及び

USBキルキットとは

USB Kill は、USB デバイスがコンピュータ、携帯電話、ルーターなどに損傷を与える可能性があります。このデバイスは非常に危険であり、利用可能なポートに挿入された瞬間に電子機器を破壊する可能性があります。 ウイルスやマルウェアの脅威の可能性があるため、未知の USB スティックをデバイスに差し込むべきではないことは、もう人々は知っているはずですが、これにより、未知の USB スティックの使用がまったく新しいレベルに引き上げられます。

USBキルキット

Kill Kit は市場にまったく新しいものではなく、以前から存在していましたが、最近では技術が大幅に進歩し、最新の USB スティックは非常に優れており、その成功率は約 95% とかなり高く、軽視すべきではありません。

奇妙な USB スティックを使ってはいけない 300 つ目は、USB スティックの価格が大幅に下がったことです。トップの Kill キットは依然として 6 ドル程度の高値になりますが、Ali Express にはわずか XNUMX ドルの非常に安価なキットが潜んでいます。 !!! そのため、大衆市場向けの手頃な価格のデバイスになります。

このデバイスは、接続されているポートからエネルギーと電流を受け取り、それを増加させ、その電荷をデバイスに放出して、一部のコンポーネントを即座に動作させることができるように作られています。 よりプロフェッショナルな Kill スティックの中には、デバイス自体に電源が入っていない場合でもデバイスを揚げることができるものや、リモートから起動することもできるものもあります。

この記事の目的は、どのような状況でも、特にメールなど、どこから来たのかわからない USB スティックをデバイスに使用したり差し込んだりしないでください。

お使いのデバイスについてサポートが必要ですか?

私たちの専門家チームがお手伝いします
Troubleshoot.Tech エキスパートがあなたをサポートします!
破損したファイルを置き換える
パフォーマンスを復元する
空きディスク容量
マルウェアを削除する
WEBブラウザを保護
ウイルスを削除する
PCのフリーズを止める
お問い合わせ
Troubleshoot.Tech の専門家は、Windows 11 を含むすべてのバージョンの Microsoft Windows、Android、Mac などに対応しています。

この記事を共有する:

あなたはおそらくそれも好きでしょう

修正 選択したディスクは固定MBRディスクではありません
DISKPART ユーティリティとディスクの管理はどちらも、ディスク領域の割り当てなどを管理する Windows 10 の便利なツールです。 ただし、これらのツールにはエラーがないわけではなく、実行時にエラーが発生する可能性もあります。 最近、一部のユーザーが「DISKPART ユーティリティを使用しようとすると、選択したディスクは固定 MBR ディスクではありません」というエラーが表示されると報告しました。 エラーの正確なメッセージは次のとおりです。
「選択したディスクは固定MBRディスクではありません。 ACTIVEコマンドは、固定MBRディスクでのみ使用できます。」
この種のエラーは、UEFI システム パーティション上のディスク パーティションをアクティブ化しようとした場合にのみ発生します。 ただし、このコマンドは、コンピュータが BIOS/MBR に基づいている場合にのみ機能します。 UEFI 方式にはアクティブ パーティションの概念がなく、UEFI システムを使用しているため、ディスク タイプは MBR ではなく GPT になります。 簡単に言うと、BIOS には MBR ディスク タイプが必要ですが、UEFI には GPT ディスク タイプが必要です。 「DISKPART ユーティリティを使用しようとすると、選択されたディスクは固定 MBR ディスクではありません」エラーを修正するには、さまざまな修正を試すことができます。 セキュア ブートを無効にするか、ディスクを MBR に変換するか、ブート マネージャーを修正する必要がある場合があります。 詳しい手順については、以下のオプションに従ってください。

オプション 1 – BIOS でセキュア ブートを無効にする

この問題を解決するには、BIOS設定でセキュアブートを無効にすることを強くお勧めします。 セキュアブートを無効にするには、次のことを行う必要があります。
  • まず、コンピューターをWindows 10で起動します。
  • 次に、[設定]> [WindowsUpdate]に移動します。 そこから、利用可能な更新がある場合は、ダウンロードしてインストールする必要があるものがあるかどうかを確認します。 通常、OEMは、コンピューターの信頼できるハードウェア、ドライバー、およびオペレーティングシステムのリストを送信および更新します。
  • その後、コンピューターのBIOSに移動します。
  • 次に、[設定]> [更新とセキュリティ]> [高度なスタートアップオプション]に移動します。 [今すぐ再起動]をクリックすると、コンピューターが再起動し、すべての詳細オプションが表示されます。
  • 次に、[トラブルシューティング] > [詳細オプション] を選択します。 ご覧のとおり、この画面には、システムの復元、スタートアップ修復、前のバージョンに戻る、コマンド プロンプト、システム イメージの回復、UEFI ファームウェア設定などの追加オプションが表示されます。
  • BIOSに移動するUEFIファームウェア設定を選択します。
  • そこから、[セキュリティ] > [ブート] > [認証] タブに移動すると、[セキュア ブート] が表示されます。 各 OEM はオプションの実装方法が異なるため、方法が異なることに注意してください。
  • 次に、セキュアブートを無効に設定し、レガシーサポートをオンまたは有効に設定します。
  • 行った変更を保存して終了します。 その後、コンピュータが再起動します。

