及び

WebShieldマルウェア除去チュートリアル

Web Shield は、アクセスした Web サイト、特にオンラインでどのように追跡されているかに関する洞察に富んだ分析を表示できる無料のアプリケーションです。 Web シールドでは、コンピュータの使用状況を誰が追跡しているかを正確に判断できません。 代わりに、Web シールドを使用すると、ユーザーはどの Web サイトが自分のコンピュータにトラッキング コードを配置したかを確認できます。

このソフトウェアは広告でサポートされており、ユーザーの Web ブラウザに挿入されたバナー広告、ポップアップ、コンテキスト ハイパーリンクの形式で広告を表示します。 Windows バックグラウンド サービスを追加し、不要な広告を表示し、ブラウザのホームページを変更する可能性があります。

ブラウザハイジャッカーについて

ブラウザ ハイジャッカー (ハイジャックウェアとも呼ばれる) は、ユーザーの知識や許可なしに Web ブラウザの設定を変更する悪意のあるソフトウェアの一種です。 こうしたハイジャックは、世界中で憂慮すべき速度で増加しているようで、非常に悪質で、時には危険な場合もあります。 ブラウザハイジャックが発生する理由はたくさんあります。 しかし、商業、マーケティング、広告がその作成の主な理由です。 そのアイデアは、サイト訪問者のトラフィックを増やし、より多くの広告収入を得ようとしている特定のサイトにユーザーを強制的に訪問させることです。 とはいえ、それほど無害というわけではありません。 ウェブの安全性が危険にさらされるだけでなく、非常にイライラさせられます。 さらに、ハイジャッカーは感染したシステム全体を脆弱にしてしまい、他の破壊的なマルウェアやウイルスがこの機会を捉えて簡単にシステムに侵入してしまいます。

ブラウザハイジャックの兆候

ハイジャックされたことを示すいくつかの症状は次のとおりです。ホームページが変更されました。 新しい不要なお気に入りやブックマークが追加され、通常は広告が表示されたサイトやポルノサイトに送信されます。 デフォルトの検索エンジンが変更され、Webブラウザのセキュリティ設定が知らないうちに削減されました。 インターネットブラウザには多くのツールバーがあります。 コンピュータの画面にたくさんのポップアップ広告が表示されます。 インターネットブラウザが不安定になった、または動作が遅くなりました。 マルウェア対策ソフトウェアのホームページなど、特定のWebサイトにアクセスすることはできません。

PC はどのようにしてブラウザ ハイジャッカーに感染するのでしょうか?

ブラウザ ハイジャッカーは、ドライブバイ ダウンロード、ファイル共有ネットワーク、さらには電子メールの添付ファイルを使用して、標的のコンピュータ システムに到達する可能性があります。 また、悪意のある目的を持つ BHO、ブラウザ拡張機能、アドオン、ツールバー、またはプラグインから発生する可能性もあります。 一部のブラウザ ハイジャッカーは、「バンドル」と呼ばれる欺瞞的なソフトウェア配布戦略 (通常はシェアウェアやフリーウェアを介して) を使用してユーザーの PC 内に広がります。 人気のあるブラウザ ハイジャッカーの好例は、世界中で 250 億 XNUMX 万台のコンピュータを攻撃した「Fireball」という名前の最新の中国製マルウェアです。 これはハイジャッカーとして機能しますが、後で完全に機能するマルウェア ダウンローダーに変更される可能性があります。

ブラウザ ハイジャッカーは、ユーザーの Web サーフィン エクスペリエンスに深刻な影響を与え、ユーザーが頻繁にアクセスする Web サイトを記録して個人情報を盗み、ネットへの接続に問題を引き起こし、最終的には安定性の問題を引き起こしてアプリケーションやシステムのクラッシュを引き起こします。

ブラウザハイジャッカーの削除

一部のブラウザハイジャックは、対応するマルウェアソフトウェアを見つけてコントロールパネルから削除することで、簡単に元に戻すことができます。 ただし、ほとんどのブラウザハイジャッカーは、手動で駆除するのが困難です。 どれだけ取り除こうとしても、何度も戻ってくることがあります。 さらに、手動で削除するには、初心者のコンピュータユーザーには実行が難しい、時間のかかる複雑なアクションをいくつか実行する必要があります。

SafebytesWebサイトおよびマルウェア対策ダウンロードへのアクセスをブロックするマルウェア-どうすればよいですか?

すべてのマルウェアは悪質であり、被害の影響は悪意のあるソフトウェアの特定の種類に応じて異なります。 一部のマルウェアの種類は、プロキシ サーバーを組み込むことによってブラウザの設定を変更したり、コンピュータの DNS 設定を変更したりします。 このような場合、一部またはすべてのインターネット サイトにアクセスできなくなり、マルウェアを駆除するために必要なセキュリティ ソフトウェアをダウンロードまたはインストールできなくなります。 これを読んでいるということは、マルウェア感染によって PC への Safebytes Anti-Malware ソフトウェアのダウンロードやインストールが妨げられている可能性があります。 この種の問題を回避するのは難しい場合がありますが、実行できる手順がいくつかあります。

システムをセーフモードで起動します

Windows の起動時にマルウェアが読み込まれるように設定されている場合は、セーフ モードで起動することでマルウェアを回避できます。 セーフ モードでは必要最低限​​のプログラムとサービスだけが起動するため、問題が発生することはほとんどありません。 Windows XP、Vista、または 7 コンピュータのセーフ モードでコンピュータを起動するには、次の手順に従う必要があります (Windows 8 および 10 コンピュータの手順については、Microsoft Web サイトにアクセスしてください)。

1)コンピュータが起動したらすぐに、大きなWindowsロゴまたは白いテキストの黒い画面が表示される前にF8キーを押し続けます。 これにより、「詳細ブートオプション」メニューが表示されます。
2)矢印キーを使用して、[セーフモードとネットワーク]を選択し、Enterキーを押します。
3) このモードがロードされると、インターネットにアクセスできるようになります。 次に、ブラウザを使用して必要なマルウェア削除プログラムを入手します。 プログラムをインストールするには、セットアップ ウィザード内のガイドラインに従ってください。
4) インストール直後に完全なスキャンを実行し、プログラムが検出した脅威を削除できるようにします。

別のブラウザに切り替えます

一部のマルウェアは、特定のブラウザのみを標的としています。 これがあなたの状況である場合、マルウェアを回避する可能性があるため、別のインターネットブラウザを利用してください。 Internet Explorerにトロイの木馬が接続されているように見える場合は、FirefoxやChromeなどの安全機能が組み込まれた別のWebブラウザーに切り替えて、お気に入りのウイルス対策プログラムであるSafebytesをダウンロードします。

