及び
en English

Microsoft Designer、MS の新しいアプリ

マイクロソフトが開発した新しいアプリケーションである Microsoft Designer は、AI 画像作成オープンソース ソフトウェアである DALL-E 2 に裏打ちされたデザインをもたらします。 新しいアプリは、魅力的なソーシャル メディアの投稿、招待状、デジタル ポストカード、グラフィックスなどをすべて一瞬で作成できる専用のグラフィック デザイン ツールとして表示されます。

アプリケーションを使用するには、見出しを入力し、プロンプトにテキストを入力して背景画像を生成します。 Microsoft はイメージ作成に DALL-E 2 を使用しているため、出力はかなり良好ですが、AI を使用してイメージを生成する代わりに、独自のイメージを使用することもできます。

マイクロソフトデザイナー

デザイナーは、準備ができたら無料のアプリケーションになり、Web プレビュー バージョンも既に無料ですが、順番待ちリストがあります。 Microsoft 365 Personal および Family サブスクライバーが利用できるようになると、アプリ内にプレミアム機能がリリースされます。 Microsoft はまた、デザイナーのバージョンを Edge ブラウザーにも直接追加したいと考えています。

高度なシステム修復プロ

ワンクリックで自動化されたPC修復ソリューション
Advanced System Repair Proを使用すると、簡単に
破損したファイルを置き換える
パフォーマンスを回復する
空きディスク容量
マルウェアを削除する
WEBブラウザを保護します
ウイルスを削除する
PCのフリーズを停止します
DOWNLOAD
Advanced System Repair Proは、Windows11を含むすべてのバージョンのMicrosoftWindowsと互換性があります。

この記事を共有する:

あなたはおそらくそれも好きでしょう

Windows10エラー0x80072ee7を修正する方法

エラーコード0x80072ee7-それはなんですか?

エラーコード0x80072ee7は、Windows10およびWindowsストアの使用に最も一般的に関連するエラーコードです。 いくつかの原因でこのエラーが発生する可能性があります。これは、Windows10およびWindows8までずっとエラーメッセージとして表示されていました。

一般的な症状は次のとおりです。

  • Windowsストアに接続しようとしたときのエラーメッセージ。
  • Windowsストアから購入したものをダウンロードまたはインストールできない。

幸いなことに、Windowsマシンでエラーコード0x80072ee7を解決するために使用できるいくつかの簡単な方法があります。 これらの方法は、高度なコンピューターの知識や高レベルのツールに精通している必要がないため、平均的なユーザーは助けを借りずにそれらを完了することができるはずです。 ただし、エラーコード0x80072ee7の解決について支援が必要な場合は、必ず資格のあるWindows修理技術者に連絡してください。

世界

Restoroボックス画像エラーの原因

エラーコード0x80072ee7がWindowsデバイスに表示される原因となる0つの基本的なことがあります。 80072つ目は、システムまたは機器のエラーが原因で、インターネットへの接続が何らかの方法で制限されていることです。 次に、更新コンポーネントの一部が欠落している可能性があります。 次に、DNS内のエラーが原因である可能性があります。 最後に、マシン上で何らかの互換性エラーが発生すると(たとえば、実行しているウイルス対策ソフトウェアとWindows Updateツールの間で)、エラーコード7xXNUMXeeXNUMXが表示される可能性があります。

詳細情報と手動修理

Windowsマシンでエラーコード0x80072ee7の出現を解決するために試すことができるいくつかの異なる方法があります。 これらを完了するのはかなり簡単ですが、それらを正常に実行する能力に自信がない場合は、資格のあるコンピューター修理技術者に連絡して支援を求めることができます。

Windowsデバイスでエラーコード0x80072ee7を解決するために使用する最良の方法は次のとおりです。

方法XNUMX:接続を確認する

問題がインターネットサービスプロバイダーやインターネットへのアクセスに使用している機器に関連していないことを確認するために、Googleなどのいくつかの一般的なサイトにアクセスしてインターネットに接続できることを確認してください。

方法XNUMX:代替DNSを使用する

DNS接続に問題があると思われる場合は、使用している特定のDNSをGoogleが提供するDNSに変更できます。 これにより、デバイスで検出されたIPアドレスが原因で発生する可能性のある競合を解決できます。 これを行うには、次の手順に従ってください。

  • ステップXNUMX:コントロールパネルに移動し、[ネットワークとインターネット]のオプションをクリックして、[ネットワークと共有センター]を選択します。 通常はナビゲーションパネルの左側のバーにある「アダプタ設定の変更」オプションを見つける必要があります。
  • ステップXNUMX:使用している接続方法(つまり、Wi-Fiネットワーク)を見つけます。
  • ステップ4:右クリックして、接続プロパティメニューを見つけます。 TCP / IPv8.8.8.8メニューで、DNS番号を手動入力に変更するオプションをクリックし、優先DNSサーバーを「8.8.4.4」に設定し、代替サーバーを「XNUMX」に設定します。

これらの手順が完了したら、Windowsストアへの接続を再試行できます。 接続する前にコンピュータを再起動する必要がある場合があります。

方法XNUMX:WindowsからFixItツールを実行する

Microsoftは、コンピュータを自動的にスキャンしていくつかの一般的なエラーを検出し、それらが発生したときに修正を試みることができる優れたツールを作成しました。 これはWindowsサイトから直接ダウンロードでき、エラーコード0x80072ee7だけでなく、コンピューターに表示される可能性のある他の多くのエラーメッセージの修正にも使用できます。

