及び

PCからiLividマルウェア削除ガイドを完全に削除します

iLivid は、YouTube およびその他のサードパーティのビデオがホストされる Web サイト用のビデオ ダウンロード マネージャーです。 iLivid ダウンロード マネージャーには、ホストされているファイルを最も速く簡単にダウンロードできる強力な機能があります。 iLivid には XBMC プラグインが含まれており、ほぼすべての一般的なオーディオおよびビデオ形式を、利用可能なプロトコルおよびメディア タイプ (ストリーミング、CD、DVD、RAR およびハード ドライブのアーカイブ ファイル) で再生できます。

Livid は Bandoo Media Inc によって開発されたプログラムです。インストールすると、インストールしたユーザーがブートするたびにプログラムを実行できるようにする自動起動レジストリ エントリが定義されます。 さまざまなスケジュールされた時間にプログラムを起動するために、スケジュールされたタスクが Windows タスク スケジューラに追加されます。 このソフトウェアはインターネットに接続するように設計されており、干渉されずに接続できるように Windows ファイアウォールの例外を追加します。

複数のウイルス対策スキャナーが iLivid をマルウェアの可能性として検出したため、推奨されません。

潜在的に不要なアプリケーションについて

コンピュータシステムで実行されている不要なプログラムを発見し、それがどうやってそこに到達したのか疑問に思ったことはありませんか? 望ましくない可能性のあるプログラム(PUP)と簡単に呼ばれるこれらの不要なプログラムは、通常、プログラムのダウンロード時にソフトウェアパッケージとしてタグ付けされ、コンピューターユーザーに深刻な問題を引き起こす可能性があります。

PUP という用語は、実際には、このダウンロード可能なクラップウェアを悪意のあるソフトウェア以外のものとして識別するために作られました。 その主な理由は、大多数の PUP がユーザーのコンピュータに侵入するのは、たとえばセキュリティ上の弱点を悪用するためではなく、多くの場合、無意識のうちにユーザーがそのインストールに同意したためであるという事実です。 ただし、PUP はさまざまな点でコンピューターに悪影響を与える可能性があるため、PC ユーザーにとって悪いニュースであり続けることは明らかです。

望ましくないソフトウェアはあなたにどのような影響を与えますか?

PUP にはさまざまな形式があります。 そうは言っても、多くはアドウェアとして分類されており、閲覧しているインターネット ページに常に迷惑な広告や広告バナーが表示されます。 さらに、Web ブラウザ拡張機能のアドオンやツールバーの形式でも提供されます。 ツールバーはコンピュータ画面上のスペースを完全に埋めるだけでなく、検索エンジンの結果を操作したり、Web 閲覧アクティビティを監視したり、Web ブラウザの効率を低下させたり、Web 接続を最高速度まで遅くしたりする可能性があります。

チェックを外したままにすると、PUPは厄介な一口をロードします。 一部のPUPには、個人情報の盗難につながる可能性のある個人情報を収集するためのキーロガー、ダイヤラー、およびその他のソフトウェアが搭載されています。 多くの場合、このようなソフトウェアはセキュリティ保護と設定をオフにしてコンピュータを制御し、そのコンピュータをオンラインハッカーやデータ泥棒の影響を受けやすくします。 少なくとも、PUPは、プログラムを追加するたびにPCの速度を低下させます。

不要なプログラムの防止

•デスクトップに何かをインストールするときは、EULAを含む細かい印刷を常に検討してください。 バンドルされたプログラムの利用規約に同意しないでください。
•アプリケーションをインストールするときは常に「カスタム」インストールを選択してください。 特に、デフォルトでチェックされている小さなボックスに注目してください。ここでは、広告を取得したり、ソフトウェアバンドラーをインストールしたりすることに「同意」することができます。
• 広告ブロッカー/ポップアップ ブロッカーを使用します。 Safebytes Anti-malware などのマルウェア対策製品を導入します。 これらのソフトウェア プログラムは、コンピュータとサイバー犯罪者の間に壁を築きます。
•本当に必要のないアプリケーションのインストールは避けてください。 疑わしいまたは悪意があると思われるソフトウェアプログラムをインストールしないでください。
•ポップアップ、インターネット広告、ファイル共有サイト、およびその他の信頼できないソースからプログラムをダウンロードしないでください。 ソフトウェアをダウンロードするときは、事前設定された不要なオプションに注意してください。 海賊版ソフトウェアを宣伝するブログやサイトにアクセスすることは避けてください。

ウイルスが原因でSafebytesAnti-malwareをインストールできませんか? これを行う!

マルウェアは、個人のコンピュータに多大な損害を与える可能性があります。 一部のマルウェアは、ユーザーがコンピュータ上で実行したいことを妨害したり阻止したりするように設計されています。 ネットから何もダウンロードできなくなったり、インターネット サイトの一部またはすべて、特にウイルス対策 Web サイトにアクセスできなくなったりすることがあります。 この記事を読んでいるということは、コンピュータ システムに Safebytes Anti-Malware プログラムをダウンロードしたりインストールしたりすることができないウイルス感染に陥っている可能性があります。 この問題を回避するには、いくつかの解決策があります。

ネットワークを使用したセーフモードでソフトウェアをダウンロードする

Microsoft Windows の起動時にマルウェアが自動的に読み込まれるように設定されている場合、セーフ モードに入ることでその試みがブロックされる可能性があります。 セーフ モードでは必要最低限​​のプログラムとサービスだけが起動するため、競合が発生する理由はほとんどありません。 Windows XP、Vista、または 7 コンピュータをセーフ モードで起動するには、次の手順に従う必要があります (Windows 8 および 10 PC の手順については、Microsoft サイトを参照してください)。

1)コンピューターの電源を入れた後、Windowsのスプラッシュ画面が読み込まれ始めている間にF8キーを押します。 これにより、[詳細ブートオプション]メニューが表示されます。
2)矢印キーを使用して[セーフモードとネットワーク]を選択し、Enterキーを押します。
3)このモードが読み込まれると、インターネットが利用できるようになります。 次に、Webブラウザーを使用して、SafebytesAnti-malwareをダウンロードしてインストールします。
4) インストール直後にフル スキャンを実行し、ソフトウェア プログラムが検出した脅威を除去できるようにします。

別のブラウザに切り替えます

Web ベースのマルウェアは環境固有のものであり、特定のインターネット ブラウザをターゲットにしたり、ブラウザの特定のバージョンを攻撃したりする可能性があります。 Internet Explorer にマルウェアが添付されていると思われる場合は、Chrome や Firefox などの安全機能が組み込まれた別のインターネット ブラウザに切り替えて、お好みのウイルス対策プログラム Safebytes をダウンロードしてください。

USBドライブからアンチウイルスを実行する

もう XNUMX つのオプションは、マルウェア対策ソフトウェア ツールをすべてペン ドライブから保存して実行することです。 USB ドライブを使用して破損したコンピュータを修復するには、次の手順に従ってください。
1)ウイルスのないコンピューターに、SafebytesAnti-Malwareをインストールします。
2)USBドライブを感染していないコンピュータに挿入します。
3)マルウェア対策ソフトウェアパッケージのセットアップアイコンをダブルクリックして、インストールウィザードを実行します。
4) ウィザードでウイルス対策ソフトウェアをインストールする場所を尋ねられたら、フラッシュ ドライブのドライブ文字を場所として選択します。 画面上の指示に従ってインストールプロセスを完了します。
5)USBドライブを取り外します。 これで、感染したコンピュータシステムでこのポータブルマルウェア対策を使用できます。
6)ペンドライブのウイルス対策プログラムEXEファイルをダブルクリックします。
7) フル システム スキャンを実行して、あらゆる種類のマルウェアを特定し、クリーンアップします。

SafeBytes Security Suiteについて話しましょう!