サムドライブからアンチウイルスをインストールして実行します

これは、インストールを必要とせずにシステムのマルウェアをスキャンできるポータブルUSBウイルス対策ソフトウェアを利用するさらに別のソリューションです。 次の手順に従って、サムドライブを使用して感染したコンピュータシステムをクリーンアップします。
1)別のウイルスのないPCを使用して、SafebytesAnti-Malwareをダウンロードします。
2) USB フラッシュ ドライブを、感染していないコンピュータの USB ポートに接続します。
3) ダウンロードしたソフトウェアの実行可能ファイル (.exe ファイル拡張子が付いています) をダブルクリックして、セットアップ プログラムを実行します。
4)求められたら、ソフトウェアファイルを配置する場所としてペンドライブの場所を選択します。 指示に従って、インストールプロセスを完了します。
5)次に、ペンドライブを感染したPCに転送します。
6) USB フラッシュ ドライブ上のマルウェア対策ソフトウェアの EXE ファイルをダブルクリックします。
7)「今すぐスキャン」をクリックして、影響を受けるコンピューターでマルウェアのスキャンを実行します。

SafeBytesAnti-Malwareのレビュー

あなたのデスクトップに最適なマルウェア対策ソフトウェア プログラムをダウンロードしたいですか? Windows システム用の無料バージョンと有料バージョンのアプリケーションが数多くあります。 そのうちのいくつかは優れたものであり、いくつかは問題ないものですが、中にはコンピュータ自体に損害を与えるものもあります。 信頼性が高く、実用的で、マルウェアからの保護に定評のあるものを選択する必要があります。 信頼できるソフトウェア プログラムを検討する場合、間違いなく Safebytes Anti-Malware が強く推奨されます。

SafeBytes マルウェア対策は、PC を完全に保護するだけでなく、あらゆる能力レベルの人にとって非常に使いやすい、信頼できるソフトウェアです。 このソフトウェアは、最先端のテクノロジーを通じて、スパイウェア、アドウェア、トロイの木馬、ワーム、コンピュータ ウイルス、キーロガー、ランサムウェア、迷惑プログラム (PUP) など、さまざまな種類のマルウェアやその他の脅威によって引き起こされる感染からコンピュータを保護します。

SafeBytesマルウェア対策には、他のすべてのマルウェアとは一線を画す多数の拡張機能が付属しています。 このプログラムにある人気のある機能は次のとおりです。

世界クラスのマルウェア対策保護: この徹底的なクリーニングのマルウェア対策ソフトウェア プログラムは、ほとんどのウイルス対策ツールよりもはるかに詳細にパーソナル コンピューターを駆除します。 高い評価を得ているそのウイルス エンジンは、PC の奥深くに潜む削除が難しいマルウェアを見つけて無効にします。

リアルタイムのアクティブ保護: SafeBytes は、コンピュータ システムに完全かつリアルタイムのセキュリティを提供します。 ノートパソコンやコンピューターのハッカー活動を定期的に監視し、高度なファイアウォール保護もユーザーに提供します。

ウェブ保護: SafeBytes は、アクセスするすべての Web サイトをチェックして独自の安全性評価を提供し、フィッシング サイトとみなされる Web ページへのアクセスをブロックすることで、個人情報の盗難やマルウェアが含まれていることが知られている Web ページからユーザーを保護します。

低 CPU 使用率: SafeBytes は、軽量で使いやすいウイルス対策およびマルウェア対策ソリューションです。 このソフトウェアはコンピュータ リソースをほとんど使用しないため、コンピュータのパワーを正確に適切な場所、つまり実際にユーザーに残します。

24時間年中無休のガイダンス: 有料版を使用している場合は、24 時間年中無休で高レベルのサポートを受けることができます。

技術的な詳細と手動による削除(上級ユーザー)

自動ツールを使用せずに手動でWebShieldを削除したい場合は、Microsoft Windowsの[プログラムの追加と削除]メニューからプログラムを削除するか、Webブラウザー拡張機能の場合は、ブラウザのアドオン/拡張機能マネージャに追加し、それを削除します。 また、ブラウザをデフォルト設定に完全にリセットすることもできます。

システムファイルとレジストリエントリを手動で削除する場合は、次のリストを使用して、アクションを実行する前に、削除するファイルを正確に把握してください。 これは上級ユーザーのみを対象としており、ファイルの削除が正しくないと追加のシステムエラーが発生する可能性があることに注意してください。 それに加えて、特定のマルウェアは、削除を複製または防止することができます。 セーフモードで削除手順を実行することをお勧めします。

ファイル:
%ProgramData%webshield
%ALLUSERSPROFILE%Application DataWebShield
%ALLUSERSPROFILE%WebShield

レジストリ:
[HKEY_LOCAL_MACHINESOFTWAREMicrosoftWindowsCurrentVersionUninstallmweshield]
[HKEY_LOCAL_MACHINESOFTWAREmweshield]
[HKEY_LOCAL_MACHINESYSTEMCurrentControlSetservicesmwescontroller]

お使いのデバイスについてサポートが必要ですか?

私たちの専門家チームがお手伝いします
Troubleshoot.Tech エキスパートがあなたをサポートします!
破損したファイルを置き換える
パフォーマンスを復元する
空きディスク容量
マルウェアを削除する
WEBブラウザを保護
ウイルスを削除する
PCのフリーズを止める
お問い合わせ
Troubleshoot.Tech の専門家は、Windows 11 を含むすべてのバージョンの Microsoft Windows、Android、Mac などに対応しています。

この記事を共有する:

あなたはおそらくそれも好きでしょう

トラブルシューティングエラー106

エラー106とは何ですか?

エラー 106 は、Windows 7 ユーザーが経験する一般的なエラーです。 これは、コンピュータ上のシステム ファイルの構成ミス、破損、または破損の結果として発生するものであり、重大なエラーではありません。 ただし、望ましくない不都合を防ぐために、このエラーのトラブルシューティングは重要です。 基本的に、エラー 106 は、Windows およびその他の互換性のあるドライバーおよびソフトウェア ベンダーによって採用されているエラー コードの 106 つです。 このエラーの XNUMX は、本質的には、エラーが生成されたときに命令が存在していたメモリ アドレスまたは場所です。