オプション 2 – ディスクを MBR に変換してみる

ドライブのファイルシステムをGPTからMBRに変更することもできますが、その前に、データのバックアップコピーを外部ドライブに作成してください。 それをカバーしたら、以下の手順に従ってください。
  • 起動可能なWindows10メディアを作成し、そこからコンピューターを起動します。
  • 次に、最初のWindows10インストールセットアップウィンドウで[コンピューターの修復]オプションをクリックします。
  • その後、指定されたオプションからオペレーティング システム パーティションを選択し、[次へ] をクリックします。
  • 次に、[システム回復オプション]ボックスで[コマンドプロンプト]を選択し、次のコマンドを実行してDiskpartユーティリティを開始します。 DISKPART
  • 次に、次のいずれかのコマンドを入力して、形成されたすべてのディスク接続またはそれらのディスク上のパーティションのリストを表示します。 リストディスク or リスト容積
  • その後、前に入力したコマンドに応じて、これらのコマンドの別のXNUMXつを実行して、選択するディスクまたはパーティションを選択します。 ディスクを選択# or ボリュームを選択
  • 次に、次のコマンドを実行してドライブをクリーンアップします。
  • 最後に、この最後のコマンドを実行して、選択したディスクまたはパーティションをMBRとして変換します。 MBRを変換する
  • コンピュータを再起動し、エラーが修正されたかどうかを確認します。

オプション 3 – ブート マネージャーを修正してみる

  • インストールメディアからWindows10のインストール環境を起動することから始めることができます。
  • その後、[コンピューターの修復]をクリックし、ブルースクリーンで[トラブルシューティング]を選択して、[詳細オプション]メニューを選択します。
  • そこから[コマンドプロンプト]を選択し、開いたら、以下に示す各コマンドを順番に入力します。
    • ブートレック/ FixMbr
    • bootrec / FixBoot
    • bootrec / RebuildBcd
  • 上記のコマンドの実行が完了したら、「exit」と入力して[コマンドプロンプト]ウィンドウを閉じ、コンピューターを再起動して、エラーコード0xc000014cが修正されたかどうかを確認します。
続きを読む
エラーを修正するためのクイックガイドC00D1199

エラーC00D1199とは何ですか?

これは、Windows Media Player の典型的なエラー コードです。 Microsoft によって開発された Window Media Player は、コンピュータ上でオーディオやビデオを再生するために使用されるメディア プレーヤーおよびメディア ライブラリ アプリケーションです。 エラー C00D1199 は、Windows Media Player が要求したファイルを再生できない場合に表示されます。 エラーコードは次の形式で表示されます。
C00D1199:ファイルを再生できません

ソリューション

レストアボックスイメージエラーの原因

次のいずれかの理由により、PC でエラー C00D1199 メッセージが表示される場合があります。
  • 要求したファイルタイプは、Windows MediaPlayerでサポートされていません
  • プレーヤーでサポートされていないコーデックを使用してファイルタイプが圧縮されていません
  • サウンドカードまたはコントローラーが正しく構成されていないか、古くなっています
  • レジストリの破損
幸いなことに、エラー C00D1199 は致命的ではありません。 ただし、レジストリの問題によってこのエラー コードが生成された場合は、重大な問題が発生する可能性があります。 したがって、すぐに修正することをお勧めします。

詳細情報と手動修理

ここでは、エラー C00D1199 をすぐに解決するための、最善かつ簡単な日曜大工の方法をいくつか紹介します。

方法 1 - ファイルの種類が Windows Media Player でサポートされていることを確認します。

サポートされている場合は、ファイルの圧縮に使用されるコーデックがシステムにインストールされていることを確認してください。 現在、数百のオーディオおよびビデオ コーデックが使用されていますが、Windows Media Player で使用される最も一般的なコーデックは、Windows Media オーディオ、Windows Media ビデオ、および MP3 です。 これらのコーデックが PC にインストールされていない場合は、Web からダウンロードすることをお勧めします。 ただし、これらのコーデックは信頼できる Web サイトからダウンロードするようにしてください。

方法 2 - サウンドカードの設定を確認する

エラーC00D1199を解決する別の方法は、チェックすることです。 サウンドカードの設定。 正しく設定されていることを確認してください。 不適切な構成によってもエラーが発生する可能性があります。 ただし、正しく構成されているにもかかわらずエラーが解決しない場合は、ドライバーを変更して更新することをお勧めします。 これを行うには、デバイス マネージャーに移動します。 ここでは、ドライバー更新ウィザードを使用して更新を行います。

