエラーメッセージとして表示されていました。

一般的な症状は次のとおりです。

  • Windows ストアに接続しようとすると、エラー メッセージが表示されます。
  • Windows ストアから購入したものをダウンロードまたはインストールできない。

幸いなことに、Windowsマシンでエラーコード0x80072ee7を解決するために使用できるいくつかの簡単な方法があります。 これらの方法は、高度なコンピューターの知識や高レベルのツールに精通している必要がないため、平均的なユーザーは助けを借りずにそれらを完了することができるはずです。 ただし、エラーコード0x80072ee7の解決について支援が必要な場合は、必ず資格のあるWindows修理技術者に連絡してください。

ソリューション

レストアボックスイメージエラーの原因

Windows デバイスでエラー コード 0x80072ee7 が表示される原因となる可能性のある基本的なことが 0 つあります。 80072 つ目は、システムまたは機器のエラーにより、インターネットへの接続が何らかの形で制限されることです。 次に、更新コンポーネントの一部が欠落している可能性があります。 次に、DNS 内のエラーが原因である可能性があります。 最後に、マシン上に何らかの互換性エラーがあると (たとえば、実行するウイルス対策ソフトウェアと Windows Update ツールの間で)、エラー コード 7xXNUMXeeXNUMX が表示される可能性があります。

詳細情報と手動修理

Windowsマシンでエラーコード0x80072ee7の出現を解決するために試すことができるいくつかの異なる方法があります。 これらを完了するのはかなり簡単ですが、それらを正常に実行する能力に自信がない場合は、資格のあるコンピューター修理技術者に連絡して支援を求めることができます。

Windowsデバイスでエラーコード0x80072ee7を解決するために使用する最良の方法は次のとおりです。

方法XNUMX:接続を確認する

問題がインターネットサービスプロバイダーやインターネットへのアクセスに使用している機器に関連していないことを確認するために、Googleなどのいくつかの一般的なサイトにアクセスしてインターネットに接続できることを確認してください。

方法XNUMX:代替DNSを使用する

DNS接続に問題があると思われる場合は、使用している特定のDNSをGoogleが提供するDNSに変更できます。 これにより、デバイスで検出されたIPアドレスが原因で発生する可能性のある競合を解決できます。 これを行うには、次の手順に従ってください。

  • ステップ XNUMX: コントロール パネルに移動し、[ネットワークとインターネット] オプションをクリックし、[ネットワークと共有センター] を選択します。 通常、ナビゲーション パネルの左側のバーにある「アダプター設定の変更」オプションを見つけてください。
  • ステップ XNUMX: 使用している接続方法 (Wi-Fi ネットワークなど) を見つけます。
  • ステップ 4: 右クリックして、接続プロパティ メニューを見つけます。 TCP/IPV8.8.8.8 メニューで、DNS 番号を手動入力に変更するオプションをクリックし、優先 DNS サーバーを「8.8.4.4」に、代替サーバーを「XNUMX」に設定します。

これらの手順が完了したら、Windowsストアへの接続を再試行できます。 接続する前にコンピュータを再起動する必要がある場合があります。

方法XNUMX:WindowsからFixItツールを実行する

Microsoft は、コンピューターを自動的にスキャンして多くの一般的なエラーを検出し、エラーが発生すると修正を試みることができる優れたツールを作成しました。 これは Windows サイトから直接ダウンロードでき、エラー コード 0x80072ee7 だけでなく、コンピューターに表示される他の多くのエラー メッセージの修正にも使用できます。

Fix Itツールを実行した後は、コンピューターを再起動して、加えられた変更を完全に有効にすることをお勧めします。

方法XNUMX:自動ツールを使用する

これらのWindows 10やその他の関連する問題が発生したときに、それらを修正するためのユーティリティツールを常に自由に使用したい場合 ダウンロードとインストール 強力な自動化ツール。