コンピュータ用のマルウェア対策アプリケーションをダウンロードしようとしている場合、市場には検討すべきさまざまなツールがありますが、無料プログラムか有料プログラムかに関係なく、誰かを盲目的に信頼すべきではありません。 それらの中には、優れたものもあれば、まともなものもあれば、コンピュータ自体を破壊するものもあります。 業界最高のマルウェア対策を開発し、信頼できるという評判を得ている会社を選択する必要があります。 数少ない優れたプログラムの中でも、SafeBytes Anti-Malware はセキュリティを重視する人に強く推奨されるツールです。

Safebytesは、この完全なマルウェア対策アプリケーションを提供する、定評のあるPCソリューション企業のXNUMXつです。 このソフトウェアプログラムは、スパイウェア、アドウェア、トロイの木馬、ランサムウェア、ワーム、PUP、その他の損害を与える可能性のあるソフトウェアアプリケーションなど、最先端のマルウェア攻撃からPCを簡単に識別、排除、保護することができます。

このセキュリティ製品で得られる驚くべき機能はたくさんあります。 このソフトウェアに存在するいくつかの人気のある機能は次のとおりです。

リアルタイムの脅威対応: SafeBytes は、個人のマシンに完全かつリアルタイムのセキュリティを提供します。 パソコンに不審なアクティビティがないか常にチェックし、不正アクセスからパソコンを保護します。

マルウェア対策保護: この徹底的なクリーニングのマルウェア対策アプリケーションは、ほとんどのウイルス対策ツールよりもはるかに詳しくコンピューターをクリーニングします。 高い評価を得ているそのウイルス エンジンは、PC の奥深くに潜む削除が難しいマルウェアを検出して無効にします。

Webセキュリティ: SafeBytes は、独自の安全性スコアを通じて、サイトにアクセスしても安全かどうかを通知します。 これにより、ネットを閲覧する際のオンラインの安全性が常に確保されます。

高速マルウェア スキャン エンジン: Safebytes Anti-Malware は、高度なスキャン エンジンを備えており、アクティブなオンライン脅威を即座にターゲットにできる超高速スキャンを提供します。

最低の CPU/メモリ使用量: SafeBytes は、強化された検出エンジンとアルゴリズムにより、CPU 負荷の一部でオンラインの脅威から完全に保護します。

24 時間年中無休のオンライン テクニカル サポート: セキュリティ アプリケーションに関する問題を迅速に解決するために、24 時間年中無休のテクニカル サポートが受けられます。

技術的な詳細と手動による削除(上級ユーザー)

自動ツールを使用せずに手動でiLividを削除したい場合は、Windowsの[プログラムの追加と削除]メニューからプログラムを削除するか、ブラウザー拡張機能の場合はブラウザーのアドオン/拡張機能マネージャーに移動することで削除できる場合があります。そしてそれをアンインストールします。 また、破損した設定を修正するために、ブラウザをデフォルトの状態に工場出荷時にリセットすることをお勧めします。

システムファイルとレジストリエントリを手動で削除する場合は、次のリストを利用して、アクションを実行する前に削除するファイルを正確に把握してください。 ただし、レジストリの編集は実際には複雑な作業であり、高度なコンピュータユーザーと専門家だけが問題の修正を試みる必要があります。 さらに、特定の悪意のあるプログラムは、その削除を防ぐことができます。 Windowsセーフモードで削除プロセスを実行することをお勧めします。

フォルダー:
%アプリケーションデータ%iLivid

レジストリ:
キーHKEY_CURRENT_USERSoftwareiLivid
キーHKEY_CURRENT_USERSOFTWAREMicrosoftWindowsCurrentVersionUninstalliLivid
キーHKEY_CLASSES_ROOTSOFTWAREClassesApplicationsiLividSetupV1.exe
HKEY_CLASSES_ROOT.torrent
HKEY_CLASSES_ROOTiLivid.torrent
HKEY_CLASSES_ROOTMagnetDefaultIcon
HKEY_CLASSES_ROOTMagnetshellopenコマンド
HKEY_CURRENT_USERSoftwareiLivid
HKEY_CURRENT_USERSoftwareMicrosoftWindowsCurrentVersionExplorerFileExts.torrent
HKEY_CURRENT_USERSoftwareMicrosoftWindowsCurrentVersionExplorerFileExts.torrentUserChoice
HKEY_CURRENT_USERSoftwareMicrosoftWindowsCurrentVersionRun
HKEY_CURRENT_USERSoftwareTrolltechOrganizationDefaultsQtファクトリキャッシュ4.8com.trolltech.Qt.QImageIOHandlerFactoryInterface:C:Users NAME AppDataLocaliLivid
HKEY_CURRENT_USERSoftwareTrolltechOrganizationDefaultsQtプラグインキャッシュ4.8.falseC:ユーザー名AppDataLocaliLivid

お使いのデバイスについてサポートが必要ですか?

私たちの専門家チームがお手伝いします
Troubleshoot.Tech エキスパートがあなたをサポートします!
破損したファイルを置き換える
パフォーマンスを復元する
空きディスク容量
マルウェアを削除する
WEBブラウザを保護
ウイルスを削除する
PCのフリーズを止める
お問い合わせ
Troubleshoot.Tech の専門家は、Windows 11 を含むすべてのバージョンの Microsoft Windows、Android、Mac などに対応しています。

この記事を共有する:

あなたはおそらくそれも好きでしょう

ディスクのパーティショニングについて知っておくべきことすべて

ディスクのパーティショニングは古くから存在する概念ですが、まだ知っている人はほとんどいません。正しく実行すれば、コンピュータを完璧な状態に保つことができます。 

今日は、ディスク パーティショニングの簡単な定義、その長所と短所、そしてそのメリットを最大限に享受するために適切に行う方法に関する簡単なヒントをお届けします。

定義と目的

ディスクのパーティショニングを定義する最も簡単な方法は、まさにそのとおりです。これは、ハードディスク ドライブをさまざまなセグメントに分割することを意味します。これらのセグメントはパーティションと呼ばれます。ケーキを小さな断片にカットすることをイメージできますが、必ずしも同じサイズである必要はありません。 

それでは、これらの部品の目的は何でしょうか?

そうですね、最初にハードドライブを入手したとき、それは基本的に単なる未割り当てのストレージスペースの塊です。少なくとも XNUMX つのパーティションが存在するまで、このスペースはオペレーティング システムで使用できません。パーティションを作成すると、OS はそれを使用可能なストレージ領域として認識します。 

単一のパーティションを作成し、プログラム ファイルから個人データまですべてのファイルに使用することを選択できます。多くの既製コンピュータには、このようなプライマリ パーティションが XNUMX つと、回復目的で予約された小さなセカンダリ パーティションが付属しています。 

ディスクを複数のセグメントに分割するかどうかは、あなた次第です。ただし、一般的にはそれをお勧めします。パーティショニングの重要な点は、各セグメントに独自の目的があることです。

したがって、すべてのストレージ スペースを、さまざまな種類のファイルを含む XNUMX つのユニットとして扱うことは、日々の仕事、会議、面接など、すべてを行うための巨大な部屋を XNUMX つだけ備えたオフィス ビルを建設するようなものです。会社。これがどのように少し面倒になるかがわかります。

複数のパーティションを作成すると、同じ場所から複数の異なる種類のファイルを実行する作業が不要になります。これにより、データにアクセスするプロセス全体の大きな負荷が軽減されます。

ディスクのパーティショニングは、他にも多くの利点をもたらします。ただし、重要な免責事項: デメリットもあります。客観的なアイデアを得て、情報に基づいた決定を下せるよう、両方の側面について説明します。

4 つのユニットに複数の XNUMXTB ハードディスクを搭載。
出典: Unsplash のキナ

ディスクのパーティショニングにはどのような利点がありますか?

1. ファイル構成の改善

これは、ハード ドライブをパーティション分割することの最も明白で、おそらく最大の利点です。 

すでに述べたように、パーティショニングを使用すると、さまざまなファイルやデータ タイプに個別のセグメントを作成できます。システム ファイルとゲームに同じパーティションを使用したくないでしょう? 

組織化と時間管理が重要である場合は、複数のパーティションが適切なソリューションです。特定のファイルの検索が全体的にはるかに簡単になります。ハード ドライブが XNUMX つあり、パーティションが XNUMX つあるとします。C はシステム ファイルのみ、D はマルチメディア ファイルとドキュメント、E はゲームとアプリ用です。コンピュータは他の XNUMX つのシステムからの干渉を受けることなく C からシステムをロードするため、ファイルを検索するときにどこを参照すればよいか正確に知っています。

2. 簡単な再インストール

パーティショニングのおかげで高速かつシンプルになったのはファイル管理だけではありません。ドライブ上に複数のセグメントを作成することを選択した場合、Windows の再インストールは簡単になります。 

システムが存在するパーティションをフォーマットするだけで済むからです。次に、OSを再インストールすれば完了です。これで、他のパーティションに保存されたすべてのファイルがそのままの状態で、クリーン インストールが完了しました。システム パーティションのコピーを作成することもできるので、必要に応じて将来まったく同じインストールを再度実行することができます。そして、写真、音楽、ドキュメントは、保存した場所にそのまま残ります。 

机の上にアプリのリストが載ったラップトップ。
出典: Unsplash の Andrew M

3. 複数のファイルシステムの使用可能性

ここまでで、パーティションが完全に別々に機能することが理解できたと思います。これは、何らかの理由で複数のファイル システム機能が必要な場合、パーティショニングによってそれが可能になることを意味します。

XNUMX つのセグメントは、たとえば NTFS ファイル システムに使用でき、別のセグメントは ext または APFS を実行できます。

4. 異なる OS を実行する

あなたは熱心な Windows ユーザーですが、副業で Linux を使用する必要がありますか?問題ない。別のコンピューターなどを購入する必要はありません。異なるファイル システムを実行できるということは、パーティショニングを使用して複数のオペレーティング システムを実行できることも意味します。

それは魅力的だと思いませんか? XNUMX 台のマシンで複数のまったく異なる用途に対応します。

5. バックアップとリカバリが簡単に

データ損失は、パーティション分割されているかどうかに関係なく、どのディスクでも発生する可能性があります。ただし、パーティション分割されたものに戻す方がはるかに簡単です。どこに何を保存したかがわかり、各パーティションは バックアップされた まさにそのままです。また、ハードドライブ全体をバックアップするよりも、単一のパーティションをバックアップする方がはるかに高速です。