Fix Itツールを実行した後は、コンピューターを再起動して、加えられた変更を完全に有効にすることをお勧めします。

方法XNUMX:自動ツールを使用する

これらのWindows 10やその他の関連する問題が発生したときに、それらを修正するためのユーティリティツールを常に自由に使用したい場合 ダウンロードとインストール 強力な自動化ツール。

続きを読む
アプリケーションは0xc00007bを開始できませんでした
ご存知のように、Windowsプログラムは実行されるためにいくつかの操作に依存し、同時に、プログラムが実行されるために満たされなければならない多数のパラメーターもあります。 ただし、一部のレポートに基づいて、一部のユーザーがプログラムを実行しようとしたときにエラーが発生しました。 このエラーは、「アプリケーションを正しく起動できませんでした(0xc00007b)」と表示されます。 このエラーが発生する理由はさまざまですが、主な理由は、x86ベースのオペレーティングシステムと互換性のないx64アプリケーションが原因である可能性があります。 この問題を解決するには、Check Diskユーティリティを実行するか、アプリケーションまたはMicrosoft.NETFrameworkを再インストールします。 DirectXを再インストールするか、破損したDLLファイルを置き換えることもできます。 詳細については、以下のオプションを参照してください。

オプション1-ディスクチェックユーティリティを実行してみてください

  • Windowsの検索ボックスに「コマンドプロンプト」と入力し、検索結果からコマンドプロンプトを右クリックして、[管理者として実行]を選択します。
  • コマンドプロンプトを開いた後、次のコマンドを入力し、Enterキーをタップします。 chkdsk :/ f
  • 入力したコマンドは、エラーのチェックを開始し、エラーを自動的に修正します。 それ以外の場合は、「ボリュームが別のプロセスで使用されているため、Chkdskを実行できません。 次回システムを再起動したときに、このボリュームのスケジュールを確認しますか? (Y / N)」。
  • Yキーをタップして、次にコンピュータを再起動したときにディスクチェックをスケジュールします。

オプション2– Microsoft .NETFrameworkを再度有効にする

また、Microsoft .NET Frameworkを無効にしてから、PCで最新バージョンの.NET Frameworkを有効にして、エラーが修正されているかどうかを確認することもできます。

オプション3–プログラムを再インストールしてみてください

内部でアプリケーションのサポートモジュールがアプリケーションを台無しにして、エラーが発生する場合があります。 これを修正するには、プログラムをアンインストールしてから、公式サイトから最新バージョンをダウンロードしてから、再度インストールする必要があります。 完了したら、アプリケーションを実行して、エラーが修正されているかどうかを確認します。

オプション4–システムファイルチェッカースキャンを実行する

プログラムの再インストールが機能しなかった場合は、システムファイルチェッカーまたはSFCスキャンを実行してエラーを修正することもできます。 システムファイルチェッカーは、破損したファイルや不足しているファイルを復元するのに役立つ、コンピュータに組み込まれているコマンドユーティリティです。 実行するには、次の手順を参照してください。
  • Win + Rキーを押してRunを起動します。
  • 入力します CMD フィールドに入力し、Enterをタップします。
  • コマンドプロンプトを開いた後、次のように入力します SFC / SCANNOW
コマンドはシステムスキャンを開始しますが、終了するまでに数時間かかります。 完了すると、次の結果が得られます。
  1. Windowsリソース保護は整合性違反を検出しませんでした。
  2. Windows Resource Protectionは破損したファイルを検出し、正常に修復しました。
  3. Windows Resource Protectionは破損したファイルを検出しましたが、一部を修正できませんでした。
  • コンピュータを再起動します。

オプション5-DirectX診断ツールを実行してみてください

エラーはDirectXグラフィックAPIと関係があるため、DirectX診断ツールを実行して問題を解決できます。

オプション6–DirectXを更新または再インストールしてみてください

DirectX診断ツールが機能しなかった場合は、代わりにDirectXを更新または再インストールしてみてください。 これは、DirectXを再インストールまたは更新すると、コンピューターからDirectXの互換性のないコンポーネントまたは破損したコンポーネントが置き換えられるため、問題の修正に役立ちます。
続きを読む
USBポートの電力サージを修正
USBポートは、他のポートと同様に、電力定格も備えています。 標準のUSBポートのデフォルトの電力出力は0.5アンペアです。気付いた場合、携帯電話はUSBポートでゆっくりと充電されます。これが理由を説明しています。 Windowsが「USBポートの電力サージ」というエラーまたは警告をスローする場合があります。 この種のエラーは、接続されたデバイスがより多くの電力を消費しようとしたときに発生し、エラーはその通知の一部として発生するため、選択すると、次のように表示されます。
「USBデバイスが誤動作し、ハブポートの電力制限を超えました。 デバイスを切断する必要があります。」
問題を簡単に修正するには、デバイスを切断して[リセット]をクリックします。[閉じる]をクリックすると、プラグを抜いてコンピュータを再起動するまでポートは機能しません。 一方、デバイスを取り外しても問題が解決しない場合は、ハードウェアとUSBのトラブルシューティングを実行するか、USBハブを使用してみてください。 USBドライバーの再インストール、アンインストール、ロールバックを試みたり、OEM診断を実行したりすることもできます。 詳細については、以下に示す潜在的な修正のそれぞれを参照してください。