続きを読む
MinecraftがWindows10で起動しない問題を修正
Minecraft は世界を席巻し、インディーズ プロジェクトのゲームから主流になりました。 すべてのゲーム開発者の夢だと思います。 一方、すべてのゲーマーの夢は、ゲームをダブルクリックしてプレイすることであり、さまざまな問題、特に起動時の問題に対処することではありません。 ゲーマーの皆さん、幸運なことに、ここで errortools 私たちもゲームを楽しんでいます。Minecraft が起動しない問題を解決する方法についての解決策をお届けできることをうれしく思います。 だから、座ってリラックスして読み続けてください。そうすれば、すぐにまたゲームができるようになるでしょう。 Minecraft に戻るための最速の方法については、提示されたガイドを段階的に、どのように提示されているかをポイントごとに確認してください。 このガイドでは、ハードウェア構成が少なくとも Minecraft を実行するための最小システム要件を満たしていることを前提としています。
  1. ウイルス対策とファイアウォールを無効にする

    90%の確率で、これがMinecraftが機能しない問題であり、ウイルス対策またはファイアウォールが誤検知として検出し、システムインターネットなどへのアクセスが遮断されています。 無効にしてみてください。すべてが正常に機能している場合は、ウイルス対策またはファイアウォールの例外リストに追加してください。
  2. 管理者としてMinecraftを実行する

    Minecraftは、管理者権限がない場合、実行を拒否することがあります。 これが事実であることを確認するには、Minecraft実行可能ファイルを見つけ、それを右クリックして選択します プロパティ。 [互換性]タブに移動して確認します 管理者として実行 ボックス。
  3. Minecraftプロセスを終了します

    Minecraft が実行されていない場合でも、バックグラウンドでプロセスがアクティブになる可能性があることがわかりました。 プレス CTRL + SHIFT + ESC タスクマネージャーを開く Minecraft が実行中のプロセスがあるかどうかを確認します Minecraft プロセスが見つかった場合は、それを右クリックして選択します タスクの終了]
  4. Minecraftを互換モードで実行する

    それでも Minecraft が起動を拒否する場合は、以前の Windows バージョンの互換モードで実行してみてください。インストール場所で Minecraft 実行可能ファイルを見つけます。それを右クリックして選択します。 プロパティ プロパティでは、ウィンドウはに移動します 互換性 タブチェック このプログラムを互換モードで実行して、次のことを行います。 以前のバージョンのオペレーティングシステムを選択して、試してください Windows 8 or Windows 7
  5. グラフィックカードドライバを更新する

    最善の策は、GPU の製造元の Web サイトにアクセスし、GPU の最新バージョンのドライバーをダウンロードすることです。
  6. モッズ、プラグイン、テクスチャパックを削除します

    Mod、プラグイン、テクスチャパックはすべて素晴らしいですが、GPUの過負荷やその他の問題が発生する場合があります。これが当てはまるかどうかを確認するには、何もインストールせずにMinecraftをVannilaモードで実行してみてください。ダウンロードしてインストールしたばかりの純粋でクリーンなMinecraftです。
  7. Minecraftを再インストールします

    他のすべてが失敗した場合は、Minecraftを再インストールします。 一部のDLLファイルが誤って削除または破損したか、一部の重要なファイルが欠落している可能性があります。 クリーンな再インストールにより、これらの問題がすべて修正されます。
続きを読む
Chrome アップデート失敗エラー 3、4、7、10 など
Google Chrome を最新バージョンに更新するのが難しく、更新しようとするたびに失敗し続ける場合でも、この投稿では Google Chrome 更新エラーのリストを修正するためのガイドを提供しますので、ご心配なく。 Chrome には多くのエラー コードが表示されますが、これらはアップデートの問題によってのみ発生します。 GoogleChromeを更新するときに発生する可能性のあるエラーの一部を次に示します。
  • 更新に失敗しました:管理者が更新を無効にすると、このエラーが発生する可能性があります。
  • 更新に失敗しました
    • エラー3または11:Chromeの組み込みアップデーターが最新バージョンをダウンロードするための更新サーバーを見つけられない場合。
    • エラー 4 または 10: アップデートのチェック中にこの問題が発生し、「アップデート チェックを開始できませんでした」というメッセージが表示されます。
    • エラー 7 または 12: これは、更新の確認中にダウンロードが失敗した場合に発生します。
  • WindowsOSのバージョンはサポートされていません。
  • GoogleChromeはそれ自体を最新の状態に保つことができない場合があります。
  • 「更新に失敗しました」というその他のエラー
これらの前述のエラー コードは「更新失敗」に関連しているため、共通の解決策があり、次のとおりです。

