及び

すぐに解決できる Windows 5 の 11 つの一般的な問題

お気に入りの OS の最新バージョンを十分に楽しめないのは本当に残念です。

Windows 11 はまだ比較的新しいため、私たちのエクスペリエンスを本当に台無しにする迷惑な小さなバグがいくつかあります。 幸いなことに、あなたは一人ではなく、そのほとんどは簡単に修正できるということです。

ここでは、Windows 5 でよく報告される 11 つの問題と、それらを解決するためにできることを紹介します。

1. Windows 11のオーディオの問題

世界で最もイライラすることの 11 つは、コンピューターのサウンドに苦労することです。 Windows XNUMX ユーザーは、音が小さい、または音が聞こえないという問題に直面していると報告しています。 もしあなたが今、同じようなイライラを抱えているなら、安心してください。 修正には数分しかかからない可能性があります。

最初に確認することは、キーボードのミュート ボタンを押して誤ってデバイスをミュートしていないかどうかです。 はい、これは昔の「電源を切ってからもう一度入れてみましたか?」とよく似ていることはわかっています。 しかし、あらゆる手段を講じることが重要であり、最も明らかなことは通常、私たちが簡単に見落としてしまうものです。

さらに、複数のオーディオ出力ソースがある場合は、正しいものが選択されているかどうかを確認してください。 これは、アクション センターまたは設定から​​行うことができます。 毎回同じソースを使用したい場合は、それをデフォルトとして設定することをお勧めします。

優れた最新のオーディオ ドライバーを使用することも重要です。 多くの場合、これがオーディオの問題の本当の原因です。 必ずドライバーを更新してください。それでも問題が解決しない場合は、いつでもドライバーをアンインストールして再インストールするか、別のドライバーをインストールできます。 

最後に、すべての試行が失敗したままの場合は、オーディオのトラブルシューティング ツールを実行して、実際に何が問題になっているのかを特定します。

2. ファイルが見つからない

非常に強力な新しいオペレーティング システムであるにもかかわらず、想像できる最も単純なことができないように思えますか? Windows 11 でファイル エクスプローラーが応答しないことは、Microsoft の素晴らしい OS の最新版で最もイライラする最も一般的な問題の XNUMX つです。

ただし、9/10 回は PC を再起動するだけで修正できます。 タスク マネージャーで Windows エクスプローラー プロセスを強制終了し、再実行してみることもできます。

これらの方法でも問題が解決しない場合は、保留中の Windows 11 更新プログラムが存在するかどうかを確認してください。 アップデートが XNUMX つ欠けていると、PC の機能が損なわれる可能性があるため、常にすべてのアップデートを時間通りにインストールするようにしてください。 

いずれも機能しない場合は、ファイル エクスプローラーの問題を解決する他の方法があります。 ただし、問題はおそらくもう少し深く、もはや「簡単に解決できる」領域ではありません。

3.スタートメニューが機能しない

ファイル エクスプローラーと同様に、[スタート] メニューは OS の基本要素です。 したがって、その誤作動によって歯車が磨耗するのは当然のことです。 以前の Windows バージョンよりもカスタマイズしやすいかもしれませんが、常にスムーズに動作するとは限りません。 

いわゆる「スタート」メニューの重大なエラーが発生した場合、いくつかの原因が考えられます。 通常、これは、重要なアップデートがまだインストールされている間にシステムの電源を切った、PC 上に破損したファイルがある、または Windows がプログラムを強制的に停止したことを意味します。 

理由が何であれ、解決策は非常に簡単であるはずです。 (上で説明したように) ファイル エクスプローラーを再起動し、アカウントからサインアウトして再度サインインするという基本的な手順を試してください。 それでも問題が解決しない場合は、デフォルトのプログラムの機能を妨げる可能性があるため、サードパーティのスタート メニュー アプリ (存在する場合) をアンインストールしてみてください。

さて、これらは簡単な修正です。 これらを解決できない場合は、根本原因を特定し、それよりも複雑な解決策を探す必要があるかもしれません。

4. 切り取りツールが機能しない

私たちのお気に入りのスクリーンショット ツールは Windows 10 で導入されましたが、Microsoft はそれを維持することを決定しました。 しかし、実行しようとして失敗したとき、あなたも私たちと同じようにがっかりしたことでしょう。 

通常、この問題は最新のアウトオブバンド (OOB) アップデート、または一般に保留中のアップデートをインストールすることで修正できます。 システムが最新であるように見えても、念のためチェッカーを実行してください。

Windows 11 でできるもう XNUMX つの優れた機能は、「修復」と「リセット」です。これは、Snipping ツールのトラブルシューティングを行う最も簡単な方法です。 これが失敗した場合は、古き良きアンインストールと再インストールの方法を試すこともできます。 コントロール パネルからツールをアンインストールし、Microsoft Store から再インストールするだけです。

さらに、Windows 10 から 11 へのアップグレードの場合、古いバージョンの Snipping ツールが新しいバージョンの起動を妨げている可能性があります。 強化されたスクリーンショット ツールで利用できる追加オプションをあまり気にしない場合は、代わりに古いバージョンを使用できます。

C ドライブに移動し、Windows.old フォルダーを見つけてツールを検索し、そこから開きます。 頻繁に使用することがわかっている場合は、必ずタスクバーにもピン留めしてください。

5. 最新のアップデートをインストールできない

最新の Windows 11 バージョン 22H2 は、私たちの最愛のオペレーティング システムに多くの機能強化をもたらしました。 残念ながら、多くのユーザーはまだそれを体験する機会がありません。 OS のバージョンを更新するだけでスムーズにいくはずですが、そうでない場合もあります。

22H2 のインストールに失敗する原因はいくつか考えられます。 最も一般的な問題は、ストレージ容量の不足またはファイルの破損によって発生しますが、他の原因が考えられます。

試してみることができることがいくつかあります。 たとえば、ドライバーを最新の状態にし、いくつかの重要なサービスを有効にすることが重要です。 これらは、Windows モジュール インストーラー、バックグラウンド インテリジェント転送サービス、暗号化サービス、Windows Update サービスです。

それらを有効にするには、「サービス」を検索し、必要なサービスを見つけて右クリックします。 「プロパティ」を開き、スタートアップの種類として「自動」を選択します。

また、更新が完了するまで、重要ではない周辺機器をすべて取り外し、サードパーティのウイルス対策ツールを無効にする必要がある場合もあります。 

最終的には、Windows Update トラブルシューティング ツールを実行して、他の考えられる問題を検出して修正できます。

まとめ

このような小さなバグは特別なことではありません。 そうは言っても、私たちは皆、それが起こるとまだ嫌がります。

私たちのソリューションのいくつかが、よりスムーズな Windows 11 エクスペリエンスに役立つことを願っています。 しかし、それでも問題が解決しない場合は、お気軽にご相談ください。 喜んでお手伝いさせていただきます!

お使いのデバイスについてサポートが必要ですか?