最終的には、これは回復へのより迅速な道筋も意味します。重要なファイルやデータを紛失したり、誤って削除した場合は、次のような回復ツールを使用するとよいでしょう。 Recuva それらをスキャンして取り戻します。 Recuva は、破損したハードドライブからデータを回復するのに十分強力です。しかし、どんなに強力であっても、どの回復ツールでもドライブ全体をスキャンするのは骨の折れる作業です。独立したパーティションをスキャンする方がはるかに便利で、より効率的に目的に到達できます。

6.最適化されたパフォーマンス

ここで、コンピューターのパフォーマンスはさまざまな要因によって影響されることに留意してください。パーティション分割だけで状況が良くなったり悪くなったりするわけではありません。ただし、最適化には貢献できます。コンピューターは、ドライブの全容量をスキャンするよりも、たとえば 40 GB のパーティションをスキャンして必要なシステム ファイルを取得する方が簡単です。

7. セキュリティの向上 (おそらく*)

個別のパーティションは、システムの安全性を高めるのに役立ちます。まず、ファイルの破損を最小限に抑えます。 XNUMX つのパーティションが破損しても、他のパーティションは影響を受けません。バックアップとリカバリに関する前述の点を念頭に置くと、破損したパーティションを「修復」するほうが、ハードドライブ全体を修復するよりもはるかに簡単です。 

パーティショニングによりセキュリティの面でも向上します マルウェア 保護。 XNUMX つのパーティションに対する悪意のある攻撃は、ドライブ全体に対するマルウェアよりも対処が簡単です。システム パーティションが感染した場合は、OS を再インストールするだけで問題は解決します。

*パーティショニングではより高度な攻撃を防ぐことはできないことに注意してください。したがって、誤った安心感に屈しないようにしてください。

パーティション分割のデメリットは何ですか?

1. データは依然として脆弱です

はい、独立したパーティションからデータをバックアップおよびリカバリする方が簡単です。確かに、パーティショニングは、分離されたファイルとデータをより高度に保護するのに役立つ可能性があります。ただし、すべてが XNUMX つの物理ドライブ上にあることに注意してください。そのため、パーティション分割されたドライブではデジタル エラーや問題に対処するのが簡単かもしれませんが、物理的な損傷は明らかにそうではありません。

ハードドライブが何らかの方法で破壊されると、その上のすべてのデータが失われます。そのため、PC 上に重要なファイルがある場合は、それらのファイルに 適切なバックアップ処理 遅すぎる前に

2. 空間のバランスの悪さ

別々のパーティションに記憶域スペースを割り当てるのは、思っているよりも少し難しいかもしれません。あるパーティションが別のパーティションよりもずっと早くいっぱいになる場合があります。つまり、一方ではスペースに苦労しており、もう一方ではスペースに余裕がありすぎるということになります。システム パーティションがほぼいっぱいになったときに、その更新用に思ったよりも多くのスペースが必要であることが判明したことを想像してください。

そのため、効率的に管理するために必要なさまざまな種類のファイルが実際に十分に存在することを確認する必要があります。そうしないと、ストレージの面で闘争と不均衡が生じるだけです。

3. エラーのリスクの増加

パーティション分割を誤ると、良いことよりも害が生じる可能性があります。スペースの不均衡とは別に、パーティションのサイズとフォーマットが正しくないリスクが増加します。さらに、人為的ミスも要因の XNUMX つです。気を散らした瞬間に、別のパーティションを消去するつもりで消去してしまう可能性があります。このような間違いを元に戻すのは、間違いなく面倒で時間がかかります。

4. SSD によりパーティショニングが不要になります

SSD (ソリッド ステート ドライブ) は、HDD と同じように機能しません。読み取り時間が短縮され、ファイルを独自に整理できます。これにより、文字通り、ユーザー側で組織化する必要がなくなります。

パーティショニング: はい、いいえ?

結論としては、平均的なユーザーには複数のパーティションは必要ない可能性があるということです。ただし、多数のファイル タイプ、または異なるファイルとオペレーティング システムを同じ PC に保存する予定がある場合は、試してみるべきです。もちろん、これは企業にとっても優れたソリューションです。

長所と短所のリストだけでは判断できない場合は、いつでも私たちにメッセージを送っていただければ、正しい選択ができるようにお手伝いいたします。

ハードドライブをパーティション分割することに決めましたか?

やってみようと決めたら、必ず正しく実行する必要があります。 

パーティション分割を行う最も効果的で信頼性の高い XNUMX つの方法は、Windows の組み込みオプションを使用するか、次のような専用のパーティション分割ツールに投資することです。 EASEUSパーティションマスター。どちらを選択するかは、特定のニーズによって異なります。 

少なくともある程度の経験があるユーザーには、オプション 1 の方が適している可能性があります。この場合、間違いを犯さずにどの手順を実行するかを正確に知る必要があります。これは、Windows 10/11 のディスクの管理で行われます。そこから、選択したサイズのさまざまなボリュームに分割するパーティションを選択できます。

初めてパーティション分割を行う場合は、専門家に相談するか、オプション 2 に進むことを強くお勧めします。EaseUS パーティション分割ソフトウェアは初心者向けに特別に設計されており、直感的なインターフェイスがプロセスの成功に役立ちます。あなたがしなければならないのは、 パーティションマスターパッケージ お客様のニーズに合わせてカスタマイズし、お客様のニーズに従ってください ガイド

各パッケージはテクニカル サポートも提供し、さらには無料アップグレード (サブスクリプションに応じて程度は異なります) も提供します。さらに、これらはすべて XNUMX 台ではなく XNUMX 台の PC に対して有効です。

これは、スムーズでエラーのないパーティショニング プロセスに最適なソリューションです。ハードドライブを効率的に整理し、修復不可能な損傷を与えずにすべてのスペースを最大限に活用したい場合は、間違いなく投資する価値があります。

続きを読む
Windows 0でエラー1900101xC0、20017x10を修正する方法

エラー コード 0xC1900101、0x20017 – それは何ですか?

Windows 0 のエラー コード 1900101xC0、20017x10 は、Windows ユーザーが Windows 10 にアップグレードしようとしたものの、インストール プロセスを完了できなかった場合に発生します。 この Windows エラー コードは、サードパーティのウイルス対策プログラムの問題、またはドライバーやハードウェアに関連する問題が原因で発生する可能性があります。 これが発生すると、ユーザーはエラー メッセージを受け取り、マシンは自動的にデバイス上の元のオペレーティング システムに戻ります。 エラー コードの一般的な症状は次のとおりです。

  • エラーコード0xC1900101-0x20017メッセージボックス
  • Windows10のアップグレードを完了できない

ソリューション

レストアボックスイメージエラーの原因

Windows 10ユーザーに影響を与える他の多くのエラーコードと同様に、0xC1900101-0x20017はいくつかの異なる理由で発生する可能性があります。 多くの場合、エラーコード0xC1900101 -0x20017は、オペレーティングシステムをアップグレードしようとしているが、互換性のないドライバーやハードウェア、およびアップグレードの実行を妨げるウイルス対策システムやその他のセキュリティシステムを使用しているユーザーに影響します。 このエラーメッセージが解決されない場合、次のような他のエラーメッセージが発生する可能性があります。 エラーコード0x80070652

詳細情報と手動修理

Windows 10 デバイスに影響を与えるこの特定のエラー コードを修正するには、この記事で説明されている少なくとも XNUMX つの手動修復方法を採用する必要があります。 手動修復方法は、Windows エラー コードに関連する根本原因に対処するため、効果的な解決策を提供します。 手動修復方法が正しく実装されていれば、通常、ユーザーは Windows エラー コードの原因となる問題を迅速に解決でき、その後 Windows がユーザーに提供するすべての利点にアクセスできるようになります。

ただし、技術的なスキルが必要ないくつかのケースでは、Windowsの修理技術者の必要性が現れる場合があることに注意してください。 このような場合は、Windowsフォーラムやその他のリソースを利用して、認定されたWindowsプロフェッショナルのヘルプにアクセスしてください。 また、必要に応じて自動ツールの使用を検討してください。

方法XNUMX:サードパーティのセキュリティソフトウェアを一時的に無効にするかアンインストールする

一部のサードパーティのセキュリティプログラムまたはウイルス対策ソフトウェアは、WindowsユーザーがWindows 10にアップグレードしようとすると、インストールプロセスを妨げる可能性があります。これがデバイスでエラーコード0xC1900101-0x20017を引き起こす問題であるかどうかを確認するには、これらのアプリケーションを一時的にアンインストールまたは無効にします。 これらのプログラムの設定を確認するか、Windowsの[スタート]メニューの[設定]にアクセスすると、簡単に確認できます。

デバイスでこれらのプログラムを無効にしたら、マシンを再起動してWindows 10への更新を試みます。問題の原因がサードパーティのアプリである場合、エラーコード0xC1900101-0x20017は発生しなくなり、マシンは正常にアップグレードされます。ダウンロードしようとしているWindows10のバージョン。