方法 3 - Windows レジストリを確認する

レジストリは PC の重要な部分です。 PC 上で実行されたすべてのアクティビティと、ジャンク ファイルと重要なファイルの両方を含むすべてのファイルが保存されます。 ジャンク ファイル、Cookie、不正なレジストリ エントリなどの不要なファイルがレジストリから頻繁に削除されないと、レジストリが破損して損傷し、C00D1199 などのエラー コードが生成される可能性があります。 レジストリをクリーンアップしてエラーを解決するには、Restoro をダウンロードすることをお勧めします。 これは、レジストリ クリーナーが組み込まれたユーザーフレンドリーな PC Fixer です。 レジストリ クリーナーは、レジストリからすべての不要な要素を消去し、即座にクリーンアップします。 また、破損したファイルを修復し、レジストリを復元します。 こちらをクリックしてください Restoro をダウンロードして、PC 上のエラー C00D1199 を解決します。
続きを読む
Windows10でマイクが機能しない問題を修正
マイクは特殊なニッチなハードウェアから日常的な要件にまで達しました。 パンデミックの中に生きている今日の世界では、仕事のほとんどがオフィスから自宅に移り、人々はマイク付きの正常に動作するコンピューター、正常に動作するマイクを必要としています。 では、マイクが機能しなくなったらどうすればよいでしょうか? この問題をできるだけ早く解決できるよう、読み続けてください。

マイクのプライバシー設定を確認する

2019 年、Microsoft は Windows に新しいプライバシー機能を導入しました。これにより、マイクにアクセスするアプリをより詳細に制御できるようになります。 この副作用として、特定のアプリが知らないうちにマイクの使用をブロックされる可能性があります。 これが問題かどうかを確認するには、次のサイトにアクセスしてください。 設定>プライバシー>マイク。 クリック 変更する スライダーがオンに設定されていることを確認します。 これは、マイクがPCで有効になったことを意味します。
次に、下のスライダーを確認します アプリがあなたのマイクにアクセスすることを許可する に設定されています On次に、Microsoft Storeアプリのリストを調べて、使用するアプリが選択されていることを確認します。
Microsoft Storeからではなく、多くのアプリを使用している可能性が高いため、これらが有効になっていることを確認するには、さらに下にスクロールして、 デスクトップアプリを許可する… スライダーをオンにします。

マイクドライバーを確認する

Windows 10 でマイクが機能しない場合は、古いドライバーまたは破損したドライバーが問題である可能性があります。ドライバーのステータスを確認するには、次の手順に従います。
  1. スタートメニューで、 デバイスマネージャ
  2. デバイスマネージャウィンドウで、 展開します。
  3. 展開すると、オーディオドライバが表示されます。 これらの名前はメーカーによって異なることに注意してください。
  4. オーディオで、右クリックして選択します プロパティ。 [全般]タブで、デバイスが正しく機能しているかどうかを確認します。
  5. 正しく機能しない場合は、をクリックしてください ドライバー タブを選択して update オプションを選択します。
  6. 他のオーディオドライバについても繰り返します。
  7. コンピュータを再起動します。

サウンド設定を確認してください

  1. タスクバーで、を右クリックします。 スピーカーアイコン 右端で、 サウンドオプション.
  2. ソフトウェア設定ページで、下図のように レコーディング タブをクリックし、マイクをクリックして、 プロパティ オプションを選択します。
  3. レベルタブを選択し、マイクとマイクブーストの両方の音量を上げます。
  4. に行きます 強化 同じポップアップのタブで、 イミディエイトモード チェックボックスがオンになっています。
  5. クリック Ok & 再起動 コンピュータ。

サウンドトラブルシューティング

  1. タスクバーの右端にあるサウンドアイコンを右クリックして、[ 音の問題のトラブルシューティング.
  2. コンピューターは、オーディオに存在する障害を検出し、修正を推奨します。 あなたはただする必要があります プロンプトを読み、自分に合っていると思うオプションをクリックします.

別のコンピューターでマイクを試す

前の手順で結果が得られない場合は、別のコンピューターでマイクを試してください。そこで機能しない場合は、ハードウェアの誤動作です。
続きを読む
DISM エラー 14098、コンポーネント ストアが破損しています
ご存知のとおり、Windows 10 の便利で効率的なユーティリティの 14098 つは DISM ツールです。 コマンド プロンプト コマンド ラインで使用すると、ユーザーはさまざまなタスクを実行できます。 ただし、コマンドを実行しようとすると、DISM ツールでエラーが発生する場合があります。 これらのエラーの XNUMX つは、「コンポーネント ストアが破損しています」というエラーです。 この種の DISM エラーは、イメージ ファイルのエラーが原因で発生します。 DISM ツールの実行中に DISM エラー XNUMX が発生すると、コマンド ラインに次の内容が表示されます。
「C:> Dism / Online / Cleanup-Image / RestoreHealth / Source:c:testmountwindows / LimitAccess デプロイメントイメージのサービスおよび管理ツール バージョン:10.0.10586.0 画像バージョン:10.0.10586.0 [========================== 100.0% エラー:14098 コンポーネントストアが破損しています。 DISMログファイルはC:WINDOWSLogsDISMdism.logにあります。 C:>」
DISMエラー14098「コンポーネントストアが破損しています」を修正するためにチェックアウトできるいくつかの修正があります。 [ヘルスの復元]コマンドを実行するか、Windows Updateコンポーネントをリセットするか、ウイルス対策プログラムでdism.exeをホワイトリストに登録し、最近インストールされた更新プログラムをアンインストールしてみてください。 詳細については、以下のオプションに従ってください。