ソリューション

レストアボックスイメージエラーの原因

主に、エラー 106 は、システム ファイルの破損、設定ミス、または破損によって発生します。 このエラーは最初は無害に見えるかもしれません。 しかし、このまま放置しておくと重大な結果を招く可能性があります。 システム上でエラーが蔓延することを許すことは、システムの健全性を危険にさらすことと同義です。 エラー 106 の生成につながるイベント、条件、またはシナリオに関する限り、それらは次のようにリストされます。 ほとんどの場合、これらの状況がシステム ファイルの破損につながることを理解することが重要です。
  • 不適切または不完全なインストールまたはアンインストール
  • ハードウェアまたはアプリケーションの不適切または不完全な削除
  • 不適切、意図的でない、または突然のシステムシャットダウン
  • の存在 アドウェア、スパイウェア、マルウェア、またはコンピュータ上のウイルス
上記の条件のいずれかが発生すると、システム ファイルまたはシステム内のレジストリ エントリが破損する可能性があることに注意してください。 システムが適切に機能するには正確で完全なファイルが必要であるため、システムがそれを見つけることができない場合、原因不明の動作が発生します。 これは、システムが誤ってリンクされたり、情報が欠落したりすることによっても発生します。

詳細情報と手動修理

このエラーを修正するにはさまざまな方法がありますが、最も有用なXNUMXつの方法を以下に簡単に示します。
  • このソリューションは上級ユーザー向けです。 何よりもまず、システムの電源を入れます。 管理者としてログオンします。 次に、スタート ボタンをクリックし、次の順序に従います: [すべてのプログラム] -> [アクセサリ] -> [システム ツール] -> [システムの復元]。新しいウィンドウが目の前に表示されます。 このウィンドウで、「コンピューターを以前の状態に復元する」オプションを選択します。 ここで「次へ」をクリックします。復元ポイントのリストが目の前に表示されます。 このリストから最新の復元ポイントを選択し、「次へ」をクリックします。 確認ウィンドウで「次へ」をクリックします。 復元が完了したら、コンピューターを再起動します。
  • 初心者ユーザー向けのこのソリューション。 ダウンロード エラー106ウィンドウズ修復ユーティリティ。 このプログラムをコンピュータにインストールし、それを使用してコンピュータをスキャンします。 スキャンが完了したらすぐに、エラーを修正するためのオプションを見つけてみてください。 このオプションを活用してください。 すべてのエラーが修正されたら、コンピューターをもう一度再起動します。 これで、エラーが消え、コンピュータにエラー 106 が発生しないことがわかります。
スキルレベルに応じて、上記のソリューションのいずれかを使用してください。
続きを読む
大きなシステム エラー報告ファイルを削除する
ご存じない方のために付け加えておきますが、Windows には、ハードウェアおよびソフトウェアの問題からエラー レポートを生成するフィードバック メカニズムが含まれています。 これらのレポートはシステムに一時的に保存され、Microsoft に送り返されます。これにより、Microsoft は報告された問題の解決策を見つけて、今後の更新プログラムで修正できるようになります。 ただし、時間が経つと、これらのレポートは実際にコンピューター内の多くのスペースを占有するため、Windows 10 の新しいスペース解放機能を利用して、あなたのようなエンド ユーザーは自由にレポートを削除できます。スペース機能は、何らかの理由で使用できない場合があるため、この投稿では、システム キューに登録された非常に大きな Windows エラー報告ファイルを削除する別の方法を使用する方法について説明します。そのうちギガバイト単位で実行される場合があります。 Windows エラー報告 (WER) がエラー ファイルを送信して解決策を探すたびに、Microsoft の WER サーバーは即座に解決策を送信します。 また、解決策が調査中または不明な場合は、すぐにそのことが通知され、詳細を尋ねられます。 前述したように、[設定] の [領域の解放] 機能でエラー報告ファイルをクリアできても、システム キューに登録された非常に大きな Windows エラー報告ファイルを削除できない場合があります。 あるいは、ディスク クリーンアップ ユーティリティを使用してこれらのファイルを削除するオプションもあります。 Windows エラー報告ファイルを削除するために使用するオプションを自由に選択してください。

オプション 1 – 設定から Windows エラー報告ファイルを削除する

  • 設定に移動。
  • そこから、[システム]> [ストレージ]> [空き容量]に移動し、クリックして起動します。
  • その後、すべてのファイルとフォルダーにデータを追加するために少し時間を置きます。 完了したら、「システムが Windows エラー報告ファイルを作成しました」を選択してチェックボックスをオンにし、他のオプションはオフのままにします。
  • 次に、[ファイルの削除]ボタンをクリックして、コンピューターからすべてのWindowsエラー報告ファイルを削除します。

オプション 2 – Windows エラー報告ファイルを手動で削除する

  • Win + Eキーをタップしてファイルエクスプローラーを開きます。
  • 次に、メニューから隠しファイルビューを有効にします。
  • 次に、C:/ProgramData/MicrosoftWindowsWER に移動します。
  • そこから、LocalReportArchive、ReportArchive、ReportQueue、Tempなどのさまざまなフォルダーが表示されます。
  • 上記の各フォルダを開き、アーカイブファイルを削除します。 これらのファイルの名前は「00c58c1f-b836-4703-9bcf-c699ca24d285」のようになることに注意してください。
注: これらのファイルを削除できない場合は、フォルダーの所有権を取得する必要があります。 これを行うには、次の手順を参照してください。
  • フォルダを右クリックして、[プロパティ]を選択します。
  • 次に、[プロパティ]ウィンドウの[編集]ボタンをクリックし、[OK]をクリックして、ユーザーアカウント制御の昇格要求を受け取ったかどうかを確認します。
  • その後、権限ウィンドウからユーザー/グループを選択するか、「追加」ボタンをクリックして別のユーザーまたはグループを追加します。 許可するには「Everyone」を追加するとよいでしょう。
  • 次に、[許可]列の[フルコントロール]をオンにして、フルアクセス権のコントロール権限を割り当てます。
  • 次に、「Everyone」のフルコントロールへのアクセス許可を編集します。
  • [OK]をクリックして変更を保存し、終了します。
一方、Windows エラー報告ファイルを削除する際にこうした面倒な作業をしたくない場合は、特にファイルが毎日生成され、そのサイズがほとんどの場合ギガバイトになるため、すでに毎日煩わしいものになっている場合には、このファイルを無効にするだけで済みます。 さらに、これらのファイルが Microsoft WER サーバーに到達せず、無駄に大量のスペースを占有するだけになる場合もあります。
続きを読む
Windowsが起動しない問題を修正する
チュートリアルを開始していないときに Windows を修正する方法へようこそ。 ここでは、コンピューターと Windows の両方を正常な状態に戻すために、いくつかの一般的な問題と解決策に取り組みます。 Windows が起動せず、読み込まれないことは厄介な問題であり、データが完全に失われる可能性があり、クリーン インストール以外の解決策が残っていない場合、多くの時間がかかる可能性があります。 また、技術に精通していない場合は、この問題を解決するために専門家を雇う必要があるため、この問題にも費用がかかる可能性があります. ここエラー ツールでは、チュートリアル、ヒント、およびトリックを毎日提供し、Windows の問題のすべてを支援することで、PC の問題を自分で克服できるように支援することを目指しています。 以上のことを踏まえて、コンピューターまたは Windows の起動を妨げる可能性のある問題を見て、それらを回避して、すべてが正常に機能するようにしましょう.
  1. 修復ツールを使用する