オプション 1 – コンピューターを再起動します

まずパソコンを再起動してから、Chrome を再度更新してみる必要があります。 一時的な問題であり、コンピューターを再起動するだけで解決できる場合があります。

オプション 2 – ウイルス対策プログラム、ファイアウォール、ペアレンタル コントロールの設定を確認してみる

コンピュータにウイルス対策プログラム、ファイアウォール、保護者による制限がインストールされている場合は、これらのいずれかが Chrome のアップデートを含むあらゆるダウンロードをブロックしている可能性があります。 このため、ソフトウェアの更新がこれらのプログラムによってブロックされていないことを再確認する必要があります。 一方、DNS や接続の問題の解決に役立つネットワーク トラブルシューティング ツールを実行してみることもできます。 使用するには、以下の手順に従ってください。
  • コンピューターの検索バーを開き、「トラブルシューティング」と入力してトラブルシューティング設定を開きます。
  • 次に、下にスクロールして、右ペインから「ネットワークアダプタ」オプションを選択します。
  • 次に、「トラブルシューティングの実行」ボタンをクリックします。
  • その後、コンピュータは考えられるエラーをチェックし、可能であれば問題の根本原因を特定します。

オプション 3 – プロキシを削除してみる

プロキシを削除すると、Chromeアップデートのエラーを修正するのにも役立つ場合があります。 これがあなたがそれをすることができる方法です:
  • Win + Rキーをタップして、[ファイル名を指定して実行]ダイアログボックスを開きます。
  • 次に、フィールドに「inetcpl.cpl」と入力し、Enterキーを押してインターネットプロパティを表示します。
  • その後、[接続]タブに移動し、LAN設定を選択します。
  • そこから。 LANの「プロキシサーバーを使用する」オプションのチェックを外し、「設定を自動的に検出する」オプションがチェックされていることを確認します。
  • 次に、[OK]ボタンと[適用]ボタンをクリックします。
  • PCを再起動します。
注: サードパーティのプロキシサービスを使用している場合は、それを無効にする必要があります。

オプション 4 – Winsock、TCP/IP、および DNS キャッシュのフラッシュをリセットしてみる

Winsock、TCP/IP をリセットし、DNS をフラッシュすると、次の手順に従って Chrome Update エラーを解決できる場合があります。
  • [スタート] ボタンを右クリックし、[コマンド プロンプト (管理者)] をクリックして、管理者特権のコマンド プロンプトを表示します。
  • その後、以下の各コマンドを実行してください。 そして、次々に入力した後、Enterキーを押す必要があります。
  1. netsh winsockリセット –このコマンドを入力して、Winsockをリセットします
  2. netshをint型のIPリセットresettcpip.txt – TCP / IPをリセットするには、このコマンドを入力します
  3. でipconfig / flushdnsと –このコマンドを入力して、DNSキャッシュをフラッシュします
  • 次に、PCを再起動して、問題が修正されたかどうかを確認します。

オプション 5 – Chrome クリーンアップ ツールを実行してみる

Google Chrome に組み込まれているマルウェア スキャナー & クリーンアップ ツールを実行すると、不要な広告、ポップアップ、マルウェア、異常な起動ページ、ツールバー、その他の可能性のあるものを削除するのにも役立ちます。ネットワークを追い越し、ブラウザのパフォーマンスに影響を与える可能性があります。

オプション 6 – 競合するブラウザ拡張機能を削除する

  • Chromeを開き、Alt + Fキーを押します。
  • [その他のツール]に移動し、[拡張機能]をクリックして、疑わしいブラウザ拡張機能またはツールバーを探します。
  • ごみ箱をクリックして、[削除]を選択します。
  • Chromeを再起動し、Alt + Fキーをもう一度押します。
  • [起動時]に進み、[特定のページまたはページのセットを開く]をマークします。
  • ブラウザハイジャッカーがまだアクティブかどうかを確認するには、[ページの設定]をクリックします。アクティブな場合は、URLを上書きします。