ただし、Windows 0のエラーコード1900101xC0-20017x10がインストールプロセス中に再発する場合は、以下に示す別の手動修復方法を使用する必要があります。

方法XNUMX:ファイアウォールソフトウェアを無効にする

方法0と同様に、この手動修復方法は、1900101xC0-20017xXNUMXに関連する問題と戦うのに効果的です。 もちろん、これは、エラーコードが互換性のないセキュリティプログラムによるものかどうかによって異なります。

設定を調整して、ファイアウォールを一時的に無効にします。 この手順が完了したら、マシンを再起動して、最新バージョンのWindows 10をインストールしてみてください。プロセスを完了できる場合は、ファイアウォールの問題が原因で問題が発生したことを意味します。 次に、以前に無効にしたファイアウォールを有効にするか、代わりに別のプログラムをダウンロードできます。

ただし、エラーコードが再発する場合は、このリストにある次の手動修復方法を実装することを検討してください。

方法XNUMX:コマンドプロンプトを使用して、破損したシステムファイルを確認します

コマンドプロンプトは、通常のユーザーだけでなく、技術的に熟練したユーザーがPCの問題を修復するのに非常に効果的です。 Windows 0のエラーコード1900101xC0-20017x10の場合は、次の手順を使用してコマンドプロンプトにアクセスします。

  • ステップXNUMX:[スタート]メニューを右クリックします
  • ステップXNUMX:コマンドプロンプト(管理者)を選択します
  • ステップXNUMX:sfc / scannowと入力します

必ず上記のとおりにコマンドを入力し、「sfc」と「/scannow」の間にスペースを入れてください。 スキャンが完了するまで待ちます。 システム ファイルに関連するエラーがある場合、つまりシステム ファイルが破損、破損、または紛失している場合、マシンは修復を開始します。 プロセスが完了したら、PC を再起動し、Windows Update 経由で Wi​​ndows 10 アップグレード プロセスを再試行します。 成功した場合は、エラー コード 0xC1900101-0x20017 が修正されたことを意味します。 それ以外の場合は、Windows 修理技術者に連絡する必要がある場合があります。

方法XNUMX:自動化されたツールをダウンロードする

これらのWindows 10やその他の関連する問題が発生したときに、それらを修正するためのユーティリティツールを常に自由に使用したい場合 ダウンロードとインストール 強力な自動化ツール。

続きを読む
Windows Update エラー 0x80070422 を修正
Windows Update を実行しようとしたり、Windows ファイアウォールをアクティブ化したり、Windows ストアからダウンロードしようとしたときに Windows Update エラー 0x80070422 が発生した場合は、この投稿で問題を解決する方法が示されているので、読み続けてください。 この種の Windows Update エラーは、Windows Update または WUAUSERVE が開始されていない場合、またはバックグラウンド インテリジェント転送サービスまたは BITS を開始できない場合に発生します。 無効になっているか、有効なデバイスが関連付けられていないことが考えられます。 いずれの場合でも、Windows Update エラー 0x80070422 を修正するには、以下のオプションを確認し、開始する前に必ずシステムの復元ポイントを作成してください。

オプション 1 – 一部の Windows Update サービスのステータスを確認する

  • Win + Rキーをタップして、[ファイル名を指定して実行]ダイアログボックスを開きます。
  • 次に、フィールドに「services.msc」と入力し、Enterキーを押すか、[OK]をクリックして[サービス]を開きます。
  • サービスのリストから、次のサービスを探し、それらのスタートアップの種類が次のとおりであることを確認します。
    • Windowsアップデート – 手動(トリガー)
    • バックグラウンドインテリジェント転送サービス– マニュアル
  • その後、上記のリストにあるサービスのサービス ステータスが [実行中] に設定されているかどうかを確認します。 有効になっていない場合は、[スタート] ボタンをクリックしてこれらのサービスを開始し、Windows Update サービスを有効にできるかどうかを確認します。

オプション 2 – ネットワーク センターで IPv6 を無効にしてみる

Windows Updateエラー6x0を修正するために、ネットワークセンターでIPv80070422を無効にすることもできます。 どのように? 次の手順を実行します:
  • キーボードのWin + Xキーの組み合わせをタップし、[ネットワーク接続]をクリックします。
  • これにより、設定アプリの下の[ネットワーク接続]セクションが開きます。 そこから、パネルの右側にある[ネットワークと共有センター]リンクをクリックすると、コントロールパネルと呼ばれるWindows設定のWin32バージョンが開きます。
  • コントロールパネルで、コンピュータが接続されているネットワークをクリックします。
  • ミニ ウィンドウが表示され、そのウィンドウで [プロパティ] をクリックすると、別のミニ ウィンドウが開き、リストが表示されます。
  • このリストから、「インターネットプロトコルバージョン6(TCP / IPv6)」というオプションのチェックを外します。
  • 次に、[OK]をクリックして他のすべてのウィンドウを閉じ、WindowsUpdateエラーが修正されるかどうかを確認します。

オプション 3 – Windows Update トラブルシューティング ツールを実行する

IPv6の無効化が機能しない場合は、WindowsUpdateエラー0x80070422を含むWindowsUpdateに関連する問題の修正にも役立つ可能性があるため、WindowsUpdateトラブルシューティングを実行してみることもできます。 実行するには、[設定]に移動し、オプションから[トラブルシューティング]を選択します。 そこから、Windows Updateをクリックし、[トラブルシューティングツールを実行する]ボタンをクリックします。 その後、次の画面の指示に従ってください。

オプション 4 – DISM ツールを実行してみる

また、Deployment Imaging and Servicing ManagementまたはDISMツールを実行して、WindowsUpgradeエラーを修正することもできます。 この組み込みツールを使用すると、「/ ScanHealth」、「/ CheckHealth」、「/ RestoreHealth」などのさまざまなオプションがあります。
  • 管理者権限でコマンドプロンプトを開きます。
  • 次に、次のコマンドを入力し、各コマンドを入力した直後に必ずEnterキーを押します。
    • Dism / Online / Cleanup-Image / CheckHealth
    • Dism / Online / Cleanup-Image / ScanHealth
    • exe / Online / Cleanup-image / Restorehealth
  • プロセスが完了するまでに数分かかる可能性があるため、プロセスに時間がかかる場合はウィンドウを閉じないでください。

オプション 5 – Microsoft のオンライン トラブルシューティング ツールを実行する

Microsoftのオンライントラブルシューティングを実行すると、WindowsUpdateエラー0x80070422を修正するのにも役立つ場合があります。 このオンライントラブルシューティングは、Windows Updateエラーの修正に役立つことが知られており、問題の原因となっている可能性のある問題がないかコンピューターをスキャンして、自動的に修正します。
続きを読む
ドメインユーザーは生体認証を使用してサインインします
生体認証の使用は Windows 10 でサポートされています。それ以外に、すべてのコンピューターで PIN、パスワード、ピクチャ パスワードもサポートされており、コンピューターに適切なハードウェアが搭載されている場合、Windows 10 は顔のスキャン、虹彩のスキャン、さらには指紋のスキャンもサポートします。 これらの魅力的な機能はすべて、[設定] > [アカウント] > [サインイン オプション] で確認できます。 一方、ハードウェアがこれらの機能をサポートできるかどうかに依存するため、上記の機能をすべて利用できることを実際に期待することはできません。 最も興味深い機能の 10 つは、職場で非常に役立つ生体認証の使用です。この投稿では、レジストリ エディターまたはグループ ポリシー エディターで生体認証を使用し、Windows XNUMX でドメイン ユーザーのサインインを有効または無効にする方法を説明します。 ただし、これから行う変更はコンピュータの機能に影響を与える可能性があるため、先に進む前に、まずシステムの復元ポイントを作成する必要があります。 したがって、何か問題が発生した場合には、いつでも行った変更を元に戻すことができます。

オプション 1 – レジストリ エディター経由

  • Win + Rキーをタップして、[ファイル名を指定して実行]ダイアログボックスを開きます。
  • 次に、フィールドに「Regedit」と入力し、Enter キーを押してレジストリ エディターを開きます。
  • その後、次のレジストリパスに移動します。
HKEY_LOCAL_MACHINESOFTWAREPoliciesMicrosoftBiometricsCredentialプロバイダー
  • そこから、右側のパネルを右クリックし、[新規] > [DWORD (32 ビット) 値] をクリックします。
  • 次に、新しく作成したDWORDの名前を「ドメインアカウント」として設定します。
  • その後、「ドメインアカウント」をクリックし、その値を「1」に設定します。 これにより、ドメイン ユーザーは生体認証を使用して Windows 10 にサインインできるようになります。 一方、値 0 を指定すると、ドメイン ユーザーが生体認証を使用して Windows 10 にサインインできなくなります。
  • レジストリエディタを終了し、コンピュータを再起動して変更を有効にします。