オプション1-ハードウェアとUSBのトラブルシューティングを実行してみてください

  • 最初に行う必要があるのは、[スタート]をクリックしてから、歯車のようなアイコンをクリックして、[設定]のウィンドウを表示することです。
  • [設定]を開いた後、[更新とセキュリティ]オプションを探して選択します。
  • そこから、リストの左側にある[トラブルシューティング]オプションに移動します。
  • 次に、リストから[ハードウェアとデバイス]を選択し、トラブルシューティングを開いて実行します。 仕事が終わったら、プロセスが完了するのを待ってから、システムを再起動します。
  • システムの再起動後、問題が修正されたかどうかを確認します。 そうでない場合は、以下の次のオプションを参照してください。
注意: また、問題を解決できる可能性があるため、USBトラブルシューティングを実行してみることもできます。

オプション2–USBハブを使用してみてください

特定のデバイスでエラーが発生した場合は、そのデバイスがより多くの電圧を必要としている可能性があります。 このエラーを修正するには、別のコンピューターで同じデバイスを使用してみてください。それでも同じエラーが発生する場合は、電源に付属のUSBハブを使用することをお勧めします。 USBハブには、デバイスに必要な電力を供給できる高速充電ポートが付属しています。

オプション3–ユニバーサルシリアルバスコントローラードライバーの更新、ロールバック、または再インストール

デバイスのドライバーを更新しても「デバイスの準備ができていません」というエラーが修正されなかった場合は、デバイスマネージャーを使用する代わりに、ユニバーサルシリアルバスコントローラードライバーの更新、ロールバック、または再インストールを試みることができます。 次の手順を参照してください。
  • まず、[スタート]ボタンをクリックして、「デバイスマネージャ」と入力します。
  • 次に、検索結果から「デバイスマネージャ」をクリックして開きます。
  • そこから、「ユニバーサルシリアルバスコントローラー」オプションを探し、各USBドライバーを右クリックして、メニューから[ドライバーの更新]を選択します。
注意: 通常のUSBドライブの場合は、USBマスストレージデバイスとして表示されますが、USB 3.0デバイスを使用している場合は、USB3.0拡張可能ホストコントローラーを探してください。
  • PCを再起動し、[更新されたドライバソフトウェアを自動的に検索する]オプションをクリックします。
注意: USBコントローラドライバの更新が機能しなかった場合は、代わりにそれらを再インストールしてみてください。

オプション4–必要に応じて、OEM診断を実行してみてください

使用しているラップトップまたはデスクトップコンピューターがブランドのものである場合、OEMは通常、USBポートエラーなどのコンピューターの問題を診断するためのソフトウェアを組み込んでいます。 したがって、このソフトウェアを使用している場合は、診断のために実行し、指定された提案を使用してエラーを修正してください。
続きを読む
Webページがブロックされました(ERR_BLOCKED_BY_CLIENT)
Webを閲覧しているときに、Windows 10のChromeブラウザで突然ERR_BLOCKED_BY_CLIENTエラーが発生した場合は、この投稿を読んでこの問題を修正してください。 この種のエラーはすでに多くのChromeユーザーから報告されており、問題はプラグインまたは拡張機能に関係しているようです。 エラーの正確な内容は次のとおりです。
「このウェブページは拡張機能(ERR_BLOCKED_BY_CLIENT)によってブロックされました」
指摘されているように、この種のエラーは、WebページをブロックしているChromeの拡張機能またはプラグインが原因である可能性があります。 Chromeのバージョンが廃止されているか、ブックマークマネージャに100を超えるブックマークが存在する可能性もあります。 問題のトラブルシューティングを行う前に、Google Chromeの最新バージョンをダウンロードして、エラーが修正されるかどうかを確認してください。 そうでない場合は、シークレットモードでウェブページを開くか、問題の原因となっている拡張機能を無効にして削除してみてください。 余分なブックマークを削除することもできます。

オプション1–シークレットモードでWebページを開こうとします

問題を解決するために最初にできることは、シークレットモードでWebページを開いてみることです。 ブラウザがこのモードの場合、拡張機能なしで動作します。 これは、特にブラウザの拡張機能やツールバーが原因である場合に、問題を修正するのに役立ちます。 Chromeで任意のWebページを開き、Ctrl + Shift + Nキーの組み合わせをタップして、シークレットモードでウィンドウを開くだけです。

オプション2–問題のある拡張機能を無効にして削除してみてください

問題を特定し、拡張機能が問題の原因であると判断したら、次に行う必要があるのは、その拡張機能を無効にするか削除することです。
  • Chromeを開き、Alt + Fキーを押します。
  • [その他のツール]に移動し、[拡張機能]をクリックして、疑わしいブラウザ拡張機能またはツールバーを探します。
  • ごみ箱をクリックして、[削除]を選択します。
  • Chromeを再起動し、Alt + Fキーをもう一度押します。
  • [起動時]に進み、[特定のページまたはページのセットを開く]をマークします。
  • ブラウザハイジャッカーがまだアクティブかどうかを確認するには、[ページの設定]をクリックします。アクティブな場合は、URLを上書きします。
注意: ブラウザ拡張機能またはツールバーの削除が機能しなかった場合は、GoogleChromeブラウザをリセットしてみることもできます。
  • Google Chromeを開き、Alt + Fキーをタップします。
  • その後、[設定]をクリックします。
  • 次に、[詳細設定]オプションが表示されるまで下にスクロールし、表示されたらクリックします。
  • [詳細設定]オプションをクリックした後、[復元してクリーンアップする]オプションに移動し、[設定を元のデフォルトに戻す]オプションをクリックしてGoogleChromeをリセットします。
  • 次に、GoogleChromeを再起動します。