私たちの専門家チームがお手伝いします
Troubleshoot.Tech エキスパートがあなたをサポートします!
破損したファイルを置き換える
パフォーマンスを復元する
空きディスク容量
マルウェアを削除する
WEBブラウザを保護
ウイルスを削除する
PCのフリーズを止める
お問い合わせ
Troubleshoot.Tech の専門家は、Windows 11 を含むすべてのバージョンの Microsoft Windows、Android、Mac などに対応しています。

この記事を共有する:

あなたはおそらくそれも好きでしょう

Windows で DCOM エラー 1084 を修正する方法
分散コンポーネント オブジェクト モデル (DCOM) は、コンピュータがネットワーク経由で別のコンピュータに対してプログラムを実行できるようにする Windows コンピュータ上のモジュールです。 これは、プログラムがネットワーク経由でリモートで実行されている間に COM オブジェクトが相互に通信できるようにする Microsoft のソフトウェア コンポーネントです。 COM モデルは DCOM モデルのもう 1084 つの拡張であり、目的のタスクを実行するために両方が連携して機能します。 このモジュールを機能させるには、クラス識別子 (CLSID)、プログラム識別子 (PROGID)、アプリケーション識別子 (APPID) の 1084 つのコンポーネントが必要です。 ただし、DCOM はエラーが発生する可能性があるため、常に期待どおりに動作するとは限りません。 その 10 つはエラー XNUMX です。このエラーにより、ネットワーク上のリモート コンピューターでのプログラムの実行が中断されます。 したがって、Windows XNUMX コンピューター上で DISM ツールの実行などのサービスを開始しようとしたとき、またはその他のシナリオで DCOM エラー XNUMX が発生した場合は、この投稿が役立つ可能性があります。 問題のトラブルシューティングを開始するには、以下の手順を参照してください。

オプション 1 – DCOMLAUNCH サービスまたは DCOM サーバー プロセス ランチャーとその 3 つの依存関係のステータスを確認してみます。

DCOMサーバープロセスランチャーサービスは、オブジェクトのアクティブ化要求に応答して、COMサーバーとDCOMサーバーの両方を起動します。 このため、このサービスを停止または無効にすると、COMおよびDCOMを使用しているプログラムが正しく機能しなくなります。 したがって、DCOMLAUNCHサービスが実行されていることを確認する必要があります。
  • Cortana検索ボックスに「services」と入力し、[Services]アイコンをクリックしてServicesManagerを開きます。 または、Win + Rキーをタップして実行プロンプトを起動し、フィールドに「services.msc」と入力してEnterキーを押し、サービスマネージャーを開くこともできます。
  • 次に、次のサービスを確認します。
    • DCOMサービスプロセスランチャー
    • バックグラウンドタスクインフラストラクチャサービス
    • ローカルセッションマネージャ
    • リモートプロシージャコール(RPC)
  • 次に、各サービスを右クリックし、「プロパティ」をクリックします。
  • その後、[スタートアップの種類]のドロップダウンメニューから[自動]を選択し、前述のすべてのサービスが実行されていることを確認します。
  • 次に、各サービスの[OK]をクリックします。

オプション 2 – クリーン ブート状態で問題のトラブルシューティングを行う

コンピュータにインストールされている競合するプログラムの中には、DCOMエラー1084を引き起こしているものがある場合があります。問題の原因となっているプログラムを特定するには、コンピュータをクリーンブート状態にする必要があります。 これを行うには、以下の手順に従います。
  • 管理者としてPCにログオンします。
  • 入力します MSConfigの [検索の開始]で、[システム構成]ユーティリティを開きます。
  • そこから、[全般]タブに移動し、[選択的なスタートアップ]をクリックします。
  • [スタートアップ項目をロードする]チェックボックスをオフにし、[システムサービスをロードする]および[元のブート構成を使用する]オプションがオンになっていることを確認します。
  • 次に、「サービス」タブをクリックし、「Microsoft サービスをすべて隠す」チェックボックスをオンにします。
  • [すべて無効にする]をクリックします。
  • [適用/ OK]をクリックして、PCを再起動します。 (これにより、PCがクリーンブート状態になります。通常の起動を使用するようにWindowsを構成し、変更を元に戻すだけです。)
  • そこから、最近インストールしたプログラムのどれが問題の根本原因であるかを確認することにより、問題の切り分けを開始します。

オプション 3 – DISM ツールを使用してみる

システム内の破損している可能性のあるファイルを修復すると、DCOMエラー1084もトリガーされる可能性があるため、修復することをお勧めします。これらの破損したシステムファイルを修復するには、DISMコマンドを実行します。
  • Win + Xキーをタップし、「コマンドプロンプト(管理者)」オプションをクリックします。
  • その後、以下の各コマンドを順番に入力して実行してください。
    • Dism / Online / Cleanup-Image / CheckHealth
    • Dism / Online / Cleanup-Image / ScanHealth
    • Dism / Online / Cleanup-Image / RestoreHealth
  • 上記のコマンドを実行したら、コンピューターを再起動して、DCOMエラーが修正されたかどうかを確認します。

オプション 4 – コンピュータをリセットする

  • Winキーをタップするか、タスクバーにある[スタート]ボタンをクリックします。
  • 次に、画面の右下部分にある電源ボタンをクリックします。
  • 次に、キーボードのShiftキーを押したままにして、[再起動]をクリックします。 これにより、PCが再起動して高度なスタートアップオプションが表示されます。
注: [詳細スタートアップ] オプションにアクセスしたら、Windows 10 PC をリセットできる設定に移動する必要があります。 必要なのは、[トラブルシューティング] > [この PC をリセットする] を選択して、次の画面に到達することだけです。その後、[ファイルを保持する] オプションのいずれかを選択し、次の画面上の指示に進んで、ファイルを失わずに Windows 10 コンピューターをリセットします。 。
続きを読む
Windows0でエラーコード004xc210f10を修正する方法

エラーコード0xc004f210–それはなんですか?

エラーコード0xc004f210は多くのXNUMXつです アクティベーションエラー Windows 10 ユーザーに影響を与えるもの。 次の一般的な症状が発生するため、ユーザーはエラー コード 0xc004f210 を識別できます。

  • Windows10オペレーティングシステムをアクティブ化できない
  • エラーコード0xc004f210​​のメッセージボックス

ソリューション

レストアボックスイメージエラーの原因

エラーコード0xc004f210は通常、自分のプロダクトキーまたはデジタルエンタイトルメントに関連する問題が原因で発生します。 プロダクトキーとデジタルエンタイトルメントの両方がマイクロソフトによって使用され、顧客が正当なアクセス権を持つバージョンのマイクロソフトをアクティブ化できるようにします。 間違ったプロダクトキーを入力した場合、またはWindows 10にアップグレードしたが、アクティベーションを試みているWindowsの現在のバージョンがデジタル資格のエディションと一致しない場合、エラーコード0xc004f210が発生する可能性があります。 この問題を修正するには、XNUMXつ以上の手動修復手順を実装する必要があります。 これは、最初にエラーが発生した原因の問題によって異なります。

詳細情報と手動修理

以下の方法は、技術的な知識が不足しているWindowsユーザーが正常に完了することができる簡単な手順です。 ただし、以下に示す手動の修復方法を完了するのが難しい場合、またはこれらの手順を実行しても問題が解決しない場合は、Windowsの修復技術者に連絡してください。

方法XNUMX:有効なプロダクトキーを入力する

Windows 10オペレーティングシステムを正常にアクティブ化し、エラーコード0xc004f210を解決するには、有効なプロダクトキーを入力する必要があります。 プロダクトキーの入力中に単純な間違いを犯すと、エラーコードが再発する可能性があるため、25文字のコードを指定された順序で入力してください。 以下の手順に従って、プロダクトキーを入力します。

  • ステップ XNUMX: [スタート] ボタンをクリックし、[設定] を選択します。
  • ステップXNUMX:[更新とセキュリティ]、[アクティベーション]の順に選択します
  • ステップ XNUMX: [プロダクト キーの変更] をクリックします。
  • ステップ 25: 有効なプロダクト キーを XNUMX 文字で正しい順序で入力します。

プロセスを完了すると、Windows10を正常にアクティブ化できるはずです。 ただし、エラーコード0xc004f210がデジタル資格の問題が原因である可能性があるため、問題が解決しない場合は、以下で提案する次の手動による方法に進んでください。

