及び
en English

コンテキストメニューにアプリのショートカットを追加する

インストール後の一部のアプリケーションは、簡単にアクセスできるようにコンテキストメニュー(デスクトップを右クリック)にショートカットを配置することがあります。ほとんどの場合、これらはAMDやNvidiaコントロールパネルなどのシステムに関連付けられたアプリケーション、またはWinRARや7ZIPなどのアーカイブです。これを行う通常のアプリケーションでも発生する可能性があります。

Windowsコンテックスメニュー

頻繁に使用するアプリケーションがいくつかあり、コンテキストメニューに配置する価値があります。デスクトップやタスクバーが乱雑にならないようにする場合は、ショートカットの配置を検討する必要があるXNUMX番目の場所です。

これを行うには、Windowsレジストリエディタで再生と調整が必要になるため、レジストリを編集するときは注意してください。不正なエントリはシステムのクラッシュや不安定性につながる可能性があります。 ステップバイステップの指示に従ってください。

レジストリのコンテキストメニューにアプリを追加する

エントリの作成

Regeditを検索し、Enterキーを押してレジストリエディタを開きます。レジストリエディタ内で次のキーを検索します。

HKEY_CLASSES_ROOT \ディレクトリ\背景\シェル

シェルを選択して右クリックし、[新規]にカーソルを合わせ、サブメニューで[キー]をクリックします。 次のステップでは、キーに名前を付ける必要があります。この名前は、デスクトップを右クリックしたときにコンテキストメニューに表示される名前になるため、必要な名前またはアプリケーションの名前を入力します。メニューに追加したい。

必要に応じて、この特定のアプリケーションを起動するためのキーボードショートカットを追加することもできます。 これを行うには、作成したエントリを選択し、デフォルト値を編集します。[値]データフィールドの編集文字列内で、最初に、ショートカットとして使用するキーの後に入力します。 ショートカットキーを押すと右クリックするとすぐにアプリが起動します。

コマンドの追加

次のタスクは、アプリケーションを起動するためのコマンドを実際に保持するコマンドキーを作成することです。 作成したエントリを右クリックし、[新規]にカーソルを合わせて、[キー]をクリックします。

次に、アプリケーションの起動に使用されるコマンドを実際に保持するコマンドキーを作成する必要があります。 新しいメモ帳キーを右クリックし、メニューから[新しい\キー]を選択します。 このキーに「コマンド」という名前を付けます。すべて小文字で、ハイフンは使用しません。

ランチャーの設定を完了するには、実行するファイルのフルパスが必要です。 ファイルエクスプローラーまたは別のツールでファイルを見つけ、Shiftキーを押しながらファイル自体を右クリックし、[パスとしてコピー]オプションを選択してパスをコピーします。

次に、コマンドキーをクリックし、右側のデフォルトキーをダブルクリックして編集します。フィールド値データ内に、実行可能ファイルへのパスを貼り付けます。 レジストリを閉じて保存すれば完了です。

さまざまなWindowsエラーとその修復方法について詳しく知りたい場合は、膨大なアーカイブにアクセスするか、検索を使用して、問題の解決に役立つ記事を見つけてください。
ただし、自動化を使用して高速に処理することを希望する場合は、問題に対して自動化されたソリューションを使用することを提案しています。 私たちが推奨するアプリケーションは 復元 & DRIVERFIX.
復元 システム全体を処理するワンクリックソリューションです。 このプログラムは、破損したレジストリを修復し、PCの全体的なパフォーマンスを最適化できる便利なツールです。 それとは別に、それはまたあなたがあなたのシステムからどんな不必要なファイルも排除するのを助けるどんなジャンクまたは壊れたファイルのためにあなたのコンピュータを一掃します。
DRIVERFIX は、ドライバーのすべてのニーズに対応する究極のソリューションです。 ドライバーを最新の状態に保ち、不良ドライバーや破損したドライバーから解放するプロセスを完全に自動化します。 非常に高速なスキャンとハッジライブラリにより、すべてのWindowsPCドライバーのニーズに対応するワンクリックソリューションです。
私たちの 復元 or DRIVERFIX ページをダウンロードして、このソフトウェアのすべての利点について自分自身に知らせ、無料の試用版を入手してください。
レストロ申請画面

復元

ワンクリックで自動化されたPC修復ソリューション
レストロボックス
RESTOROを使用すると、簡単にできます
破損したファイルを置き換える
パフォーマンスを回復する
空きディスク容量
マルウェアを削除する
WEBブラウザを保護します
ウイルスを削除する
PCのフリーズを停止します
DOWNLOAD
RESTOROは、Windows11を含むすべてのバージョンのMicrosoftWindowsと互換性があります。

DRIVERFIX

ワンクリック自動PCドライバーソリューション
ドライバーフィックスボックス
DRIVERFIXを使用すると、簡単にできます
ドライバーを最新の状態に保つ
悪いドライバーを削除する
ドライバーの問題を解決する
PCをスピードアップ
PCを最適化する
DOWNLOAD
DRIVERFIXは、Windows11を含むすべてのバージョンのMicrosoftWindowsと互換性があります。

この記事を共有する:

あなたはおそらくそれも好きでしょう

エラーコード4を修正する48つの方法

エラーコード48–それはなんですか?

