及び
en English

XNUMX月に登場する新型MSサーフェス

Windows エコシステムでは、MS Surface ラップトップは市場で最高のラップトップの 2022 つであり、Apple MAC ラップトップと同等と見なされていますが、Windows 用です。 Microsoft Fall 12 Event は、10 月 14 日午前 XNUMX 時に開催されます。 イベント自体は、同日から XNUMX 月 XNUMX 日までシアトルで毎年開催される開発者向けの Ignite イベントの開始直前に開催されます。

msサーフェスプロ

このイベントは、パンデミックが始まって以来、Microsoft が直接開催する最初のイベントです。 Surface Pro 9 と Surface Laptop 5、そしておそらく Surface Studio 3 の発売も期待しています。 ARM または x86 CPU の選択など、製品自体についてもいくつかの噂がありますが、これまでのところ何も確認されていません。

高度なシステム修復プロ

ワンクリックで自動化されたPC修復ソリューション
Advanced System Repair Proを使用すると、簡単に
破損したファイルを置き換える
パフォーマンスを回復する
空きディスク容量
マルウェアを削除する
WEBブラウザを保護します
ウイルスを削除する
PCのフリーズを停止します
DOWNLOAD
Advanced System Repair Proは、Windows11を含むすべてのバージョンのMicrosoftWindowsと互換性があります。

この記事を共有する:

あなたはおそらくそれも好きでしょう

MicrosoftがOfficeユーザーをブロックしている
Microsoft Office365バナーMicrosoftは、Internet Explorerまたは初期バージョンのEdgeブラウザーを使用している場合、Office365ユーザーを本日よりブロックします。 そのため、Chromium Edge以外の古いバージョンのMicrosoftブラウザーを使用している場合は、切り替えるまでOfficeサービスにアクセスできなくなります。 Internet Explorerは低速で脆弱なブラウザーであり、その点でエッジが似ているため、通常はこの種の決定を完全にサポートします。 新しいエッジブラウザは素晴らしく、使用する必要がありますが、私が抱えている問題は、Office 365が無料ではないことです。これはプレミアム機能であり、Microsoftは、すでにサービスの料金を支払っているが突然アクセスできなくなった人々にどのように対処する予定なのか疑問に思っています。もうそれ。
続きを読む
Windows10でディスククリーンアップを行う方法
ディスククリーンアップはWindows10ツールの一部であり、コンピューターを最適な設定で稼働させ、必要なスペースを解放し、時間の経過とともに蓄積する可能性のある一時ファイルを削除するために不可欠です。 時々ディスククリーンアップを使用することをお勧めします。これは、頭痛の種を減らし、コンピュータの実行時間を最適化し、起動シーケンスを高速化するなど、非常に便利な習慣です。デスクをクリーンアップするようなものだと考えてください。がらくたや重要でないものに圧倒されすぎて、何かを見つける必要があるたびにそれを常に整頓している場合は、コンピュータでも同じように、はるかに速く簡単になります。それがない場合は、開発してみてください月にXNUMX回、ディスククリーンアップを開始し、ハードドライブからゴミを取り除く習慣があります。 これを行うには、を押します ⊞ウィンドウ + E もたらす ファイルエクスプローラ up Windowsとeがマークされたキーボードファイルエクスプローラーが起動して実行されたら 右クリックします ディスククリーンアップを実行したいハードドライブ上で プロパティをクリックします。 ファイルエクスプローラーのHDプロパティプロパティウィンドウは、一般タブで開きます。そのタブでは、 ディスクのクリーンアップ プロパティの右下部分に、 クリック その上に。 ローカルディスクプロパティのクリーンアップWindowsがハードドライブとその上のファイルに関する情報を収集するのを待ちます。 完了すると、次の画面が表示されます。 ディスククリーンアップセクションチューザーここであなたはできます 厚くてマーク どのアイテムを削除したいのか、どのアイテムを保持したいのか。 これらのファイルを削除してもウィンドウが破損することはないため、これらすべてに自由にチェックマークを付けて削除できることに注意してください。 あなたの選択をして [OK]をクリックします。 クリックすることもできます システムファイルのクリーンアップ システムファイルをよりクリーンに実行し、そこでジャンクを取り除くために、そこでオプションを選択することはできません。Windowsだけが不要なものをクリーンアップします。 ディスクのクリーンアップが完了した後は、ディスクの空き容量が少なくなりますが、前述のように、Windowsとコンピューターを正常に保つことは、その使いやすさ、速度、およびパフォーマンスに大きく影響します。
続きを読む
Windows10のエラーコード0x8024001bを修正する方法

エラーコード0x8024001b-それはなんですか?

最も基本的なレベルでは、エラーコード0x8024001bは、ソフトウェアのインストールと更新、およびオペレーティングシステムの更新で問題を引き起こす可能性のあるエラーです。 このエラーの最も一般的なバージョンはWindows10で発生しますが、コード番号が一致する同様のエラーが、Windows7までの以前のバージョンのオペレーティングシステムで発生していました。

一般的な症状は次のとおりです。

  • 使用中にプログラムがフリーズまたはロックアップする
  • インストールの難しさに関するエラーメッセージの表示
  • 動作中のコンピュータのシャットダウンまたはフリーズ
  • 複数のプログラムを同時に実行することの難しさ

世界

Restoroボックス画像エラーの原因

エラーコード0x8024001bの主な原因はXNUMXつあり、どちらも非常に単純です。WindowsUpdateツール自体に必要な更新と、システムファイルの競合によってインストール中にWindowsUpdateが失敗するソフトウェアです。 これらは技術的な問題のように見えるかもしれませんが、これらの問題は実際にはいくつかの簡単な手順で簡単に解決できます。 平均的なユーザーは、以下にリストされている方法を使用して、自分で問題を修正できます。

詳細情報と手動修理

エラーコード0x8024001bに自分で対処したいユーザーの場合、以下の手順に従って、エラーのXNUMXつの主な原因に対処できます。 これらの手順を完了するのが難しい場合、またはコンピューティングスキルとリストされた手順に従う能力に自信がない場合は、Windowsの修理技術者に連絡してください。

エラーコード0x8024001bを自分で解決するための主な方法は次のとおりです。

方法XNUMX:WindowsUpdateの更新を確認する

場合によっては、WindowsUpdateツール自体の更新が必要になることがあります。 更新プログラムを実行したり、他のソフトウェアのウィザードをインストールしようとすると、Windows Updateプロセスとの競合が発生し、コンピューターの速度が低下したり、コンピューターがフリーズしたりする可能性があります。

複数のインストールまたは更新を同時に実行しようとすると、コンピューターでエラーコード0x8024001bが発生する可能性もあります。

この問題を解決するには、WindowsUpdateツールを除くすべてのプログラムを閉じます。 ツール内で、「アップデートの確認」を選択し、必要なアップデートをインストールします。 終了したら、コンピュータを再起動して、他のインストールや更新を試みる前に、すべての更新が完全に適用されていることを確認する必要があります。

方法XNUMX:競合するソフトウェアをアンインストールする

エラーコード0x8024001bを引き起こす可能性のある別の問題は、競合するソフトウェアの存在です。 エラーコード0x8024001bがコンピューターに最近表示されたばかりの場合は、問題のあるソフトウェアを再インストールする前に、コンピューターに追加されたソフトウェアをすべて削除し、Windows Updateプロセスを実行し、コンピューターを再起動することを検討してください。