オプション3–余分なブックマークを削除してみてください

Chromeブラウザがすでに100を超えるブックマークをサポートしている場合は、それらを削除することを検討してください。これは、ERR_BLOCKED_BY_CLIENTエラーが発生する理由のXNUMXつでもある可能性があります。 これらのブックマークを削除するには、Chromeのアドレスバーにこのアドレス「chrome:// bookmarks /」と入力してブックマークライブラリを開き、Enterキーを押してShiftキーを押し、矢印キーを使用して余ったブックマークを選択します。 その後、[削除]をクリックしてそれらを削除します。

オプション4–ブラウザデータをクリアしてみてください

ブラウザの一部のデータがWebサイトの読み込みと競合し、ERR_BLOCKED_BY_CLIENTなどのエラーをトリガーする場合があります。 そして、あなたはあなたのブラウザのデータをクリアすることを試みることができます。 これは非常に基本的な解決策かもしれませんが、多くの場合、GoogleChromeでこの種のエラーを修正するのに役立ちます。 以下の手順に従って、ブラウザのデータをクリアしてください。
  • GoogleChromeブラウザを開きます。
  • その後、Ctrl + Hキーをタップします。 これを行うと、ブラウザの閲覧履歴やその他のデータを削除できる新しいパネルが開きます。
  • 次に、表示されているすべてのチェックボックスを選択し、[閲覧履歴データの消去]ボタンをクリックします。
  • 次に、Chromeブラウザを再起動して、ウェブサイトを開くことができるかどうかを確認します。
続きを読む
修正デフォルトゲートウェイが利用できないエラー
インターネット接続に問題があり、インターネット接続のトラブルシューティングを実行しようとしたが、代わりに「デフォルトゲートウェイが利用できません」というエラーメッセージが表示される場合は、この投稿を読んでください。このエラーを修正します。 このエラーを修正するために最初にできることは、コンピューターを再起動してから、インターネット接続のトラブルシューティングを再実行することです。 ただし、それでも同じエラーメッセージが表示される場合は、問題のトラブルシューティングをさらに行うことをお勧めします。 ネットワークドライバをインストールするか、ネットワークアダプタドライバを再インストールしてみてください。 省電力モードを確認したり、TCP / IPをリセットしたり、ファイアウォールを一時的に無効にしたりすることもできます。

オプション1-ネットワークドライバをインストールしてみてください

エラーを解決するために最初にできることは、ネットワークドライバをインストールすることです。 これはこの種の問題に対する一般的な解決策であり、ほとんどのユーザーはWindows 10の新規インストールの直後にこの問題に遭遇します。したがって、これを行った場合は、ネットワークアダプターが機能し始めるようにネットワークドライバーをインストールする必要があります。 ネットワークドライバはマザーボードのCDにあります。 一方、ラップトップを使用している場合は、別のコンピューターまたはモバイルを使用して、製造元のWebサイトからネットワークドライバーをダウンロードする必要がある場合があります。

オプション2-ネットワークアダプタドライバを更新します

コンピューターに既にネットワークドライバーが含まれているために最初のオプションが適用できない場合は、次の手順に従ってネットワークアダプタードライバーを更新することをお勧めします。
  • Win + Rキーをタップして[実行]ウィンドウを起動し、「MSC」コマンドを入力し、Enterキーを押して、[デバイスマネージャ]ウィンドウを開きます。
  • デバイスマネージャの下に、ドライバのリストが表示されます。 そこから、ネットワークアダプタを探して展開します。
  • 次に、各ネットワークドライバを右クリックして、すべて更新します。
  • PCを再起動して、BSODエラーの修正に役立つかどうかを確認します。
注意: ネットワークドライバーを更新しても「Windowsがネットワークアダプターのドライバーを見つけられませんでした」というエラーを修正できない場合は、まったく同じドライバーをアンインストールしてWindows 10PCを再起動することもできます。 その後、システム自体がアンインストールしたばかりのドライバを再インストールします。 または、製造元のWebサイトから直接ドライバーをダウンロードしてインストールすることもできます。

ネットワークアダプタドライバを再インストールすることもできます。次の手順を参照してください。

  • WinXメニューからデバイスマネージャを開きます。
  • 次に、デバイスドライバーを見つけて右クリックし、プロパティを開きます。
  • その後、[ドライバ]タブに切り替えて、[デバイスのアンインストール]ボタンをクリックします。
  • 画面オプションに従って、完全にアンインストールします。
  • 最後に、コンピューターを再起動します。 デバイスドライバを自動的に再インストールするだけです。