オプション 2 – グループ ポリシー エディター経由

  • Win + Rキーをタップして、[ファイル名を指定して実行]ダイアログボックスを開きます。
  • 次に、フィールドに「gpedit.msc」と入力し、Enterキーを押してグループポリシーエディターを開きます。
  • その後、次の設定に移動します。
コンピューターの構成>管理用テンプレート> Windowsコンポーネント>生体認証
  • 次に、右側のパネルにある次のエントリをダブルクリックし、すべてのラジオ ボタンを [有効] に設定します。
    • バイオメトリクスの使用を許可します。
    • ユーザーがバイオメトリクスを使用してログオンできるようにします。
    • ドメインユーザーが生体認証を使用してログオンできるようにします。
  • 次に、グループポリシーエディターを終了し、コンピューターを再起動して、加えられた変更を適切に適用します。
続きを読む
AnytimeAstrologyを削除する方法

AnytimeAstrologyは、MindsparkIncによって開発されたGoogleChromeのブラウザ拡張機能です。この拡張機能をインストールすると、デフォルトの新しいタブページがMyWay(search.myway.com)というカスタム検索プロバイダーに変更されます。

この拡張機能をインストールしてインターネットを閲覧している間、ブラウジングセッションを通じて、スポンサーコンテンツ、インジェクト広告、ポップアップ広告などの追加の広告が表示されます。

AnytimeAstrologyがアクティブな間、ブラウジングの習慣、Webサイトへのアクセスの記録、リンクのクリック、製品の表示などを監視します。この情報は、後でMindspark Adネットワークサーバーに返送され、Webページに挿入された追加の広告をより適切にターゲティングするために使用されます。

いくつかのアンチウイルスアプリケーションがこの拡張機能をブラウザハイジャッカーとしてマークしているため、コンピュータから削除することをお勧めします。

ブラウザハイジャッカーについて

ブラウザハイジャッカー(ハイジャックウェアとも呼ばれます)は、コンピューターの所有者の知らないうちに承認なしにWebブラウザーの構成設定を変更する一種の悪意のあるソフトウェアです。 これらのハイジャックは世界的に驚くべき速度で発生しており、実際には悪質であり、多くの場合有害である可能性もあります。 ブラウザハイジャッカーは、ホームページを変更するだけではありません。 ほとんどの場合、ハイジャック犯は、オンラインハッカーの利益のために作成され、通常、強制的な広告クリックとサイト訪問から生じる収入を生み出します。 無害に見えるかもしれませんが、これらのツールは常にあなたを利用しようとする悪意のある人々によって作られているので、彼らはあなたの素朴で気を散らすものからお金を稼ぐことができます。 ブラウザハイジャッカーは、あなたの知らないうちに他の悪質なプログラムがコンピュータにさらに損害を与えることを許可することもできます。

ブラウザが乗っ取られた主な症状

以下は、ハイジャックされたことを示すいくつかの症状です。 1.ホームページが見慣れないサイトにリセットされました 2.ブラウザは常にポルノサイトにリダイレクトされています 3.デフォルトのインターネット検索エンジンが変更されました 4.不要な新しいツールバーが追加されているのを見つけます 5. 画面上に大量のポップアップ広告が表示される 6.ブラウザが不安定になった、または動作が遅くなり始めた 7.ウイルス対策ソフトウェアのホームページなどの特定のWebサイトにアクセスできません。

ブラウザハイジャッカーがコンピュータへの道を見つける方法

ブラウザ ハイジャッカーは、ドライブバイ ダウンロード、ファイル共有 Web サイト、あるいは電子メールの添付ファイルを使用して、標的のコンピュータにアクセスする可能性があります。 これらは、ブラウザ ヘルパー オブジェクト (BHO)、Web ブラウザ拡張機能、またはツールバーとも呼ばれるアドオン ソフトウェアから取得される場合もあります。 ブラウザ ハイジャッカーは、オリジナルのソフトウェアとともに無意識のうちにインストールされるフリー ソフトウェアのダウンロードとともにコンピュータに侵入します。 有名なブラウザ ハイジャッカーの例には、Conduit、Anyprotect、Babylon、SweetPage、DefaultTab、RocketTab、Delta Search などがありますが、名前は常に変更されています。 コンピュータ上にブラウザ ハイジャッカーが存在すると、Web ブラウジングのエクスペリエンスが大幅に低下し、重大なプライバシー問題を引き起こすインターネット アクティビティが監視され、システムの安定性の問題が発生し、最終的には PC の速度が低下したり、ほとんど使用不可能な状態になったりする可能性があります。

ブラウザハイジャッカーを削除するための最良の方法

一部のハイジャッカーは、付属のフリー ソフトウェアを削除するか、最近システムに追加した拡張機能を削除することで簡単に削除できます。 悲しいことに、インターネット ブラウザのハイジャックに使用されるソフトウェア アプリケーションのほとんどは、削除または検出が困難になるように意図的に構築されているということです。 コンピュータのレジストリと HOSTS ファイルの修復を実行するには、コンピュータに関する十分な知識が必要となるため、初心者のコンピュータ ユーザーは決して手動形式の削除方法を試行しないでください。 影響を受けるシステムにマルウェア対策アプリケーションをインストールして実行すると、ブラウザ ハイジャッカーやその他の不要なアプリケーションが自動的に消去されます。 SafeBytes Anti-Malware は、執拗なハイジャッカーに対抗し、あらゆる種類のマルウェアからプロアクティブにコンピュータを保護します。 SafeBytes の Total System Care などのシステム オプティマイザーをウイルス対策ツールと併用すると、リンクされたすべてのファイルとレジストリ内の変更を自動的に削除できます。

Webサイトをブロックしたりダウンロードを妨げたりしているマルウェアを取り除く方法

マルウェアは PC に多大な損害を与える可能性があります。 一部のマルウェアはコンピューターとインターネット接続の間に存在し、実際にアクセスしたい Web サイトの一部またはすべてをブロックします。 また、PC に何か、特にマルウェア対策ソフトウェアを追加できなくなる可能性もあります。 この記事を読んでいるということは、Safebytes Anti-Malware などのセキュリティ ソフトウェアのインストールを妨げるウイルスの影響を受けている可能性があります。 別の方法でマルウェアを駆除するには、以下の手順に従ってください。

セーフモードでマルウェアを排除する

Windows の起動時にマルウェアがすぐに実行されるように設定されている場合、セーフ モードに入るとその試みがブロックされる可能性があります。 PC をセーフ モードで起動すると、必要最小限のプログラムとサービスだけが読み込まれます。 Windows XP、Vista、または 7 コンピュータをセーフ モードとネットワークで起動するには、以下の指示に従ってください。 1) 電源投入/起動時に、F8 キーを 1 秒間隔で押します。 これにより、[Advanced Boot Options] メニューが起動されます。 2)矢印キーを使用して[セーフモードとネットワーク]を選択し、Enterキーを押します。 3) このモードがロードされると、インターネット接続が確立されます。 次に、インターネット ブラウザを通常どおり使用し、https://safebytes.com/products/anti-malware/ に移動して、Safebytes Anti-Malware をダウンロードします。 4)ソフトウェアプログラムがインストールされたらすぐに、スキャンを実行してトロイの木馬やその他の脅威を自動的に排除します。

代替 Web ブラウザを使用してウイルス対策アプリケーションをダウンロードする

一部のマルウェアは、主に特定のインターネットブラウザを標的としています。 このような場合は、コンピュータウイルスを回避する可能性があるため、別のブラウザを使用してください。 Internet Explorerがウイルスに乗っ取られたり、オンラインハッカーに侵害されたりした疑いがある場合は、Mozilla Firefox、Google Chrome、Apple Safariなどの別のブラウザに切り替えて、お気に入りのセキュリティアプリケーションをダウンロードすることをお勧めします。 – SafebytesAnti-Malware。

起動可能なUSBアンチウイルスドライブを作成する

マルウェアを正常に排除するには、影響を受けるPCでウイルス対策プログラムを実行する問題に別の角度から取り組む必要があります。 次の手順に従って、USBフラッシュドライブを使用して感染したPCを修正します。 1)ウイルスのないPCにマルウェア対策プログラムをダウンロードします。 2)同じシステムにペンドライブを挿入します。 3)ダウンロードしたアプリケーションの実行可能ファイル(.exeファイル拡張子)をダブルクリックして、セットアッププログラムを実行します。 4)求められたら、ソフトウェアファイルを置く場所としてUSBドライブの場所を選択します。 画面の指示に従ってインストールを完了します。 5)ペンドライブを取り外します。 これで、影響を受けるコンピューターでこのポータブルアンチウイルスを使用できます。 6)サムドライブのウイルス対策プログラムEXEファイルをダブルクリックします。 7) フル システム スキャンを実行して、あらゆる種類のマルウェアを検出し、クリーンアップします。