どの方法を使用する場合でも、WindowsUpdateを常に最新の状態に保つことを忘れないでください。 これは、エラーコード0x8024001bの出現や将来の同様のエラーを回避するための最良の方法です。これは、更新が積み重なると、問題が発生したり、インストールされている他のソフトウェアやオペレーティングシステムと競合したりする可能性が高くなるためです。

エラーコード0x8024001bを修正できると主張するツールがいくつかありますが、インターネットで利用可能なツールの一部は実際にマルウェアやアドウェアを導入するため、そのようなソフトウェアの発行元と配布元を常に徹底的に調査することが重要です。コンピュータを「保護」する、またはエラーを解決するという名目で、コンピュータ上で。

上記の両方の方法を使用しようとして、エラーコード0x8024001bを完全に解決していない場合は、資格のあるコンピューター修理の専門家であり、特定のバージョンのWindowsオペレーティングシステムに精通している人に連絡して、解決の最終決定を支援してください。

方法XNUMX:自動ツールを使用する

これらのWindows 10やその他の関連する問題が発生したときに、それらを修正するためのユーティリティツールを常に自由に使用したい場合 ダウンロードとインストール 強力な自動化ツール。

続きを読む
FileShareFanaticを削除する方法

FileShareFanaticは、Mindspark Incによって開発されたブラウザ拡張機能です。この拡張機能により、ユーザーは最も人気のあるファイル共有Webサイトのいくつかにすばやくアクセスできます。 これは最初は魅力的で便利に聞こえるかもしれませんが、この拡張機能を使用すると、より煩わしくて便利になる可能性があります。

FileShareFanaticをインストールすると、新しいタブページがハイジャックされ、デフォルトの検索エンジンがsearch.myway.comに変更されます。 さらに、ユーザーアクティビティを監視し、訪問したWebサイト、クリックしたリンク、表示した製品、およびターゲット広告を表示するために広告ネットワークで使用できるその他の情報を記録します。

この拡張機能を使用してインターネットを閲覧していると、ページ、特に検索結果に広告が表示されることがわかります。 この拡張機能は、追加の広告、スポンサーリンクを挿入し、収益を得るためにポップアップ広告を表示します。

FileShareFanaticは、いくつかのトップアンチウイルススキャナーによってブラウザーハイジャッカーとしてマークされており、削除される予定です。

ブラウザハイジャッカーについて

ブラウザハイジャッカーは、ブラウザを標的とするWebの絶え間ない危険と見なされています。 これは、インターネットブラウザの構成設定を変更して、アクセスする意図のないWebサイトまたはページにリダイレクトされる一種の悪意のあるソフトウェアです。 ブラウザハイジャッカーは、単にホームページを変更する以上のことができます。 それはあなたをスポンサーサイトにリダイレクトし、その開発者が収入を生み出すのを助けるあなたのブラウザに広告を挿入します。 ナイーブに見えるかもしれませんが、これらのWebサイトのほとんどは合法ではなく、オンラインの安全性に大きなリスクをもたらします。 ブラウザハイジャッカーは、あなたの知らないうちに他の悪質なプログラムにPCをさらに損傷させる可能性さえあります。

ブラウザハイジャックの症状

ブラウザハイジャックには多くの症状があります。 1.インターネットブラウザのホームページへの不正な変更が表示されます 2.アクセスするつもりがなかったインターネットサイトにリダイレクトされます 3.デフォルトのオンライン検索エンジンが変更されました 4.追加しなかった新しいツールバーを見つけます 5.画面にたくさんのポップアップが表示されます 6. Webブラウザーが遅くなり、バグが発生し、頻繁にクラッシュする 7.特定のサイト、特にマルウェア対策やその他のセキュリティソフトウェアのWebページに移動できない。

それらがどのようにコンピュータに感染するか

ブラウザハイジャッカーは、悪意のある電子メールの添付ファイル、ダウンロードされた感染したドキュメント、または感染したインターネットサイトにアクセスしてコンピュータを攻撃します。 多くのインターネットブラウザハイジャックは、アドオンソフトウェア、つまり、ブラウザヘルパーオブジェクト(BHO)、ツールバー、または追加機能を提供するためにブラウザに追加された拡張機能に起因します。 ブラウザハイジャッカーは、フリーウェア、デモウェア、シェアウェア、海賊版プログラムの一部としてインストールすることもできます。 ブラウザハイジャッカーは、ユーザーのWebブラウジング体験を大幅に中断し、ユーザーがアクセスしたWebサイトを追跡して機密情報を盗み、インターネットへの接続を困難にし、最終的に安定性の問題を引き起こし、ソフトウェアプログラムとコンピューターをクラッシュさせる可能性があります。

除去

ブラウザハイジャッカーを取り除くために試みることができるXNUMXつのことは、MicrosoftWindowsコントロールパネルの「プログラムの追加と削除」リスト内でマルウェアを見つけることです。 そこにある場合とない場合があります。 含まれている場合は、アンインストールしてみてください。 ただし、ほとんどのハイジャックコードは、オペレーティングシステムの奥深くに侵入するため、手動で削除するのは簡単ではありません。 さらに、ブラウザハイジャッカーは、コンピュータレジストリを変更して、手動で修復するのが非常に困難になる可能性があります。特に、技術に精通していない場合はなおさらです。 信頼性の高いマルウェア対策ソフトウェアをインストールして実行するだけで、ブラウザハイジャッカーの自動削除を選択できます。 永続的なブラウザハイジャッカーを効果的に取り除く必要がある場合は、一流のマルウェア対策ソフトウェアSafebytesAnti-Malwareをインストールしてください。

感染したPCにSafebytesAnti-Malwareをインストールする方法をご覧ください

マルウェアはPCに多くの損害を与える可能性があります。 一部のマルウェアタイプは、プロキシサーバーを含めるか、PCのDNS構成設定を変更することにより、インターネットブラウザの設定を変更します。 これが発生すると、特定またはすべてのサイトにアクセスできなくなり、感染を除去するために必要なセキュリティソフトウェアをダウンロードまたはインストールできなくなります。 これを読んでいる場合は、SafebytesAntimalwareなどのセキュリティプログラムをPCにダウンロードできないウイルスに感染している可能性があります。 この問題を回避するために実行できるアクションがいくつかあります。

ネットワークを使用したセーフモードでアプリケーションをダウンロードします

Microsoft Windowsの起動時にウイルスがすぐにロードされるように設定されている場合、セーフモードに入るとその試みがブロックされる可能性があります。 最低限のプログラムとサービスのみがセーフモードで起動するため、競合が発生する理由はほとんどありません。 Windows XP、Vista、または7コンピュータをセーフモードでネットワークを使用して起動するには、以下の手順に従ってください。 1)電源を入れた状態で、Windowsのスプラッシュ画面が読み込まれる前にF8キーを押します。 これにより、[詳細ブートオプション]メニューが表示されます。 2)矢印キーを使用して[セーフモードとネットワーク]を選択し、Enterキーを押します。 3)このモードが読み込まれると、インターネットが利用できるようになります。 次に、ブラウザを使用してSafebytesAnti-malwareをダウンロードしてインストールします。 4)アプリケーションがインストールされたらすぐに、スキャンを実行してウイルスやその他のマルウェアを自動的に排除します。