オプション 7 – Google Chrome をリセットする

Chrome をリセットすると、エラーを解決できる場合があります。 Chrome をリセットするとデフォルト設定が復元され、すべての拡張機能、アドオン、テーマが無効になります。 それとは別に、コンテンツの設定もリセットされ、Cookie、キャッシュ、サイトデータも削除されます。 Chrome をリセットするには、次のことを行う必要があります。
  • Google Chromeを開き、Alt + Fキーをタップします。
  • その後、[設定]をクリックします。
  • 次に、[詳細設定]オプションが表示されるまで下にスクロールし、表示されたらクリックします。
  • [詳細設定]オプションをクリックした後、[復元してクリーンアップする]オプションに移動し、[設定を元のデフォルトに戻す]オプションをクリックしてGoogleChromeをリセットします。
  • 次に、GoogleChromeを再起動します。
続きを読む
Windows10でのコピーアンドペーストの問題を修正
コピー アンド ペースト機能は、Windows を適切に動作させるために不可欠なオプションであり、テキストを Web リンクや画像やファイルなどの他の多くのソースにコピーすることまで、Windows の重要な機能の XNUMX つです。 コピー アンド ペースト機能が動作しないと、Windows の宙ぶらりんな状態になります。基本的に Windows 自体は動作しますが、この特定の機能がなければ、作業を完了するのは非常に難しく、これに直面した不運なユーザーの場合はほぼ不可能です。特定の問題については心配しないでください。解決策があります。
  1. Windows Updateの

    グリッチにはさまざまな形式があり、アップデートで導入されることもあります。WindowsUpdateが利用可能かどうかを確認し、ダウンロードしてインストールすると、次のアップデートで既知のグリッチが修正される可能性が非常に高くなります。
  2. ウイルス対策を無効にする

    優れたウイルス対策ソフトウェアは、どのPCにとっても不可欠なソフトウェアですが、Windows自体の基本的な操作を妨げる場合があります。 完全に無効にして、コピーと貼り付けが機能するかどうかを確認します。その場合は、ウイルス対策のオプションをオフにするか、別のオプションに切り替えることができますか。
  3. チェックディスクを実行します

    破損したアプリケーションとシステムファイルは、Windowsの機能に問題を引き起こす可能性があります。この問題を解決する最も簡単な方法は、組み込みのWindows Checkディスクユーティリティを実行し、潜在的な問題をスキャンして修正することです。
  4. SFCを実行

    チェック ディスクで問題を修正できなかった場合は、管理者としてコマンド プロンプトを実行し、「sfc /scannow」と入力します。ファイル チェッカーはすべてのファイルを調べて、破損したシステム ファイルを含むものが見つかった場合は修正します。 操作が完了したら、システムを再起動します。 SFC スキャンには長い時間がかかる場合があることに注意してください。スキャン プロセスを中断せず、終了するまでそのままにしてください。
  5. rdpclipプロセスを再起動します

    rdpclip.exeを再起動すると、問題を解決できます。 タスクマネージャーを開き、プロセスでrdpclip.exeを見つけて右クリックして終了し、windows / system32に移動してrdpclip.exeを検索し、ダブルクリックします。 このプロセスを見つけることができるのは、リモートPCマシンを使用していて、ローカルユーザーマシンでrdpclipが実行されていない場合のみであることに注意してください。
  6. 以前のシステム復元ポイントへのロールバック

    この特定の問題が最新の更新で導入され、以前の解決策が機能しなかった場合は、すべてが正常に機能していた復元ポイントにロールバックします。
  7. 仮想化を停止する

    仮想ソフトウェアを使用している場合は、共有クリップボード機能がWindowsに干渉している可能性があります。仮想マシンの電源を切り、コピーと貼り付けを再試行してください。
続きを読む
及び
著作権©iriz.co ErrorTools。 全著作権所有
商標: Microsoft Windows のロゴは、Microsoft の登録商標です。 免責事項: ErrorTools.com は Microsoft と提携しておらず、直接の提携も主張していません。
このページの情報は、情報提供のみを目的として提供されています。
DMCA.com保護ステータス