方法10:デジタルエンタイトルメントに一致するWindows XNUMXEditionを再インストールします

プロダクトキーの使用を必要としない新しい形式のアクティベーションであるデジタルエンタイトルメントが、デバイスでエラーコード0xc004f210が発生している本当の理由である可能性があります。 デジタル資格に関連する問題に対処するには、システムにインストールされているWindows10のバージョンがデジタル資格と一致していることを確認してください。 これには、オペレーティングシステムも再インストールする必要があります。 Windows 10を再インストールした後、以下の手順に従ってプロセスを完了します。

  • ステップ XNUMX: [スタート] ボタンをクリックし、[設定] を選択します。
  • ステップXNUMX:[設定]を選択した後、[更新とセキュリティ]をクリックします
  • ステップXNUMX:[Windows Update]を選択してから、[更新の確認]タブを選択します
  • ステップ10:WindowsXNUMXアップデートをアクティブ化する

この方法が成功すると、エラー コード 0xc004f210 が画面にポップアップ表示されなくなります。 ただし、問題が解決しない場合は、Windows 修理技術者に連絡してシステムを評価してください。

方法XNUMX:自動ツールを使用する

この方法では、 強力な自動化ツール。 しかし、なぜこれがあなたが尋ねるかもしれない重要なのですか? すべての手動修復作業が失敗した場合、サードパーティのツールが最良の解決策であることがよくあります。 自動化されたツールは、フラストレーションを引き起こし、PCのパフォーマンスを低下させる可能性のあるエラーコードを含む最も深刻なPCの問題に対処するために装備されています。

続きを読む
エラー1713を解決するためのクイックガイド

エラー1713-それはなんですか?

Microsoft が開発したプログラムを使用している場合、PC でこのエラー コードが発生する可能性があります。 これはプログラミングの制限を示します。 このエラー、エラー 1713 は、2007 または 2010 Microsoft Office Suite のインストール中にポップアップ表示されることがあります。 エラー メッセージは次の形式で表示されます。
「エラー1713:Microsoft Officeで問題が発生したため、閉じる必要があります。 ご不便をおかけしてしまい申し訳ございません。"
エラー1713の一般的な症状には、システムクラッシュ、システムフリーズが含まれ、Windowsの実行が遅いと感じる場合があります。

ソリューション

レストアボックスイメージエラーの原因

エラー1713は、多くの理由でトリガーされる可能性があります。 ただし、このエラーが発生する一般的な原因は次のとおりです。
  • 破損したMicrosoftOfficeソフトウェア
  • 破損したWindowsレジストリ
  • マルウェア
  • 削除されたMicrosoftOffice関連ファイル

詳細情報と手動修理

このエラーの原因が何であれ、遅滞なく直ちに解決することをお勧めします。 このエラーは、適時に修復されないと PC に重大な脅威をもたらす可能性があり、また、Microsoft ソフトウェア プログラムの使用が制限され、多大な不便を引き起こす可能性があります。 この問題を解決するために試すことができる、最良かつ簡単な DIY 方法をいくつか紹介します。 これらの方法を回避するには、技術的な専門家やコンピューター プログラマーである必要はありません。 始めましょう:

方法 1 - システムの復元を使用して最近加えた変更を元に戻す

プログラムの削除中に、Microsoft 関連のファイルを誤って削除した可能性があり、そのために PC でエラー 1713 が発生する可能性があります。 このようなイベントが発生した場合、解決する最善の方法は、最近のシステム変更を元に戻すことです。 これを行うには、次を使用します Windowsシステムの復元ユーティリティ。 これは Windows に組み込まれています。 システムの復元ユーティリティにアクセスするには、「スタート」を押し、検索ボックスに「システムの復元」と入力して Enter キーを押します。 次に、ウィザードの手順に従って復元ポイントを選択します。 選択したら、PC を再起動して変更を有効にします。

方法 2 - ドライバーを更新する

エラー1713の多くの原因のXNUMXつは、ハードウェア障害です。 ハードウェア障害は、ドライバーの問題を示しています。 この問題を解決するには、古いドライバを削除して、PCの新しいバージョンを更新することをお勧めします。

方法 3 - マルウェアをスキャンする

マルウェアは、システムでこのようなエラーコードをトリガーし、重要なファイルを破壊する可能性もあります。 したがって、によってすぐにあなたのPCからマルウェアを削除します アンチウイルスを実行する。 アンチウイルスは、すべての悪意のあるプログラムをすぐに検出して削除します。

方法 4 - レジストリを修復する

壊れたエントリ、ジャンク ファイル、無効なレジストリ キーによりレジストリが破損し、エラー コードが生成されます。 解決するには、まずレジストリをクリーンアップして修復する必要があります。 今回は Restoro をダウンロードします。 これは、レジストリ クリーナーとともに展開される PC Fixer です。 レジストリ クリーナーは、数回クリックするだけで、レジストリに保存されているすべての不良エントリを削除し、クリーンアップして、破損したファイルを修復します。 こちらをクリックしてください Restoroをダウンロードします。
続きを読む
TWCU.EXEを修正する方法Windows10でライブラリファイルの読み込みに失敗しましたエラー
TWCU.EXE または TP-LINK ワイヤレス クライアント ユーティリティは、ワイヤレス アダプターを正常に実行するために必要な構成アプリケーションです。 TP-LINK ワイヤレス クライアント ユーティリティ アプリケーションは、TP-LINK アダプターを使用しているコンピューター上にのみ存在します。 このアプリケーションをインストールすると、サービスは Windows サービス リストに自動的に追加され、バックグラウンドで継続的に実行されます。 Twcu.exe は C:\Program Files\TP-LINKTP-LINK\Wireless Utility フォルダに配置されており、TP-LINK がインターネットに接続するために使用されます。 メインの実行可能ファイルの名前は twcu.exe で、タスク マネージャーの [サービス] タブで確認できます。 以前の Windows バージョンから Windows 10 にアップグレードしたばかりのユーザーの場合、「ライブラリ ファイルの読み込みに失敗しました!」というエラーが表示される可能性が高くなります。 それは twcu.exe または TWCU と関係があります。 このエラーは、デスクトップに移動するとき、および Windows 10 PC にログインするたびにポップアップ表示されます。 指摘したように、このエラーは TP-LINK ワイヤレス クライアント ユーティリティに関連しており、TP-LINK ワイヤレス クライアント ユーティリティを使用しているすべてのユーザーがこの問題に遭遇しています。特に、直後にこのエラーが発生し始めた場合は、互換性の問題が原因である可能性があります。 Windows 10 にアップグレードしました。この問題を解決するには、以下の各オプションに従ってください。

オプション 1 – 互換モードで実行してみる

問題は互換性の問題が原因であるため、実行できる最善の方法は、互換モードでTP-LINKワイヤレスクライアントユーティリティを実行することです。 このユーティリティを互換モードで実行するには、次のことを行う必要があります。
  • デスクトップにあるTP-LINKワイヤレスクライアントユーティリティを探します。
  • 見つけたら、それを右クリックし、コンテキスト メニューから [プロパティ] を選択します。
  • その後、[互換性]タブに移動し、[このプログラムを互換モードで実行する]のチェックボックスをオンにして、ドロップダウンリストからWindows7またはWindows8を選択します。
  • [適用]ボタンをクリックし、[OK]をクリックして行った変更を保存し、問題が解決したかどうかを確認します。

オプション 2 – 互換性のトラブルシューティングを試す

このオプションは、最初のオプションが機能しなかった場合にTP-LINKワイヤレスクライアントユーティリティを修正する別の方法であることを除いて、最初のオプションとほぼ同じです。 このオプションでは、TP-LINKワイヤレスクライアントユーティリティの互換性の問題のトラブルシューティングを行います。
  • 前述のように、デスクトップにあるTP-LINKワイヤレスクライアントユーティリティを探します。
  • 次に、それを右クリックし、コンテキストメニューから「互換性のトラブルシューティング」を選択します。
  • その後、「推奨設定を試す」オプションをクリックします。 プロセスが完了すると、エラーメッセージは表示されなくなります。
続きを読む
AnytimeAstrologyを削除する方法