別のインターネットブラウザに切り替える

Webベースのウイルスは、特定のWebブラウザを狙ったり、特定のバージョンのブラウザを攻撃したりして、環境固有のウイルスになる可能性があります。 この問題を回避する最善の解決策は、セキュリティ対策で知られているブラウザを選択することです。 Firefoxには、オンラインでの安全を確保するためのフィッシングおよびマルウェア保護が組み込まれています。

USBドライブからアンチウイルスを実行する

もうXNUMXつのオプションは、ポータブルウイルス対策プログラムをUSBサムドライブに作成することです。 サムドライブからアンチウイルスを実行するには、次の簡単な手順に従います。 1)SafebytesAnti-MalwareまたはMicrosoftWindows DefenderOfflineをクリーンなコンピューターシステムにダウンロードします。 2)サムドライブを感染していないコンピュータに接続します。 3)マルウェア対策ソフトウェアのセットアップアイコンをダブルクリックして、インストールウィザードを実行します。 4)ウィザードがアンチウイルスをインストールする場所を正確に尋ねる場所として、USBドライブのドライブ文字を選択します。 指示に従って、インストールプロセスを終了します。 5)ペンドライブのプラグを抜きます。 これで、影響を受けるコンピューターでこのポータブルアンチウイルスを利用できます。 6)サムドライブのマルウェア対策プログラムEXEファイルをダブルクリックします。 7)「今すぐスキャン」をクリックするだけで、感染したコンピューターでマルウェアの完全なスキャンを実行できます。

SafeBytesマルウェア対策機能

さまざまなインターネットベースの脅威からパーソナルコンピュータを保護するには、コンピュータシステムにマルウェア対策アプリケーションをインストールすることが重要です。 しかし、市場には無数のマルウェア対策企業が存在するため、現在、PC用にどちらを購入するかを決定するのは困難です。 良いものもあれば、まともなものもあります。また、パソコン自体に害を及ぼす可能性のある偽のマルウェア対策アプリケーションにすぎないものもあります。 信頼性が高く、実用的で、マルウェアソース保護で高い評価を得ているものを選択する必要があります。 業界アナリストが強く推奨するソフトウェアのリストには、Windowsコンピューターで最も信頼できるプログラムであるSafeBytesAnti-Malwareがあります。 SafeBytesマルウェア対策は、コンピューターリテラシーのすべてのレベルのユーザーがコンピューターから悪意のある脅威を見つけて排除するのを支援するために作成された、強力で非常に効果的な保護アプリケーションです。 このプログラムをインストールすると、SafeBytesの最先端の保護システムにより、ウイルスやマルウェアがPCから侵入することは絶対にありません。

SafeBytesマルウェア対策は、強化された機能によりPC保護をまったく新しいレベルに引き上げます。 これらは、ソフトウェアに含まれているハイライトされた機能の一部です。

世界クラスのアンチウイルス保護: 高く評価されているウイルス対策エンジン上に構築されたこのマルウェア除去ツールは、ブラウザハイジャッカー、望ましくない可能性のあるプログラム、他の一般的なウイルス対策プログラムが見逃すランサムウェアなど、いくつかの頑固なマルウェアの脅威を識別して駆除できます。 リアルタイムの脅威対応: コンピューターに侵入しようとするマルウェアプログラムは、SafeBytesのアクティブな保護シールドによって検出されたときに検出されて停止します。 不審なアクティビティがないか常にPCを検査し、その比類のないファイアウォールが、外部からの不正アクセスからコンピューターを保護します。 安全なブラウジング: Safebytesは、すべてのサイトに一意の安全性ランキングを割り当てます。これは、アクセスしようとしているWebページが安全に閲覧できるか、フィッシングサイトであることがわかっているかを判断するのに役立ちます。 最低のメモリ/ CPU使用率: SafeBytesは軽量ツールです。 バックグラウンドで動作するため、消費する処理能力は非常に少ないため、コンピューターのパフォーマンスに問題はありません。 24時間年中無休のガイダンス: SafeBytesは、最高のユーザーエクスペリエンスを実現するために、24時間年中無休のテクニカルサポート、自動メンテナンス、および更新を提供します。 全体として、SafeBytes Anti-Malwareは多くの機能を備えており、潜在的な脅威を特定して削除できるため、堅実なプログラムです。 このソフトウェアをダウンロードしてインストールすると、マルウェアやその他のセキュリティ上の懸念を心配する必要がなくなります。 したがって、Windowsベースのコンピューターに最適なマルウェア対策サブスクリプションを探している場合は、SafeBytesマルウェア対策ツールをお勧めします。

技術的な詳細と手動による削除(上級ユーザー)

自動ソフトウェアツールを使用する代わりに手動でFileShareFanaticの削除を実行する場合は、次の手順に従います。Windowsのコントロールパネルに進み、[プログラムの追加と削除]をクリックして、問題のあるアプリケーションを選択してアンインストールします。 疑わしいバージョンのWebブラウザープラグインの場合は、Webブラウザーの拡張機能マネージャーを使用して簡単に取り除くことができます。 ブラウザをリセットすることもできます。 完全に削除するには、コンピュータで次のレジストリエントリを見つけて削除するか、値を適切にリセットします。 そうは言っても、レジストリの編集は複雑な作業になる可能性があり、上級ユーザーと専門家だけがそれを修正しようとする必要があります。 さらに、一部のマルウェアは複製したり、削除を阻止したりすることができます。 Windowsセーフモードで削除プロセスを実行することをお勧めします。
ファイル: %UserProfile%\ Local Settings \ Application Data \ FileShareFanaticTooltab%LOCALAPPDATA%\ FileShareFanaticTooltab レジストリ: HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Internet Explorer\Approved Extensions, value: FB8C7587-6C03-425D-821D-65339B3E249E HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Wow6432Node\Microsoft\Windows\CurrentVersion\explorer\Browser Helper Objects\FB8C7587-6C03-425D-821D-65339B3E249E HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\explorer\Browser Helper Objects\FB8C7587-6C03-425D-821D-65339B3E249E HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Wow6432Node\Microsoft\Windows\CurrentVersion\explorer\Browser Helper Objects\EA89EC10-2255-42A6-9AA7-84B4441C2DCA HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\explorer\Browser Helper Objects\EA89EC10-2255-42A6-9AA7-84B4441C2DCA HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Ext\Stats\FB8C7587-6C03-425D-821D-65339B3E249E HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Ext\Stats\EA89EC10-2255-42A6-9AA7-84B4441C2DCA HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Ext\Settings\6E4DF5E6-A1D8-48E0-BA5A-91C5DBD6AAF1 HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Wow6432Node\Microsoft\Internet Explorer\SearchScopes\BDF4A303-E4F0-42F0-B235-351F6C8F6C1A HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Internet Explorer\SearchScopes\BDF4A303-E4F0-42F0-B235-351F6C8F6C1A HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Wow6432Node\Microsoft\Tracing\FileShareFanatic_RASMANCS HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Microsoft\Tracing\FileShareFanatic_RASMANCS HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Wow6432Node\Microsoft\Tracing\FileShareFanatic_RASAPI32 HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Microsoft\Tracing\FileShareFanatic_RASAPI32 HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Microsoft\Internet Explorer\DOMStorage\filesharefanatic.dl.myway.com HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\FileShareFanatic
続きを読む
ディスプレイドライバの起動に失敗したエラーを修正
最近、多くのユーザーが、ビデオゲームなどのグラフィックを多用するアプリを開こうとしたときにエラーを報告しました。 ユーザーによると、アプリを開こうとすると、代わりに「ディスプレイドライバーを起動できませんでした」というエラーが表示されます。 したがって、同じエラーが発生した場合は、この投稿で修正方法を正確に説明できるため、適切な場所にたどり着きました。 エラーメッセージの全内容は次のとおりです。
「ディスプレイドライバを起動できませんでした。 代わりにMicrosoftBasic DisplayDriverを使用します。 新しいディスプレイドライバについては、WindowsUpdateを確認してください。」
この種のエラーは、いくつかの要因が原因である可能性があります。 グラフィックドライバが破損しているか、古くなっている可能性があります。 それとは別に、システム設定の問題が原因である可能性もあります。 問題の修正に役立つ可能性のある修正があるので心配しないでください。 ただし、問題のトラブルシューティングを行う前に、まずWindows 10コンピューターを更新する必要があります。問題の解決に役立たなかった場合は、「ディスプレイドライバーを起動できませんでした」エラーの解決に役立つ可能性のある修正を次に示します。