エラーコード48は デバイスドライバのエラーコード ユーザーは、Windows2000オペレーティングシステム以降のバージョンで遭遇する可能性があります。

周辺機器のプログラムをインストールするために必要なWindowsオペレーティングシステムのドライバが破損しているか、システムと互換性がないため、接続されている周辺機器を実行できない場合に発生します。

画面に次のメッセージが表示されます。

このデバイスのソフトウェアは、Windowsに問題があることがわかっているため、起動がブロックされています。 新しいドライバについては、ハードウェアベンダーにお問い合わせください。 (コード48)

世界

ドライバーフィックスボックスエラーの原因

他のほとんどのWindowsエラーコードと同様に、エラーコード48は次の要因によってトリガーされます。

  • 破損したシステムレジストリファイル
  • デバイス内のウイルスの存在
  • デバイスドライバが古くなっています
このエラーコードが修正されない場合、次のような他のドライバデバイスエラーが発生する可能性があります。 エラーコード52.

詳細情報と手動修理

方法1–マルウェアとスパイウェアの完全なスキャンを実行します

システムレジストリおよび接続されたデバイス内のウイルスを識別して削除することは、破損したレジストリファイルを修正する最も簡単な方法です。

ウイルス スパイウェアとマルウェア レジストリエントリに感染し、データが不完全または欠落する原因となるファイルを使い果たします。 これにより、外部デバイスのインストールに必要なドライバーが完全でないため、外部デバイスのインストールで問題が発生します。

方法2–システムの復元を使用する

システムの復元を使用して、問題を解消することもできます。 使用方法は次のとおりです。

  • 管理者アカウントを使用してログインします
  • [スタート]ボタンをクリックして、[すべてのプログラム]> [アクセサリ]> [システムツール]> [システムの復元]を選択します
  • [コンピュータを以前の状態に復元する]をクリックし、[次へ]をクリックします
  • [このリストで、復元ポイントをクリックする]リストから、復元する最後のWindowsを選択し、[次へ]をクリックします。
  • 確認ウィンドウで[次へ]をクリックして続行します
  • 復元が完了したら、PCを再起動します

最後に保存されたシステムチェックポイントを介してシステムを復元することにより、エラーコードの解決に役立つ損傷のないWindowsシステムレジストリファイルを取得できます。

方法3–デバイスドライバーを手動でアンインストールして再インストールする

エラーコード48は、デバイスドライバーが見つからないか古いために発生するため、デバイスドライバーをアンインストールしてから再インストールすると、エラーの解決に役立ちます。

これを行うには、最初に管理者としてログインし、デバイスマネージャーを開きます。 問題の原因となっているデバイスを選択し、ダブルクリックします。 周辺機器がPCに正しく接続されていることを確認してください。

開いたら、[ドライバ]タブをクリックし、[ドライバの更新]を選択します。 マザーボードの詳細とドライバの詳細を確認するには、PCまたはコンピュータで受け取ったシステムドキュメントを必ず参照してください。

方法4–ソフトウェアを使用してドライバーを自動的にダウンロードする

ドライバーを手動でアンインストールして再インストールすると、うまくいきます。 ただし、特にハードウェアのユーザーマニュアルに頼らなければならない場合は、時間がかかる場合があります。 したがって、Driverなどのプログラムを使用するFIX コンピュータ上でデバイスを適切に動作させるための時間とフラストレーションを大幅に節約できます。 運転者FIXは、PCの問題を修正するのに役立つユーザーフレンドリーなアプローチで、数秒以内に再構成する必要のあるドライバーを検出し、それを自動的にダウンロードする統合データベースが付属しています。 さらに、ドライバーが完全にインストールされ、エラーコード48を作成する不完全なファイルが残る余地がないことを保証します。また、システムファイルの可能性がわずかである場合に、ファイルをバックアップおよび復元できるという追加の利点もあります。ダメージ。 運転者FIX PCのエラーコードを正確かつ迅速に修正するための答えです。 こちらをクリックしてください。 ドライバをダウンロードするにはFIX エラーコード48を迅速かつ効果的に修正するために!
続きを読む
Windowsのインストールがスタックしているピンの設定
コンピューターにWindows10を新規インストールした後、使用を開始する直前にPINを設定できます。 ただし、多くのユーザーが、Windows10のインストールが「ピンの設定」フェーズでスタックしていると報告しました。 同じことを経験しているユーザーの10人である場合は、この投稿で問題の修正方法を説明しているので、この記事を読んでください。 ユーザーが新しくインストールしたWindowsXNUMXコンピューターを使い始めると、正しいPINをXNUMX回入力しても画面が動かなくなり、前後に移動する方法がないという報告がありました。 これはアカウント設定の一部であり、すべてを完了する前に、コンピューターをインターネット接続に接続したままにする必要があることに注意してください。 また、コンピューターがオフラインのときにPINが機能する場合でも、少なくとも新規インストールの場合は、アカウントのセットアップにインターネット接続が必要です。 この種の問題の解決策は非常に簡単で、インストールがすでに完了していて、アカウントの設定だけが残っているため、コンピューターをシャットダウンまたは再起動しても問題はありません。 この問題を解決するには、以下の手順に従ってください。 ステップ1: 最初に行う必要があるのは、インターネット接続をオフにするか、コンピューターからのすべての接続を無効にすることです。 注意: インターネットへの接続にイーサネットケーブルまたはWi-Fiスイッチのいずれかを使用している場合は、それらを無効にするか削除する必要があります。 ただし、オプションがない場合は、インターネット接続を完全にオフにしてください。 ステップ2: 次に行う必要があるのは、コンピューターを強制的にシャットダウンしてから再起動することです。 セットアッププロセスは、最終的には中断したところから正確に再開されます。 唯一の違いは、インターネットに接続されておらず、画面がPIN設定画面で動かなくなることがないため、画面をスキップして、初めてログインするまで待つことができるようになったことです。 ステップ3: 完了したら、後で[PINの設定]を選択してインターネット接続をオンに戻すか、コンピューターをインターネット接続に接続することができます。
続きを読む
近くの共有がWindowsで機能していません
Windows 10にはいくつかの便利な機能があり、そのうちの10つがNearbySharing機能です。 この機能にアクセスするには、[スタート]>[設定]>[システム]>[共有エクスペリエンス]に移動します。 そこから、[近くの共有]オプションをオンにして、ファイルをダウンロードするフォルダーを選択します。 この機能を使用すると、ファイルを共有できるので非常に便利です。 ただし、最近、多くのユーザーから、NearbySharingがWindows10コンピューターで機能していないという報告がありました。 この問題に直面しているユーザーの1803人である場合は、Windows 4.0vXNUMXUpdateがコンピューターにインストールされているかどうかを確認してみてください。 Bluetoothが低エネルギーモードをサポートしているかどうかを確認したり、デバイスを近づけたり、アダプターにBluetoothバージョンXNUMX以降が搭載されているかどうかを確認したりすることもできます。 詳細については、以下の各オプションを参照してください。