AnytimeAstrologyは、MindsparkIncによって開発されたGoogleChromeのブラウザ拡張機能です。この拡張機能をインストールすると、デフォルトの新しいタブページがMyWay(search.myway.com)というカスタム検索プロバイダーに変更されます。

この拡張機能をインストールしてインターネットを閲覧している間、ブラウジングセッションを通じて、スポンサーコンテンツ、インジェクト広告、ポップアップ広告などの追加の広告が表示されます。

AnytimeAstrologyがアクティブな間、ブラウジングの習慣、Webサイトへのアクセスの記録、リンクのクリック、製品の表示などを監視します。この情報は、後でMindspark Adネットワークサーバーに返送され、Webページに挿入された追加の広告をより適切にターゲティングするために使用されます。

いくつかのアンチウイルスアプリケーションがこの拡張機能をブラウザハイジャッカーとしてマークしているため、コンピュータから削除することをお勧めします。

ブラウザハイジャッカーについて

ブラウザハイジャッカー(ハイジャックウェアとも呼ばれます)は、コンピューターの所有者の知らないうちに承認なしにWebブラウザーの構成設定を変更する一種の悪意のあるソフトウェアです。 これらのハイジャックは世界的に驚くべき速度で発生しており、実際には悪質であり、多くの場合有害である可能性もあります。 ブラウザハイジャッカーは、ホームページを変更するだけではありません。 ほとんどの場合、ハイジャック犯は、オンラインハッカーの利益のために作成され、通常、強制的な広告クリックとサイト訪問から生じる収入を生み出します。 無害に見えるかもしれませんが、これらのツールは常にあなたを利用しようとする悪意のある人々によって作られているので、彼らはあなたの素朴で気を散らすものからお金を稼ぐことができます。 ブラウザハイジャッカーは、あなたの知らないうちに他の悪質なプログラムがコンピュータにさらに損害を与えることを許可することもできます。

ブラウザが乗っ取られた主な症状

以下は、ハイジャックされたことを示すいくつかの症状です。 1.ホームページが見慣れないサイトにリセットされました 2.ブラウザは常にポルノサイトにリダイレクトされています 3.デフォルトのインターネット検索エンジンが変更されました 4.不要な新しいツールバーが追加されているのを見つけます 5. 画面上に大量のポップアップ広告が表示される 6.ブラウザが不安定になった、または動作が遅くなり始めた 7.ウイルス対策ソフトウェアのホームページなどの特定のWebサイトにアクセスできません。

ブラウザハイジャッカーがコンピュータへの道を見つける方法

ブラウザ ハイジャッカーは、ドライブバイ ダウンロード、ファイル共有 Web サイト、あるいは電子メールの添付ファイルを使用して、標的のコンピュータにアクセスする可能性があります。 これらは、ブラウザ ヘルパー オブジェクト (BHO)、Web ブラウザ拡張機能、またはツールバーとも呼ばれるアドオン ソフトウェアから取得される場合もあります。 ブラウザ ハイジャッカーは、オリジナルのソフトウェアとともに無意識のうちにインストールされるフリー ソフトウェアのダウンロードとともにコンピュータに侵入します。 有名なブラウザ ハイジャッカーの例には、Conduit、Anyprotect、Babylon、SweetPage、DefaultTab、RocketTab、Delta Search などがありますが、名前は常に変更されています。 コンピュータ上にブラウザ ハイジャッカーが存在すると、Web ブラウジングのエクスペリエンスが大幅に低下し、重大なプライバシー問題を引き起こすインターネット アクティビティが監視され、システムの安定性の問題が発生し、最終的には PC の速度が低下したり、ほとんど使用不可能な状態になったりする可能性があります。

ブラウザハイジャッカーを削除するための最良の方法

一部のハイジャッカーは、付属のフリー ソフトウェアを削除するか、最近システムに追加した拡張機能を削除することで簡単に削除できます。 悲しいことに、インターネット ブラウザのハイジャックに使用されるソフトウェア アプリケーションのほとんどは、削除または検出が困難になるように意図的に構築されているということです。 コンピュータのレジストリと HOSTS ファイルの修復を実行するには、コンピュータに関する十分な知識が必要となるため、初心者のコンピュータ ユーザーは決して手動形式の削除方法を試行しないでください。 影響を受けるシステムにマルウェア対策アプリケーションをインストールして実行すると、ブラウザ ハイジャッカーやその他の不要なアプリケーションが自動的に消去されます。 SafeBytes Anti-Malware は、執拗なハイジャッカーに対抗し、あらゆる種類のマルウェアからプロアクティブにコンピュータを保護します。 SafeBytes の Total System Care などのシステム オプティマイザーをウイルス対策ツールと併用すると、リンクされたすべてのファイルとレジストリ内の変更を自動的に削除できます。

Webサイトをブロックしたりダウンロードを妨げたりしているマルウェアを取り除く方法

マルウェアは PC に多大な損害を与える可能性があります。 一部のマルウェアはコンピューターとインターネット接続の間に存在し、実際にアクセスしたい Web サイトの一部またはすべてをブロックします。 また、PC に何か、特にマルウェア対策ソフトウェアを追加できなくなる可能性もあります。 この記事を読んでいるということは、Safebytes Anti-Malware などのセキュリティ ソフトウェアのインストールを妨げるウイルスの影響を受けている可能性があります。 別の方法でマルウェアを駆除するには、以下の手順に従ってください。

セーフモードでマルウェアを排除する

Windows の起動時にマルウェアがすぐに実行されるように設定されている場合、セーフ モードに入るとその試みがブロックされる可能性があります。 PC をセーフ モードで起動すると、必要最小限のプログラムとサービスだけが読み込まれます。 Windows XP、Vista、または 7 コンピュータをセーフ モードとネットワークで起動するには、以下の指示に従ってください。 1) 電源投入/起動時に、F8 キーを 1 秒間隔で押します。 これにより、[Advanced Boot Options] メニューが起動されます。 2)矢印キーを使用して[セーフモードとネットワーク]を選択し、Enterキーを押します。 3) このモードがロードされると、インターネット接続が確立されます。 次に、インターネット ブラウザを通常どおり使用し、https://safebytes.com/products/anti-malware/ に移動して、Safebytes Anti-Malware をダウンロードします。 4)ソフトウェアプログラムがインストールされたらすぐに、スキャンを実行してトロイの木馬やその他の脅威を自動的に排除します。

代替 Web ブラウザを使用してウイルス対策アプリケーションをダウンロードする

一部のマルウェアは、主に特定のインターネットブラウザを標的としています。 このような場合は、コンピュータウイルスを回避する可能性があるため、別のブラウザを使用してください。 Internet Explorerがウイルスに乗っ取られたり、オンラインハッカーに侵害されたりした疑いがある場合は、Mozilla Firefox、Google Chrome、Apple Safariなどの別のブラウザに切り替えて、お気に入りのセキュリティアプリケーションをダウンロードすることをお勧めします。 – SafebytesAnti-Malware。

起動可能なUSBアンチウイルスドライブを作成する

マルウェアを正常に排除するには、影響を受けるPCでウイルス対策プログラムを実行する問題に別の角度から取り組む必要があります。 次の手順に従って、USBフラッシュドライブを使用して感染したPCを修正します。 1)ウイルスのないPCにマルウェア対策プログラムをダウンロードします。 2)同じシステムにペンドライブを挿入します。 3)ダウンロードしたアプリケーションの実行可能ファイル(.exeファイル拡張子)をダブルクリックして、セットアッププログラムを実行します。 4)求められたら、ソフトウェアファイルを置く場所としてUSBドライブの場所を選択します。 画面の指示に従ってインストールを完了します。 5)ペンドライブを取り外します。 これで、影響を受けるコンピューターでこのポータブルアンチウイルスを使用できます。 6)サムドライブのウイルス対策プログラムEXEファイルをダブルクリックします。 7) フル システム スキャンを実行して、あらゆる種類のマルウェアを検出し、クリーンアップします。