オプション1-グラフィックスドライバーを再起動してみてください

Windows 10は、クラッシュしたときにグラフィックスドライバーを自動的に回復できますが、その機能を果たせない場合があります。 コンピューターでグラフィックスドライバーを再起動するには、Win + Ctrl + Shift + Bキーの組み合わせをタップするだけです。 その後、グラフィックドライバはXNUMX秒以内に戻ります。

オプション2–ハードウェアとデバイスのトラブルシューティングを実行してみてください

組み込みのハードウェアおよびデバイスのトラブルシューティングを実行すると、「ディスプレイドライバーを起動できませんでした」エラーを修正するのにも役立ちます。
  • 最初に行う必要があるのは、[スタート]をクリックしてから、歯車のようなアイコンをクリックして、[設定]のウィンドウを表示することです。
  • [設定]を開いた後、[更新とセキュリティ]オプションを探して選択します。
  • そこから、リストの左側にある[トラブルシューティング]オプションに移動します。
  • 次に、リストから[キーボード]を選択し、トラブルシューティングを開いて実行します。 仕事が終わったら、プロセスが完了するのを待ってから、システムを再起動します。
  • システムの再起動後、問題が修正されたかどうかを確認します。 そうでない場合は、以下の次のオプションを参照してください。

オプション3-グラフィックスドライバーを更新またはロールバックしてみます

コンピュータのデバイスマネージャを使用してグラフィックカードドライバを更新し、「ディスプレイドライバを起動できませんでした」エラーを解決するか、NVIDIA、Intel、AMDなどのグラフィックカードメーカーのWebサイトに直接アクセスして実行することもできます。ドライバと呼ばれるセクションに移動し、利用可能な新しいアップデートがあるかどうかを確認します。アップデートがある場合は、ダウンロードしてインストールします。 デバイスマネージャを介してグラフィックドライバを更新するには、次の手順を参照してください。
  • まず、コンピュータをセーフモードで起動します。
  • その後、Win + RキーをタップしてRunを起動します。
  • 入力します devmgmt。MSC ボックスに入力し、[Enter]をタップするか、[OK]をクリックしてデバイスマネージャを開きます。
  • その後、デバイスドライバのリストが表示されます。 そこから、ディスプレイアダプタを探してクリックします。
  • その後、ディスプレイアダプタの下の各エントリを右クリックし、メニューから[デバイスのアンインストール]オプションを選択します。
  • 今すぐコンピュータを再起動します。
  • コンピューターを再起動した後、[設定]アプリに移動し、[WindowsUpdate]セクションで[更新の確認]を選択します。

オプション4–最大のパフォーマンスが得られるようにシステムを設定してみてください

最初の10つのオプションでエラーが修正されなかった場合は、Windows XNUMXでシステムをアクティブ化する効果を選択でき、パフォーマンス比を調整することでこれを実行できるため、コンピューターを最大のパフォーマンスになるように設定してみてください。 パフォーマンス比の調整は、コンピューターの特定の設定を介して行うことができます。エラーを解決するには、この設定を「最大パフォーマンス」に設定する必要があります。
  • Windowsの検索バーに「パフォーマンス」と入力し、表示される検索結果から「Windowsの外観とパフォーマンスを調整する」オプションを選択します。
  • 次に、ミニウィンドウが表示され、そこから「最高のパフォーマンスに調整する」というラジオボタンをクリックします。
  • 完了したら、[適用]ボタンと[OK]ボタンをクリックして、行った変更を保存します。 これで問題が解決するはずです。
続きを読む
Retroidポケット2を使ったノスタルジックなゲーム
古いコンピューターでのゲームについて話し、新しい、そして今後登場するSteamデッキのハンドヘルドコンソールについて説明しました。 今日、私たちは古いゲームと携帯型ゲーム機を組み合わせており、話のターゲットはRetroidポケット2です。この製品には、非常に高品質のプラスチックが詰め込まれており、いくつかの優れた機能が含まれています。 レトロイドポケット2それでは、このクールなハンドヘルドをさらに詳しく調べて、なぜそれがとても好きなのかを調べてみましょう。

良好な製造品質

プラスチックと全体的な製造品質は本当に、本当に良いです。 バッテリーは素晴らしく、4000mAhをパックして、3時間以上のノンストップゲームを保持でき、すべてのボタンとジョイスティックは素晴らしいです。 画面は640x 480 60Hz 3.5インチIPS画面(アスペクト比4:3)で、その目的であるレトロゲームに非常に適しています。 デジタル十字キーとデュアルアナログジョイスティックがあります。 右のジョイスティックは、3.5つのゲームボタンを押したときに誤って動かされないようにするための低いプロファイルです。 下部には、[ホーム]、[開始]、[選択]のXNUMXつのボタンがあります。 どちらの側にも高品質のステレオスピーカーがあります。 デバイスの下部には、MicroSDカードスロットとXNUMXmmヘッドフォンポートがあります。 デバイスの上部には、左右のショルダーボタンとトリガーボタンがあります。 電源ボタンと音量調整があります。 テレビに接続するためのUSBType-COTGポートとMicroHDMI出力があります。

優れた技術統計

良い、素晴らしいではありませんが、これはレトロなハンドヘルドなので、中にアルダーレイクのようなクレイジーなものを本当に期待することはできません。 そのため、コンソールは7コアのARM Cortex A2 CPUと、ARM Mali 1.5-MP400MHzGPUとペアになった2GHzのクロックをパンチしています。 コンソールには500GBのLPDDR1RAMメモリと3GBのeMMCストレージがあり、8GBは自由に利用でき、残りはOSに使用されます。 前に述べたように、ディスプレイは5インチのサイズで640x480の解像度です。 バッテリーは3.5mAhの電力のリチウムイオンで、ハンドヘルドにはUSB Type-Cコネクタ、4000mmヘッドフォンジャック、Micro-HDMIがあります。 Wifi /Bluetooth3.5も搭載しています

Retroid Pocket 2OSとサポート

Pocket2にはAndroid6が付属していますが、公式サイトでファームウェアを8.1バージョンに更新することを強くお勧めします。 ハンドヘルドの新しいバージョンには、ボックスから8.1が付属します。 AndroidをOSとして使用すると、Steam LinkなどのAndroidアプリをダウンロードして、Retroid Pocket 2で実際のPCゲームをプレイできるようになるなど、多くの可能性が開かれます。それだけでなく、新しいバージョンのAndroidを入手した場合でも、 XboxのクラウドゲームサービスであるxCloudを使用する。 もちろん、ハードウェアは最新のゲームを処理できませんが、オプションはまだあります。たとえば、コマンダーキーンのようなSteamで利用可能な古いPCタイトルの場合、これは素晴らしいオプションです。 コンソールは、N64、PSP、プレイステーション1など、基本的にドリームキャストまでのすべてをエミュレートできます。ニンテンドーDSもエミュレートできますが、XNUMXつの画面でしかエミュレートできません。 このコンソールの唯一の問題は、アプリをインストールして更新する必要があることです。 エミュレーターまたはコアをダウンロードしてゲームをプレイできるアプリ、RetroArchについて学ぶ必要があります。