SafeBytes Anti-Malwareを使用して、ウイルスやマルウェアからコンピューターを保護します

あなたのデスクトップに最適なマルウェア対策ソフトウェア プログラムをダウンロードしたいですか? 市場には、Microsoft Windows コンピュータ用の無料バージョンと有料バージョンのアプリケーションが多数あります。 優れたものもあれば、問題ないものもありますが、中には単なる偽のマルウェア対策ソフトウェアで、あなたのパソコンそのものに損害を与えるものもあります。 信頼性が高く実用的で、マルウェア保護に関して高い評価を得ているものを選択する必要があります。 推奨されるソフトウェア プログラムのリストには、SafeBytes AntiMalware があります。 SafeBytes には優れたサービスの歴史があり、顧客はそのサービスに非常に満足しているようです。 SafeBytes マルウェア対策は、あらゆるレベルの IT リテラシーのユーザー向けに作成された、非常に効果的で使いやすい保護ツールです。 このソフトウェアは、最先端のテクノロジーを通じて、アドウェア、スパイウェア、コンピューター ウイルス、ワーム、トロイの木馬、キーロガー、不審なプログラム (PUP)、そしてランサムウェア。

このセキュリティ製品で得られる驚くべき機能はたくさんあります。 以下にリストされているのは、アプリケーションに含まれている優れた機能の一部です。

世界クラスのマルウェア対策保護: この強力なマルウェア対策プログラムは、ほとんどのウイルス対策ツールよりもはるかに詳細にコンピュータ システムを駆除します。 高い評価を得ているウイルス エンジンは、パソコンの奥深くに潜む削除が困難なマルウェアを検出して無効にします。 アクティブな保護: SafeBytes は、コンピュータ システムに完全かつリアルタイムのセキュリティを提供します。 新しいアップデートやアラートによって継続的に改善されているため、多数の脅威をスクリーニングして削除するのに非常に効果的です。 安全なウェブブラウジング: SafeBytes は、独自の安全性ランキングを通じて、サイトが安全かどうかを示します。 これにより、Web を閲覧する際のオンラインの安全性が常に確保されます。 より高速なスキャン: SafeBytes のウイルス スキャン エンジンは、業界内で最も高速かつ効率的です。 ターゲットを絞ったスキャンにより、さまざまな PC ファイルに埋め込まれたマルウェアの捕捉率が大幅に向上します。 軽量アプリケーション: SafeBytes は軽量のアプリケーションです。 バックグラウンドで動作するため、消費する処理能力が非常に少ないため、Windows ベースの PC を自由に使用できます。 24 時間年中無休のプレミアム サポート: 製品に関する質問や PC のセキュリティに関する懸念事項について、IT 専門家から年中無休、24 時間年中無休の完全無料のテクニカル サポートを受けることができます。 SafeBytes は、最新のマルウェアの脅威やウイルス攻撃を克服するのに役立つ素晴らしいマルウェア対策ソリューションを作成しました。 このソフトウェアを使用するとすぐに、コンピュータ システムがリアルタイムで保護されることを確信できます。 したがって、Windows ベースの PC に最適なマルウェア対策サブスクリプションをお探しの場合は、SafeBytes Anti-Malware アプリケーションをお勧めします。

技術的な詳細と手動による削除(上級ユーザー)

自動ツールを使用せずに AnytimeAstrology を手動で削除したい場合は、Windows の [プログラムの追加と削除] メニューからプログラムを削除するか、Web ブラウザのプラグインの場合は、ブラウザのアドオン/拡張機能マネージャーを削除してください。 おそらく、ブラウザをデフォルトの構成設定に完全にリセットすることも必要になるでしょう。 最後に、ハードディスクを調べて次の点をすべて調べ、コンピュータのレジストリを手動でクリーンアップして、アンインストール後に残ったアプリケーション エントリを削除します。 これはプロフェッショナル ユーザーのみを対象としており、ファイルの削除を誤ると追加のシステム エラーが発生する可能性があり、難しい場合があることに注意してください。 さらに、一部の悪意のあるプログラムには、その削除を防ぐ機能があります。 この手順は Windows セーフ モードで実行することをお勧めします。
フォルダー: C:\USERS\ユーザー名\APPDATA\LOCAL\AnytimeAstrologyTooltab C:\Users\ユーザー名\AppData\Local\Google\Chrome\User Data\Default\Extensions\bdcnkkhncapfcngcjkmfkikanomkgnmb\
続きを読む
エラーコード4を修正する48つの方法

エラーコード48–それはなんですか?

エラーコード 48 は、 デバイスドライバのエラーコード ユーザーは、Windows2000オペレーティングシステム以降のバージョンで遭遇する可能性があります。

周辺機器のプログラムをインストールするために必要なWindowsオペレーティングシステムのドライバが破損しているか、システムと互換性がないため、接続されている周辺機器を実行できない場合に発生します。

画面に次のメッセージが表示されます。

このデバイスのソフトウェアは、Windowsに問題があることがわかっているため、起動がブロックされています。 新しいドライバについては、ハードウェアベンダーにお問い合わせください。 (コード48)

ソリューション

ドライバーフィックスボックスエラーの原因

他のほとんどのWindowsエラーコードと同様に、エラーコード48は次の要因によってトリガーされます。

  • 破損したシステムレジストリファイル
  • デバイス内のウイルスの存在
  • デバイスドライバーが古いです
このエラーコードが修正されない場合、次のような他のドライバデバイスエラーが発生する可能性があります。 エラーコード52.

詳細情報と手動修理

方法1–マルウェアとスパイウェアの完全なスキャンを実行します

システムレジストリおよび接続されたデバイス内のウイルスを識別して削除することは、破損したレジストリファイルを修正する最も簡単な方法です。

ウイルス スパイウェアとマルウェア レジストリ エントリに感染し、ファイルを食い荒らし、データが不完全または欠落する原因になります。 外部デバイスのインストールに必要なドライバが不完全であるため、外部デバイスのインストールに問題が発生します。

方法2–システムの復元を使用する

システムの復元を使用して、問題を解消することもできます。 使用方法は次のとおりです。

  • 管理者アカウントを使用してログインします
  • [スタート]ボタンをクリックして、[すべてのプログラム]> [アクセサリ]> [システムツール]> [システムの復元]を選択します
  • [コンピュータを以前の状態に復元する]をクリックし、[次へ]をクリックします
  • 「このリスト上で復元ポイントをクリックします」リストから、最後に復元する Windows ポイントを選択し、「次へ」をクリックします。
  • 確認ウィンドウで[次へ]をクリックして続行します
  • 復元が完了したら、PCを再起動します

最後に保存されたシステム チェックポイントを介してシステムを復元すると、エラー コードの解決に役立つ破損していない Windows システム レジストリ ファイルを取得できます。

方法3–デバイスドライバーを手動でアンインストールして再インストールする

エラー コード 48 は、デバイス ドライバーが見つからないか、古いことが原因であるため、デバイス ドライバーをアンインストールしてから再インストールすると、エラーを解決できる可能性があります。

これを行うには、最初に管理者としてログインし、デバイスマネージャーを開きます。 問題の原因となっているデバイスを選択し、ダブルクリックします。 周辺機器がPCに正しく接続されていることを確認してください。

開いたら、「ドライバー」タブをクリックし、「ドライバーの更新」を選択します。 マザーボードの詳細とドライバーの詳細を確認するには、PC またはコンピューターに付属のシステム マニュアルを必ず参照してください。

方法4–ソフトウェアを使用してドライバーを自動的にダウンロードする

ドライバーを手動でアンインストールして再インストールすると問題が解決します。 ただし、特にハードウェアのユーザー マニュアルに頼らなければならない場合は、時間がかかる場合があります。 したがって、ドライバーなどのプログラムを使用して、FIX デバイスをコンピュータ上で適切に動作させるためにかかる時間を大幅に節約し、ストレスを軽減できます。 運転者FIXは、PC の問題の解決に役立つユーザーフレンドリーなアプローチを備えており、再構成が必要なドライバーをわずか数秒以内に検出し、自動的にダウンロードする統合データベースが付属しています。 さらに、ドライバーが完全にインストールされ、エラー コード 48 を生成する不完全なファイルが残る余地がないことが保証されます。また、システム ファイルが破損する可能性がわずかでもある場合には、ファイルのバックアップと復元ができるという追加の利点もあります。ダメージ。 運転者FIX これは、PC エラー コードを正確かつ迅速に修正するための答えです。 こちらをクリックしてください ドライバーをダウンロードするにはFIX エラーコード 48 を迅速かつ効果的に修正するには!
続きを読む
Chromeはパスワードを保存しない
最近、多くのユーザーが、Google Chrome ブラウザがアカウント、ログイン セッション、パスワードをまったく記憶しないと報告しました。 したがって、あなたが同じ問題を経験しているユーザーの一人である場合、この投稿は、Windows 10 で Chrome ブラウザーがパスワードを保存せず、アカウントやログイン セッションを保存しない場合の対処法について説明するため、正しい場所に来たことになります。 . Chrome でのこの問題は、さまざまな要因によって発生する可能性があります。 Chrome には、ブラウザーがデータを保存できないように設定されている可能性があります。 Google Chrome プロファイルまたは Chrome のキャッシュ フォルダーが破損している可能性もあります。 さらに、サードパーティのウイルス対策プログラムがブラウザのデータ保存機能をブロックしている可能性もあります。 原因が何であれ、問題の解決に役立ついくつかの提案をここに示しますが、その前に、まず Chrome ブラウザを最新バージョンに更新してみてください。 うまくいかなかった場合は、以下の指定されたオプションに進んでください。

