及び
en English

Windows PC に対する Mac の利点

アップル iMac

Mac OSの

Windows PC から Mac に切り替える確かな理由は、Mac OS です。 Linux に基づいており、Windows よりも優れた安定性とセキュリティを提供しますが、膨大な数のアプリケーションを見つけることはできません。

Mac OS X (最初の大きなもの) が最初に導入されたときでさえ、Windows をはるかに超えた時代のように見え、感じました (最近、Microsoft は Windows 11 で洗練されたモダンなデザインを作成しました)。 内部的には、オペレーティング システム自体が安定しており、信じられないほど高速で応答性が高いことが判明しました。 安定性と使いやすさを重視するなら、Mac OS は最適なオペレーティング システムです。

アップルエコシステム

すでに iPhone や iPad などの Apple デバイスに投資している場合、Apple コンピューターを持つことは、Apple エコシステムへの一歩前進であり、デバイス間でのドキュメントやデータの簡単な共有へのもう XNUMX つのステップです。

カレンダー、電子メール、写真、ビデオ、ドキュメントなどを、単一の Apple ID を使用してデバイス間で簡単に共有および同期できるため、ワークフローが他のオペレーティング システムよりもはるかに簡単になります。

開発

世界中の開発者は、Mac での開発は PC での開発よりもはるかに優れており、スムーズであると言っています。これはおそらく、Linux ベースの OS で何かを行う必要があります。 多くの場合、開発者が Apple ラップトップを選ぶのには理由があります。

また、iPhone や iPod 向けのアプリケーションやサービスの開発ビジネスを行っている場合、Apple エコシステムに参加して Apple ハードウェアを所有する以外に方法はありません。

プロフェッショナル ソフトウェア

Windows プラットフォームと Mac OS の両方にプロ仕様のソフトウェアが多数存在しますが、Final Cut Pro や Logic Pro などの Apple ハードウェア専用のソフトウェアもいくつかあります。 どちらのアプリケーションも専門家によって使用されており、業界標準のソフトウェアです。

Logic pro は、世界中の産業用オーディオの専門家によって使用され、プロのスタジオで使用されています。 Final Cut Pro は、ビデオ編集者によって世界中で使用されています。これら XNUMX つの分野のいずれかを専門とする場合、Windows ではソフトウェアが見つからないため、Mac は非常に合理的なプラットフォームのように思えます。 これらの XNUMX つは一例です。Mac OS でのみ使用できる同様のアプリケーションが他にもあります。

長寿

Apple のハードウェアは高品質の素材とコンポーネントで作られており、通常より長持ちすることが証明されています。 13 年間使用されている iPhone があり、それらはまだ機能しています。G3 および G4 Mac はまだ機能しています。

Apple製品を購入する場合、適切に扱われれば他の製品よりも長持ちするため、最終的にはそれらを購入することでお金を節約できます.

高度なシステム修復プロ

ワンクリックで自動化されたPC修復ソリューション
Advanced System Repair Proを使用すると、簡単に
破損したファイルを置き換える
パフォーマンスを回復する
空きディスク容量
マルウェアを削除する
WEBブラウザを保護します
ウイルスを削除する
PCのフリーズを停止します
DOWNLOAD
Advanced System Repair Proは、Windows11を含むすべてのバージョンのMicrosoftWindowsと互換性があります。

この記事を共有する:

あなたはおそらくそれも好きでしょう

0x8007043cエラーコードを修正する方法

0x8007043cエラーコードとは何ですか?