オプション1-Windows10 v1803Updateがインストールされているかどうかを確認してみてください

Windows 10 v1803 Updateがコンピューターにインストールされているかどうかを確認するには、[スタート]> [設定]> [システム]> [バージョン情報]に移動します。 そこから、Windowsの仕様まで下にスクロールして、バージョンを確認します。 1803以上の場合は、コンピュータで近くの共有機能がアクティブになっている必要があります。 ただし、Windows 10 v1803 Updateがまだインストールされていない場合は、コンピューターを最新バージョンに更新してから、問題が解決するかどうかを確認する必要があります。

オプション2–Bluetoothが低エネルギーモードをサポートしているかどうかを確認します

近くの共有を使用する場合、低エネルギーモードは実際には必要ありませんが、低エネルギーモードをサポートするBluetooth端末がいくつかあり、大きな違いがあります。 したがって、次の手順に従って、コンピュータのBluetoothが低エネルギーモードをサポートしているかどうかを確認する必要があります。
  • Win + Rキーをタップして、[ファイル名を指定して実行]ダイアログボックスを開きます。
  • 次に、「devmgmt.mscフィールドに「」と入力し、「Enter」をタップしてデバイスマネージャを開きます。
  • その後、Bluetoothアダプターのリストを展開し、アダプターを右クリックして[プロパティ]を選択します。
  • [詳細]タブに移動し、ドロップダウンメニューから[Bluetooth無線がLow Energy Central Roleをサポートする]を選択し、その値が「 」、それはあなたのブルートゥースが低エネルギーモードをサポートすることを意味します、さもなければ、それはサポートしません。
  • Bluetoothが低エネルギーモードをサポートしていない場合は、外部モードの購入を検討することをお勧めします。

オプション3–デバイスを近づけてみてください

デバイスが十分に近くにない場合、近くの共有が機能しない可能性があります。 したがって、デバイスを近づけて、問題が解決するかどうかを確認する必要があります。 その場合は、関係するすべてのデバイスでネットワーク共有がオンになっていることを確認してください。

オプション4–Bluetoothバージョン4.0以降を使用していることを確認します

近くの共有機能を使用するには、関係するすべてのデバイスのアダプターがBluetoothバージョン4.0以降を使用していることを確認する必要があります。 したがって、デバイスのXNUMXつ、またはすべてのデバイスがこのバージョン以降のバージョンを使用していない場合は、近くの共有機能を利用するために外部Bluetoothアダプターを購入する必要があります。
続きを読む
「Diskpartがディスク属性をクリアできませんでした」を修正
Diskpartアプリケーションを使用してストレージデバイスの読み取り専用状態を変更しようとしたときに「Diskpartがディスク属性をクリアできませんでした」というエラーが発生し、要求が拒否された場合は、この投稿でいくつかの修正が行われます。問題を解決します。 ご存知のように、Diskpartは、コマンドラインを介して属性を変更することにより、読み取り専用ストレージデバイスを解決するために使用されます。 したがって、ストレージデバイスの属性を変更できない場合は、このようなエラーが発生する可能性があります。 この種のエラーは珍しいことではなく、損傷した物理属性がない限り、すぐに解決できます。 Diskpartの使用中にこのエラーが発生する理由はたくさんあります。ストレージデバイスに物理的な書き込み保護スイッチがあるか、ディスクが非表示になっているか、不良セクタがある可能性があります。 また、ストレージドライブがRAW形式であるか、管理者権限なしでDiskpartアプリケーションを実行している可能性もあります。 原因が何であれ、問題を解決するために試すことができるいくつかのオプションがありますが、続行する前に、管理者としてPCにログオンしていることを確認してください。

オプション1-ストレージデバイスに物理スイッチがあるかどうかを確認します

一部のUSBデバイスとSDカードリーダーには、書き込み保護された物理スイッチがあり、ストレージデバイスのすべての書き込み可能オプションが無効になっているため、オンにすると、Diskpartはディスク属性を書き込み可能に変更できません。 確認するには、デバイスの両側にある物理スイッチを探します。見つかったら、スイッチがオフになっていることを確認してから、ストレージデバイスを接続し直してから、Diskpartをもう一度実行してみます。