    Windows 10 には、Windows の起動を妨げるエラーを修復および修正することを目的としたスタートアップ修復ツールが付属しています。 ただし、このツールを使用するには、Windows 10 の起動可能な USB スティックが必要です。 Microsoft サイトでブート可能な USB を直接作成できます。 準備ができたら、接続してコンピュータを再起動し、USB から起動することを選択します。 Windows セットアップ画面が表示されたら、「次へ」をクリックし、「コンピューターを修復する」をクリックします。 に行く トラブルシューティング>詳細オプション>スタートアップ修復。 [スタートアップ修復] をクリックすると、Windows が起動し、ファイルに問題がないかスキャンし、問題が見つかった場合は自動的に修復します。
  2. 「Windowsの起動に失敗しました」0xc00000fエラー

    Windows の起動時にこのエラーが発生した場合は、ブート構成データが破損しています。 このエラーを修正するには、Windows 10 がインストールされた起動可能な USB も必要です。 お持ちでない場合は Microsoft サイトで作成し、コンピュータを再起動し、USB から起動し、セットアップ画面で [次へ] をクリックし、[コンピュータを修復する] をクリックします。 [トラブルシューティング] をクリックし、コマンド プロンプトをクリックします。 コマンド プロンプトで次のように入力します。 ブートレック/ FixMbr bootrec / FixBoot bootrec / ScanOs bootrec / RebuildBcd 終了する USBなしでPCを再起動します
  3. セーフモードで起動する

    Windowsのセーフモードでは、ドライバーなしで最小限のサービスでコアのみが読み込まれます。 セーフモードで起動できる場合、問題は問題の原因となっているアプリケーションまたはドライバーにあります。 エラーの原因を取り除くために、選択的起動オプションを試してください。
  4. ハードウェアが接続されていることを確認してください

    一部の RAM またはハードドライブがソケットから外れていると、Windows が起動できなくなる可能性があります。念のためすべての接続を確認してください。
他のすべてが失敗した場合は、Windows のクリーン インストールを実行します。 Windows が起動しない理由は、さまざまなウイルスやマルウェアが原因である可能性があります。その場合は、フォーマットしてクリーン インストールを実行するのが最善です。
続きを読む
エラーコード43を修正する方法

コード43-それはなんですか?

コード43、 デバイスマネージャエラー、ビデオ カード、USB、プリンター、または PC に接続されているその他の外部ハードウェアなどのハードウェア デバイスを Windows が認識しない場合に報告されます。

デバイスマネージャは、ある種の不特定の問題を報告した場合、ハードウェアを停止します。 ほとんどの場合、次の形式で表示されます。

「Windowsは問題を報告したため、このデバイスを停止しました。 コード43インチ

ソリューション

ドライバーフィックスボックスエラーの原因

コード 43 は、いくつかの理由で発生する可能性があります。 ただし、95% の場合、次のようなデバイス ドライバーの問題に関連しています。

  • 行方不明のドライバー
  • 破損したドライバ
  • 時代遅れのドライバー

新しいドライバーバージョンが利用可能になるか、ウイルス感染などの根本的な理由によりドライバーが損傷した場合、ドライバーの問題が発生します。

ドライバーの問題以外に、ソフトウェアのインストール時および削除時にコード 43 がポップアップ表示されることもあります。 これにより、レジストリ内でハードウェアの競合が発生し、ドライバーの通信が変更される可能性があります。

コード43は、目的のデバイスをスムーズに使用する能力を妨げる可能性があります。 コード43は、ランタイムエラーやBSoDエラーのような致命的なエラーコードではありませんが、不便を避けるためにすぐに解決することをお勧めします。

PCを再起動するだけで、エラーコード43を一時的に回避できる場合がありますが、これで問題が完全に解決するわけではありません。 恒久的な修正については、以下の方法を試してください。

詳細情報と手動修理

PC からコード 43 を永久に修復できるように、簡単に実行できる効果的な解決策を以下に示します。 手順に従ってコード 43 を PC から削除するだけです。

方法 1 - トラブルシューティング ウィザードを起動して実行する

これは、エラーコード43がポップアップする原因となった問題の正確な性質を見つけるXNUMXつの方法です。 トラブルシューティングウィザードを起動して実行するには、次のことを行う必要があります。

  • スタートメニューに移動します
  • 検索バーに「デバイスマネージャー」と入力し、Enterキーを押します
  • デバイスマネージャをクリックして、システムで実行します
  • 次に、[全般]タブをクリックします
  • その後、トラブルシューティングを押してトラブルシューティングウィザードを起動します

ウィザードは問題を診断し、それを解決するための解決策を提供します。そこから行う必要があるのは、ウィザードの指示に従うことだけです。

方法 2 - ハードウェアのドキュメントを確認する

何らかの理由で方法1が機能しない場合、別の解決策は、問題の診断に関する詳細についてハードウェアのドキュメントを確認することです。

方法 3 - 問題のあるドライバーをアンインストールする

コード43の根本的な理由がドライバーの問題に関連している場合、それを解決する最善の方法は、障害のあるドライバーをアンインストールしてから、新しいドライバーを再インストールすることです。 ドライバをアンインストールする多くの方法のXNUMXつは次のとおりです。

  • スタートボタンをクリックします
  • 検索ボックスに「sysdm.cpl」と入力し、Enterキーを押して続行します
  • [システムのプロパティ]ダイアログボックスで、[ハードウェア]タブを開きます
  • [デバイスマネージャー]をクリックしてから、[デバイスタイプ]をダブルクリックします
  • 次に、問題のあるハードウェアデバイスのレポートコード43をクリックします。
  • その後、[ドライバー]タブに移動し、[アンインストール]をクリックして、そのドライバーを完全にアンインストールします。
  • メーカーのウェブサイトにアクセスして、新しいドライバーバージョンをダウンロードします
  • .ZIPファイルを抽出してシステムにインストールします

方法 4 - ドライバーを自動的に更新する

新しいドライバーのバージョンを手動で特定して更新することは、特に急いでいる場合やコンピューターに詳しくない場合には、イライラするだけでなく時間がかかる可能性があります。

また、ドライバーを更新した後は、ドライバーが古くなっていないことを確認するために何度も確認する必要があります。 新しいバージョンが利用可能になるたびに更新する必要があるため、ストレスがかかる可能性があります。