あなたはあなたのPCで0x8007043cエラーメッセージポップアップに出くわしたことがありますか? はいの場合、対応するプロセスまたは操作をアプリケーションで正常に完了できない場合に、このエラーメッセージが生成されることを知っておく必要があります。 これは重要なWindowsOSエラーメッセージであり、すぐに修正する必要があります。

世界

Restoroボックス画像エラーの原因

0x8007043cエラーコードは通常、次の理由でトリガーされます。
  • レジストリファイルの欠落または破損
  • Windowsインストーラーの更新に失敗しました
  • ウイルスとスパイウェア
このエラーコードの一般的な兆候は、ポップアップメッセージ、プログラムのロックアップ、ドキュメントを開く際の問題、および画面のフリーズです。

詳細情報と手動修理

PCでこのエラーが発生したらすぐに修復することをお勧めします。このエラーは、セキュリティのリスクが高いためです。 マルウェアとウイルス データの盗難で有名です。 PCの0x8007043cエラーを修正するために、IT専門家のサービスを受ける必要はありません。 このエラーコードは、簡単に修復できると評価されています。 以下の手順と修復ソリューションに従うことで、このウィンドウエラー0x8007043cを数分で簡単に修正できます。 これがあなたがする必要があることです:

ステップ1:ウイルスとスパイウェアをスキャンする

ハッカーがPCに侵入して機密データを盗むのを防ぐには、まずコンピューターをスキャンして、PC上のウイルスやスパイウェアを探す必要があります。 強力なウイルス対策ソフトウェアを使用して、コンピュータが完全にウイルスやスパイウェアに感染していないことを確認することをお勧めします。

ステップ2:レジストリクリーナーをダウンロードしてインストールする

ウイルスをスキャンしたら、 レジストリクリーナーをダウンロードしてインストールする。 これが必要なのは、アンチウイルスが破損したレジストリエントリを検出しないためです。 このようなエントリを検出するには、レジストリクリーナーツールが最適です。 システムにレジストリクリーナーをダウンロードしたら、スキャンボタンをクリックします。 スキャンが完了するまで数秒待つ必要があります。 スキャンが完了したら、[修復]ボタンをクリックしてエラーを修正します。 すべてのエラーを修正したら、コンピューターを再起動します。 レジストリの変更はシステムの再起動後にのみ有効になるため、これは重要です。 これらの2つの簡単な手順に従うことで、システムの0x8007043cエラーを簡単に解決できます。 ただし、このエラーが再発しないように、PCを使用するたびにアンチウイルスを実行することをお勧めします。
続きを読む
WindowsPCのクラッシュダンプを修正する方法
クラッシュダンプは、プロセッサのデータまたはRAMメモリの一部が誤って95つ以上のファイルにコピーされた場合に発生する可能性がある誤動作の一種です。 これはWindowsPCで一般的です。 以前はWindowsXNUMXエディションで最も目立っていましたが、その後のバージョンではほとんどの場合、状況が改善されています。 時間の経過とともに改善策を講じても、このエラーは引き続き発生します。

エラーの原因

クラッシュダンプは通常、コンピュータの重大で重大なエラーを示します。 このエラーの考えられる原因のいくつかを以下に示します。-
  • 破損したメモリ
  • ハードウェアの構成が正しくありません
  • プログラミングエラー。
  • 互換性のないドライバー
  • 障害のあるオペレーティングシステム
クラッシュダンプのリストされた原因にもかかわらず。 誰も彼らの準備ができていません。 クラッシュダンプは、いつでも発生する可能性があるという理由だけで、予期しないエラーとして分類されます。

詳細情報と手動修理

ほとんどのPCユーザーは、クラッシュダンプが発生すると、怖くて不安になります。 そうである必要はありません。 コンピュータ技術者を必要とせずに、クラッシュダンプを簡単に修復できます。 これらの簡単な手順に従うと、誤動作はすぐに解消されます。

a)オペレーティングシステムを再インストールします

セットアップCDをコンピューターのディスクドライブに挿入します。 これが完了したら、PCを再起動します。

b)F8を押す

PCの再起動中に、キーボードのF8ファンクションキーを押します。 これにより、「詳細ブートオプション」を選択する必要があるメニューが表示されます。

c)[コンピュータを修復する]をクリックします

F8オプションを押して、上記の最後の方法で提案されたことを実行したらすぐに、[コンピューターの修復]をクリックして、[Return/Enter]キーを押す必要があります。

d)「スタートアップ修理」をクリックします

スタートアップ修復オプションを検索し、それを選択します。 続いて、次へ移動します。 この方法を使用すると、システムを徹底的にスキャンした後、クラッシュダンプの原因が確実に認識されて終了します。 さらに、画面に表示されるクラッシュダンプ情報全体に注意するのが賢明です。 Windowsは、詳細なエラーメッセージを提供します。 各エラーコードをに書き留めます XNUMX進値 画面に表示される大文字も同様です。
  • ハードウェアを切断し、すべてのドライバーをアンインストールします