SafeBytes Anti-Malwareを使用して、ウイルスやマルウェアからコンピューターを保護します

あなたのデスクトップに最適なマルウェア対策ソフトウェア プログラムをダウンロードしたいですか? 市場には、Microsoft Windows コンピュータ用の無料バージョンと有料バージョンのアプリケーションが多数あります。 優れたものもあれば、問題ないものもありますが、中には単なる偽のマルウェア対策ソフトウェアで、あなたのパソコンそのものに損害を与えるものもあります。 信頼性が高く実用的で、マルウェア保護に関して高い評価を得ているものを選択する必要があります。 推奨されるソフトウェア プログラムのリストには、SafeBytes AntiMalware があります。 SafeBytes には優れたサービスの歴史があり、顧客はそのサービスに非常に満足しているようです。 SafeBytes マルウェア対策は、あらゆるレベルの IT リテラシーのユーザー向けに作成された、非常に効果的で使いやすい保護ツールです。 このソフトウェアは、最先端のテクノロジーを通じて、アドウェア、スパイウェア、コンピューター ウイルス、ワーム、トロイの木馬、キーロガー、不審なプログラム (PUP)、そしてランサムウェア。

このセキュリティ製品で得られる驚くべき機能はたくさんあります。 以下にリストされているのは、アプリケーションに含まれている優れた機能の一部です。

世界クラスのマルウェア対策保護: この強力なマルウェア対策プログラムは、ほとんどのウイルス対策ツールよりもはるかに詳細にコンピュータ システムを駆除します。 高い評価を得ているウイルス エンジンは、パソコンの奥深くに潜む削除が困難なマルウェアを検出して無効にします。 アクティブな保護: SafeBytes は、コンピュータ システムに完全かつリアルタイムのセキュリティを提供します。 新しいアップデートやアラートによって継続的に改善されているため、多数の脅威をスクリーニングして削除するのに非常に効果的です。 安全なウェブブラウジング: SafeBytes は、独自の安全性ランキングを通じて、サイトが安全かどうかを示します。 これにより、Web を閲覧する際のオンラインの安全性が常に確保されます。 より高速なスキャン: SafeBytes のウイルス スキャン エンジンは、業界内で最も高速かつ効率的です。 ターゲットを絞ったスキャンにより、さまざまな PC ファイルに埋め込まれたマルウェアの捕捉率が大幅に向上します。 軽量アプリケーション: SafeBytes は軽量のアプリケーションです。 バックグラウンドで動作するため、消費する処理能力が非常に少ないため、Windows ベースの PC を自由に使用できます。 24 時間年中無休のプレミアム サポート: 製品に関する質問や PC のセキュリティに関する懸念事項について、IT 専門家から年中無休、24 時間年中無休の完全無料のテクニカル サポートを受けることができます。 SafeBytes は、最新のマルウェアの脅威やウイルス攻撃を克服するのに役立つ素晴らしいマルウェア対策ソリューションを作成しました。 このソフトウェアを使用するとすぐに、コンピュータ システムがリアルタイムで保護されることを確信できます。 したがって、Windows ベースの PC に最適なマルウェア対策サブスクリプションをお探しの場合は、SafeBytes Anti-Malware アプリケーションをお勧めします。

技術的な詳細と手動による削除(上級ユーザー)

自動ツールを使用せずに AnytimeAstrology を手動で削除したい場合は、Windows の [プログラムの追加と削除] メニューからプログラムを削除するか、Web ブラウザのプラグインの場合は、ブラウザのアドオン/拡張機能マネージャーを削除してください。 おそらく、ブラウザをデフォルトの構成設定に完全にリセットすることも必要になるでしょう。 最後に、ハードディスクを調べて次の点をすべて調べ、コンピュータのレジストリを手動でクリーンアップして、アンインストール後に残ったアプリケーション エントリを削除します。 これはプロフェッショナル ユーザーのみを対象としており、ファイルの削除を誤ると追加のシステム エラーが発生する可能性があり、難しい場合があることに注意してください。 さらに、一部の悪意のあるプログラムには、その削除を防ぐ機能があります。 この手順は Windows セーフ モードで実行することをお勧めします。
フォルダー: C:\USERS\ユーザー名\APPDATA\LOCAL\AnytimeAstrologyTooltab C:\Users\ユーザー名\AppData\Local\Google\Chrome\User Data\Default\Extensions\bdcnkkhncapfcngcjkmfkikanomkgnmb\
続きを読む
Windows Updateのエラーを修正する0x80244019
Windows 10 コンピューターを更新しようとして、代わりに Windows 更新エラー 0x80244019 が発生した場合は、この投稿が問題を解決するための考えられる修正を提供するのに役立つので、読み続けてください。 この種の Windows Update エラーは、通常、Windows Update の設定または Windows Update コンポーネントが原因で発生します。 このエラーに遭遇した多くのユーザーは、上記のエラーにより更新が失敗し、Windows Update がもたらす最新機能を享受できないと報告しています。 このような場合、この Windows Update エラーの一般的な原因としては、Windows Update の設定、Windows Update の構成、サードパーティのウイルス対策プログラムなどが考えられます。 このエラーを解決するには、以下のオプションを確認してください。

オプション 1 – コンピュータを再起動し、アップデートを再度インストールしてみる

コンピューターを再起動してから、更新プログラムのインストールを再試行できます。 単純な再起動でWindowsUpdateエラーが解決される場合があります。 それとは別に、インターネット接続が機能していて安定していることを確認したほうがよいでしょう。 そのため、コンピューターを再起動した後、更新をもう一度確認し、それでもエラーが発生するかどうかを確認してください。

オプション 2 – Windows Update の設定を変更してみる

Windows Update の設定を微調整してみることもできます。 これにより、他の Microsoft 製品が更新されなくなり、さらに、後でいつでもこのオプションをオンに戻すことができます。 Windows Update 設定を変更するには、次の手順に従います。
  • Win + Iキーをタップして[設定]を開きます。
  • 次に、「更新とセキュリティ」に移動し、「詳細オプション」をクリックします。
  • そこから、「Windows を更新するときに他の Microsoft 製品の更新プログラムを入手する」オプションをオフにします。

オプション 3 – Windows Update トラブルシューティング ツールを実行する

組み込みのWindowsUpdateトラブルシューティングツールの実行は、エラーコード0x80244019などのWindows Updateエラーを自動的に解決することが知られているため、最初に確認できることのXNUMXつです。 実行するには、次の手順を参照してください。
  • Win + Iキーをタップして[設定]を開きます。
  • そこから、[更新とセキュリティ]をクリックして、[トラブルシューティング]セクションに移動します。
  • 次に、[Windows Update] を選択して [トラブルシューティング ツールの実行] ボタンをクリックし、完了するまで待ってから、Windows Update を再度実行してみます。

オプション 4 – サードパーティのウイルス対策プログラムを無効にしてみる

Windows Update プロセスがスムーズに進まない場合は、コンピュータにインストールされているウイルス対策プログラムまたはセキュリティ ソフトウェアを無効にすることをお勧めします。 サードパーティのウイルス対策プログラムの干渉により、0x80244019 のような Windows Update エラーが発生する場合があります。 したがって、コンピュータを再度更新する前に、必ずウイルス対策プログラムまたはセキュリティ プログラムを無効にしてください。また、Windows Update が完了したら、忘れずにウイルス対策プログラムを再度有効にしてください。