コード 43 を永久に修復してこの面倒な作業を回避するには、ドライバーをダウンロードしてくださいFIX。 これは、あらゆる種類のドライバーの問題を解決するために特別に設計された、革新的でユーザーフレンドリーなデバイス ドライバー ソフトウェア プログラムです。

ドライバが見つからないか古いために PC でコード 43 が発生するかどうか、ドライバFIX 問題を簡単に解決できます。

このソフトウェアに組み込まれているインテリジェントプログラミングシステムにより、問題のある古いドライバーを数秒で検出できます。

数回クリックするだけで、互換性のある新しいバージョンを照合し、ドライバーを即時に自動的に定期的に更新します。 これによりコード 43 が解決され、すべてのドライバーが最新の状態に保たれます。

ドライバFIX すべての Windows バージョンと互換性があります。

こちらをクリックしてください ドライバーをダウンロードするにはFIX コード 43 をすぐに修復して解決してください。

続きを読む
Radeon 設定は現在利用できません
多数のコンピューターに搭載されている GPU の最も一般的なブランドの XNUMX つは、AMD の Radeon グラフィックス プロセッシング ユニットです。 AMD には、ユーザーがハードウェアの機能を制御できるように、Radeon 設定パネルが組み込まれています。 ただし、最近になって、Radeon 設定パネルで「Radeon 設定は現在利用できません。」というエラーが表示されると多くのユーザーが報告しています。 AMD グラフィックスを使用しようとすると、「AMD グラフィックスを接続した後、もう一度お試しください」というメッセージが表示されます。 Radeon 設定パネルのこの種のエラーは、破損したドライバーまたは互換性のないドライバーが原因で発生する可能性が高くなります。 あなたがこの問題に直面しているユーザーの一人である場合は、この投稿がこのエラーを修正するためのガイドとなるため、心配する必要はありません。 デバイス ドライバー アンインストーラーを使用するか、ドライバーのバージョンを変更できます。 詳細については、以下のオプションをご利用ください。

オプション 1 – デバイス ドライバー アンインストーラーを使用してみる

この問題を解決するには、まずデバイス ドライバー アンインストーラー ソフトウェアを使用して AMD Radeon ドライバーをアンインストールします。 このソフトウェアを使用して AMD Radeon ドライバーをアンインストールした後、AMD の公式 Web サイトにアクセスして AMD Radeon ドライバーをダウンロードします。 ダウンロードしたら、実行可能ファイルを実行するだけでインストールできます。 新しい AMD Radeon ドライバーのインストールが完了したら、Radeon 設定パネルを開いて、エラーが修正されたかどうかを確認してください。 そうでない場合は、以下の次のオプションを参照してください。

オプション 2 – ドライバーのバージョンを変更してみる

最初のオプションの指示に従った場合は、以下の次の手順に進むことができます。
  • AMD Radeonドライバーを完全にアンインストールし、最新の動作バージョンを再インストールしたので、ドライバーがまだ更新されているかどうかを確認します。 もしそうなら、あなたはそれらを止める必要があります。
  • ドライバーの自動更新を無効にするには、Win + Rキーをタップして実行ユーティリティを開き、フィールドに「gpedit.msc」と入力してEnterキーを押すか、[OK]をクリックして、グループポリシーエディターに移動する必要があります。
  • グループポリシーエディターを開いた後、次のポリシー設定に移動します。[コンピューターの構成]> [管理用テンプレート]> [システム]> [デバイスのインストール]> [デバイスのインストールの制限]
  • そこから、「これらのデバイス ID のいずれかに一致するデバイスのインストールを禁止する」ポリシー設定をダブルクリックして新しいウィンドウを開きます。このウィンドウには、設定に関する次の説明が表示されます。
「このポリシー設定を使用すると、Windows のインストールが禁止されているデバイスのプラグ アンド プレイ ハードウェア ID と互換性 ID のリストを指定できます。 このポリシー設定は、Windows によるデバイスのインストールを許可する他のポリシー設定よりも優先されます。 このポリシー設定を有効にすると、Windows は、作成したリストにハードウェア ID または互換性 ID が表示されるデバイスをインストールできなくなります。 リモート デスクトップ サーバーでこのポリシー設定を有効にすると、ポリシー設定は、指定されたデバイスのリモート デスクトップ クライアントからリモート デスクトップ サーバーへのリダイレクトに影響します。 このポリシー設定を無効にするか構成しない場合、デバイスは他のポリシー設定によって許可または禁止されるようにインストールおよび更新できます。」
  • 次に、ポリシー設定のラジオボタンを「有効」に設定します。 これにより、削除確認プロンプトがオフになります。 ラジオボタンを[未構成]または[無効]に設定すると、自動的に更新されるドライバーがオフになることに注意してください。
  • 次に、[オプション]セクションの下にある[表示]ボタンをクリックします。 ポップアップ表示されるフィールドに、GPUのハードウェアIDを入力し、[OK]をクリックします。 GPUのハードウェアIDは、次の場所にあります。デバイスマネージャー> プロパティ>詳細>ハードウェアID
  • 完了したら、[適用]ボタンと[OK]ボタンをクリックして、行った変更を保存します。
  • グループポリシーエディターを閉じてPCを再起動し、「Radeon設定が現在利用できないかどうかを確認します。 AMDグラフィックスを接続してから再試行してください」エラーが修正されました。
続きを読む
ブリザードが証拠隠滅を逮捕
ブリザードの従業員カリフォルニア州公正雇用・住宅局は、Activision Blizzardに対する差別禁止訴訟を拡大し、出版社が進行中の調査に関連する重要文書をシュレッダーにかけていると主張した。 Kotaku の最近のレポートでは、この部門が低賃金で非常に不安定なポジションを提供しており、LGBTQ+ テスターに​​対して敵対的な文化があると説明されています。 DFEH が「従業員」を「労働者」に言い換えたのは、こうした請負業者の経験を考慮に入れることを望んでいる。 「契約社員として、契約が終了して 3 か月間無収入になるか、別の仕事を探さなければならない前に、できるだけ早く優秀な成績を収め、好印象を与え、昇進しなければならないという大きなプレッシャーがあると感じています。」 アクシオスある労働者がこう言ったと報告している。 「私は自分の仕事に誇りを持っていますが、それだけでは決して十分ではないと感じています。」 アクティビジョンが労働組合を潰す第三者法律事務所ウィルマーヘイルを雇ったことは、論争の的となっており、自社の調査を「直接妨害」していると同紙は述べている。 Activisionは、WilmerHaleに行くことで、調査に関連するすべての作業は特権的であり、DFEHと共有することはできないと主張しているようです。 訴訟ではまた、Activision HRが「調査と苦情」に関連する文書を、調査中に保管する法的義務に反してシュレッダーにかけたと主張している。 更新された訴訟の関連部分は、アクシオス記者のスティーブン・トティロ氏とミーガン・ファロクマネシュ氏によって共有され、前者はDFEHが「ビル・コスビー氏の名前のスペルミスを修正した」とも指摘した。 「DFEHはまた、法律やDFEHの文書保存通知によって要求されているとおりに文書や記録が維持されていないことについても知らされており、認識している」と訴状には書かれている。「人事担当者によってシュレッダーにかけられた調査や苦情に関連する文書を含むがこれに限定されない」そして電子メールは従業員が離職してから XNUMX 日後に削除されます。」