レトロイド価格

リストの最後のものは、コンソール自体の価格です。 100ドルを少し下回ると、レトロなハンドヘルドゲームを体験したい多くの人や、路上でゲームをプレイする時代を追体験したいノスタルジックなゲーマーにとって、手頃な価格のオプションになります。

結論

レトロゲーム用の中国のハンドヘルドデバイスの中で、Retroid Pocket2は市場が提供できるものの上に本当にあります。 優れたハンドヘルドレトロコンソールを探していて、OSやさまざまな構成に少し飛び込むことを恐れていない場合、Pocket2は豊富で幅広いエミュレーションサポートを提供します。
続きを読む
WindowsUpdateエラー0x8024A10Aを修正
Windows Updateサービスは、Windows 10の他のサービスと同様に、問題が発生して正常に動作しなくなる場合があります。 Windows Updateサービスを使用するときに発生する可能性のある問題の0つは、WindowsUpdateエラー8024x10A0Aです。 この種のエラーコードは、WindowsUpdateサービスがシャットダウンしていることを示しています。 したがって、このエラーが発生した場合は、この投稿で修正方法を説明しますので、読んでください。 Windows Updateエラー8024x10AXNUMXAを受信すると、画面に次のエラーメッセージが表示される場合があります。 「USO_E_SERVICE_SHUTTING_DOWNは、WUサービスがシャットダウンしていることを示します。 これは、非常に長期間の非アクティブ状態が原因で発生する可能性があります。システムがハングし、サービスがアイドル状態になり、サービスがシャットダウンします。 アップグレードを完了するために、システムがアクティブなままであり、接続が確立されたままであることを確認してください。」 単純な再起動でエラーを修正できる場合があるため、コンピュータを再起動して問題を解決することができます。 ただし、機能しない場合は、以下のオプションが役立つ場合があります。

オプション1-WindowsUpdateServiceを再起動してみてください

Windows Updateエラー0x8024A10Aを修正するために最初にできることは、サービスマネージャーからWindowsUpdateサービスを再起動することです。 これを行うには、次の手順に従います。
  • Cortana検索ボックスに「services」と入力し、[Services]アイコンをクリックしてServicesManagerを開きます。 または、Win + Rキーをタップして実行プロンプトを起動し、「services.mscとフィールドに「」と入力し、Enterキーを押してサービスマネージャを開きます。
  • サービスマネージャーを開いた後、Windows UpdateServiceを探します。
  • 見つけたら右クリックして、サービスが停止しているか確認してください。 そうである場合は、[開始]オプションを選択します。 一方、Windows Updateサービスが既に開始されている場合は、[再起動]オプションを選択するだけです。
  • その後、Windows Updateを再度実行して、エラー0x8024A10Aが修正されたかどうかを確認してください。

オプション2– WindowsUpdateトラブルシューティングを実行する

Windows Updateのトラブルシューティングツールは、プロセスをサポートするサービスのステータスを確認するため、正しくないものがある場合はプロンプトを表示して修正します。 したがって、組み込みのWindows Updateトラブルシューティングを実行して、WindowsUpdateエラーを解決することをお勧めします。 エラー0x8024A10AなどのWindowsUpdateエラーを自動的に解決することが知られているため、これはチェックアウトできるもののXNUMXつです。 このトラブルシューティングを実行するには、[設定]に移動し、オプションから[トラブルシューティング]を選択します。 そこから、Windows Updateをクリックし、[トラブルシューティングツールを実行する]ボタンをクリックします。 その後、次の画面の指示に従ってください。

オプション3–Microsoftのオンライントラブルシューティングを実行する

Windows Updateのトラブルシューティングとは別に、Microsoftのオンライントラブルシューティングを実行すると、WindowsUpdateエラー0x8024A10Aを修正するのに役立つ場合があります。 このオンライントラブルシューティングは、Windows Updateエラーの修正に役立つことが知られており、問題の原因となっている可能性のある問題がないかコンピューターをスキャンして、自動的に修正します。

オプション4– WindowsUpdateサービスをクリーンブート状態で実行してみます

コンピュータにインストールされているいくつかの競合するプログラムが、WindowsUpdateエラーコード0x8024A10Aを引き起こしている可能性がある場合があります。 問題の原因となっているプログラムを特定するには、コンピューターをクリーンブート状態にする必要があります。 これを行うには、以下の手順に従います。
  • 管理者としてPCにログオンします。
  • 入力します MSConfigの [検索の開始]で、[システム構成]ユーティリティを開きます。
  • そこから、[全般]タブに移動し、[選択的なスタートアップ]をクリックします。
  • [スタートアップ項目をロードする]チェックボックスをオフにし、[システムサービスをロードする]および[元のブート構成を使用する]オプションがオンになっていることを確認します。
  • 次に、[サービス]タブをクリックし、[すべてのMicrosoftサービスを非表示にする]チェックボックスをオンにします。
  • [すべて無効にする]をクリックします。
  • [適用/ OK]をクリックして、PCを再起動します。 (これにより、PCがクリーンブート状態になります。通常の起動を使用するようにWindowsを構成し、変更を元に戻すだけです。)
  • 次に、Windows Updateサービスを再度実行して、WindowsUpdateエラー0x8024A10Aがなくなったかどうかを確認します。
続きを読む
Fmod.dllエラーコードを修正する方法

エラーFmod.dll-それは何ですか?

これはDLLエラーコードの一種です。 DLLは、ダイナミックリンクライブラリの略語です。 DLLファイルには、実行可能ファイルに似た小さなプログラムが含まれています。 XNUMXつのDLLファイルを使用して、複数のプログラムをロードおよび実行できます。 Fmod.dllは、Electronic Arts Inc.によって作成され、Crysisに関連付けられています。 このファイルは、WindowsOS用に開発されています。 このエラーコードは、PCでCrysisがサポートするプログラムにアクセス、実行、およびロードできない場合に発生します。 Fmod.dllエラーコードメッセージは、次のようなさまざまな形式で表示されます。
  • Fmod_event.dllが見つかりません。
  • fmod_event.dllファイルがありません。
  • 「fmod_event.dllが見つからなかったため、このアプリケーションを起動できませんでした。アプリケーションを再インストールすると、この問題が解決する場合があります。」
  • Crysisを起動できません。必要なコンポーネントがありません:fmod_event.dll。Crysisを再インストールしてください。」
  • Fmod_event.dllアクセス違反です。
  • fmod_event.dllを登録できません。
  • C:\ Windows \ System32\fmod_event.dllが見つかりません。
エラーFmod.dllは、PCを起動またはシャットダウンしたとき、あるいはプログラムのインストール中にもポップアップすることがあります。