オプション3–省電力モードを確認してみてください

Windows 10ラップトップを使用している場合は、[電源オプション]パネルが重要な役割を果たすことを知っておく必要があります。 したがって、ラップトップでエラーが発生した場合は、省電力モードに関連するいくつかの設定を確認する必要があります。 これを行うには、次の手順に従います。
  • コントロールパネルを開き、[ハードウェアとサウンド]に移動して、[電源オプション]をクリックします。
  • 次に、選択したプランの「プラン設定の変更」オプションをクリックしてから、「詳細な電力設定の変更」オプションをクリックします。
  • その後、[電源オプション]ウィンドウが表示されます。ここで、[ワイヤレスアダプタの設定]と[省電力モード]を展開します。
  • 次に、[最大パフォーマンス]オプションが選択されていることを確認します。 そうでない場合は、それを選択して、行った変更を保存します。

オプション4– TCP / IPをリセットしてみてください

ご存知のように、コンピュータでインターネットを使用する場合は、TCP / IPまたはインターネットプロトコルが最も重要です。 そのため、破損してしまった場合は、TCP / IPをリセットして問題を解決する必要があります。 TCP / IPをリセットするには、次の手順を参照してください。
  • Windowsで検索を開始し、「コマンドプロンプト」と入力して、検索結果からコマンドプロンプトを右クリックします。
  • 次に、「管理者として実行」オプションを選択して、管理者権限でコマンドプロンプトを開きます。
  • その後、次のコマンドを実行します。 netshをint型のIPリセットresettcpip.txt
  • 完了したら、コマンドプロンプトを終了してコンピューターを再起動し、エラーが修正されたかどうかを確認します。

オプション5–ファイアウォールを一時的に無効にする

一方、エラーは、コンピュータにインストールされているファイアウォールソフトウェアが原因である可能性もあります。 したがって、それらまたはコンピュータにインストールされているセキュリティソフトウェアを無効にすることは、コンピュータの共有ドライブにアクセスできないときに試すことができる常に良い考えです。 ウイルス対策プログラムやセキュリティプログラムの干渉により、「デフォルトゲートウェイが利用できません」などの問題が発生する場合があります。 したがって、当面の間、ウイルス対策プログラムとWindows Defenderファイアウォールの両方を無効にして、エラーが修正されるかどうかを確認する必要があります。
続きを読む
0x800701e3、リクエストは原因で失敗しました...
コンピューターで簡単な操作やタスクを実行しているだけでも、多くの問題が発生する可能性があります。これは、コンピューターでより大きな操作を実行するために、さまざまな小さな操作が構成されているためです。 したがって、これらの小さな操作のいずれかが適切に機能していない場合、操作全体がクラッシュし、代わりにエラーコードがスローされます。 そして、これらのエラーコードの0つはエラー800701x3e10です。 この特定のエラーは、Windows XNUMXコンピューターのあるディスクから別のディスクへの転送が開始されたときにファイルエクスプローラーでエラーが発生した場合にポップアップします。 このエラーが発生すると、次のエラーメッセージが表示されます。
「エラー0x800701e3:致命的なハードウェアエラーが原因でリクエストが失敗しました。」
このエラーを修正するためにチェックアウトできる方法はいくつかあります。システムの復元またはディスクのチェックを実行するか、宛先ドライブをフォーマットするか、ドライブのSMART属性をチェックしてみてください。 詳細については、以下の各オプションを参照してください。

オプション1-システムの復元を実行してみてください

エラー0x800701e3は、コンピューターの設定で行った調整が原因である可能性があります。 したがって、このエラーを修正するには、システムの復元を使用してこれらの変更を元に戻すことができます。 どのように? 次の手順を参照してください。
  • Win + Rキーをタップして、[ファイル名を指定して実行]ダイアログボックスを開きます。
  • その後、フィールドに「sysdm.cpl」と入力し、Enterをタップします。
  • 次に、[システムの保護]タブに移動し、[システムの復元]ボタンをクリックします。 これにより、新しいウィンドウが開き、希望のシステムの復元ポイントを選択する必要があります。
  • その後、画面の指示に従ってプロセスを終了し、コンピュータを再起動して、マウスが通常の状態に戻ったかどうかを確認します。

オプション2-ディスクチェックユーティリティを実行してみてください

エラー0x800701e3を修正する際に、CheckDiskユーティリティを実行することもできます。
  • Windowsの検索ボックスに「コマンドプロンプト」と入力し、検索結果からコマンドプロンプトを右クリックして、[管理者として実行]を選択します。
  • コマンドプロンプトを開いた後、次のコマンドを入力し、Enterキーをタップします。 chkdsk :/ f / r / x / b
  • 入力したコマンドは、エラーのチェックを開始し、エラーを自動的に修正します。 それ以外の場合は、「ボリュームが別のプロセスで使用されているため、Chkdskを実行できません。 次回システムを再起動したときに、このボリュームのスケジュールを確認しますか? (Y / N)」。
  • Yキーをタップして、次にコンピュータを再起動したときにディスクチェックをスケジュールします。