オプション 1 – クリーン ブート状態で Restore Health コマンドを実行する

  • まず、コンピュータをクリーンブート状態にする必要があります。
  • 入力します MSConfigの [検索の開始]で、[システム構成]ユーティリティを開きます。
  • そこから、[全般]タブに移動し、[選択的なスタートアップ]をクリックします。
  • [スタートアップ項目をロードする]チェックボックスをオフにし、[システムサービスをロードする]および[元のブート構成を使用する]オプションがオンになっていることを確認します。
  • 次に、「サービス」タブをクリックし、「Microsoft サービスをすべて隠す」チェックボックスをオンにします。
  • [すべて無効にする]をクリックします。
  • [適用/ OK]をクリックして、PCを再起動します。 (これにより、PCがクリーンブート状態になります。通常の起動を使用するようにWindowsを構成し、変更を元に戻すだけです。)
  • 次に、管理者権限でコマンドプロンプトを開きます。
  • 次に、次のコマンドを入力して入力し、実行します。 Dism / Online / Cleanup-Image / RestoreHealth
  • プロセスが完了するまで待ってから、コンピューターを再起動します。
注: Restore Health コマンドが失敗した場合は、次のコマンドを実行して「/StartComponentCleanup パラメータ」を使用できます。 Dism / Online / Cleanup-Image / StartComponentCleanup

オプション 2 – Windows Update コンポーネントをリセットしてみる

万が一、XNUMX番目のオプションが機能しなかった場合は、WindowsUpdateコンポーネントをリセットすることも問題の解決に役立つ可能性があります。 どのように? 次の手順を参照してください。
  • 管理者権限でコマンドプロンプトを開きます。
  • その後、次のコマンドを XNUMX つずつ入力し、XNUMX つずつ入力してから Enter キーを押します。
    • ネットストップ
    • net stop cryptsvc
    • ネットストップビット
    • net stop msiserver
注: 入力したコマンドにより、Windows Update サービス、暗号化サービス、BITS、MSI インストーラーなどの Windows Update コンポーネントが停止されます。
  • WU コンポーネントを無効にした後、SoftwareDistribution フォルダーと Catroot2 フォルダーの両方の名前を変更する必要があります。 これを行うには、以下のコマンドを XNUMX つずつ入力します。コマンドを XNUMX つずつ入力した後は、忘れずに Enter キーを押してください。
    • ren C:/Windows/SoftwareDistribution/SoftwareDistribution.old
    • ren C:/Windows/System32/catroot2/Catroot2.old
  • 次に、別の一連のコマンドを入力して、停止したサービスを再起動します。 次々にコマンドを入力した後、Enterキーを押すことを忘れないでください。
    • ネットスタートwuauserv
    • net start cryptsvc
    • ネットスタートビット
    • net start msiserver
  • コマンドプロンプトを閉じて、PCを再起動します。

オプション 3 – ウイルス対策プログラムの「dism.exe」をホワイトリストに登録する

DISMエラー14098は、ウイルス対策プログラムが実行を妨害している可能性もあります。 これを修正するには、dism.exeをホワイトリストに登録する必要があります。 どのように? 次の手順を参照してください。
  • システムトレイ領域からWindowsDefenderセキュリティセンターを開きます。
  • 次に、「ウイルスと脅威の保護」オプションをクリックし、「ウイルスと脅威の保護設定」を開きます。
  • その後、「除外」が見つかるまで下にスクロールし、「除外の追加または削除」オプションをクリックします。
  • 次に、プラスボタンをクリックして、追加する除外の種類を選択し、ドロップダウンリストから[フォルダー]を選択します。
  • 次に、このパスに移動して、WinSxSフォルダーを選択します。 C:/windows/winsxs
  • ユーザーアカウント制御またはUACプロンプトが表示されたら、[はい]をクリックして続行します。