オプション 1 – ブラウザのキャッシュをクリアしてみる

  • GoogleChromeブラウザを開きます。
  • その後、Ctrl + Hキーをタップします。 これを行うと、ブラウザの閲覧履歴やその他のデータを削除できる新しいパネルが開きます。
  • 次に、表示されているすべてのチェックボックスを選択し、[データの消去]ボタンをクリックします。
  • 次に、Chromeブラウザを再起動して、ダウンロードを再度完了できるかどうかを確認します。

オプション 2 – Google Chrome のキャッシュ ファイルを削除してみる

次にできることは、Chromeのキャッシュファイルまたはそのストア情報を削除することです。これにより、キャッシュされたWebページをプルアップしたときにロードするのに役立ちます。 ただし、キャッシュファイルが破損していることが判明した場合は、Chromeがパスワードを保存できないのも不思議ではありません。 これを修正するには、Google Chrome Webページのキャッシュファイルを削除してみてください。これを行うには、次の手順に従います。
  • まず、GoogleChromeを開きます。
  • 次に、Chromeでこのアドレスを開きます– chrome:// settings / clearBrowserData
  • その後、[詳細設定]タブに移動し、すべての時間と最初のXNUMXつのオプションを選択します。
  • 次に、[データを消去]オプションをクリックし、キャッシュが消去されたらChromeブラウザを再起動します。

オプション 3 – Google Chrome がローカル データを保持できるようにしてみてください

Google Chromeの設定でローカルデータを保持するオプションが無効になっている場合、ブラウザにローカルデータを保存することはできません。 したがって、次の手順に従って有効にする必要があります。
  • Chromeを開き、このアドレスを入力します– chrome:// settings / clearBrowserData
  • その後、「ブラウザを終了するまでローカルデータのみを保持する」オプションのトグルボタンをオフにドラッグします。
  • 完了したら、Google Chromeを再起動し、問題が修正されたかどうかを確認します。

オプション 4 – パスワードを保存する設定を有効にしてみる

ご存知のとおり、多くの Web サイトではユーザーにパスワードを保存する選択肢が提供されており、Chrome ブラウザでも同じことができます。 次のアドレスに移動して、この特定の設定を有効にするだけです。 クロム:/ /設定/パスワード。 そこから、[パスワードを保存するオファー]設定のトグルボタンをドラッグしてオフにします。

オプション 5 – Chrome の新しいプロファイルを作成してみる

Google Chromeのユーザープロファイルが破損した場合は、Chromeがパスワードを保存できないことが原因である可能性があります。 したがって、新しいユーザープロファイルを作成する必要があります。 どのように? 以下の手順に従ってください。
  • まず、プロファイルの右上隅にあるアカウントアイコンをクリックします。
  • 次に、[ユーザーの管理]セクションに移動し、[ユーザーの追加]> [追加]を選択します。
  • その後、詳細を入力して新しいアカウントを追加し、Chromeを再起動します。

オプション 6 – Chrome をリセットする

Chrome をリセットすると、問題の解決に役立つ場合もあります。 これは、デフォルト設定を復元し、すべての拡張機能、アドオン、テーマを無効にすることを意味します。 それとは別に、コンテンツの設定もリセットされ、Cookie、キャッシュ、サイトデータも削除されます。 Chrome をリセットするには、次のことを行う必要があります。
  • Google Chromeを開き、Alt + Fキーをタップします。
  • その後、[設定]をクリックします。
  • 次に、[詳細設定]オプションが表示されるまで下にスクロールし、表示されたらクリックします。
  • [詳細設定]オプションをクリックした後、[復元してクリーンアップする]オプションに移動し、[設定を元のデフォルトに戻す]オプションをクリックしてGoogleChromeをリセットします。
  • 次に、GoogleChromeを再起動します。

オプション 7 – Chrome をクリーン再インストールしてみる

アンインストール後にプログラムがファイルを残す場合があり、Chromeでも同じことが起こる可能性があるため、Chromeを再インストールする前に、ユーザーデータフォルダを削除したことを確認する必要があります。 これを行うには、次の手順を参照してください。
  • Win + Rキーを押して、[実行]ダイアログボックスを開きます。
  • 次に、フィールドに「%LOCALAPPDATA%GoogleChromeUser Data」と入力し、Enterキーを押してユーザーデータフォルダーを開きます。
  • そこから、デフォルトフォルダの名前を変更し、「Default.old」などの別の名前を付けます。
  • その後、Google Chromeを再度インストールして、問題が修正されたかどうかを確認します。
続きを読む
0x80070037 を修正: 指定されたネットワーク ...
ファイルをコピーしようとして、「予期せぬエラーによりファイルをコピーできません」というエラー メッセージが突然表示された場合は、この投稿が問題の解決に役立つため、ここに来ていることは間違いありません。 このエラーは、「エラー 0x80070037: 指定されたネットワーク リソースまたはデバイスはもう利用できません」という別のメッセージとともに表示されます。 この種のエラーは、外部デバイスへの電源供給が弱く、デバイスの切断と再接続が繰り返し行われる場合に発生します。 この問題を解決するには、以下で提供される潜在的な修正を確認する必要があります。

オプション 1 – USB ポートを物理的にチェックしてみる

ポートの全体的なパフォーマンスに影響を与える、物理的に緩んでいたり破損しているポートがある可能性があるため、USB ポートを確認する必要があります。 最近のコンピューターにはさまざまな USB ポートがあるため、USB ポートを変更してみることもできます。 したがって、USB ドライブが USB 3.0 または 3.1 をサポートしている場合は、必ず USB 3.0 または 3.1 ポートに接続してください。 どのポートが分からない場合は、USB 3 ポートが通常青色であることに留意するか、コンピュータのマニュアルやマニュアルを参照してポートを見つけることもできます。

オプション 2 – 接続されているケーブルを物理的に確認する

USBポートとは別に、接続されたケーブルの物理的な状態も確認する必要があります。USBポートの場合と同様に、ケーブルが損傷していると、デバイスとコンピューターの全体的な接続にも影響するためです。 そのため、接続ケーブルに物理的な不規則性がある場合は、別のケーブルを購入して交換し、問題が解決するかどうかを確認する必要があります。

オプション 3 – ユニバーサル シリアル バス コントローラー ドライバーを更新または再インストールする

ドライバーの問題である可能性があるため、デバイスマネージャーを使用してユニバーサルシリアルバスコントローラードライバーを更新または再インストールしてみてください。 次の手順を参照してください。
  • まず、[スタート]ボタンをクリックして、「デバイスマネージャ」と入力します。
  • 次に、検索結果から「デバイスマネージャ」をクリックして開きます。
  • そこから、「ユニバーサル シリアル バス コントローラー」オプションを探し、各 USB ドライバーを右クリックして、メニューから [ドライバーの更新] を選択します。
注: 通常の USB ドライブの場合は、USB 大容量ストレージ デバイスとしてリストされますが、USB 3.0 デバイスをお持ちの場合は、USB 3.0 拡張可能ホスト コントローラーを探してください。
  • PCを再起動し、[更新されたドライバソフトウェアを自動的に検索する]オプションをクリックします。
注: USB コントローラー ドライバーの更新が機能しなかった場合は、代わりにドライバーを再インストールしてみてください。

オプション 4 – 遅い USB ポートに接続してみる

デバイスをUSB3.0または3.1ポートに接続しても機能しない場合は、今回は低速のUSBポートに接続してみてください。 デバイスがUSB3.0または3.1ポートからのより高い電源をサポートできない場合があります。そのため、弱い回路が正しく機能しません。 したがって、デバイスをUSB 2.0ポートに接続して、デバイスが機能しているかどうかを確認してください。

オプション 5 – 省電力オプションをオフにしてみる

問題を解決するために、省電力オプションをオフにすることもできます。 USBデバイスのプロパティを選択した後、電源管理に切り替えて、そこから[電力を節約するためにコンピュータにデバイスの電源をオフにすることを許可する]オプションをオフにするだけです。 一方、ラップトップを使用していて、USBデバイスを長期間使用しなかった場合は、電源がオフになる可能性があります。 これにより、システムがUSBデバイスの電源をオフにしないようにします。

オプション 6 – デバイスを別のコンピュータに接続してみる

お使いのコンピューターがデバイスをサポートしていない可能性もあります。 その可能性を確認するには、デバイスを別のコンピュータに接続して、問題なく動作するかどうかを確認してください。 その場合は、お使いのコンピュータと互換性のある別のデバイスを入手する必要があります。

オプション 7 – 別のデバイスを使用してみる

別のデバイスを使用して、コンピューターに接続することもできます。 これは、デバイスが損傷しているかどうかを判断するのに役立ちます。 したがって、接続した他のデバイスが正常に機能している場合は、デバイスを新しいデバイスと交換するか、専門家に相談して、可能であれば修理を依頼する必要があります。