オプション3–宛先ドライブをフォーマットしてみます

宛先ドライブをフォーマットすると、エラー0x800701e3の解決にも役立つ場合があります。 ドライブをフォーマットするには、次の手順に従います。
  • まず、ファイルエクスプローラーを開き、エラーが発生したドライブを右クリックします。
  • 次に、コンテキストメニューから[フォーマット]を選択します。 これにより、新しいミニウィンドウが開きます。
  • 次に、[ファイルシステム]メニューのドロップダウンメニューから[NTFS]オプションを選択します。
  • その後、[クイックフォーマット]というラベルの付いたチェックボックスをオンにします。
  • 次に、[開始]をクリックします。 これを行うと、ストレージデバイスのすべてのコンテンツが削除されることに注意してください。

オプション4–SMART属性を使用してハードドライブを確認します

ご存じない方のために説明すると、WindowsにはSMART分析の機能が組み込まれており、ハードドライブ/ SSDを分析し、いくつかのマイナーな操作を実行してすべてのパラメーターをチェックします。 これを使用するには、次の手順に従います。
  • Win + Sキーをタップし、フィールドに「コマンドプロンプト」と入力して、関連する検索結果を右クリックし、[管理者として実行]オプションを選択します。
  • 管理者としてコマンドプロンプトを開いた後、「wmic diskdrive get status」コマンドを入力し、Enterキーを押します。
  • その後、結果が得られるはずです。それが「正常」であることがわかった場合は、以下の次のオプションに進んでください。
続きを読む
エラー0x0000001eを修正するためのクイックガイド
エラー0x0000001e Windows XPセットアップを起動すると、次のようなメッセージが表示されます。STOP:0x0000001E(0x80000003、0xBFC0304、0x0000000、0x0000001)

世界

Restoroボックス画像エラーの原因

Windowsセットアップがまだ処理中であり、まだ完了していないときにPCを再起動すると、このエラーが発生する可能性が高くなります。 このエラーの他の原因には、次の条件のいずれかが含まれます。
  1. Windowsをインストールしているドライブには、インストールに対応するのに十分なディスク容量がありません。
  2. 互換性のない、または古いサードパーティのドライバ(またはそれ以上)がPCにインストールされているため、インストールと競合しています。 たとえば、これは問題のあるビデオドライバである可能性があります。
  3. システムBIOSにはインストールとの互換性がありません。

詳細情報と手動修理

このエラーは「バグチェックコード」。 STOP 0x1Eは、WindowsXPカーネルによって検出された不明または不正なプロセッサ命令があったことを示します。 通常はドライバまたは障害のあるハードウェアである問題の原因を示すために表示される例外アドレスが表示されます。 このアドレスと、障害のあるドライバまたはそれを含むイメージのリンク日付を書き留めておく必要があります。 いずれかの時点であなたが処理することが不可能になり、あなたが連絡することになった場合 Windowsサポートセンター プロセスを支援するために、この情報は、サポートチームが問題のトラブルシューティングを試みている間、物事をはるかに簡単にするのに役立ちます。 STOP0x1Eエラーメッセージに含まれるパラメータは次のとおりです。
  1. 処理できなかった例外コードです。
  2. 例外が発生したモジュールのアドレスを示します。
  3. 例外のパラメータ0を示します。
  4. 例外のパラメータ1を表します。
通常エラー0x0000001eメッセージで提供されるこの情報を使用して、問題の根本原因を特定し、トラブルシューティングを行うことができます。 このエラーを修正するには、状況に応じて、必要に応じて次のいずれかの手順を実行する必要があります。

ディスクをクリーンアップする

ローカルディスクのプロパティディスクにインストールに対応する十分なスペースがない場合は、ディスクのスペースの一部を解放して、Windowsをディスクにインストールできることを確認する必要があります。 十分なスペースがある別のディスクにWindowsを再インストールすることもできます。

サードパーティのドライバーを取り除く

エラー0x0000001eメッセージが、インストールプロセスが停止されているためにドライバーの名前を示している場合は、ドライバーを無効にするか削除して、そのドライバーを削除します。 これで問題が解決した場合は、サードパーティのドライバーの製造元に連絡して、Windowsのインストールと競合しない新しいバージョンのドライバーについて問い合わせる必要があります。

システムBIOSをアップグレードする

システムBIOSのアップグレードは、自分ではできないことです。 アップグレードする方法について詳しく知る必要があります。 これについては、PCの製造元またはマザーボードの製造元に問い合わせる必要があります。 他に何も機能しない場合は、エラーメッセージに関する十分な情報を提供するMicrosoftデバッグツールをいつでも利用できます。 デバッグツールと、ダウンロードおよびインストールプロセスを含むそれらの詳細については、MicrosoftのWebサイトを参照してください。
続きを読む
エラー0x800CCC0Eを修正するためのガイド

エラーコード0x800CCC0E-それはなんですか?