オプション 4 – 最近インストールされたアップデートをアンインストールしてみる

一部のWindowsUpdateは、Windows 10コンピューターを更新するときに、内部的に何らかのメカニズムに影響を与える場合があります。 その結果、オペレーティングシステムの他のコンポーネントで問題が発生し、DISMエラー14098が発生する原因となる可能性があります。
  • [設定]に移動し、[更新とセキュリティ]> [WindowsUpdate]を選択します。
  • そこから、「更新履歴の表示」オプションをクリックしてから、「更新のアンインストール」オプションをクリックします。
  • これにより、インストールされている Windows Update のリストを含む新しいウィンドウが開きます。
  • 次に、アンインストールするWindows Updateを右クリックして、[アンインストール]をクリックします。
続きを読む
Windows での破損したシステム ファイルの修復
Windows には、システム関連の問題の解決に役立つツールが多数組み込まれています。 そのうちの 10 つは、システム ファイル チェックです。これは、破損または欠落している可能性のあるシステム ファイルを正常なシステム ファイルに簡単に置き換えるために使用できるツールです。 しかし、それが機能しない場合はどうなるでしょうか? この記事では、システム ファイル チェッカーのスキャンが機能しない場合に、破損した単一の Windows システム ファイルをそのファイルの正常なコピーと手動で置き換える方法について説明します。 システム ファイル チェッカーでこの問題が発生すると、破損したシステム ファイルを置き換えることができず、代わりにエラー メッセージが返されます。 したがって、システム ファイル チェッカーの助けを借りずに Windows XNUMX コンピューターの破損したシステム ファイルを修復および置換するには、以下の手順を参照してください。 ステップ1: まず、以下にリストされているログ ファイルを開いて、どのファイルが破損しているかを特定する必要があります。
  • %userprofile%Desktopsfcdetails.txt
  • ログ%WinDir%LogsCBSCBS.log
ステップ2: 指定されたログ ファイルの詳細がすべて表示されます。 ファイルの名前とパスがわかったら、この破損したシステム ファイルの所有権を取得する必要があります。 ステップ3: 破損したファイルの所有権を取得するには、キーボードの Win + R キーをタップしてコマンド プロンプトを表示し、「cmd」と入力して Enter をタップする必要があります。 ステップ4: コマンド プロンプトを開いた後、次のコマンドを入力して実行します。
takeown / f FileNameAndPath
注: 指定されたコマンドの「FileNameAndPath」は、破損したファイルの名前とパスを表します。 たとえば、破損したファイルの名前が「wuapi.dll」の場合は、「takeown /f C:/Windows/System32/wuapi.dll」と入力する必要があります。 ステップ5: 次に、管理者に破損したファイルへの完全なアクセスと制御を許可する必要があります。これは、コマンド プロンプトから再度行うことができます。 ステップ6: 管理者特権のコマンド プロンプトで、次のコマンドを入力して実行します。
icacls FileNameAndPath / GRANT ADMINISTRATORS:F
注: 例として再び wuapi.dll を使用します。 したがって、コマンドは次のようになります: icacls “C:/Windows/System32/wuapi.dll /grantAdministrators: F”。 ステップ7: あとは、破損したシステム ファイルを信頼できるソースからの正常なコピーに置き換えるだけです。 コピーを取得したら、管理者特権でコマンド プロンプトを再度開き、次のコマンドを実行します。
NewFileLocation FileNameAndPathをコピーします。
注: 上記のコマンドの「NewFileLocation」は、ファイルのコピーを保存した場所です。 たとえば、デスクトップに保存した場合、次のようになります。「copy C:/Users/」 /デスクトップ/wuapi.dll C:/windows/system32/wuapi.dll”
続きを読む
Chrome の ERR_UNSAFE_PORT エラーを修正
ご存知のとおり、世界中で最も便利な Web ブラウザの XNUMX つは Google Chrome です。 ただし、使用中にエラーが発生する可能性があるため、欠陥がないわけではありません。 これらのエラーの XNUMX つは、ERR_UNSAFE_PORT エラーです。 この種のエラーは、推奨されていないポートを使用してデータにアクセスしたことが原因で発生します。 Chrome でこの種のエラーが発生すると、画面に次のエラー メッセージが表示されます。
「ウェブページは利用できません。ウェブページは一時的にダウンしているか、新しいアドレスに永続的に移動している可能性があります。 エラーコード:ERR_UNSAFE_PORT”
この投稿では、Windows10コンピューター上のGoogleChromeでERR_UNSAFE_PORTエラーを修正する方法について説明します。 許可されたポートを設定するか、GoogleChromeをリセットまたは再インストールしてみてください。 詳細については、以下のオプションを参照してください。

オプション 1 – 許可されたポートを設定してみる

  • 開始するには、GoogleChromeを開きます。
  • その後、「ショートカット」タブに移動し、「ターゲット」というフィールドのアドレス全体の後に「--explicitly-allowed-ports=xxx」と入力します。
  • 「C:/Documents and Settings/User/Local Settings/Application Data/Google/Chrome/Applicationchrome.exe --explicitly-allowed-ports=6666」のようになります。
  • 次に、[適用]をクリックし、[OK]をクリックして変更を保存します。