Activision Blizzard からの推測と回答

ブリザードの従業員ジェシカ・ゴンザレス氏は、これらの文書の破棄に伴う罰金の費用は、訴訟の進行を助けるために文書の存在から得られるいかなる罰金よりも、ブリザードにとって受けやすい打撃だったのではないかと疑っている。 ActivisionはKotakuへの電子メールでシュレッダー疑惑を否定し、Blizzard社長のJ・アレン・ブラック氏などの上級幹部の解任など、企業文化を改善するために講じた措置を概説する声明を発表した。 声明全文にはこう書かれている:「DFEHとの関わりを通じて、私たちは職場がすべての従業員にとって快適で安全であることを保証するための改革を実施していたにもかかわらず、DFEHの見直しを支持するあらゆる適切な要求に応じてきた。これらの変化は現在も継続しており、含む:
  •     いくつかのハイレベルの人事異動
  •     多様な面接パネルを必要とする採用および採用慣行の刷新
  •     給与の公平性に関する透明性の向上
  •     人事およびコンプライアンス担当者のトレーニングと調査能力の拡大および改善
  •     独立性を高めるために事業部門の外に調査チームを設立
  •     説明責任を強化するために部門を再編
  •     従業員による管理職の評価を含むレビュープロセスの強化
  •     ハラスメントやその他の軽減または疎外する行為に対するゼロ寛容のアプローチにより、職場での行動に対する明確な境界線を設けます。
「当社は、世界的に魅力的な優れたエンターテイメントの創造につながる多様な才能と視点を認め、称賛する企業となるよう努めています。当社には男女間の賃金格差や昇進格差がないという明確な証拠をDFEHに提出しました。当社の上級リーダーシップ「私たちは、従業員に公平な報酬を与える安全で包括的な職場というDFEHの目標を共有し、他の人が見習うべき模範を示すことに尽力しています。」

カリフォルニアとライオット

Activision Blizzard以外にも、カリフォルニア州のDFEHは、『リーグ・オブ・レジェンド』のクリエイターであるライアットゲームズを調査し、同スタジオが2019年に遡るセクハラ疑惑で足を引っ張っていると非難した。ライオットは疑惑を否定し、「会話をした人に対しては決して報復しない」と述べた。あらゆる政府機関に。」
続きを読む
Razer Huntsman V2 メカニカル キーボード
Razer Huntsmanコンピューターの周辺機器というと、最初に思い浮かぶのはおそらくマウスとキーボードではないでしょうか。 また、周辺機器のブランドについて語るとき、Razer は見知らぬ人ではなく、長年にわたってその名声とカルト的人気を築いてきました。 Razer のメカニカル キーボードは常に高品質でユーザーからの信頼が高く、Huntsman も例外ではありません。

Huntsman キーボードの技術詳細

  1. メカニカル光学スイッチ Razer は、このキーボードに新しい光学テクノロジー スイッチを導入しました。 これらのスイッチは、一般的な機械式スイッチよりも高速かつ正確であり、テストによると、これは現在市場で最速のキーボードです。
  2. 多機能デジタルダイヤル 3 つの触覚メディアキーを備えた多機能デジタルダイヤルにより、明るさから音量まですべてに数秒で瞬時にアクセスできます。 Synapse XNUMX を通じてすべてプログラムおよびカスタマイズできるため、好みの構成をすぐに設定できます。
  3. 10キーロールオーバー 10キー同時押しを可能にするアンチゴースト技術
  4. Razer クロマを備えた 4 面アンダーグロー完全な 4 面アンダーグローと 38 のカスタマイズ ゾーンを使用して、照明効果を思いのままにカスタマイズできます。 Razer Chroma搭載

感触と騒音

騒音に関しては、メカニカルキーボードなので当然メンブレンキーボードよりも大きくなりますが、他のメカニカルキーボードと比較すると同じ騒音範囲内にあり、ほんの少し静かになっているかもしれません。 キーボードには 2 種類のスイッチが付属しています。紫色のスイッチはより大きく、サウンド フィードバック用の「クリック音」があり、赤色のスイッチはクリック音はありませんが、リニアでわずかに速いパフォーマンスを提供します。 キーボードの Huntsman エリート モデルを選択すると、非常に快適で適切な感触の素敵なハンドレスト マットが付属します。 キーボードの使用感は Razer キーボードを使用しているようなもので、応答性が高く、優れたメカニカルな感触が得られます。

まとめ

Razer Huntsman メカニカル キーボードは、市場で最も安価でも最高でもありませんが、最速のキーボードです。 キーボードのトップクラスに位置しており、投資する価値があります。
続きを読む
Windows の BAD_SYSTEM_CONFIG_INFO エラーを修正
Windows 10 PC で BAD_SYSTEM_CONFIG_INFO ブルー スクリーン エラーが発生した場合は、この記事を読んでこの問題を解決してください。 通常、この種のブルー スクリーン エラーは、ブート構成データ ファイルに関する問題が原因で発生します。 ブート構成データ ファイル内の主な問題は、一部のブート順序ファイルまたは古いファイルが新しいファイルまたは安定したファイルと競合し、BAD SYSTEM CONFIG INFO ブルー スクリーン エラーが発生する可能性があることです。 この種の Stop エラーは、Windows レジストリにエラーがあることも示しているため、潜在的な原因となるドライバーを更新し、必要に応じてレジストリ内のいくつかのエントリを編集する必要があります。 ただし、作業を始める前に、必ずシステムの復元ポイントを作成してください。 システムの復元ポイントを作成した後、コンピュータをセーフ モードで起動し、コンピュータを通常どおり再起動してみてください。 ただし、それが機能しない場合は、以下の指定されたオプションに進んでください。