エラーコード0x800CCC0Eは、MicrosoftOutlookまたはOutlookExpressのいずれかを使用しているときに表示されるOutlookエラーです。 エラーメッセージは、電子メールを送受信する能力を妨げます。

世界

Restoroボックス画像エラーの原因

0x800CCC0E Outlookエラーコードは、次のような複数の理由でトリガーされます。
  • SMTP(Simple Mail Transfer Protocol)サーバーとの不適切な接続
  • 破損したファイル
  • レジストリの破損
ほとんどの場合、0x800CCC0Eエラーコードの表示が発生する原因となるのはレジストリです。 これは通常、更新しようとしたときに発生します Outlook / Outlook Express バージョン。 更新するときは、レジストリも含む以前のOutlookバージョンのすべてのソフトウェアファイルを削除する必要があります。 ファイルがレジストリから削除されていない場合、新しいバージョンの更新は失敗することがよくあります。 古いバージョンのジャンクファイルは、レジストリを損傷して破損させる可能性があります。

詳細情報と手動修理

貴重なデータの損失につながる可能性のある不便やシステム障害、致命的なクラッシュを回避するために、エラーコード0x800CC0Eをすぐに修復することをお勧めします。

原因となる: SMTP(Simple Mail Transfer Protocol)サーバーとの不適切な接続

溶液: 0x800CCC0Eの原因がSMTPサーバー接続の失敗である場合、エラーを解決する最善の方法は、電子メールアカウント設定を再構成することです。 それを確認してください ポート25はSMTPで使用されています 範囲。 ポート25は標準の送信メールポートです。 SMTP設定がポート25にある場合、エラー0x800CCC0Eの別の理由は、PCでウイルス対策ソフトウェアまたはファイアウォールソフトウェアが有効になっている可能性があります。 しばらくオフにしてから、Outlookからメールを送信してみてください。

原因となる: 破損したファイルとレジストリの破損

溶液: レジストリの破損やファイルの損傷が原因でエラーコードがトリガーされた場合、それを解決する最善の方法はRestoroをダウンロードすることです。 Restoroは、安全で効率的で機能性の高い受信トレイクリーナーであり、レジストリの破損によってトリガーされたときにエラーコード0x800CCC0Eを含む複数のPC関連エラーを修復するように設計された多数の強力なユーティリティが組み込まれたシステムオプティマイザーです。 このカッティングインボックスクリーナーは、PCを完全にスキャンし、ジャンクファイル、インターネット履歴、無効なエントリ、アンインストールされたプログラムのファイルなど、システムのレジストリに保存されている不要で悪意のあるファイルをすべて検出します。 これらのファイルはレジストリディスクスペースの大部分を占めるため、レジストリファイルが破損して破損し、0x800CCC0Eなどのエラーコードがトリガーされます。 Restoroの助けを借りて、ワンクリックでシステムからそのようなすべてのファイルを簡単に一掃することができます。 エラーをスキャンした後、あなたがする必要があるのは、レジストリディスクをすっきりさせるために[修復]タブをクリックすることだけです。 煩雑さが解消されたら、システムでOutlook / Outlook Expressの新しいバージョンを再度更新してから、電子メールを送信してみてください。 RestoroでPCを修復すると、0つの顕著な違いがわかります。 800つは、新しいバージョンをインストールして、0x0CCC800EエラーポップアップなしでOutlookアカウントからスムーズに電子メールを送信できることです。 そして、表示される0番目の違いは、PCのパフォーマンスの変化です。 このツールは、PCの速度を最適化し、起動時間を短縮します。 このツールは非常にシンプルで使いやすいです。 きちんとしたデザインレイアウトとユーザーフレンドリーなインターフェイスを備えているため、すべてのレベルのユーザーが複雑さをゼロにしてRestoroをスムーズに使用できます。 数回クリックするだけで、エラーメッセージXNUMXxXNUMXCCCXNUMXEが解決されます。 このツールがユーザーの間で人気があるのは、スキルや技術的なノウハウを必要としないことです。 開始するには、次のことを行う必要があります。
  1. こちらをクリックしてください。 PCにRestoroソフトウェアをダウンロードするには
  2. ダウンロードが完了したら、それを実行して0x800CC0Eエラーをスキャンします
  3. スキャンが正常に完了したら、[修復]ボタンをクリックして、エラーをすぐに修正します。
  4. 次に、新しいバージョンのOutlook / OutlookExpressをシステムに再度インストールします
続きを読む
OneDriveのサムネイルが表示されない
多くのユーザーは、Microsoftからの承認の印が付いているだけでなく、他のクラウドストレージサービスと比較して主に優れているため、クラウドストレージに関してはMicrosoftOneDriveを使用することを好みます。 ただし、それはOneDriveに問題がないわけではないという意味ではありません。 10つは、OneDriveのサムネイルがWindows 10のファイルエクスプローラーに表示されないという問題が発生する可能性があります。現在この問題が発生している場合は、この投稿を読んで修正してください。 ご存知のように、OneDriveをWindows XNUMXコンピューターに追加して、すべてのファイルをクラウドなどにローカルで同期させることができます。 これは、クラウドで利用可能なものはすべてコンピューターに表示されることを意味します。 それはスムーズで、間違いなくあなたに多くの時間を節約します、それが多くのユーザーがそれを使うことを好む理由です。 したがって、OneDriveに突然サムネイルが表示されなくなった場合は、それが問題になります。 ファイルエクスプローラーのOneDriveフォルダーに表示されなくなった画像のサムネイルについて最近同じ問題が発生したと報告した他のユーザーがいるため、実際にこの問題を抱えているのはあなただけではありません。 これを書いている時点では、問題の原因が実際に何であるかはまだ明らかではありません。 それでも、それを解決するためにチェックアウトできる潜在的な修正がまだあります。これを実行するのが早ければ早いほど、これは大きな問題になる可能性があるため、より良い結果が得られます。 開始するには、以下の手順を参照してください。