オプション 2 – Chrome をリセットする

Chrome をリセットすると、エラーを解決できる場合もあります。 これは、デフォルト設定を復元し、すべての拡張機能、アドオン、テーマを無効にすることを意味します。 それとは別に、コンテンツの設定もリセットされ、Cookie、キャッシュ、サイトデータも削除されます。 Chrome をリセットするには、次のことを行う必要があります。
  • Google Chromeを開き、Alt + Fキーをタップします。
  • その後、[設定]をクリックします。
  • 次に、[詳細設定]オプションが表示されるまで下にスクロールし、表示されたらクリックします。
  • [詳細設定]オプションをクリックした後、[復元してクリーンアップする]オプションに移動し、[設定を元のデフォルトに戻す]オプションをクリックしてGoogleChromeをリセットします。
  • 今すぐGoogleChromeを再起動します

オプション 3 – Chrome をクリーン再インストールしてみる

アンインストール後にプログラムがファイルを残す場合があり、Chromeでも同じことが起こる可能性があるため、Chromeを再インストールする前に、ユーザーデータフォルダを削除したことを確認する必要があります。 これを行うには、次の手順を参照してください。
  • Win + Rキーを押して、[実行]ダイアログボックスを開きます。
  • 次に、フィールドに「%USERPROFILE%AppDataLocalGoogleChromeUser Data」と入力し、Enterキーを押してユーザーデータフォルダーを開きます。
  • そこから、デフォルトフォルダの名前を変更し、「Default.old」などの別の名前を付けます。
  • その後、Google Chromeを再度インストールして、問題が修正されたかどうかを確認します。
続きを読む
エラー2200の修復方法

エラー2200とは何ですか?

エラー 2200 は、Dell Photo All in One Printer 926 を使用している場合に発生する可能性があるエラー コードです。Dell Photo Printer 926 は、インクジェット多機能デバイスです。 印刷、コピー、スキャン、FAX などの機能を提供します。

エラー2200により、Dell Photo All in One Printer926でドキュメントをスキャンして印刷できなくなる場合があります。

ソリューション

レストアボックスイメージエラーの原因

エラー2200は、いくつかの理由で発生する可能性があります。 ただし、最も一般的な原因は次のとおりです。

  • レジストリの問題
  • 壊れたまたは欠落しているシステムファイル
  • 破損したドライバー
  • マルウェア

詳細情報と手動修理

システムのエラー2200を解決するには、以下の方法を試してください。 これらのDIY方法は簡単で効果的であり、このエラーをすぐに修復できます。 これらのソリューションには、技術的な専門知識や知識は必要ありません。

つまり、技術的に適切でない場合、またはコンピュータープログラマーでない場合は、これらの解決策を試して、システムのエラー2200を簡単に修復できます。

方法1

エラー 2200 の根本的な原因が破損したドライバーに関連している場合は、次の手順に従って問題を解決します。 [スタート] メニューに移動し、[コントロール パネル]、[パフォーマンスとメンテナンス] タブ、[システムとデバイス マネージャー] の順にクリックします。

デバイスに移動し、プロパティ、ドライバーをクリックして、アンインストールします。 ここで PC を再起動して変更を有効にします。 最新バージョンをダウンロードしてください DellPhotoオールインワンプリンタ926ドライバ 信頼できるウェブサイトから保存して、PCにインストールしてください。

方法2

マルウェアは、ドライバーやシステム ファイルに損傷を与えたり、破損したりする可能性もあります。 PC のエラー 2200 の原因がマルウェアである場合は、強力なウイルス対策ソフトウェアをダウンロードし、PC 全体をスキャンしてください。 エラーを解決するには、システムに感染しているすべてのマルウェアとウイルスを削除します。

方法3

  Windowsのレジストリ ソフトウェア プログラム、オペレーティング システム構成、およびハードウェア デバイスに関する情報と設定の多くを保存するコンピューターの一部です。

また、ジャンク ファイル、Cookie、インターネット履歴、不正なレジストリ エントリ、無効なファイルなど、不要で古くなったファイルも保存します。 これらのファイルがレジストリから頻繁に削除されないと、レジストリに蓄積されてレジストリが破損し、さまざまなエラー コードが引き起こされます。

これらのファイルは、レジストリおよびその他の重要なシステムファイルに損傷を与えます。

レジストリとレジストリの問題によって引き起こされたエラー コードを修復するには、Restoro をダウンロードすることをお勧めします。 これは、強力で直感的なレジストリ クリーナーを備えた、最先端のユーザーフレンドリーな PC 修復ツールです。

レジストリクリーナーはPC全体をスキャンし、すべての不正なエントリと廃止されたファイルを削除します。 レジストリをクリーンアップし、破損したシステムファイルと破損したシステムファイルを修復して、レジストリの問題を即座に解決します。