オプション2–レジストリエディタでWriteProtectedキーを変更します

先に進む前に、まずシステムの復元ポイントを作成する必要があります。
  • Win + Rキーをタップして[ファイル名を指定して実行]を開き、フィールドに「Regedit」と入力し、Enterキーを押してレジストリエディタを開きます。
  • 次に、次のパスに移動します。
HKEY_LOCAL_MACHINESYSTEMCurrentControlSetControlStorageDevicePolicies
  • その後、ウィンドウの左側にある「WriteProtect」レジストリエントリを探し、それをダブルクリックします。
  • その値を「0」に変更し、[OK]をクリックして変更を保存し、レジストリエディタを終了します。

オプション3– CHKDSKを実行して、ドライブにエラーがないか確認します

ハードドライブまたはリムーバブルデバイスに関するいくつかの問題に関しては、「chkdsk」と呼ばれる役立つ可能性のあるユーティリティがWindowsにあります。 このエラーチェックユーティリティは、「Diskpartがディスク属性をクリアできませんでした」エラーを含むシステムのいくつかの問題に役立ちます。
  • Win + Sキーをタップして検索ボックスを開きます。
  • 次に、フィールドに「コマンドプロンプト」と入力し、表示される検索結果から[コマンドプロンプト]を右クリックして、[管理者として実行]を選択します。
  • 管理者特権のコマンドプロンプトを開いた後、次のコマンドをコピーして貼り付け、Enterキーを押します。
CHKDSK [ボリューム[[パス]ファイル名]] [/ F] [/ V] [/ R] [/ X] [/ C] [:サイズ]]
注意: 上記のコマンドでは、「[/ F]」がシステムエラーを修正しようとし、「[/ R]」が不良セクタを修正します。
  • PCを再起動した後にCHKDSKを実行するように求められた場合は、YをタップしてPCを再起動します。
  • CHKDSKがエラーを検出できない場合は、Win + Eキーをタップして、アクセスウィンドウに移動します。 そこから、関連するドライブを右クリックし、[プロパティ]をクリックします。
  • [プロパティ]を開いた後、[ツール]タブをクリックし、[エラーチェック]セクションの下にある[チェック]ボタンをクリックします。
  • プロセスが完了するまで待ってから、コンピューターを再起動します。

オプション4–RAWの属性をクリアします

  • Win + Sキーをタップし、フィールドに「diskpart」と入力します。
  • Diskpartアプリケーションをクリックし、[ユーザーアカウント制御]ダイアログボックスが表示されたら、[はい]をクリックして続行します。
  • 管理者特権のコマンドプロンプトを開いた後、以下にリストされているコマンドを入力し、コマンドを次々に入力した直後に必ずEnterキーをタップしてください。
    • リスト容積
    • ボリュームを選択 'n' (このコマンドでは、「n」をドライブのボリューム番号に置き換える必要があります)
    • format fs = fat32 quick (このコマンドでは、フォーマットを「ntfs」または「exfat」に変更する柔軟性もあります)
  • 指定されたコマンドを実行した後、リムーバブルストレージデバイスのプラグを抜き、数秒待ってから再度差し込みます。
  • 次に、通常の書き込み操作を試して、エラーが表示されなくなったかどうかを確認します。

オプション5–ハードウェアコンポーネントを確認してみてください

一方、問題がハードウェアの問題に関係している可能性もあるため、コンピューターのハードウェアコンポーネントをチェックして、それを特定する必要があります。
続きを読む
Windows 10のエラーコード0x80070008を修正する方法

エラーコード0x80070008-それはなんですか

エラーコード0x80070008は、通常、Windows 10を実行しているマシンに表示されますが、エラーが最初に発生したときのWindows 7にまでさかのぼって、以前のバージョンのソフトウェアにも表示される場合があります。

一般的な症状は次のとおりです。

  • Windows 10Updateプロセスを完全に完了できない
  • マシンの動作が遅い
  • 問題のデバイスのメモリ不足に関するメッセージ

エラーコード0x80070008がコンピューターに表示された場合、エラーを修正し、必要に応じて更新プログラムをインストールできるようにするために実行できることがいくつかあります。 これらの方法のほとんどは、最も経験の浅いユーザーでも使用できるほど簡単ですが、少なくともXNUMXつの方法では、より深いレベルで設定を変更するための高度な知識または快適さが必要になる場合があります。

以下の手順を使用してエラーコード0x80070008を解決することに不安がある場合は、メモリの問題とWindows10エラーコードの解決に経験のある資格のある技術者に連絡してください。

世界

Restoroボックス画像エラーの原因

エラーコード0x80070008には0つの基本的な原因があります。 80070008つ目は、更新プログラムのインストールを完了するのに十分なメモリがマシンにない可能性があることです。 XNUMX番目に考えられる原因は、別のプログラムが、更新プログラムのインストールを完了するためのマシンの機能を妨害している可能性があることです。 最後に、エラーコードXNUMXxXNUMXは、ユーザーが多数の言語パックを使用している場合に発生する可能性があり、更新を完了する機能を妨げる可能性があります。

詳細情報と手動修理

エラーコード0x80070008にはXNUMXつの異なる原因があるため、エラーの解決を試みるXNUMXつの異なる方法もあります。 デバイスにインストールされている言語パックの数が原因でエラーが発生していると思われる場合は、最初に方法XNUMXを試してください。 それ以外の場合は、最初に方法XNUMXとXNUMXを使用します。

エラーコード0x80070008を解決するために以下の手順を自分で実行できるかどうか確信が持てない場合は、問題を修正するために、Windows10の問題に精通している認定コンピューター修理技術者に連絡してください。