PCのクラッシュダンプの原因となっている新しいハードウェアをすべて取り外して取り外します。 ハードウェアのインストールに使用したドライバーをすべてアンインストールします。 これで問題が解決した場合は、ハードウェアの製造元に連絡して、最新の更新されたデバイスドライバーを要求してください。 長い間、パニックを開始する前に、自分のディスプレイに表示されるエラー情報を確認してください。 検索してインストールする必要がある特定のドライバーに関する情報が含まれているかどうかを参照してください。 結論として、コンピュータがクラッシュしたときに落ち着いて、上記の手順を使用して修復します。
続きを読む
Windows10のデスクトップ上のアニメーションの背景
Windows Vistaには、デスクトップにアニメーションの壁紙が含まれていましたが、残念ながら、システムリソースが非常に多かったため、Microsoftはこのアイデアを放棄しました。 数年後、Windows 10が登場しましたが、それでもライブのアニメーション壁紙はありません。 私はマイクロソフトを待ちたくないタイプなので、アニメーションの壁紙を復活させる時が来ました。私はすべて自分で壁紙を作るつもりです。あなたも乗り物に参加してあなたのために同じことをすることを歓迎します。 十分な話ですが、Windows10用のアニメーション壁紙を作成する方法について詳しく見ていきましょう。

アプリケーションの選択

まず、アニメーションの壁紙を見ることができる何らかのアプリケーションが必要になります。アニメーションであるため、ビデオを意味します。したがって、ビデオプレーヤーが必要になります。また、オープンソースライトであるVLCプレーヤーよりも優れた選択肢が必要です。フォーマットプレーヤー。 入手する VLCプレーヤー from (詳細を見る)。 及び install ボーマンは

ビデオソースの検索

次のことは、もちろん、背景として使用するループビデオを用意することです。 シームレスなループビデオを取得するための多くのサイトと方法があります、私は使用します この 私のバックグラウンドのYouTubeチャンネル。 また、任意のビデオフッテージを使用できます。長すぎないこと、高解像度で画面にピクセルが表示されないようにすることをお勧めします。可能であれば、必要がないため、シームレスに取得することをお勧めします。ビデオが最初から切り取られたときにスタッターを参照してください。 うまくいけば、あなたはビデオとVLCプレーヤーをインストールしたいと思っています。

それをすべてまとめる

次のコードをコピーしてWindowsの検索バーに貼り付けてスタートアップフォルダーを開くか、ファイルエクスプローラーを使用してスタートアップフォルダーに移動します(場所がわかっている場合)。 %appdata%\ Microsoft \ Windows \ Start Menu \ Programs \ Startup 次に、VLCショートカットをコピーしてこのフォルダーに貼り付け、Windowsの初回起動時に開始されるようにします。 ショートカットを右クリックし、編集フィールドに次のように貼り付けます。 "C:\ Program Files \ VideoLAN \ VLC \ vlc.exe" --video-wallpaper --qt-start-minimized --no-qt-fs-controller --repeat --no-video-title-show- qt-notification = 0 "C:\ videopath \ filename.mp4" コラボレー "C:\プログラムファイル\ VideoLAN \ VLC \ vlc.exe" VLCがインストールされているパスです。これをインストールした場所をポイントします 「C:\ videopath\filename.mp4」 アニメーションの壁紙として使用したいビデオがあるパスです。 私の場合、拡張機能としてmp4がありますが、mp4である必要はなく、VLCが開いて再生できる拡張機能を使用するだけであることに注意してください。