オプション 5 – Windows Update を手動でインストールしてみる

Windows Update エラー 0x80244019 は、失敗した Windows Update が原因である可能性があります。 そのため、機能更新プログラムではなく累積更新プログラムのみの場合は、Windows Update をダウンロードして手動でインストールできます。 ただし、最初に、どの更新が失敗したかを確認する必要があります。そのためには、次の手順を参照してください。
  • [設定]に移動し、そこから[更新とセキュリティ]> [更新履歴の表示]に移動します。
  • 次に、どの特定の更新が失敗したかを確認します。 インストールに失敗した更新は、「失敗」というラベルの付いた「ステータス」列の下に表示されることに注意してください。
  • その後、Microsoftダウンロードセンターにアクセスし、KB番号を使用してその更新プログラムを探し、見つかったら、ダウンロードして手動でインストールします。
注: また、企業ネットワーク経由で配布できるソフトウェア更新プログラムのリストを提供する Microsoft のサービスである Microsoft Update カタログを使用することもできます。 このサービスを利用すると、Microsoft ソフトウェアの更新、ドライバー、および修正プログラムを簡単に見つけることができます。

オプション 6 – 一部の Windows Update サービスを再起動する

まず最初に行う必要があるのは、Windows Update 関連のサービスを再起動することです。 これを行うには、以下の手順を参照してください。
  • WinXメニューを開きます。
  • そこから、管理者としてコマンドプロンプトを開きます。
  • 次に、次のコマンドを入力します。それぞれを入力した直後にEnterキーを押すことを忘れないでください。
ネットストップ ネットストップビット
  • これらのコマンドを入力すると、Windows UpdateServiceとバックグラウンドインテリジェント転送サービスが停止します。
  • 次に、C:/Windows/SoftwareDistribution フォルダーに移動し、すべてのフォルダーとファイルを削除して、Ctrl + A キーを押してそれらをすべて選択し、[削除] をクリックします。 使用中のファイルは削除できませんのでご注意ください。
  • ソフトウェアディストリビューションフォルダの内容がすべて削除されたら、PCを再起動し、コマンドプロンプトに戻って、次のコマンドをもう一度入力します。
ネットスタートwuauserv ネットスタートビット
 フォルダーはすでにフラッシュされているため、コンピューターを再起動して Windows Update を開いた瞬間にフォルダーが新たに設定されます。 次に、コンピュータを再度アップデートして、エラーが修正されるかどうかを確認してください。
続きを読む
Windows の SAFE_OS フェーズ エラーを修正
最近、ユーザーは、Windows7またはWindows8.1コンピューターをWindows10にアップグレードしようとしたときに、Replicate_OC操作中にSAFE_OSフェーズエラーが発生するというエラーを報告しています。この問題のエラーコードは異なる場合がありますが、この状況では、それは述べています:
0xC1900101 – 0x20017、Replicate_OC 操作中に SAFE_OS フェーズ エラーでインストールが失敗しました
この問題を修正するには、以下のオプションに従う必要があります。 ただし、その前に、最初にシステムの復元ポイントを作成して、問題が発生した場合に、行った変更をいつでも元に戻すことができるようにする必要があります。

オプション 1 – Windows 10 のインストールを変更してみる

セキュリティの専門家によると、このエラーの主な原因の3064209つは、KBXNUMXWindowsアップデートです。 この特定のアップデートは、Intel製のプロセッサのCPUマイクロコードをアップデートするためのものです。 したがって、Intelプロセッサを使用しない場合は、このオプションをスキップして次のオプションに進むことができます。 ただし、Intelを使用している場合は、このオプションの指示に注意深く従ってください。 このソリューションでは、C:パーティションはOSパーティションと呼ばれ、H:パーティションはUSBペンドライブと呼ばれることに注意してください。
  • まず、Windows 10 メディア作成ツールから Windows 10 ISO をダウンロードし、その内容をペン ドライブ H にコピーする必要があります。
  • 次に、Win + Xキーをタップし、コマンドプロンプト(Admin0オプション。ユーザーアカウント制御が表示された場合は、[はい]をクリックします)をクリックします。
  • コマンドプロンプトを開いた後、次のコマンドを入力します。
dism / Mount-Image /ImageFile:H:sourcesboot.wim / index:1 / MountDir:C:UsersUserDesktopmount
  • 次に、Windowsファイルエクスプローラーで次のパスに移動します。
C:UsersUserDesktopmountWindowsSystem32mcupdate_GenuineIntel.dll
  • そこから、「mcupdate_OriginalIntel.dll」という名前のファイルを右クリックし、「プロパティ」をクリックします。
  • 次に、[セキュリティ]タブに移動し、[詳細]をクリックします。 [詳細設定]セクションで、所有者をユーザーアカウントに変更し、[OK]をクリックします。
  • 次に、[セキュリティ]タブに戻り、[編集]ボタンをクリックし、[フルコントロール]をオンにして、ユーザーアカウントにすべての権限があることを確認します。
  • 次に、[適用]、[OK]の順にクリックします。
  • その後、mcupdate_Genuine.dllという名前の前に見たファイルを削除します。
  • 次に、すべてのWindowsファイルエクスプローラーインスタンスを閉じて、[コマンドプロンプト]ウィンドウに戻り、次のコマンドを入力して、前にマウントしたイメージをアンマウントします。
dism / Unmount-Image / MountDir:C:UsersUserDesktopmount / commit
  • その後、これらのファイルに対してマウントからここまでの手順を繰り返します。
    • wim / index:2
    • wim / index:1
    • wim / index:2
  • 次に、マウントフォルダーを削除し、USBペンドライブを取り外してから、インストーラーで起動します。

オプション 2 – ディスク クリーンアップを実行してみる

おそらく、コンピュータ内のいくつかの不要なファイルがインストールプロセスを中断している可能性があります。これは、Replicate_OC操作中にSAFE_OSフェーズエラーが発生する理由を説明しているため、問題を修正するためにディスククリーンアップを実行する必要があります。

オプション 3 – すべてのドライバーを更新してみる

ドライバーが破損したり古くなったりすることがあるため、ドライバーがオペレーティング システムと競合し、Replicate_OC 操作中に SAFE_OS フェーズ エラーなどのエラーが発生しても不思議ではありません。 この問題を解決するには、すべてのドライバーを更新する必要があります。 以下の手順に従ってドライバーを更新してください。
  • Win + RキーをタップしてRunを起動します。
  • 入力します devmgmt。MSC ボックスに入力し、[Enter]をタップするか、[OK]をクリックしてデバイスマネージャを開きます。
  • その後、デバイスドライバのリストが表示されます。 ドライバに対して赤または黄色の記号が表示されている場合は、ドライバの名前を右クリックして、[ドライバソフトウェアの更新]または[アンインストール]を選択します。 また、「不明なデバイス」を見つけた場合は、それも更新する必要があります。
  • 「更新されたドライバソフトウェアを自動的に検索する」オプションを選択し、指示に従ってプロセスを完了します。
  • PCを再起動します。
注: グラフィック カードの製造元の Web サイトに直接アクセスして、新しいアップデートがあるかどうかを確認するオプションもあります。新しいアップデートがある場合は、ダウンロードします。

オプション 4 – システムの BIOS を更新してみる

古いドライバーは別として、古いBIOSは、Replicate_OC操作中にSAFE_OSフェーズエラーが発生する理由でもある可能性があります。そのため、問題を解決するためにシステムのBIOSを更新する必要があります。