Windows0を実行しているマシンでエラーコード80070008x10を解決するための上位XNUMXつの方法は次のとおりです。

方法XNUMX:WindowsUpdateのトラブルシューティングを実行する

エラーコード0x80070008が最初にコンピューターに表示された場合、問題を解決するために実行できる最初の手順のXNUMXつは、Windows Updateモジュールを開いて、[トラブルシューティング]ツールをクリックすることです。 これにより、Windows Updateツールでスキャンが実行され、問題の根本原因を特定して自動的に解決しようとします。

トラブルシューティングで問題が見つかった場合は、画面の手順に従ってエラーを解決してください。 場合によっては、このプロセスが完了した後、WindowsUpdateツールを再度実行する前にコンピューターを再起動することをお勧めします。

方法XNUMX:更新が完了するまですべてのプログラムを閉じる

場合によっては、マシンのメモリが不足していると、Windows Updateを実行しようとしているときに他のプログラムを実行すると、更新プロセスが失敗する可能性があります。 更新プロセスを実行する前に、ウイルス対策ソフトウェアやファイアウォールなど、デバイスで実行されているすべてのプログラムを閉じます。 これにより、更新プロセスを最後まで実行できる場合は、更新前に実行されていたすべてのプログラムを再アクティブ化できます。

方法XNUMX:不要な言語パックを削除する

この方法は通常、マシンに豊富な言語パック(通常は合計20以上)がインストールされているユーザーに適用され、更新プロセスに干渉する可能性があります。 不要な言語パックを削除するには、次の手順に従います。

  • ステップXNUMX:スタートパネルを開き、「コントロールパネル」を選択します。
  • ステップXNUMX:「時計、言語、地域」の設定を見つけて、「地域と言語」を選択します。
  • ステップXNUMX:[キーボードと言語]のオプションを選択し、[表示言語]の設定で[言語のインストール/アンインストール]を選択し、[表示言語のアンインストール]を選択します。
  • ステップXNUMX:保持したくない言語については、選択を解除して[次へ]を選択します。 プロセスが完了するまでに数分かかる場合があります。
  • ステップXNUMX:不要な言語パックがコンピューターから削除されたら、WindowsUpdateの実行を再試行できます。 効率を最大にするために、最初にコンピュータを再起動することをお勧めします。

方法XNUMX:自動ツールを使用する

これらのWindows 10やその他の関連する問題が発生したときに、それらを修正するためのユーティリティツールを常に自由に使用したい場合 ダウンロードとインストール 強力な自動化ツール。

続きを読む
ActiveXコントロールがパーソナルコンピュータに損傷を与える理由
ActiveXコントロールは、InternetExplorerを使用しているときに常に遭遇する可能性のあるプラグインです。 これらの種類のコントロールの例は、MICROSOFT IEFlashPlayerです。 これらはコンピュータに重大な問題を引き起こすことがよくありますが、IEが正しく動作するためには不可欠です。 パーソナルコンピュータにアクティブコントロールをインストールした後、PCの他の領域へのアクセスを効果的に提供することを見逃してはなりません。 ActiveXコントロールは、検索ルーチンを追跡するだけでなく、悪意のあるソフトウェアを配置します。これは、コンピューターに危険を及ぼす可能性があります。

世界

Restoroボックス画像エラーの原因

ActiveXコントロールを使用すると、Internet Explorerが必要に応じて機能し、通常は自分のコンピューターにとって非常に便利です。 しかし、以下の要因により、問題の原因となる可能性があります。
  • 信頼できないリソースからのActiveXコントロールのインストールを停止する必要があります
信頼できないリソースからインストールされた場合、ActiveXコントロールによってPCに新しい脅威が導入される可能性があります。 インストールに必要な、より一般的なタイプのActiveXコントロールのXNUMXつは、FlashPlayerです。 ただし、信頼できないリソースからこれらのコントロールを急いでインストールすることは絶対にしないでください。
  • PCにインストールするActiveXコントロールの数を制限する
パーソナルコンピュータとそこにある追加情報を攻撃にさらす可能性のあるセキュリティ対策が弱いため、java /oracleActiveXコントロールのインストールを防止します。 PCにインストールするActiveXコントロールの種類を制限します。これらは、コンピューターの脆弱性を増大させる可能性があるためです。

詳細情報と手動修理

から発生する誤動作を手動で修正できます ActiveXコントロール。 それでも、害を修復するだけでなく、最初から問題が発生しないように設定を作成してください。 どうやってそれをしますか?

a)信頼できないソースからのActiveXコントロールのインストールまたはダウンロードを停止します

これは上記で説明しましたが、ActiveXコントロールの誤動作の背後にある最も一般的な理由であるため、繰り返す価値があります。 ActiveXコントロールの誤動作のこの種の明らかな理由のために、PCの消費者は特に慎重になると予想するかもしれませんが、それは決して真実ではありません。

b)ActiveXコントロールソフトウェアを制限する

ActiveXコントロールがPCで自動的に実行されるのを制限できます。 それらを制限するには、Internet Explorerの[ツール]に移動し、[インターネットオプション]を選択します。 [セキュリティ]タブに進み、[ActiveX]と指定された領域に到達する前に、[税関レベル]を完全に下に参照します。 続いて、遭遇するすべての選択肢の下に「プロンプト」のマークを付けます。 ただし、「ActiveXコントロールとプラグインの実行」と「スクリプトに対して安全とマークされたスクリプトActiveXコントロール」を示す選択肢にはマークを付けないでください。 上記で強調した対策を実行することにより、あなたは、あなたの明示的な許可なしに、ActiveXコントロールのインストールを許可しないことを実質的に表明することになります。 このようにして、インストールを許可するさまざまな形式のActiveXコントロールをより適切に制御できるため、PCへの潜在的な脅威を減らすことができます。
続きを読む
新しいWindows11アップデート22000.65
Windows 11、22000.65の最初のメジャーアップデートでは、いくつかのバグ修正といくつかの新機能が追加されました。 以前のアップデートはほんの一群の小さな修正でしたが、今回はマイクロソフトがこれでさらに多くのものをもたらしました。