まとめ

これで、Windows10コンピューターでアニメーションの背景またはライブ壁紙を作成できました。 ショートカットを編集して新しいビデオへの新しいパスを指定するか、既存の壁紙を新しいむき出しの同じ名前で上書きすることで、いつでも壁紙を変更できます。
続きを読む
誰もが知っておくべき基本的なITスキル
今日の世界と時代には、基本的に誰もが知っておくべきいくつかの重要なITスキルがあります。 どの分野で働いていても、仕事で適切に機能するためには、いくつかのスキルが必要です。 ですから、これ以上苦労することなく、祖母でさえ知っておくべきこれらの重要なITスキルを誰もが知っておく必要があります。

基本的なITスキル誰もが知っておくべき5つの重要なITスキル

  1. ワードプロセッシング

    ビジネスドキュメントを作成または編集している場合でも、友人や親戚を助けようとしている場合でも、ワードプロセッシングスキルは今日の時代に不可欠な資産であり要件です。 たくさんの紙に何かを書くのは時間がかかり、紙が失われる可能性があり、たくさんの紙の中から特定のアイテムを探すのは本当に楽しい経験ではありません。 はるかに簡単な解決策は、すべてをコンピューターに書き込み、フォーマットし、保持することであり、ほとんどすべての雇用主がこのスキルを求めています。
  2. メールの送信と使用

    今日、私たちはデジタル時代に生きており、ほとんどの通信はメッセージングアプリを介してリアルタイムで行われ、ファイル共有はファイル共有サービスを介して行われます。 言及された技術にもかかわらず、多くのファイルは共有され、電子メールを介して送信されます。 メッセージが長すぎたり複雑すぎたりする場合、添付ファイルを追加したり、アーカイブメールに保存したりする必要がある場合は、メールを使用する必要があります。したがって、メールの使用は必須のスキルです。
  3. 検索エンジンの使用

    検索エンジンの使用について話すとき、私たちは本当にあなたのお気に入りのブラウザを起動したり、検索エンジンに入ったり、猫の写真を入力したりすることを考えていません。 私たちが考えるのは、検索エンジンを適切に使用する方法、検索オプションを微調整する方法、単語や文をフレーズで表現して必要なものをすべて見つける方法を知っている必要があるということです。
  4. データ作業を行う

    今日のテクノロジーのおかげで、データ入力とデータ計算がこれまでになく簡単になりました。 Microsoft Excel、Libre Office Calc、Googleスプレッドシートなどはすべて、多種多様な計算を実行し、必要なデータを大量に追跡することができます。 このスキルは、雇用主から不可欠なスキルとしてよく求められます。
  5. サイバーセキュリティ

    一般に、各従業員または個人は、このデジタル世界で自分自身を安全に保つために、さまざまな詐欺やベストプラクティスを十分に認識している必要があります。 このトピックに関するいくつかの記事があり、インターネット上にも多種多様な記事があります。

まとめ

あなたが老いも若きも、雇用されていても、仕事を探していても、これらのスキルは今日の世界でなくてはならないものです。 これらのさまざまなトピックに関するすばらしいチュートリアルがオンライン上にたくさんあります。知識のある友人やいとこが喜んでこれらすべてのことを行う方法を教えてくれると確信しています。
続きを読む
オーディオデバイスエラーなし–トリックを修正

オーディオデバイスの誤動作がないのは正確には何ですか?

多くのコンピュータ消費者が遭遇する誤動作の中には、オーディオデバイスエラーはありません。 エラーが発生すると、コンピューターから音や音声が聞こえなくなります。

世界

ドライバーフィックスボックスエラーの原因

この誤動作の原因となる可能性のある多くの要素があります。 サウンドカードドライバの破損または破損、たとえばデバイスマネージャオプションが正しくない、または正しくない BIOS構成.