オプション 5 – Windows サービスのステータスを確認してみる

  • Cortana検索ボックスで「サービス」を検索し、「サービス」アイコンをクリックします。
  • その後、サービスユーティリティが新しいウィンドウで開きます。
  • 次に、次のサービスを探します。
    • BITS(バックグラウンドインテリジェント転送サービス)
    • Windows Updateサービス
    • 暗号化サービス
  • 次に、各サービスを右クリックし、「プロパティ」をクリックします。 そこから、[スタートアップの種類] メニューのドロップダウンから [自動] を選択します。
  • 次に、それぞれについて[OK]をクリックし、PCを再起動して、行った変更を適用します。

オプション 6 – RAM モジュールをチェックしてみる

RAMのすべてのコンポーネントをコンピューターで使用できなかったことがよくあるため、RAMモジュールを確認する必要があります。
  • 最初にPCの電源を切り、次にRAMを物理的に取り出す必要があります。
  • 次に、柔らかい布で拭き、マザーボードのRAMスロットに空気を吹き込みます。
  • その後、RAMを同じスロットに戻します。
  • 次に、コンピュータシステムをもう一度更新してみてください。
続きを読む
Windows10のエラーコード0x80073712を修正する方法
Windows 10 は、最も効率的でユーザーフレンドリーなインターフェイスの 0 つを表示しました。 しかし、一般的に賞賛されているこのオペレーティング システムのバックエンドには多くの問題があります。たとえば、Windows Update は依然として不安定でエラーが多いシステム アプリケーションです。 このエラーの一例は、Windows Update エラー 80073712x0 です。これは、PC を手間をかけずに更新し続けたいだけのユーザーの邪魔になります。 エラー コード 80073712x0 は、Windows Update が機能するために必要なファイルが破損、欠落、または破損していることを示します。 ただし、これは、Windows バージョンが更新モードなしで永久に現状のままであることを意味するものではありません。 Windows Update エラー 80073712xXNUMX は、以下に提供されている一連の手順と、Windows に組み込まれているいくつかのトラブルシューティング手順を使用して完全に修正できます。

ソリューション1: WindowsUpdateのトラブルシューティングを開く

  1. Windows キーと S キーを同時に押して、Windows Update トラブルシューティング ツールを開きます。
  2. 検索ボックスに「トラブルシューティング」という単語を入力し、トラブルシューティングの結果を選択します
  3. 新しいウィンドウで、「WindowsUpdate」を選択してトラブルシューティングを行います。
  4. トラブルシューティングを実行してから、Windows Updateを開き、更新プログラムのインストールを再試行してください。

解決策 2: DISM ツールを実行する

  1. Windows キーと S キーを同時に押してコマンド プロンプトを開きます
  2. 検索ボックスに「cmd」と入力します。 結果の中からコマンドプロンプトを右クリックし、「管理者として実行」を選択します
  3. [コマンドプロンプト]ウィンドウで次のように入力し、コマンドごとにEnterキーを押します
DISM.exe /オンライン/クリーンアップイメージ/ Scanhealth DISM.exe /オンライン/クリーンアップイメージ/ Restorehealth
  1. 管理者コマンドプロンプトウィンドウを閉じるには、「終了」と入力し、Enterキーを押します。
  2. もう一度Windows Updateを実行してください。

解決策 3: Software Distribution フォルダーの名前を変更する

  1. 前述のようにコマンドプロンプトを開きます
  2. すべての行の後にEnterキーを押して次のコマンドを入力します ネットストップ net stop cryptSvc ネットストップビット net stop msiserver c:/windows/SoftwareDistribution/softwaredistribution.old の名前を変更します ネットスタートwuauserv net start cryptSvc ネットスタートビット net start msiserver 終了する
  3. PCを再起動し、アップデーターが再び機能する場合は実行します。

解決策 4: Windows Update サービスを再起動する

  1. Windows ロゴ キーと R を同時に押して、[ファイル名を指定して実行] -> [services.msc を入力] -> を開き、Enter キーを押します。
  2. WindowsUpdateサービスを検索->そのステータスを確認する
  3. 表示されていない場合は、サービスを右クリックして[開始]を選択し、WindowsUpdateを強制的に開始します。
  4. エラーが表示された場合は、[スタートアップの種類]オプションを見つけて、[自動]に設定します
  5. ここで、コンピューターを再起動して、WindowsUpdateに問題がないかどうかを確認する必要があります。

解決策5:レジストリの問題を修正する

前述のすべての解決策を行っても Windows Update で問題が解決しない場合は、レジストリに問題があるか破損している可能性があります。 Windows レジストリ エディタを開いて、Windows レジストリを手動で編集することもできます。 ただし、XNUMX つの間違った文字がシステムに計り知れない損害を与える可能性があるため、そうすることは危険です。 経験の浅いユーザーが安全にこれを行うには、サードパーティのレジストリ クリーナー/ツールを使用することをお勧めします。その多くはオンラインで入手できます。
続きを読む
STOP0x00000014エラーのクイックフィックスガイド

STOP 0x00000014エラーとは何ですか?

0x00000014エラーは、実際にはSTOPメッセージに常に表示されるエラーです。

これは、ブルースクリーンオブデスとも呼ばれ、BSODと略されます。 このエラーが発生すると、ユーザーに表示されるメッセージは「STOP:0x00000014」または「CREATE_DELETE_LOCK_NOT_LOCKED」と表示されます。 プログラムが適切に機能していることを確認するには、このエラーを修正することが重要です。 このエラーメッセージが修正されない場合は、次のような他のエラーメッセージが表示される可能性があります。 エラーコード0x000000d1

ソリューション

レストアボックスイメージ エラーの原因

STOP 0x00000014エラーの原因に関する限り、このエラーは通常、次の場合に発生します。 デバイスドライバ またはハードウェアに問題が発生しています。 このエラーは、ユーザーが特定のアプリケーションを実行したり、既存のアプリケーションを更新または変更しようとした場合にも発生することがあります。 0x00000014 エラーが発生すると、オペレーティング システムが再起動され、PC がそれ以上実行できなくなります。

発生の原因を考慮せずに、将来の望ましくない不都合を排除するために、0x00000014 エラーをできるだけ早く修正することが重要です。

詳細情報と手動修理

多くの場合、オペレーティングシステムがSTOP 0x00000014エラーから回復しようとすると、予期しないシャットダウンからWindowsが回復したことを示すプロンプトが表示されます。

ただし、Windows が自然に回復できない場合は、手動修復を実行する必要があります。

このエラーを修正する方法はいくつかありますが、0x00000014エラーのトラブルシューティングを行うための最も効果的で効率的な方法のいくつかを以下に示します。

  • コンピュータを再起動してください。 多くの場合、コンピュータを再起動するだけで問題を解決できます。
  • システムを再起動しても問題が解決しない場合は、ハードウェアまたはドライバーを最近変更または変更したかどうかを確認してください。 最近の変更が原因で0x00000014エラーが発生した可能性があります。 変更を元に戻し、エラーが再度発生するかどうかを確認します。 そうでない場合は、問題が解決されている可能性が高くなります。

ただし、エラーが続く場合は、機能する可能性のあるいくつかの解決策の概要を以下に示します。

  • Last KnowGood構成を使用してシステムを起動します。 これにより、ドライバーと最近のレジストリの変更が元に戻されます。
  • もう XNUMX つの解決策は、システムの復元を手動で実行することです。 これにより、システムも以前の状態に戻ります。
  • 私の仕事のもう XNUMX つのアイデアは、デバイス ドライバーのロールバックを使用することです。 ドライバーが以前のバージョンに戻ると、問題は簡単に解決されます。

今後 0x00000014 エラーが発生しないようにするには、新しくインストールしたハードウェアを取り外すか、削除したソフトウェアを再インストールすることをお勧めします。