11 Windowsアップデートバグとセキュリティの修正:

  • PrintNightmareの脆弱性に対するパッチ。
  • 画面を前後に回転させた後、タスクバーのアイコンが表示されない。
  • フォーマット設定に従わない日付と時刻。
  • ファイルエクスプローラーのタイトルバーのコントラストの問題
  • Windowsキーを押して入力すると、最初のキーストロークをドロップして検索します
  • ALT +タブのぼやけたウィンドウ

バグとセキュリティの修正に加えて、最新のアップデートにより、いくつかの機能変更も行われました。

  • スタートメニュー 中心から移動できなくなりました
  • 検索ボックスが表示されます スタートメニューの上部にあります。
  • タスクバーが表示されます セカンダリモニターで。
  • 更新オプションがジャンプリストに表示されます デスクトップを右クリックしたとき。 以前は「その他のオプションを表示」リストにありました。
  • 特定のダイアログボックスの新しい外観 「電池残量低下」や「表示の変化」など
  • 新しいスナップレイアウト ポートレートモード画面用。
  • 音の問題をトラブルシューティングするオプション ボリュームアイコンを右クリックしたとき。
  • パワーモード設定 電源とバッテリーの設定メニュー。
  • .ps1ファイルを右クリック 「PowerShellで実行」オプションを提供します。
  • 絵文字パネルの新しいGIF 中国で
正直なところ、私はスタートメニューの上にある検索ボックスが本当に好きですが、それを左に移動するオプションは本当に嫌いです。それでもWindowsを移動して設定できれば、もっと家にいるように感じるユーザーがたくさんいると思います。彼らが望むように機能し、働くために。 Windows 10が非常にユーザー中心になり、ユーザー固有にできるように作られ、Windows 1がこれらのほとんどを取り除いているのは、私にとって非常に奇妙なことです。 マイクロソフトがこのように進んでいる理由はわかりませんが、タスクバーを左側に移動することがプログラミングの問題である理由や、たとえばそれが間違っている理由を実際に理解することはできません。
続きを読む
エラー0x000000d1の解決策

0x000000D1エラーとは何ですか?

エラーコード0x000000D1は、システムをさらなる損傷から保護するためにWindowsが自動的にシャットダウンしたときに表示される重大なエラーです。

通常、このエラーが発生すると、ユーザーに表示されるメッセージには、STOP 0x000000D1DRIVER_IRQL_NOT_LESS_OR_EQUALのようなメッセージが表示されます。

世界

Restoroボックス画像0x000000D1エラーの原因は何ですか?

通常、STOP 0x000000D1エラーコードは、非互換性、サードパーティドライバー、ドライバーの競合、古いドライバー、悪意のあるドライバー、およびその他の関連する問題などの問題によって発生します。

技術的に言えば、ユーザーに表示されるメッセージは、実際には、カーネルモードドライバーが不当に高いプロセスIRQLでメモリにアクセスしようとしたことを意味します。

未修正のままにすると、STOP0x000000D1エラーが非常に深刻になる可能性があります。 発生頻度が増えると、データが失われるだけでなく、システムが破損する可能性があります。 そのため、それを修正し、それを引き起こす根本的な問題をできるだけ早く解決することが重要です。

詳細情報と手動修理

このエラーをすばやく修正するにはさまざまな方法がありますが、その一部を以下に簡単に示します。
  • 上級ユーザーに推奨される解決策は、システムを起動し、管理者としてログオンすることです。 次に、スタートボタンに移動します。 [すべてのプログラム]-> [アクセサリ]-> [システムツール]-> [システムの復元]をクリックします。 ここにオプションがあります。コンピューターを復元する 以前に」。 それをクリックして、「次へ」を選択します。 復元ポイントのリストが目の前に表示されます。 最新の復元ポイントを選択し、[次へ]をクリックします。 確認ウィンドウが再度表示されます。 [次へ]ボタンをもう一度クリックします。 コンピュータを再起動してください。 おめでとうございます。コンピュータが正常に復元されました。
  • 初心者ユーザーにより適した別の方法は次のとおりです。 修復ユーティリティツールをダウンロードする. 次に、プログラムをインストールします。 スキャンボタンに出くわす可能性が最も高いです。 それが発生したら、[修正/修復]ボタンを選択します。 スキャンが完了します。 エラーは削除されます。 その後、コンピュータを再起動して、エラーが表示されないようにすることができます。
コンピュータが将来これらの問題に遭遇しないようにするためのその他の提案の概要を以下に示します。
  • すべてのドライバーを更新します。 廃止または古いハードウェアまたは ソフトウェアドライバー このSTOP0x000000D1エラーもトリガーされる可能性があります。
  • 最近ドライバまたはハードウェアをインストールまたは変更し、その後エラーが発生した場合は、インストールまたは変更が原因である可能性が高くなります。 将来、このドライバーを回避するには、元の設定に戻します。
続きを読む
エラーコード43を修正する方法

コード43-それはなんですか?