詳細情報と手動修理

どのようにしてあなたのパソコンによるオーディオの標準的な生産を回復し、この誤動作を解決することができますか? 多くの追加の誤動作と同様に、修復の方法はそのトリガーによって異なります。 このジレンマを適切に解決するには、原因を特定できるように、PCシステムの評価を実行する必要があります。 これは、単独で、または同時にこのジレンマを引き起こす可能性のある多数の変数があるためです。 これらの対策により、パーソナルコンピュータプログラムの無音デバイスエラーを解決し、トリガーを特定して修正することができます。 コンピュータにオンボードオーディオデバイスがインストールされている場合は、手順1の指示に従い、BIOS設定を評価します。 別のサウンドカードを使用している場合は、ステップ1にジャンプしてステップXNUMXに進むことができます。

ステップ1-BIOSオプションを評価します。

パーソナルコンピュータのBIOS構成が正しくないために、サウンドデバイスエラーが発生することはありません。 これらの設定が誤動作の原因である場合は修正することで、簡単に解決できます。 PCを再起動して、すぐにBIOSオプションにアクセスしてください。 サウンドカードを見つけることによって、これは通常、 AC97オーディオ、その後、統合周辺機器を開く必要があります。 見つけたらすぐに、[許可]または[自動]に設定します。 最後に、オンボードオーディオAC97コントロールにアクセスし、それを[許可]または[自動]に設定する必要があります。 それでも状況が解決しない場合は、ステップXNUMXに進みます。

ステップ2-デバイスマネージャーを分析する

デバイスマネージャの誤動作によって、サウンドデバイスの誤動作が発生することはありません。 この問題を解決するには、[マイコンピュータ]に移動して右クリックし、[プロパティ]を選択して、[ハードウェア]タブをクリックし、[デバイスマネージャ]をクリックします。 このウィンドウペインで、ムービー、オーディオ、およびゲームのコントローラーを分析します。 サブのいずれかにクロスがあることがわかった場合は、それを右クリックして[有効]に設定します。 デバイスマネージャのメニューに感嘆符または疑問符が表示されている場合は、サウンドカードドライバが正しくインストールされていないか、破損している可能性があります。 これは、サウンドカードドライバに問題がないことを意味するものではありません。 異常なものは何も見つかりませんが、誤動作している可能性があります。 これは、デバイスマネージャがオーディオハードウェアのエラーを常に認識するとは限らないためです。 この後、ステップ3に進むことができます。

ステップ3-サウンドカードドライバをアップグレードまたは再インストールします。

「サウンドシステムが検出/インストールされていない」誤動作の約80%は、壊れたカードドライバや古いカードドライバが原因です。 オーディオカードドライバが破損、損傷、または古くなっている場合、サウンドカードはWindowsオペレーティングシステムによって検出されないため、コンピュータから音が出なくなります。 これがサウンドデバイスの誤動作の原因である場合は、コンピュータにオーディオカードドライバを再インストールする必要があります。 それでも、古いドライバーをアップグレードするのに役立つWeb上のドライバーアップグレードアプリケーションを利用できます。
続きを読む
Chromeはパスワードを保存しません
最近、多くのユーザーが、GoogleChromeブラウザがアカウント、ログインセッション、およびパスワードを記憶していないと報告しました。 したがって、同じ問題が発生しているユーザーの10人である場合は、この投稿でChromeブラウザがパスワードを保存せず、アカウントを記憶し、WindowsXNUMXでログインセッションを行うことができる方法について説明します。 。Chromeでのこの問題は、多くの要因によって引き起こされる可能性があります。 Chromeには、ブラウザがデータを保存できないように設定されている可能性があります。 また、GoogleChromeプロファイルまたはChromeのキャッシュフォルダが破損している可能性があります。 さらに、サードパーティのウイルス対策プログラムが、データの保存におけるブラウザの機能をブロックしている可能性もあります。 原因が何であれ、問題を解決するのに役立ついくつかの提案がありますが、それを行う前に、まずChromeブラウザを最新バージョンに更新してみてください。 それが機能しなかった場合は、以下の所定のオプションに進んでください。