オプション 1 – システムの復元を実行する

システムの復元を実行すると、BAD SYSTEM CONFIGINFOブルースクリーンエラーの修正に役立つ場合があります。 このオプションは、セーフモードまたはシステムの復元で起動することで実行できます。 すでに[詳細な起動オプション]が表示されている場合は、[システムの復元]を直接選択して、次の手順に進みます。 また、PCをセーフモードで起動したばかりの場合は、以下の手順を参照してください。
  • Win + Rキーをタップして、[ファイル名を指定して実行]ダイアログボックスを開きます。
  • その後、フィールドに「sysdm.cpl」と入力し、Enterをタップします。
  • 次に、[システムの保護]タブに移動し、[システムの復元]ボタンをクリックします。 これにより、新しいウィンドウが開き、希望のシステムの復元ポイントを選択する必要があります。
  • その後、画面の指示に従ってプロセスを終了し、コンピュータを再起動して、問題が修正されたかどうかを確認します。

オプション 2 – デバイスドライバーを更新またはロールバックする

最初のオプションが機能しなかった場合は、デバイス ドライバーを更新するかロールバックします。 Windows コンピュータを更新した後は、ドライバも更新する必要がある可能性が高くなります。 一方、デバイス ドライバーを更新したばかりの場合は、ドライバーを以前のバージョンにロールバックする必要があります。 どちらに該当する場合でも、以下の手順を参照してください。
  • WinXメニューからデバイスマネージャを開きます。
  • 次に、デバイスドライバーを見つけて右クリックし、プロパティを開きます。
  • その後、[ドライバ]タブに切り替えて、[デバイスのアンインストール]ボタンをクリックします。
  • 画面オプションに従って、完全にアンインストールします。
  • 最後に、コンピューターを再起動します。 デバイスドライバを自動的に再インストールするだけです。
注: 専用ドライバーをお持ちの場合はコンピューターにインストールすることも、製造元の Web サイトから直接探すこともできます。

オプション 3 – Windows レジストリ ファイルを修正してみる

Windowsレジストリファイルを修正するには、起動可能なWindows 10 USBドライブを作成し、それを使用してPCを起動する必要があります。 これを行うには、以下の手順を参照してください。
  • ようこそ画面が表示されたら、[次へ]をクリックします。
  • 次に、ウィンドウの左下のセクションにある[コンピュータを修復する]オプションをクリックします。
  • 次に、[トラブルシューティング]> [詳細オプション]> [コマンドプロンプト]をクリックします。
  • コマンドプロンプトを開いた後、以下にリストされている各コマンドを、指定された順序で実行します。
    • CD C:WindowsSystem32config
    • ren C:WindowsSystem32configDEFAULT DEFAULT.old
    • ren C:WindowsSystem32configSAM SAM.old
    • ren C:WindowsSystem32configSECURITY SECURITY.old
    • ren C:WindowsSystem32configSOFTWARE SOFTWARE.old
    • ren C:WindowsSystem32configSYSTEM SYSTEM.old
  • 上記のコマンドを実行した後、以下のコマンドを入力し、以下の所定の順序で実行してください。
    • C:WindowsSystem32configRegBackDEFAULT C:WindowsSystem32configをコピーします
    • コピーC:WindowsSystem32configRegBackSAM C:WindowsSystem32config
    • コピーC:WindowsSystem32configRegBackSECURITY C:WindowsSystem32config
    • C:WindowsSystem32configRegBackSYSTEM C:WindowsSystem32configをコピーします
    • C:WindowsSystem32configRegBackSOFTWARE C:WindowsSystem32configをコピーします
  • 次に、「exit」と入力してコマンドプロンプトを閉じます。
  • 変更を有効にするためにPCを再起動します。

オプション 4 – メモリ チェックを実行して RAM をテストする

一方、Windowsメモリ診断を使用してメモリチェックを実行することにより、BAD SYSTEM CONFIGINFOブルースクリーンエラーを修正することもできます。 これを行うには、これらの手順を参照してください。
  • Win + Rキーをタップして、[ファイル名を指定して実行]ダイアログボックスを開きます。
  • 次に、「mdsched。exeファイルフィールドに「」と入力し、Enterキーを押してWindowsメモリ診断を開きます。
  • その後、Windowsメモリ診断は次のようなXNUMXつのオプションを提供します。
  1. 今すぐ再起動して問題を確認してください(推奨)
  2. コンピュータを次回起動したときに問題を確認する
  • 指定されたオプションのいずれかを選択します。 その後、コンピュータは再起動し、再起動時にメモリベースの問題をチェックします。 問題がある場合は、自動的に問題が発生します。

オプション 5 – BCD ファイルを再構築し、MBR ファイルを修復する

上記の10番目のオプションで行ったことと同様に、このオプション用に起動可能なWindows 10 USBドライブを作成し、それを使用してWindows XNUMXPCを起動する必要があります。
  • ようこそ画面の部分が表示されたら、[次へ]をクリックします。
  • その後、ウィンドウの左下にある「コンピュータを修復する」オプションをクリックします。
  • 次に、[トラブルシューティング]をクリックします。
  • 次に、[詳細オプション]、[コマンドプロンプト]の順に選択します。
  • コマンドプロンプトが表示されたら、次の各コマンドを、BCDファイルを再構築してMBRファイルを修復するために与えられた順序で入力します。
    • bootrec / repairbcd
    • bootrec / osscan
    • bootrec / repairmbr
  • 次に、「exit」と入力してコマンドプロンプトを閉じ、コンピューターを再起動して、行った変更を正常に適用します。
続きを読む
ACPI.sysのブルースクリーンエラーを修正する方法
コンピューターの使用中に ACPI.sys ブルー スクリーン エラーが発生した場合は、この投稿で問題を解決するためのガイドをお読みください。 ACPI.sys ファイルは、MSDN 2939 に関連する Windows オペレーティング システム ファイルです。ACPI.sys (Windows ACPI ドライバー) は、Windows オペレーティング システムのインボックス コンポーネントです。 これは、電源管理とプラグ アンド プレイまたは PnP デバイスの列挙をサポートするものです。 したがって、このファイルが破損すると、ブルー スクリーン エラーが発生することが知られています。 ACPI.sys ブルー スクリーン エラーのもう XNUMX つの原因として、RAM の問題、互換性のないファームウェア、ハード ディスクの問題、ドライバの破損またはマルウェア感染などが考えられます。 ACPI.sys ファイルによって引き起こされる可能性のあるブルー スクリーン エラーをいくつか示します。
  • 処理されていないKMODE例外
  • ページングされていない領域でページフォルト
  • システムスレッド例外が処理されない
  • IRQLはより少なくないか等しい
  • カーネルデータ入力
  • システムサービスの例外
ACPI.sysファイルに関連するブルースクリーンエラーを修正するには、以下の手順を参照してください。