コード43、 デバイスマネージャエラーは、Windowsがビデオカード、USB、プリンター、またはPCに接続されているその他の外部ハードウェアなどのハードウェアデバイスを認識しない場合に報告されます。

デバイスマネージャは、ある種の不特定の問題を報告した場合、ハードウェアを停止します。 ほとんどの場合、次の形式で表示されます。

「Windowsは問題を報告したため、このデバイスを停止しました。 コード43インチ

世界

ドライバーフィックスボックスエラーの原因

コード43は、いくつかの理由でトリガーされる可能性があります。 ただし、95%の確率で、次のようなデバイスドライバーの問題に関連しています。

  • 行方不明のドライバー
  • 破損したドライバー
  • 時代遅れのドライバー

新しいドライバーバージョンが利用可能になるか、ウイルス感染などの根本的な理由によりドライバーが損傷した場合、ドライバーの問題が発生します。

ドライバーの問題以外に、ソフトウェアをインストールおよび削除するときにコード43がポップアップすることもあります。 これにより、レジストリでハードウェアの競合が発生し、ドライバの通信が変更される可能性があります。

コード43は、目的のデバイスをスムーズに使用する能力を妨げる可能性があります。 コード43は、ランタイムエラーやBSoDエラーのような致命的なエラーコードではありませんが、不便を避けるためにすぐに解決することをお勧めします。

PCを再起動するだけで、エラーコード43を一時的に回避できる場合がありますが、これで問題が完全に解決するわけではありません。 恒久的な修正については、以下の方法を試してください。

詳細情報と手動修理

PCからコード43を永続的に修復できるように、以下に、実行が簡単で効果的な最良のソリューションをいくつか示します。 単にあなたのPCからコード43を取り除くために手順に従ってください。

方法1-トラブルシューティングウィザードを起動して実行する

これは、エラーコード43がポップアップする原因となった問題の正確な性質を見つけるXNUMXつの方法です。 トラブルシューティングウィザードを起動して実行するには、次のことを行う必要があります。

  • スタートメニューに移動します
  • 検索バーに「デバイスマネージャー」と入力し、Enterキーを押します
  • デバイスマネージャをクリックして、システムで実行します
  • 次に、[全般]タブをクリックします
  • その後、トラブルシューティングを押してトラブルシューティングウィザードを起動します

ウィザードは問題を診断し、それを解決するための解決策を提供します。そこから行う必要があるのは、ウィザードの指示に従うことだけです。

方法2-ハードウェアのドキュメントを確認する

何らかの理由で方法1が機能しない場合、別の解決策は、問題の診断に関する詳細についてハードウェアのドキュメントを確認することです。

方法3-障害のあるドライバーをアンインストールする

コード43の根本的な理由がドライバーの問題に関連している場合、それを解決する最善の方法は、障害のあるドライバーをアンインストールしてから、新しいドライバーを再インストールすることです。 ドライバをアンインストールする多くの方法のXNUMXつは次のとおりです。

  • スタートボタンをクリックします
  • 検索ボックスに「sysdm.cpl」と入力し、Enterキーを押して続行します
  • [システムのプロパティ]ダイアログボックスで、[ハードウェア]タブを開きます
  • [デバイスマネージャー]をクリックしてから、[デバイスタイプ]をダブルクリックします
  • 次に、問題のあるハードウェアデバイスのレポートコード43をクリックします。
  • その後、[ドライバー]タブに移動し、[アンインストール]をクリックして、そのドライバーを完全にアンインストールします。
  • メーカーのウェブサイトにアクセスして、新しいドライバーバージョンをダウンロードします
  • .ZIPファイルを抽出してシステムにインストールします

方法4-ドライバーを自動的に更新する

新しいドライバーのバージョンを手動で識別して更新することは、特に急いでいてコンピューターに精通していない場合は、イライラすると同時に時間がかかる可能性があります。

また、ドライバーを更新した後は、ドライバーが古くなっていないことを確認するために、ドライバーを何度もチェックし続ける必要があります。 新しいバージョンが利用可能になるたびにそれらを更新する必要があり、ストレスがかかる可能性があります。

コード43を永続的に修復してこの面倒を回避するには、ドライバーをダウンロードしますFIX。 これは、あらゆる種類のドライバーの問題を解決するために特別に設計された、革新的でユーザーフレンドリーなデバイスドライバーソフトウェアプログラムです。

コード43が不足している、または古いドライバーが原因でPCで発生するかどうか、ドライバーFIX 問題を簡単に解決できます。

このソフトウェアに組み込まれているインテリジェントプログラミングシステムにより、問題のある古いドライバーを数秒で検出できます。

新しい互換性のあるバージョンと一致し、数回クリックするだけで、ドライバーを即座に、自動的に、定期的に更新します。 これにより、コード43が解決され、すべてのドライバーが最新の状態に保たれます。

ドライバFIX すべてのWindowsバージョンと互換性があります。

こちらをクリックしてください。 ドライバをダウンロードするにはFIX コード43をすぐに修復して解決します。

続きを読む
Windows0でエラーコード00007xc10bを修正する方法

エラーコード0xc00007b–それは何ですか?