世界

Restoroボックス画像エラーの原因

Fmod.dllエラーコードのXNUMXつの原因に絞り込むことは事実上不可能です。このエラーは、システムのさまざまな理由が原因で発生する可能性があります。 このエラーコードに関連する一般的な原因のいくつかは次のとおりです。
  • ウイルス感染
  • ハードウェア障害
  • 欠落、破損、または削除されたFmod.dllファイル
  • 不適切なプログラムのインストール
  • レジストリの問題
理由の根本的な原因が何であっても、深刻なPCの脅威を回避するために、問題をすぐに解決することをお勧めします。

詳細情報と手動修理

システムでこのエラーを解決するには、以下で説明する方法を試してください。

方法1-ごみ箱を確認する

上記のように、Fmod.dllは、システム上でさまざまなプログラムを実行およびロードするために使用されるDLLファイルです。 Fmod.dllファイルでサポートされているプログラムをアンインストールし、誤って削除してしまった可能性があります。 このようなシナリオでは、Fmod.dllエラーコードを解決する最も簡単な方法は、ごみ箱から削除されたファイルを再インストールすることです。 これについては、 ごみ箱 ファイルを検索します。 再インストールできない場合は、信頼できるWebサイトからFmod.dllファイルをダウンロードしてください。

方法2-マルウェアをスキャンする

マルウェアは通常、フィッシングメールやダウンロードを通じて侵入します。 これらの悪意のあるプログラムは、DLLまたはEXEファイルのいずれかに偽装してシステムに隠れます。 fmod.dllファイルエラーの発生は、システムに隠れている悪意のあるプログラムが原因である可能性があります。 したがって、強力なアンチウイルスでPC全体をスキャンします。 ウイルス対策ソフトウェアは、ウイルス、マルウェア、トロイの木馬、スパイウェア、アドウェアなどの悪意のあるソフトウェアプログラムをすべて検出して削除します。 これを試して、エラーコードFmod.dllを解決し、結果を確認してください。

方法3-ハードウェアの問題を修正する

Fmod.dllファイルエラーもハードウェア障害のために画面に表示される場合があります。 これが理由である場合は、Windows 7および8の組み込みツールであるデバイスマネージャーを使用して、ハードウェア障害を修正することをお勧めします。 これを行うには、スタートメニューに移動し、次にコントロールパネルに移動します。 次に、「ハードウェアとサウンドのリンク」をクリックしてから、デバイスマネージャをクリックします。 赤い感嘆符でデバイスが見つかった場合、これはこのデバイスに問題があることを意味します。 そのハードウェアデバイスのドライバーをアンインストールしてから、ドライバーを更新します。 解決するには、最新バージョンをインストールしてください。 ハードウェアの問題は主に古いドライバーに関連していることを忘れないでください。

方法4-ポイントを復元する

システムの復元(リカバリツールとも呼ばれる組み込みのユーティリティ)を使用して、ポイントを復元し、エラーコードが発生する前にPCが以前の動作状態に戻っていることを確認します。 簡単に言えば、最近の変更を元に戻すのに役立ちます。 あなたは見つけることができます システムの復元ツール システムツールフォルダにあります。

方法5-レジストリをクリーンアップして修復する

レジストリは、すべての情報、実行されたアクティビティ、およびジャンクファイル、無効なキー、不正なエントリ、Cookieなどのファイルを保存するPCの部分です。 これらのファイルがPCに蓄積されると、すべてのレジストリスペースを占有し、レジストリに保存されている重要なシステムファイルとDLLファイルを破損するため、このようなエラーが発生します。 これで、レジストリを手動でクリーンアップできます。 ただし、このプロセスには時間がかかり、少し技術的である可能性があるため、Restoroをダウンロードすることをお勧めします。 これは、レジストリクリーナーと統合されたPCフィクサーです。 直感的なインターフェースで展開して使いやすいです。 レジストリクリーナーはPC全体をスキャンし、すべてのレジストリエラーを削除します。 それはすべての時代遅れのファイルを一掃し、損傷したDLLとシステムファイルを修復します。 こちらをクリックしてください。 Restoroをダウンロードします。
続きを読む
WindowsPC用のPremiereDownloadManager削除ガイド

Premiere Download Managerは、Premiere Download Managerの望ましくない可能性のあるプログラム、およびその他の不要なアプリケーションや拡張機能にバンドルされているブラウザ拡張機能です。 このプログラムはMindsparkInteractiveによって開発され、提供されたダウンロードマネージャーを介してインターネットからファイルをダウンロードする機能をユーザーに提供します。 また、ホームページを変更し、検索エンジンをデフォルトでMyway.comに変更します。

このバンドルはユーザーのアクティビティを監視し、拡張機能がブラウジングアクティビティ、クリックされたリンク、アクセスしたページなどにアクセスできる間、アプリケーション自体がダウンロードしてコンピュータにあるすべてのファイルにアクセスできます。 この収集されたデータは、後でMindsparkのサーバーに返送され、ユーザーの広告をより適切にターゲティングするために使用されます。

インストール中は、インターネットを閲覧しているときに、追加のスポンサーリンク、さらにはポップアップ広告が表示されます。 マルウェアとは見なされませんが、ユーザーに嫌われる多くの動作が含まれており、潜在的に望ましくないものとしてラベル付けされています。 このバンドルは、いくつかのアンチウイルスアプリケーションによってブラウザハイジャッカーとしてマークされているため、PCから削除することをお勧めします。

ブラウザハイジャッカーについて

ブラウザハイジャッカーは、実際には不要なソフトウェアプログラムの一種であり、通常はブラウザのアドオンまたは拡張機能であり、Webブラウザの設定が変更されます。 ブラウザハイジャッカーマルウェアは、さまざまな理由で設計されています。 多くの場合、ハイジャック犯は、Webトラフィックを増やして広告収入を増やすか、そこにアクセスするすべてのユーザーの手数料を獲得するために、好みのサイトにヒットを強制します。 ナイーブに見えるかもしれませんが、これらのツールは、常にあなたを最大限に活用しようとする悪意のある人々によって作成されているため、彼らはあなたのナイーブさと気晴らしからお金を稼ぐことができます。 一部のブラウザハイジャッカーは、コンピュータレジストリのエントリを変更したり、他の種類のマルウェアがコンピュータにさらに損害を与えることを許可したりするなど、Webブラウザ以外の特定の変更を行うように設計されています。

インターネットブラウザが乗っ取られた主な症状

Webブラウザがハイジャックされていることを示す多くの症状があります。ブラウザのホームページが突然変更されます。 お使いのブラウザは常にポルノサイトにリダイレクトされています。 デフォルトのWebエンジンが変更され、ブラウザのセキュリティ設定が知らないうちに下げられました。 今まで気づかなかったブラウザツールバーが表示されます。 画面にたくさんのポップアップ広告が表示されます。 ブラウザが遅くなり、バグが発生し、頻繁にクラッシュします。 特定のサイト、特にウイルス対策Webサイトにアクセスできません。

彼らがあなたのコンピュータやラップトップに入る正確な方法

コンピュータまたはラップトップがブラウザハイジャッカーに感染する可能性があるいくつかの方法があります。 これらは通常、スパムメール、ファイル共有ネットワーク、またはドライブバイダウンロードを介して届きます。 また、悪意のある目的のBHO、拡張機能、ツールバー、アドオン、またはプラグインから発生する可能性もあります。 ブラウザハイジャッカーをアプリケーションバンドル(通常はフリーウェアまたはシェアウェア)の一部として誤って受け入れた可能性があります。 ブラウザハイジャッカーは、ユーザーのWebブラウジング体験に大きな影響を与え、ユーザーが頻繁に使用するWebサイトを監視し、財務情報を盗み、ネットへの接続を困難にし、最終的に安定性の問題を引き起こし、アプリケーションとコンピューターをフリーズさせる可能性があります。