こちらをクリックしてください Restoro をダウンロードしてエラー 2200 を修復します。

方法4:ドライバーを見つけてインストールする 指摘されたように、プリンタドライバを再インストールする必要があるかもしれません。 使用する ドライバFIX、コンピュータシステムを自動的に更新し、コンピュータがスムーズに動作するために必要なドライバをインストールできるようになります。
続きを読む
ストレージ管理を含む Steam アップデート
Valveは、オンラインストアおよび配信プラットフォームSteamに大きなアップデートをリリースしました。 典型的なバグを修正し、ユーザー エクスペリエンスをもう少し流動的にするとともに、いくつかのメジャー アップデートも受け取りました。 新しい機能を利用するには、Steam自体を最新バージョンに更新する必要があることに注意してください。

スチームライブラリストレージ管理ページの更新

ストレージ管理ページは完全に再設計され、UX が見直され、ゲーム ライブラリの管理と新しいライブラリの作成がはるかに簡単になりました。 ページ自体は、見た目も操作性も少しコンソールに似ていますが、そのおかげで、より簡単で明確な外観と操作性が提供されます。 SteamストレージマネージャーSteam ストア管理ページのもう XNUMX つの点は、インストール ファイルをある場所から別の場所に移動できることです。 マシンに XNUMX つ以上のハードディスク ドライバーがあり、高速かつ大容量の SSD を実行用に使用し、ストレージ用に SSD を使用しているとします。 新しいインストールを行わずに、あるインストールを別のインストールに簡単かつ迅速に移動して、高速な SSD を利用してゲームのロード時間を短縮できるようになりました。

Steam ダウンロードページの改善

ダウンロード ページでは、インストールの進行状況を確認できるようになり、Valve からも好評を得ています。 これまで、Steam のダウンロード ページでは、ダウンロードの進行状況のみが表示されていましたが、ダウンロード後にインストールの進行状況が表示されるように更新され、よりわかりやすくなり、順番にあとどのくらいの時間がかかるかを一般的に把握できるようになりました。ゲームを始めるには。 Steamのダウンロードページまた、ダウンロード ブラケット内に項目をドラッグ アンド ドロップしてダウンロード順序を並べ替えたり、アクティブ ダウンロードとして配置してすぐにダウンロードを開始したりできるようになりました。
続きを読む
ネットワークをパブリックからプライベートに変更するエラー
Windows 10 PC でネットワークを設定するときに、ネットワークをプライベートまたはパブリックに構成することを選択するオプションがあります。 一方、Windows 設定でネットワークをパブリックからプライベートに変更するオプションが見つからない場合は、この投稿が確実に役立ちます。 この設定は、[設定] > [ネットワークとインターネット] > [イーサネット] にあり、クリックすると表示されます。 ネットワーク プロファイルを変更するオプションが表示されない場合は、設定を開けないか、変更するオプションが無効になっています。 この問題を解決するには、レジストリ エディターまたは Windows PowerShell を使用できます。 詳細については、以下のオプションを参照してください。

オプション 1 – レジストリ エディターを使用してネットワーク プロファイルを変更する

ネットワークプロファイルの変更は、レジストリエディタを使用して行うことができます。 ただし、先に進む前に、念のため、最初にシステムの復元ポイントを作成してください。 これを行うには、以下の手順を参照してください。
  • Win + Rキーをタップして、[ファイル名を指定して実行]ダイアログボックスを開きます。
  • 次に、フィールドに「Regedit」と入力し、Enter キーを押してレジストリ エディタを開きます。
  • その後、次のキーに移動します: HKEY_LOCAL_MACHINESOFTWAREMicrosoftWindows NTCurrentVersionNetworkListProfiles
  • 次に、左側のペインにあるプロファイル キー フォルダーを展開して、XNUMX つ以上のフォルダーを表示します。
  • 次に、これらのフォルダをXNUMXつずつ展開し、ネットワークの名前と一致する「説明」サブキーを探します。
  • Descriptionサブキーを見つけたら、「Category」という名前の別のサブキーを探し、それをダブルクリックして開きます。
  • 次に、その値を「0」から「1」に変更して、ネットワーク プロファイルをパブリックからプライベートに変更します。

オプション 2 – Windows PowerShell 経由でネットワーク プロファイルを変更する

Windows レジストリの他に、ネットワーク プロファイルをパブリックからプライベートに変更する場合などに Windows PowerShell を使用することもできます。 PowerShell は管理者権限で使用する必要があることに注意してください。 以下の手順を参照してください。
  • Win + X キーをタップし、「PowerShell (管理者)」オプションを選択します。
  • 次に、「ユーザー アカウント制御」プロンプトが表示されたら、「はい」をクリックします。
  • その後、以下のコマンドを実行してください。 それぞれを入力した直後にEnterキーを押します。
    • Get-NetConnectionProfile
    • Set-NetConnectionProfile -InterfaceIndex -NetworkCategory プライベート
注: すべてのネットワーク プロファイルにはインデックス番号があるため、ラベル「名前」を確認して、変更するネットワークを特定できます。
続きを読む
Sysfaderiexplore.exeアプリケーションエラーを修正する方法

Sysfader iexplore.exeアプリケーションエラー-それは何ですか?