エラーコード0xc00007bは通常、アプリケーションを適切に起動できないことで明らかになります。 これは、ユーザーが自分のコンピューターでゲームやその他のプログラムを実行しようとしたときに発生する可能性があります。 このような場合、アプリケーションは起動せず、エラーコード0xc00007bが発生したことを示すメッセージボックスがポップアップ表示されます。 エラーコードは、ユーザーが誤ったビットまたは不適切なビットでプログラムを実行しようとしたときに発生する可能性があります。 たとえば、32ビットの場所を64ビットの場所で読み込もうとした場合です。

世界

Restoroボックス画像エラーの原因

エラーコード0xc00007bは、Windows 7、8、8.1、Windows 10などのさまざまなバージョンのWindowsオペレーティングシステムに影響します。Windows0のエラーコード00007xc10bの場合、インストールしたソフトウェアに関連する問題が原因でエラーが発生する可能性があります。あなたのマシン。 これにより、ソフトウェアの競合が発生し、DirectXなどのプログラムをインストールする必要が生じる可能性があります。 チェックを外したままにすると、エラーコード0xc00007bは、Windows10で他のエラーコードを引き起こす可能性があります。 エラーコード0xc004f034.

詳細情報と手動修理

Windows 0デバイスのエラーコード00007xc10bを修復するには、ユーザーは少なくともXNUMXつの手動修復手順を実装する必要があります。 手動による修復方法は、最初にエラーの原因となった問題に対処して問題を修正できるため、これらの問題に対処するのに効果的です。

エラーコード0xc00007bを修正するための手動の修復手順は非常に簡単で、技術的な知識がほとんどなくても実装できます。 ただし、以下の手動修復方法を完了した後でエラーコードを修正するのが難しい場合は、Windowsの修復技術者に連絡する必要があります。

方法XNUMX:MicrosoftDirectXをインストールする

Microsoft DirectXは、通常Microsoftオペレーティングシステムに含まれているアプリケーションです。 これにより、ユーザーはPCで高速ゲームやマルチメディアにアクセスできます。 このWindowsテクノロジの最新バージョンは、Microsoftの公式サイトで入手できます。

MicrosoftのWebサイトにアクセスして、DirectXエンドユーザーランタイムWebインストーラーを検索します。 あなたが見つけたら プログラムの最新バージョン、DirectXを実行する優先言語を選択し、[ダウンロード]をクリックします。 プログラムを実行してから、必ずコンピュータを再起動してください。

このソリューションは、ゲームまたはマルチメディアアプリケーションの実行または表示に問題がある場合にのみ適用する必要があることに注意してください。 DirectXの最新バージョンを正しくインストールすると、エラーコード0xc00007bの発生を引き起こす可能性のある根本的な問題を修正できるようになります。 ただし、この手動修復手順を完了してもアプリケーションを実行できない場合は、別の方法を適用して、Windows0のエラーコード00007xc10bを修正する必要があります。

方法XNUMX:最新バージョンの.NETFrameworkをインストールする

Microsoftによって開発されたフレームワークである.NETFrameworkは、アプリケーションで問題が発生している可能性のあるユーザーにソリューションを提供します。 .NET Frameworkの最新バージョンをダウンロードするには、以下の手順に従ってください。

  • ステップXNUMX:お気に入りのWebブラウザを開きます
  • ステップXNUMX:www.microsoft.com/netと入力します
  • ステップXNUMX:[ダウンロード]をクリックします
  • ステップ4.6.2:リストの上部にあるフレームワークをクリックして、.NETFrameworkの最新バージョンを選択します。 (現在、最新バージョンは.NET Framework XNUMXです。)
  • ステップXNUMX:優先言語を選択し、ダウンロードします
  • ステップXNUMX:ソフトウェアを実行します。

.NET Frameworkの最新バージョンを正常にダウンロードするには、ソフトウェアのダウンロード中にコンピューターがインターネットに正しく接続されていることを確認してください。 また、MicrosoftのWebサイトに記載されている手順に従ってください。

ダウンロードプロセスが完了したら、コンピューターを再起動し、Windows 0のエラーコード00007xc10bが正常に解決されたかどうかを確認します。この手動修復方法が成功すると、ゲームおよびマルチメディアプログラムにアクセスできるようになります。 そうしないと、エラーコードメッセージボックスが再度表示され、アプリケーションエラーコードがデバイスに存在することが示されます。 これが再発する場合は、次の手動修復手順を適用してエラーコードを修正してください。

方法XNUMX:WindowsUpdateをインストールする

場合によっては、エラーコード0xc00007bなどのアプリケーションエラーコードが、最新のWindowsUpdateをデバイスにインストールできないPCユーザーに影響を与えます。 そのため、システムをチェックして、最新のアップデートがすべてインストールされていることを確認することが重要です。

[設定]で[WindowsUpdate]にアクセスすると、更新プログラムが利用可能な場合は、PCに自動的にインストールされます。 コンピュータを再起動してから、エラーコード0xc00007bが原因で以前は開かなかったプログラムを実行できるかどうかを確認します。 問題が解決せずにエラーコードが再発する場合は、開くことができないアプリケーションを再インストールするか、Windowsの修理技術者に相談してください。

方法XNUMX:自動ツールをダウンロードする

これらのWindows 8やその他の関連する問題が発生したときに、それらを修正するためのユーティリティツールを常に自由に使用したい場合 ダウンロードとインストール 強力な自動化ツール。

続きを読む
及び
著作権©iriz.co ErrorTools。 全著作権所有
商標:Microsoft Windowsのロゴは、Microsoftの登録商標です。 免責事項: ErrorTools.comはMicrosoftと提携しておらず、直接提携しているとは主張していません。
このページの情報は、情報提供のみを目的として提供されています。
DMCA.com保護ステータス