オプション1-ブラウザのキャッシュをクリアしてみてください

  • GoogleChromeブラウザを開きます。
  • その後、Ctrl + Hキーをタップします。 これを行うと、ブラウザの閲覧履歴やその他のデータを削除できる新しいパネルが開きます。
  • 次に、表示されているすべてのチェックボックスを選択し、[データの消去]ボタンをクリックします。
  • 次に、Chromeブラウザを再起動して、ダウンロードを再度完了できるかどうかを確認します。

オプション2– GoogleChromeのキャッシュファイルを削除してみてください

次にできることは、Chromeのキャッシュファイルまたはそのストア情報を削除することです。これにより、キャッシュされたWebページをプルアップしたときにロードするのに役立ちます。 ただし、キャッシュファイルが破損していることが判明した場合は、Chromeがパスワードを保存できないのも不思議ではありません。 これを修正するには、Google Chrome Webページのキャッシュファイルを削除してみてください。これを行うには、次の手順に従います。
  • まず、GoogleChromeを開きます。
  • 次に、Chromeでこのアドレスを開きます– chrome:// settings / clearBrowserData
  • その後、[詳細設定]タブに移動し、すべての時間と最初のXNUMXつのオプションを選択します。
  • 次に、[データを消去]オプションをクリックし、キャッシュが消去されたらChromeブラウザを再起動します。

オプション3– GoogleChromeがローカルデータを保持できるようにしてみてください

Google Chromeの設定でローカルデータを保持するオプションが無効になっている場合、ブラウザにローカルデータを保存することはできません。 したがって、次の手順に従って有効にする必要があります。
  • Chromeを開き、このアドレスを入力します– chrome:// settings / clearBrowserData
  • その後、「ブラウザを終了するまでローカルデータのみを保持する」オプションのトグルボタンをオフにドラッグします。
  • 完了したら、Google Chromeを再起動し、問題が修正されたかどうかを確認します。

オプション4–パスワードの保存を提供する設定を有効にしてみてください

ご存知のように、多くのWebサイトでは、パスワードを保存する選択肢がユーザーに提供されており、Chromeブラウザでも同じことができます。 アドレスに移動して、この特定の設定を有効にする必要があります。 クロム:/ /設定/パスワード。 そこから、[パスワードを保存するオファー]設定のトグルボタンをドラッグしてオフにします。

オプション5–Chromeの新しいプロファイルを作成してみてください

Google Chromeのユーザープロファイルが破損した場合は、Chromeがパスワードを保存できないことが原因である可能性があります。 したがって、新しいユーザープロファイルを作成する必要があります。 どのように? 以下の手順に従ってください。
  • まず、プロファイルの右上隅にあるアカウントアイコンをクリックします。
  • 次に、[ユーザーの管理]セクションに移動し、[ユーザーの追加]> [追加]を選択します。
  • その後、詳細を入力して新しいアカウントを追加し、Chromeを再起動します。

オプション6–Chromeをリセット

Chromeをリセットすると、問題の解決にも役立ちます。 これは、デフォルト設定を復元し、すべての拡張機能、アドオン、およびテーマを無効にすることを意味します。 それとは別に、コンテンツ設定もリセットされ、Cookie、キャッシュ、サイトデータも削除されます。 Chromeをリセットするには、次のことを行う必要があります。
  • Google Chromeを開き、Alt + Fキーをタップします。
  • その後、[設定]をクリックします。
  • 次に、[詳細設定]オプションが表示されるまで下にスクロールし、表示されたらクリックします。
  • [詳細設定]オプションをクリックした後、[復元してクリーンアップする]オプションに移動し、[設定を元のデフォルトに戻す]オプションをクリックしてGoogleChromeをリセットします。
  • 次に、GoogleChromeを再起動します。