理解する Sysfaderiexplore.exeアプリケーションエラー, まず、Sysfade.exe ファイルとは何かを知ることが重要です。 Sysfader.exe は基本的に、クールなアニメーション効果を提供する IE (Internet Explorer) アプリケーション ファイルです。 これらのアニメーション効果には、メニューのフェードインおよびフェードアウト、アニメーション化されたウィンドウなどが含まれます。アニメーション化されたページのグラフィック強化を担当します。 Sysfader iexplore.exe アプリケーション エラーは、このファイルが適切に実行できず、Internet Explorer でアニメーション Web サイトを開くことができない場合に発生します。 エラーコードは次の形式で表示されます。

「SysFader:iexplore.exe –アプリケーションエラー 「0×00000000」の命令は「0×00000000」のメモリを参照しました。 メモリを「読み取る」ことができませんでした。」

ソリューション

レストアボックスイメージエラーの原因

Sysfader iexplorer.exeアプリケーションエラーは、多くの原因が原因でトリガーされる場合があります。 これらには以下が含まれます:
  • マルウェアやスパイウェアによって破損したSysfader.exeファイル
  • 最近アップグレードされたInternetExplorerで、システムプログラムとの非互換性の問題が原因でSysfaderiexplorer.exeアプリケーションエラーが発生しました。
  • IE構成に関する問題
  • 破損したレジストリファイル
  • 破損したDLLファイル
  • 廃止されたレジストリエントリと不正なレジストリエントリ
Sysfader iexplorer.exe アプリケーション エラーにより、 インターネットエクスプローラ ブラウザがクラッシュする可能性があります。 さらに、エラーが適時に修正されない場合、システムの速度低下、システムのクラッシュ、障害などのさらに深刻な PC の問題が発生する可能性があります。 これは、Sysfader iexplorer.exe アプリケーション エラーがレジストリに関連している場合に特に発生します。 レジストリには、コンピュータ上で実行されたすべてのアクティビティが保存されます。 これには、ジャンク ファイル、無効なレジストリ エントリ、不正なレジストリ キー、Cookie、インターネット一時ファイル、アンインストールされたプログラムのファイルも含まれます。 レジストリを頻繁にクリーンアップしないと、これらの古いファイルが RAM に過負荷をかけ、レジストリに多大な損害を与えます。 ブラウザをアップグレードしようとすると、アンインストールされたプログラムの以前のファイルがレジストリに保存されているため、インストールが失敗し、ブラウザの互換性の問題が発生します。 さらに、システムでウイルス対策ソフトウェアを定期的に実行していない場合、システム上のスパイウェアやアドウェアなどの悪意のあるソフトウェアによって Sysfader.exe ファイルが破損したために、エラー コードがポップアップ表示されることもあります。

詳細情報と手動修理

IE WebブラウザーとPCがクラッシュするのを防ぐために、Sysfaderiexplorer.exeアプリケーションエラーの解決を試みることができるいくつかの解決策を次に示します。
  1. レジストリ エディター ウィンドウで構成設定を変更して、レジストリを修復および復元します。 これには、「ファイル名を指定して実行」ウィンドウに「Regedit」と入力するとアクセスできます。 ただし、構成設定を手動で編集してレジストリを復元するには、技術的にしっかりしている必要があります。 そうでない場合、変更を行うのは少し複雑で時間がかかります。
  2. ただし、これに代わる別の方法は、Restoro をダウンロードすることです。 Restoro は、レジストリ クリーナーやシステム オプティマイザーなどの複数のユーティリティを含む、強力で高度な高機能の PC 修復ツールです。 レジストリ クリーニング機能は、Sysfader iexplorer.exe などのエラー コードを引き起こすレジストリの問題がないか PC 全体をスキャンします。不要な古いファイルをすべて消去し、破損した DLL ファイルを修正して、同時にレジストリを復元します。 ウイルス対策ユーティリティは、ウイルスやスパイウェアをスキャンして PC から削除します。前述したように、これが Sysfader エラー コードの原因である可能性があります。
Restoro を使用すると、このエラーを解決してレジストリを修復するのに数秒しかかかりません。 システムの速度低下の問題がある場合でも、それも解決します。 シンプルなナビゲーションとユーザーフレンドリーなインターフェイスを備えているため、技術に詳しくなくても非常に簡単に操作できます。 安全かつ効率的で、Vista、XP、Windows 7、8、8.1、10 を含むすべての Windows バージョンと互換性があります。 こちらをクリックしてください 今すぐ Restoro をダウンロードして、PC 上の Sysfader iexplorer.exe アプリケーション エラーを解決してください。
続きを読む
及び
著作権©iriz.co ErrorTools。 全著作権所有
商標: Microsoft Windows のロゴは、Microsoft の登録商標です。 免責事項: ErrorTools.com は Microsoft と提携しておらず、直接の提携も主張していません。
このページの情報は、情報提供のみを目的として提供されています。
DMCA.com保護ステータス