技術に詳しくなく、このエラー コードをすぐに修正したい場合は、 強力な自動ツールをダウンロードする コンピュータスキャンを実行します。

続きを読む
athwbx.sysのブルースクリーンエラーを修正する方法
Athwbx.sysまたはQualcommAtherosドライバーファイルは、いくつかのブルースクリーンオブデスエラーをトリガーすることが知られています。 これは、ドライバーが破損した場合、またはオペレーティングシステムがドライバーにアクセスまたは検出できない場合に発生します。 さらに、ハードディスクまたはRAMの不良セクタも、BSODエラーを引き起こす可能性があります。 athwbx.sysファイルは、以下にリストされている次のBSODエラーを引き起こすことが知られています。
  • SYSTEM_THREAD_EXCEPTION_NOT_HANDLED(athwbx.sys)
  • STOP 0x0000000A:IRQL_NOT_LESS_EQUAL(athwbx.sys)
  • STOP 0x0000001E:KMODE_EXCEPTION_NOT_HANDLED(athwbx.sys)
  • 停止0×00000050:PAGE_FAULT_IN_NONPAGED_AREA(athwbx.sys)
  • PC に問題が発生したため、再起動する必要があります。 後でこのエラーをオンラインで検索できます: athwbx.sys
以下のトラブルシューティングのヒントに進む前に、athwbx.sysファイルによって引き起こされたブルースクリーンエラーを解決できる可能性があるため、システムの復元を実行してみることをお勧めします。 システムの復元を実行するには、次の手順に従います。
  • Win + Rキーをタップして、[ファイル名を指定して実行]ダイアログボックスを開きます。
  • その後、フィールドに「sysdm.cpl」と入力し、Enterをタップします。
  • 次に、[システムの保護]タブに移動し、[システムの復元]ボタンをクリックします。 これにより、新しいウィンドウが開き、希望のシステムの復元ポイントを選択する必要があります。
  • その後、画面の指示に従ってプロセスを終了し、コンピュータを再起動して、問題が修正されたかどうかを確認します。
システムの復元でブルー スクリーン エラーを修正できなかった場合は、次に示すトラブルシューティングのヒントに頼ってください。ただし、作業を開始する前に、まずシステムの復元ポイントを作成していることを確認してください。

オプション 1 – athwbx.sys ファイルを再作成してみる

最初に試せるのは、athwbx.sys ファイルを再作成することです。 Windows 10 PC は起動するたびに、適切な場所にあるすべてのシステム ドライバーを検索し、見つからない場合は作成しようとします。 このため、破損したドライバー ファイルを削除すると、修正されたファイルが再作成される可能性があります。 どうやって? 以下の手順を参照してください。
  • Windows 10PCをセーフモードで起動します。
  • 次に、ファイル エクスプローラーを開き、次の場所に移動します: C:/Windows/System32/drivers
  • そこから、という名前のファイルを探します SYS 名前を次のように変更します athwbx.old.
注: ご覧のとおり、ファイルの拡張子は .sys から .old に変更されました。
  • 次に、コンピュータを再起動して、athwbx.sysブルースクリーンエラーが修正されたかどうかを確認します。

オプション 2 – デバイス ドライバーを更新またはロールバックしてみる

最初のオプションが機能しなかった場合は、デバイス ドライバーを更新するかロールバックします。 Windows コンピュータを更新した後は、ドライバも更新する必要がある可能性が高くなります。 一方、デバイス ドライバーを更新したばかりの場合は、ドライバーを以前のバージョンにロールバックする必要があります。 どちらに該当する場合でも、以下の手順を参照してください。
  • WinXメニューからデバイスマネージャを開きます。
  • 次に、デバイスドライバーを見つけて右クリックし、プロパティを開きます。
  • その後、[ドライバ]タブに切り替えて、[デバイスのアンインストール]ボタンをクリックします。
  • 画面オプションに従って、完全にアンインストールします。
  • 最後に、コンピューターを再起動します。 デバイスドライバを自動的に再インストールするだけです。
注: 専用ドライバーをお持ちの場合はコンピューターにインストールすることも、製造元の Web サイトから直接探すこともできます。

オプション3–システムファイルチェッカースキャンを実行する

システム ファイル チェッカー (SFC) は、破損したファイルや失われたファイルの復元に役立つ組み込みのコマンド ユーティリティです。 不良または破損したシステム ファイルを正常なシステム ファイルに置き換えます。 SFC コマンドを実行するには、以下の手順に従います。
  • Win + RをタップしてRunを起動します。
  • 入力します CMD フィールドに入力し、Enterをタップします。
  • コマンドプロンプトを開いた後、次のように入力します SFC / SCANNOW
コマンドはシステムスキャンを開始しますが、終了するまでに数時間かかります。 完了すると、次の結果が得られます。
  1. Windowsリソース保護は整合性違反を検出しませんでした。
  2. Windows Resource Protectionは破損したファイルを検出し、正常に修復しました。
  3. Windows Resource Protectionは破損したファイルを検出しましたが、一部を修正できませんでした。
  • コンピュータを再起動します。

オプション 4 – CHKDSK ユーティリティを実行してみる

CHKDSKユーティリティを実行すると、athwbx.sysブルースクリーンエラーの解決にも役立つ場合があります。 ハードドライブに整合性の問題がある場合、システムは正常ではないと判断し、CHKDSKユーティリティが使用されるため、更新は実際に失敗します。CHKDSKユーティリティは、問題の原因となっている可能性のあるハードドライブエラーを修復します。
  • 管理者権限でコマンドプロンプトを開きます。
  • コマンドプロンプトを開いた後、次のコマンドを実行してEnterキーを押します。
CHKDSK / F / R
  • プロセスが完了するのを待ってから、コンピューターを再起動します。

オプション 5 – メモリ診断ツールを実行する

Windows 10でWindowsメモリ診断ツールを実行すると、athwbx.sysブルースクリーンエラーの修正にも役立つ場合があります。 このツールの実行方法については、以下の手順を参照してください。
  • Win + Rキーをタップして、[実行]を開き、次のように入力します exeファイル Enterキーを押して、Windowsメモリ診断ツールを開きます。
  • その後、次のようなXNUMXつのオプションが表示されます。
    • 今すぐ再起動して問題をチェックする(推奨)
    • コンピュータを次回起動したときに問題を確認する
  • コンピュータが再起動したら、基本的なスキャンを実行するか、「テストミックス」や「パスカウント」などの「詳細」オプションを選択することもできます。 F10キーをタップするだけでテストを開始できます。
注: このオプションを選択すると、PC が再起動し、メモリベースの問題がないか確認します。 問題が見つかった場合は自動的に修正されます。問題が見つからなかった場合は、メモリベースの問題ではない可能性が高いため、以下に示す他のオプションを試してください。

オプション 6 – ブルー スクリーンのトラブルシューティング ツールを実行する

ブルー スクリーンのトラブルシューティング ツールは、ユーザーが athwbx.sys のような BSOD エラーを修正するのに役立つ Windows 10 の組み込みツールです。 これは、「設定のトラブルシューティング」ページにあります。 これを使用するには、次の手順を参照してください。
  • Win + Iキーをタップして、[設定]パネルを開きます。
  • 次に、[更新とセキュリティ]> [トラブルシューティング]に移動します。
  • そこから、右側にある「ブルースクリーン」というオプションを探し、「トラブルシューティングの実行」ボタンをクリックしてブルースクリーンのトラブルシューティングを実行し、次の画面上のオプションに従います。 PCをセーフモードで起動する必要がある場合があることに注意してください。
続きを読む
及び
著作権©iriz.co ErrorTools。 全著作権所有
商標: Microsoft Windows のロゴは、Microsoft の登録商標です。 免責事項: ErrorTools.com は Microsoft と提携しておらず、直接の提携も主張していません。
このページの情報は、情報提供のみを目的として提供されています。
DMCA.com保護ステータス