オプション 1 – ACPI.sys ファイルを再作成してみる

最初のオプションが機能しなかった場合、次にできることは、ACPI.sys ファイルを再作成することです。 Windows 10 PC は起動するたびに、適切な場所にあるすべてのシステム ドライバーを検索し、見つからない場合は作成しようとします。 このため、破損したドライバー ファイルを削除すると、修正されたファイルが再作成される可能性があります。 どうやって? 以下の手順を参照してください。
  • Windows 10PCをセーフモードで起動します。
  • 次に、ファイル エクスプローラーを開き、次の場所に移動します: C:/Windows/System32/drivers
  • そこから、という名前のファイルを探します ACPI.sys 名前を次のように変更します ACPI.old.
注: ご覧のとおり、ファイルの拡張子は .sys から .old に変更されました。
  • 次に、コンピュータを再起動して、ACPI.sysブルースクリーンエラーが修正されたかどうかを確認します。

オプション 2 – ACPI ドライバーを更新またはロールバックしてみる

Storport.sys ブルー スクリーン エラーを修正するには、まずデバイス ドライバーを更新するかロールバックします。 Windows コンピュータを更新した後は、ドライバも更新する必要がある可能性が高くなります。 一方、デバイス ドライバーを更新したばかりの場合は、ドライバーを以前のバージョンにロールバックする必要があります。 どちらに該当する場合でも、以下の手順を参照してください。
  • Win + XキーをタップしてWinXメニューを開き、そこからデバイスマネージャを選択します。
  • デバイス マネージャーを開いたら、ACPI.sys ドライバーを探して右クリックし、[プロパティ] を選択します。
  • 次に、ドライバーセクションに移動します。 ロールバックオプションは、ACPI.sysドライバーを最近更新した場合にのみ使用できることに注意してください。 そのため、表示されない場合は、[ドライバーの更新]ボタンをクリックしてください。
  • その後、Windowsはブルースクリーンエラーに関連する可能性のある問題を自動的にチェックします。
  • 最後に、コンピューターを再起動します。 デバイスドライバを自動的に再インストールするだけです。
注: コンピューターの関連ドライバーを製造元の Web サイトから直接ダウンロードすることもできます。 したがって、SSD を使用している場合、問題は古いストレージ ドライバーが原因である可能性があります。 一方、ACPI ドライバーの更新が機能しなかった場合は、正常に機能し、同じ Windows OS バージョンを実行している別のコンピューターの System32 フォルダーから ACPI.sys システム ドライバー ファイルをコピーしてみることもできます。 その後、問題のあるコンピュータにそれを配置し、BSOD エラーが修正されるかどうかを確認します。

オプション 3 – システム ファイル チェッカーまたは SFC スキャンを実行する

システム ファイル チェッカー (SFC) は、破損したファイルや失われたファイルの復元に役立つ組み込みのコマンド ユーティリティです。 不良または破損したシステム ファイルを正常なシステム ファイルに置き換えます。 SFC コマンドを実行するには、以下の手順に従います。
  • Win + RをタップしてRunを起動します。
  • 入力します CMD フィールドに入力し、Enterをタップします。
  • コマンドプロンプトを開いた後、次のように入力します SFC / SCANNOW
コマンドはシステムスキャンを開始しますが、終了するまでに数時間かかります。 完了すると、次の結果が得られます。
  1. Windowsリソース保護は整合性違反を検出しませんでした。
  2. Windows Resource Protectionは破損したファイルを検出し、正常に修復しました。
  3. Windows Resource Protectionは破損したファイルを検出しましたが、一部を修正できませんでした。
 PCを再起動します。

オプション 4 – ブルー スクリーンのトラブルシューティング ツールを実行する

ブルー スクリーン トラブルシューティング ツールがなければ、ブルー スクリーン オブ デス エラーのトラブルシューティングは完了しません。 ご存知のとおり、これはユーザーが ACPI.sys のような BSOD エラーを修正するのに役立つ Windows 10 の組み込みツールです。 これは、「設定のトラブルシューティング」ページにあります。 これを使用するには、次の手順を参照してください。
  • Win + Iキーをタップして、[設定]パネルを開きます。
  • 次に、[更新とセキュリティ]> [トラブルシューティング]に移動します。
  • そこから、右側にある「ブルースクリーン」というオプションを探し、「トラブルシューティングの実行」ボタンをクリックしてブルースクリーンのトラブルシューティングを実行し、次の画面上のオプションに従います。 PCをセーフモードで起動する必要がある場合があることに注意してください。

オプション 5 – システムの復元を実行する

  • Win + Rキーをタップして、[ファイル名を指定して実行]ダイアログボックスを開きます。
  • その後、フィールドに「sysdm.cpl」と入力し、Enterをタップします。
  • 次に、[システムの保護]タブに移動し、[システムの復元]ボタンをクリックします。 これにより、新しいウィンドウが開き、希望のシステムの復元ポイントを選択する必要があります。
  • その後、画面の指示に従ってプロセスを終了し、コンピュータを再起動して、問題が修正されたかどうかを確認します。
続きを読む
Androidのセキュリティ:データを盗む9つのアプリ!
最新の Android マルウェア セキュリティ アナリストの影響で、Facebook データや Facebook ログイン認証情報を盗むアプリケーションが驚くべきことに 5.8 万件ダウンロードされています。 ロシアのマルウェア対策会社 Dr.Web は、アプリ内広告を排除するためにユーザーをだまして個人情報を入力させ、Facebook のログイン資格情報を盗むトロイの木馬アプリを発見しました。 すべてのアプリケーションは Play ストアから削除されており、インストールすることはできませんが、携帯電話からも削除できるよう、携帯電話を確認してください。

マルウェアアプリケーションのリスト:

万が一、このリストにあるアプリケーションがある場合は、セキュリティ上の理由から、携帯電話からアンインストールすることを検討してください。
  • PIP写真
  • 写真処理
  • ゴミクリーナー
  • インウェルフィットネス
  • 毎日の星占い
  • アプリロックキープ
  • Lockitマスター
  • 星占いpi
  • アプリロックマネージャー
調査中に、Dr.Webアナリストは、以前にGooglePlayストアに侵入した追加のトロイの木馬アプリを発見しました。 画像編集ソフトウェアアプリEditorPhotoPipはすでに削除されていますが、アグリゲーターのWebサイトからダウンロードできます。
続きを読む
及び
著作権©iriz.co ErrorTools。 全著作権所有
商標: Microsoft Windows のロゴは、Microsoft の登録商標です。 免責事項: ErrorTools.com は Microsoft と提携しておらず、直接の提携も主張していません。
このページの情報は、情報提供のみを目的として提供されています。
DMCA.com保護ステータス