ブラウザハイジャッカーの削除

特定のブラウザハイジャックは、コントロールパネルから対応するマルウェアアプリケーションを見つけて削除することで、非常に簡単に元に戻すことができます。 ただし、多くのハイジャック犯は非常に粘り強く、それらを根絶するために特殊なアプリケーションを必要とします。 また、ブラウザハイジャッカーはコンピュータのレジストリを変更する可能性があるため、特に技術に精通していない場合は、すべての値を手動で復元するのは非常に難しい場合があります。 影響を受けるシステムにウイルス対策アプリケーションをインストールして実行すると、ブラウザハイジャッカーやその他の不要なアプリケーションが自動的に削除される可能性があります。 SafeBytes Anti-Malwareは、Premier Download Managerを含むすべてのタイプのハイジャック犯を検出し、すべてのトレースを効率的かつ迅速に削除します。

Safebytes Anti-Malwareをインストールできない場合はどうすればよいですか?

すべてのマルウェアは不良であり、被害の程度はマルウェアの種類によって大きく異なります。 特定のマルウェアの亜種は、プロキシサーバーを含めるか、コンピューターのDNS構成を変更することにより、インターネットブラウザーの設定を変更します。 これが発生すると、特定またはすべてのインターネットサイトにアクセスできなくなり、感染を取り除くために必要なセキュリティソフトウェアをダウンロードまたはインストールできなくなります。 この記事を今読んでいると、ウイルス感染がインターネット接続のブロックの原因であることに気付いたと思います。 では、Safebytesなどのウイルス対策プログラムをダウンロードしてインストールする場合はどうすればよいでしょうか。 この特定の問題を回避するために試みることができるいくつかのオプションがあります。

セーフモードを利用して問題を解決してください

セーフモードでは、Windowsの設定を変更したり、一部のアプリケーションをアンインストールまたはインストールしたり、削除が難しいウイルスやマルウェアを駆除したりできます。 コンピューターの起動時にマルウェアが自動的に読み込まれるように設定されている場合、このモードに移行すると、マルウェアが読み込まれない可能性があります。 セーフモードで起動するには、Windowsの起動画面が表示される直前にキーボードの「F8」キーを押します。 または、通常のWindows起動の直後に、MSConfigを実行し、[ブート]タブでセーフブートを確認して、[適用]をクリックします。 セーフモードになったら、マルウェアの邪魔をせずにウイルス対策プログラムのインストールを試みることができます。 この時点で、実際にマルウェア対策スキャンを実行して、別のアプリケーションからの干渉を受けることなくウイルスやマルウェアを取り除くことができます。

他のWebブラウザに切り替えます

一部のマルウェアは、特定のインターネットブラウザのみを標的としています。 これがあなたの状況のように聞こえる場合は、コンピュータウイルスを回避できるため、別のWebブラウザを使用してください。 Internet Explorerを使用してマルウェア対策プログラムをダウンロードできない場合は、マルウェアがIEの脆弱性を標的にしていることを意味します。 ここで、Safebytesソフトウェアをダウンロードするには、ChromeやFirefoxなどの別のインターネットブラウザに切り替える必要があります。

起動可能なUSBアンチウイルスドライブを作成する

もうXNUMXつのオプションは、USBスティックにポータブルウイルス対策プログラムを作成することです。 ペンドライブを使用してマルウェア対策を実行するには、次の簡単な手順に従います。 1)ウイルスのないコンピューターにマルウェア対策をダウンロードします。 2)ペンドライブを感染していないコンピュータに接続します。 3)ダウンロードしたファイルをダブルクリックして、インストールウィザードを実行します。 4)求められたら、ソフトウェアファイルを保存する場所としてペンドライブの場所を選択します。 コンピュータ画面の指示に従って、インストールプロセスを完了します。 5)USBドライブをクリーンなコンピューターから感染したPCに転送します。 6)USBフラッシュドライブ上のウイルス対策ソフトウェアのEXEファイルをダブルクリックします。 7)「今すぐスキャン」ボタンを押してマルウェアスキャンを開始します。

SafeBytes Anti-Malware:WindowsPC用の軽量マルウェア保護

さまざまなインターネットベースの脅威からPCを保護するには、コンピューターシステムにマルウェア対策ソフトウェアをインストールすることが重要です。 しかし、マルウェア対策企業が無数に存在する現在、パソコン用にどちらを購入するかを決めるのは困難です。 それらのいくつかは優れており、いくつかはあなたのコンピュータに大混乱をもたらすのを待っている合法的なマルウェア対策ソフトウェアのふりをする詐欺アプリケーションです。 特にプレミアムアプリケーションを購入する場合は、間違ったアプリケーションを選択しないように注意する必要があります。 高く評価されているアプリケーションを検討している間、SafebytesAntiMalwareは確かに強く推奨されるものです。 SafeBytesマルウェア対策は、あらゆるレベルのコンピュータリテラシーのエンドユーザーに適した、非常に効果的でユーザーフレンドリーな保護ツールです。 このソフトウェアは、最先端のテクノロジーを通じて、アドウェア、スパイウェア、トロイの木馬、ワーム、コンピューターウイルス、キーロガー、ランサムウェア、望ましくない可能性のあるプログラム(PUP)など、さまざまな種類のマルウェアや同様の脅威によって引き起こされる感染からパーソナルコンピューターを保護するのに役立ちます。 )。

SafeBytesは、他のマルウェア対策プログラムと比較した場合、優れた機能を備えています。 以下は素晴らしいもののいくつかです:

アクティブプロテクション:SafeBytesは、パーソナルコンピューターをXNUMX時間保護し、マルウェアの侵入をリアルタイムで制限します。 PCのハッカー活動を定期的に監視し、ユーザーに高度なファイアウォール保護を提供します。 ウイルス対策保護: 高度で洗練されたアルゴリズムを備えたこのマルウェア除去ツールは、コンピューターシステムに隠れているマルウェアの脅威を効果的に検出して取り除くことができます。 高速マルウェアスキャンエンジン: 強化されたスキャンエンジンを備えたSafebytesAntiMalwareは、アクティブなインターネットの脅威を即座に標的とすることができる非常に高速なスキャンを提供します。 ウェブサイトのフィルタリング: SafeBytesは、アクセスするすべてのWebサイトをチェックして一意の安全性ランキングを提供し、フィッシングサイトとして知られているWebページへのアクセスをブロックします。これにより、個人情報の盗難や悪意のあるソフトウェアが含まれていることがわかっています。 低CPU使用率: SafeBytesは、高度な検出エンジンとアルゴリズムにより、CPU負荷の一部でオンラインの脅威から完全に保護します。 24 / 7サポート: 有料版を使用している場合は、XNUMX時間体制で高レベルのサポートを受けることができます。 SafeBytesは、最新のマルウェアの脅威からコンピューターを自動的に保護し、オンラインエクスペリエンスを安全に保ちます。 SafeBytes Anti-Malwareをダウンロードしてインストールすると、マルウェアやその他のセキュリティ上の懸念を気にする必要がなくなります。 したがって、WindowsベースのPCに最適なマルウェア対策サブスクリプションを探している場合は、SafeBytesマルウェア対策ソフトウェアを強くお勧めします。