オプション 8 – ハードウェアとデバイスのトラブルシューティングを実行する

  • 最初に行う必要があるのは、[スタート]をクリックしてから、歯車のようなアイコンをクリックして、[設定]のウィンドウを表示することです。
  • [設定]を開いた後、[更新とセキュリティ]オプションを探して選択します。
  • そこから、リストの左側にある[トラブルシューティング]オプションに移動します。
  • 次に、リストから[ハードウェアとデバイス]を選択し、トラブルシューティングを開いて実行します。 仕事が終わったら、プロセスが完了するのを待ってから、システムを再起動します。
  • システムの再起動後、問題が修正されたかどうかを確認します。 そうでない場合は、以下の次のオプションを参照してください。
続きを読む
コンピュータウイルスやマルウェアはどこで入手できますか
幼少期から現代に至るまで、コンピュータ ウイルスは常に存在していました。 スピーカーの音を鳴らしたり画面にメッセージを投げたりする煩わしい単純なものから、ファイルの削除や暗号化が可能なより悪意のあるものまであります。 今日の現代世界では、自分自身を守ることが非常に重要であり、現代のウイルスはもはや冗談ではなく、コンピューター システムに重大な損害を与えることを目的としています。 コンピュータウイルスやマルウェアはどこで入手できますか復号化ツールの代金を支払わせるためにファイルを暗号化することもあれば、ファイルを直接削除したり、ハードウェアに損傷を与えたりすることもあります。 前に述べたように、自分自身を守ることは重要ですが、保護するということはウイルス対策ソフトウェアをインストールすることだけを意味するのではなく、ウイルスが潜んでいて盗まれる可能性のある一般的な場所がどこにあるのかという情報も非常に重要です。 この記事では、ウイルスやその他のマルウェアが感染する最も一般的な場所を調査するのはそのためです。

プログラムのダウンロード

ダウンロード可能なファイルを含むプログラムは、フリーウェア、ワーム、その他の実行可能ファイルなどのマルウェアの最も一般的なソースです。 画像編集ソフトウェア、音楽ファイル、電子書籍のいずれをダウンロードする場合でも、メディアのソースの信頼性を確保することが重要です。 未知の、新しい、またはあまり人気のない情報源は避けるべきです。

海賊版またはクラックされたソフトウェア

ソフトウェアクラッキングについてご存知ですか? クラックされたソフトウェアは悪意のあるスクリプトで構成されているため、クラックされたソフトウェアを開くたびに、ウイルス対策ソフトウェアがマルウェアとしてフラグを立てる可能性があります。 クラックは悪意のあるスクリプトを PC に挿入する可能性があるため、常に「ノー」と答えてください。

電子メールの添付ファイル

知り合いかどうかに関係なく、誰でも電子メールの添付ファイルを送信できます。 不明なリンクや添付ファイルをクリックすると、デバイスに損害を与える可能性があります。 何かをクリックする前によく考えて、ファイルの種類が「.exe」ではないことを確認してください。

インターネット

デバイスにウイルスを感染させる最も簡単な方法の XNUMX つは、インターネット経由です。 Webサイトにアクセスする前に必ずURLをご確認ください。 安全な URL については、常に「HTTPS」を探してください。 たとえば、ソーシャル メディア Web サイトで公開されているビデオをクリックすると、そのビデオを視聴するために特定の種類のプラグインのインストールが必要になる場合があります。 しかし実際には、これらのプラグインは機密情報を盗む可能性がある悪意のあるソフトウェアである可能性があります。

不明な CD からのデータのブート

悪意のあるソフトウェアが不明な CD を通じてデバイスに侵入する可能性があります。 悪意のある感染から身を守るための良い方法は、デバイスがまったく動作していないときに CD を取り出すことです。 コンピュータの電源を切る前に CD を削除しないと、システムが再起動する可能性があります。

Bluetooth

Bluetooth 転送もシステムに感染する可能性があるため、転送が行われるたびにどの種類のメディア ファイルがコンピュータに送信されているかを把握することが重要です。 効果的な防御策は、既知のデバイスのみとの Bluetooth 接続を許可し、必要な場合にのみ Bluetooth 接続をアクティブにすることです。

パッチが適用されていないソフトウェア

見落とされがちですが、パッチが適用されていないソフトウェアもウイルス感染の主な原因となります。 ソフトウェアのセキュリティ ホールは攻撃者によって悪用され、攻撃者がゼロデイ攻撃の形で公開するまでソフトウェア メーカーには知られません。 したがって、ソフトウェア更新プログラムが PC で利用可能になったらすぐにインストールすることをお勧めします。
続きを読む
Webページをロードする際のOriginエラーを修正
Web ページを読み込もうとしたときに、空のページに「Origin Error」というエラー メッセージが表示された場合は、この投稿がこのエラーの解決に必ず役立ちます。 ご覧のとおり、このエラーは非常にまれなエラーであり、クライアントを再インストールするだけで済む Origin として知られる人気のゲームに関するものではありません。 このエラー メッセージは非常にまれなものですが、Web ページを読み込もうとすると、空白のページに「Origin Error」というメッセージが表示されます。 このエラーを修正するために、この投稿では役立つ可能性のある修正をいくつか提供します。 以下に示す修正を注意深く実行し、どれが問題を解決するかを確認してください。

オプション 1 – Ctrl + F5 キーを使用してブラウザのキャッシュをクリアする

最初に試せるのは、ブラウザのキャッシュをクリアする「ハード リフレッシュ」です。 これを行うには、キーボードの Ctrl + F5 キーを使用します。 一方、Chrome、Edge、Firefox のキャッシュを手動でクリアすることもできます。

オプション 2 – プロキシを削除する

プロキシを削除してみることもできます。これは、オリジンエラーの修正にも役立つ可能性があるためです。 これがあなたがそれをすることができる方法です:
  • Win + Rキーをタップして、[ファイル名を指定して実行]ダイアログボックスを開きます。
  • 次に、フィールドに「inetcpl.cpl」と入力し、Enterキーを押してインターネットプロパティを表示します。
  • その後、[接続]タブに移動し、LAN設定を選択します。
  • そこから。 LANの「プロキシサーバーを使用する」オプションのチェックを外し、「設定を自動的に検出する」オプションがチェックされていることを確認します。
  • 次に、[OK]ボタンと[適用]ボタンをクリックします。
  • PCを再起動します。
注: サードパーティのプロキシサービスを使用している場合は、それを無効にする必要があります。

オプション 3 – DNS をフラッシュし、Winsock と TCP/IP をリセットしてみます。

Originエラーの修正に役立つ可能性があるため、DNSをフラッシュしてWinsockをリセットしたり、TCP / IPをリセットしたりすることもできます。 これを行うには、次の手順を参照してください。
  • [スタート]ボタンをクリックして、「コマンドプロンプト" 現場で。
  • 表示される検索結果から、「コマンド プロンプト」を右クリックし、「管理者として実行」オプションを選択します。
  • コマンドプロンプトを開いた後、以下にリストされている各コマンドを入力する必要があります。 各コマンドを入力した後、Enterキーを押したことを確認してください
    • でipconfig /リリース
    • でipconfig /すべて
    • でipconfig / flushdnsと
    • IPCONFIG / RENEW
    • netsh int ip set dns
    • netsh winsockリセット
上記のコマンドを入力すると、DNSキャッシュがフラッシュされ、WinsockとTCP / IPがリセットされます。
  • 次に、コンピュータを再起動してGoogle Chromeを開き、前に開こうとしていたWebサイトを開いてみます。

オプション 4 – Google パブリック DNS を使用してみる

現在のDNSをGoogleパブリックDNSに変更してみてください。 DNS IPアドレスを使用して、オペレーティングシステムでDNS設定を明示的に変更するだけです。 これを行う手順は次のとおりです。
  • 最初に行う必要があるのは、タスクバーのネットワーク アイコンを右クリックし、[ネットワークと共有センター] を選択することです。
  • 次に、「アダプタ設定の変更」オプションをクリックします。
  • その後、インターネットへの接続に使用しているネットワーク接続を検索します。 オプションは「ワイヤレス接続」または「ローカルエリア接続」である可能性があることに注意してください。
  • ネットワーク接続を右クリックし、「プロパティ」をクリックします。
  • 次に、新しいウィンドウを選択して、「インターネットプロトコル4(TCP / IPv4)」オプションを選択します。
  • その後、[プロパティ]ボタンをクリックし、新しいウィンドウで[次のDNSサーバーアドレスを使用する]オプションのチェックボックスをクリックします。
  • タイプ "8.8.8"と"8.8.4.4」をクリックし、[OK]をクリックして終了します。
続きを読む
及び
著作権©iriz.co ErrorTools。 全著作権所有
商標: Microsoft Windows のロゴは、Microsoft の登録商標です。 免責事項: ErrorTools.com は Microsoft と提携しておらず、直接の提携も主張していません。
このページの情報は、情報提供のみを目的として提供されています。
DMCA.com保護ステータス