オプション1-オンデマンドでファイルを無効にしてみてください

この問題を解決するために最初にできることは、Files onDemandを無効にすることです。 これは、物事を管理するためにあなたがしなければならないことです。
  • まず、タスクバーにあるOneDriveアイコンを右クリックして、OneDriveに移動します。
  • その後、[その他]と[設定]をクリックします。 これにより、[設定]タブをクリックし、[ファイルオンデマンド]サービスのチェックを外す必要がある新しいウィンドウが開きます。
  • 完了したら、コンピューターを再起動し、OneDriveフォルダーにサムネイルが表示されるかどうかを確認します。 ただし、機能しなかった場合は、以下の次のオプションに進んでください。

オプション2–アイコンビューを変更してみてください

問題を解決するために次にできることは、アイコンの表示を変更することです。 問題は、他の何よりもアイコンのサイズに関係している可能性があります。 したがって、アイコンの表示を変更する必要があります。そのためには、次の手順に従います。
  • まず、Windows10でコントロールパネルを開きます。
  • 次に、検索ボックスに「folder」と入力し、[ファイルエクスプローラーのオプション]をクリックします。
  • そこから、[表示]タブをクリックし、[常にアイコンを表示する]オプションをオフにして、サムネイルの表示がアクティブになっていることを確認します。
  • 次に、コントロールパネルに戻り、検索ボックスに「システム」と入力します。 これにより、「システムの詳細設定を表示」オプションを選択する必要がある新しいウィンドウが開きます。
  • 次に、[パフォーマンス]セクションで、[設定]をクリックし、アイコンの代わりにサムネイルを表示できるオプションをクリックします。
続きを読む
応答しないスクリプトを簡単に修正する方法
この応答しないスクリプトの問題情報は、世界のトップブラウザのXNUMXつであるFirefoxで最も頻繁に発生します。 Firefoxは、「警告:応答しないスクリプト」という情報とともにこれらのエラーを表示する場合があります。 その後、開こうとしているWebページのソフトウェアが応答しないか、応答を停止したことを通知します。 これは、スクリプトが機能を停止し、すぐに解決されない場合、Firefoxがフリーズまたはハングする可能性があることを意味します。 この問題は簡単に解決できます。

世界

Restoroボックス画像エラーの原因

このエラーを修正する前に、その主な原因を理解する必要があります。 最大のリスクは、チェックを外したままにすると、応答しないスクリプトがブラウザとコンピュータの拡張機能をハングさせ、生産性を制限することです。 問題が解決しない場合は、Firefoxをアンインストールして再インストールする必要があります。 ここにリストされているのは、スクリプトが応答しない最も一般的な理由のいくつかです。
  • プログラミングエラー
  • 他のソフトウェアによる干渉
  • プログラムの古いバージョンを使用します。

詳細情報と手動修理

ほとんどの場合、この問題を解決するためにほとんど何もする必要はありません。 さらに、ここで提供される多くの救済策は、資格のある専門技術者の支援を必要としません。 それらを簡単に実行して、エラーを完全に解決できます。
  • エラーを停止したい場合は、ブラウザとアドオンを最新の状態に保ちます。

ブラウザとその中のアドオンを簡単に更新できます。 ほとんどの場合、無料です。 に ブラウザのアップグレード アドオンを頻繁に使用することで、応答しないスクリプトが発生して作業に干渉するリスクを効果的に排除できます。
  • Firefoxの警告ダイアログで応答しないスクリプト機能が不十分なバックグラウンドプロセスを確認します

Unresponse Softwareエラーが発生する可能性のあるバックグラウンド手順には、Javascriptコード、メディアプラグイン、ブラウザ拡張機能などがあります。 Firefoxの使用中にスクリプトの実行を停止して、応答しないスクリプトエラーを排除できます。 ダイアログボックスを閉じることは、応答しないスクリプトエラー情報を排除するもうXNUMXつの簡単な方法です。 Firefoxは、この誤動作の場合にXNUMXつの選択肢を提供します。 「続行」または「スクリプトの停止」のいずれか。 どの選択肢を選択しても、ダイアログボックスが確実に閉じて、ブラウジングを続行できるようになります。 Firefoxのホーム画面最終的な解決策。 ブラウザでのこれらのエラーについては、Firefoxにお問い合わせください。 多くの場合、これらのエラーは、特定のWebサイトにアクセスしようとしたときに発生します。 問題のあるWebサイトのURLをマークし、Firefoxとの通信に含めます。 場合によっては、自分でWebサイトの所有者に連絡して、Webサイトのコードを確認するように依頼することもできます。 以下は、応答しないスクリプトエラーを解決するために実行できる追加の対策です。
  • エラーが自動的に解決するのを長く待つ
  • 問題のあるスクリプトをブロックする
  • 有罪のアドオンをヤンクする
  • ハードウェアアクセラレーションツールを無効にします。
これらのいくつかの手順のXNUMXつを使用すると、応答しないスクリプトエラーについて心配する必要がなく、Firefoxでのブラウジングアクティビティを引き続き楽しむことができます。
続きを読む
及び
著作権©iriz.co ErrorTools。 全著作権所有
商標:Microsoft Windowsのロゴは、Microsoftの登録商標です。 免責事項: ErrorTools.comはMicrosoftと提携しておらず、直接提携しているとは主張していません。
このページの情報は、情報提供のみを目的として提供されています。
DMCA.com保護ステータス