技術的な詳細と手動による削除(上級ユーザー)

自動ツールを使用する代わりにPremierDownloadManagerの削除を手動で実行する場合は、次の簡単な手順に従います。Windowsのコントロールパネルに移動し、[プログラムの追加と削除]をクリックして、問題のあるプログラムを選択します。削除。 疑わしいバージョンのWebブラウザープラグインの場合は、Webブラウザーの拡張機能マネージャーを使用して簡単に取り除くことができます。 また、破損した設定を修正するために、Webブラウザをデフォルトの状態にリセットすることをお勧めします。 最後に、ハードドライブで次のすべてを調べ、コンピュータレジストリを手動でクリーンアップして、アンインストール後に残っているアプリケーションエントリを削除します。 そうは言っても、レジストリの編集は通常、経験豊富なコンピュータユーザーと専門家だけがそれを修正しようとする難しい作業です。 また、特定のマルウェアは、それ自体を複製したり、その削除を防止したりすることができます。 セーフモードで削除プロセスを実行することをお勧めします。
ファイル: C:\ Program Files \ PremierDownloadManager_agEI \ Installer.bin \ NPagEISb.dl_ C:\ Program Files \ PremierDownloadManager_agEI \ Installer.bin \ NPagEISb.dll C:\ Program Files \ PremierDownloadManager_agEI \ Installer.bin \ agEIPlug.dl_ C:\ Program Files \ PremierDownloadManager_agEI \ Installer.bin \ agEIPlug.dll C:\ Program Files \ PremierDownloadManager_agEI \ Installer.bin \ agEZSETP.dl_ C:\ Program Files \ PremierDownloadManager_agEI \ Installer.bin \ agEZSETP.dll%PROGRAM FILES%\ PREMIERDOWNLOADMANAGER \ PDMANAGER_IE :%PROGRAM FILES%\ PREMIERDOWNLOADMANAGER \ PDMANAGER_IE.DLL Malware%PROGRAM FILES%\ PREMIERDOWNLOADMANAGER \ PDMANAGER_IE.DLL Dangerous%PROGRAM FILES%\ PREMIERDOWNLOADMANAGER \ PDMANAGER_IE.DLL High Risk%program files%\ Premierdownloadmanager \ pdmanager PREMIERDOWNLOADMANAGER \ PDMANAGER_IE.DLL%PROGRAM FILES%\ PREMIERDOWNLOADMANAGER \ PDM.ICO%PROGRAM FILES%\ PREMIERDOWNLOADMANAGER \ PDMANAGER.EXE%PROGRAM FILES%\ PREMIERDOWNLOADMANAGER \ PDMANAGER_IE.DLL%PROGRAM FILES%\ PR LB%PROGRAM FILES%\ PREMIERDOWNLOADMANAGER \ REGASM.EXE レジストリ: key HKLM\Software\Classes\CLSID\819D045F-E9A2-39E0-B495-D615AD1A9471\InprocServer32.0.0.1\CodeBase: file:///C:/Program Files/PremierDownloadManager/PDManager_ie.DLL key HKLM\Software\Classes\CLSID\819D045F-E9A2-39E0-B495-D615AD1A9471\InprocServer32\CodeBase: file:///C:/Program Files/PremierDownloadManager/PDManager_ie.DLL key HKLM\Software\Classes\CLSID\87D1BD5F-0174-4AB2-FFC4-9E3A451F17EB\InprocServer32.0.0.1\CodeBase: file:///C:/Program Files/PremierDownloadManager/PDManager_ie.DLL key HKLM\Software\Classes\CLSID\87D1BD5F-0174-4AB2-FFC4-9E3A451F17EB\InprocServer32\CodeBase: file:///C:/Program Files/PremierDownloadManager/pdmanager_ie.dll key HKLM\Software\Classes\Record\EDF1D497-05B5-37F6-AAAC-3EB5E67D4DC2.0.0.1\CodeBase: file:///C:/Program Files/PremierDownloadManager/PDManager_ie.DLL key HKCU\SOFTWARE\PREMIERDOWNLOADMANAGER\INTERNET EXPLORER: %PROGRAM FILES%\PREMIERDOWNLOADMANAGER\PDMANAGER_IE.DLL
続きを読む
誰もが知っておくべき基本的なITスキル
今日の世界と時代には、基本的に誰もが知っておくべきいくつかの重要なITスキルがあります。 どの分野で働いていても、仕事で適切に機能するためには、いくつかのスキルが必要です。 ですから、これ以上苦労することなく、祖母でさえ知っておくべきこれらの重要なITスキルを誰もが知っておく必要があります。

基本的なITスキル誰もが知っておくべき5つの重要なITスキル

  1. ワードプロセッシング

    ビジネスドキュメントを作成または編集している場合でも、友人や親戚を助けようとしている場合でも、ワードプロセッシングスキルは今日の時代に不可欠な資産であり要件です。 たくさんの紙に何かを書くのは時間がかかり、紙が失われる可能性があり、たくさんの紙の中から特定のアイテムを探すのは本当に楽しい経験ではありません。 はるかに簡単な解決策は、すべてをコンピューターに書き込み、フォーマットし、保持することであり、ほとんどすべての雇用主がこのスキルを求めています。
  2. メールの送信と使用

    今日、私たちはデジタル時代に生きており、ほとんどの通信はメッセージングアプリを介してリアルタイムで行われ、ファイル共有はファイル共有サービスを介して行われます。 言及された技術にもかかわらず、多くのファイルは共有され、電子メールを介して送信されます。 メッセージが長すぎたり複雑すぎたりする場合、添付ファイルを追加したり、アーカイブメールに保存したりする必要がある場合は、メールを使用する必要があります。したがって、メールの使用は必須のスキルです。
  3. 検索エンジンの使用

    検索エンジンの使用について話すとき、私たちは本当にあなたのお気に入りのブラウザを起動したり、検索エンジンに入ったり、猫の写真を入力したりすることを考えていません。 私たちが考えるのは、検索エンジンを適切に使用する方法、検索オプションを微調整する方法、単語や文をフレーズで表現して必要なものをすべて見つける方法を知っている必要があるということです。
  4. データ作業を行う

    今日のテクノロジーのおかげで、データ入力とデータ計算がこれまでになく簡単になりました。 Microsoft Excel、Libre Office Calc、Googleスプレッドシートなどはすべて、多種多様な計算を実行し、必要なデータを大量に追跡することができます。 このスキルは、雇用主から不可欠なスキルとしてよく求められます。
  5. サイバーセキュリティ

    一般に、各従業員または個人は、このデジタル世界で自分自身を安全に保つために、さまざまな詐欺やベストプラクティスを十分に認識している必要があります。 このトピックに関するいくつかの記事があり、インターネット上にも多種多様な記事があります。

結論

あなたが老いも若きも、雇用されていても、仕事を探していても、これらのスキルは今日の世界でなくてはならないものです。 これらのさまざまなトピックに関するすばらしいチュートリアルがオンライン上にたくさんあります。知識のある友人やいとこが喜んでこれらすべてのことを行う方法を教えてくれると確信しています。
続きを読む
及び
著作権©iriz.co ErrorTools。 全著作権所有
商標:Microsoft Windowsのロゴは、Microsoftの登録商標です。 免責事項: ErrorTools.comはMicrosoftと提携しておらず、直接提携しているとは主張していません。
このページの情報は、情報提供のみを目的として提供されています。
DMCA.com保護ステータス