オプション7–Chromeをクリーンインストールしてみてください

アンインストール後にプログラムがファイルを残す場合があり、Chromeでも同じことが起こる可能性があるため、Chromeを再インストールする前に、ユーザーデータフォルダを削除したことを確認する必要があります。 これを行うには、次の手順を参照してください。
  • Win + Rキーを押して、[実行]ダイアログボックスを開きます。
  • 次に、フィールドに「%LOCALAPPDATA%GoogleChromeUser Data」と入力し、Enterキーを押してユーザーデータフォルダーを開きます。
  • そこから、デフォルトフォルダの名前を変更し、「Default.old」などの別の名前を付けます。
  • その後、Google Chromeを再度インストールして、問題が修正されたかどうかを確認します。
続きを読む
サンドボックスはエラー0xc030106で開始できませんでした
Windows Sandboxを実行しようとしたときに、「Windows Sandboxを起動できませんでした、エラー0xc030106、仮想マシンまたはコンテナーが予期せず終了しました」というエラーが突然発生した場合は、この投稿を読んでください。問題を解決します。 セキュリティの専門家によると、Windows Sandboxでのこの種のエラーは、サポートする仮想化コンポーネントに関するいくつかの問題が原因です。 それは他の要因によっても引き起こされる可能性があり、それを修正するには、チェックアウトする必要があるいくつかの潜在的な修正があります。 管理者としてWindowsSandboxを実行してみることができます。 また、サポートしているすべてのプロセスが正しく実行されていることを確認し、保留中のWindowsUpdateをインストールしてみてください。

オプション1-管理者としてWindowsSandboxを実行してみてください

  • [スタート]メニューで、Windowsサンドボックスのエントリが表示されるまで下にスクロールします。
  • 次に、それを右クリックして[その他]を選択し、[管理者として実行]オプションを選択して、管理者権限で開きます。
  • 次に、ユーザーアカウント制御またはUACプロンプトが表示されたら、[はい]をクリックして続行します。
  • これで、エラーなしでWindowsサンドボックスを開くことができるはずです。 ただし、エラーが続く場合は、以下の次のオプションに進んでください。

オプション2–すべてのサポートプロセスとサービスが適切に実行されていることを確認します

管理者としてWindowsSandboxを実行してもエラーが修正されなかった場合は、WindowsSandboxに関連するすべてのプロセスが正しく実行されていることを確認する必要があります。 これを行うには、次の手順に従います。
  • Win + Rキーをタップして実行ユーティリティを起動し、フィールドに「services.msc」と入力し、Enterキーを押してWindowsサービスマネージャーを開きます。
  • 次に、サービスのリストから、指定された順序で次のサービスを探します。
    • ネットワーク仮想化サービス
    • 仮想ディスク
    • Hyper –V仮想マシン
    • Hyper –Vホストコンピューティングサービス
    • コンテナマネージャーサービス
  • 前述のサービスを見つけたら、それぞれを再起動します。
  • 完了したら、Windows Sandboxをもう一度開いて、エラーが修正されたかどうかを確認してください。

オプション3–保留中のWindowsUpdateをインストールしてみてください

10番目のオプションがまだ機能しない場合は、コンピューターのWindows Updateを確認し、インストールする必要のある保留中のWindowsUpdateがあるかどうかを確認することをお勧めします。 Windows XNUMX設定アプリに移動し、[Windows Updates]セクションに移動し、[更新プログラムの確認]ボタンをクリックして、インストールする必要のある保留中の更新プログラムがあるかどうかを確認するだけです。 これにより、Windowsサンドボックスエラーが修正される可能性があります。
続きを読む
System32フォルダが起動時にポップアップし続ける
System32フォルダーには、オペレーティングシステムに不可欠な重要な構成と情報が含まれています。 これは「Windows」フォルダ内にあり、重要なDLLファイルと実行可能ファイルで構成されています。 「System32」という単語が含まれているエラーに気付いたかもしれませんが、これらの種類のエラーはいくつかの重要なファイルが破損または欠落している場合にのみ発生するため、必ずしもSystem32フォルダーがそれらをトリガーすることを意味するわけではありません。 一部のユーザーは最近、コンピューターを起動するたびに、System32フォルダーがファイルエクスプローラーで自動的に開くと報告しました。 同じ問題が発生した場合は、この投稿を読んで、それを修正するための方法を説明します。 この種の問題は、サービスまたはアプリケーションの干渉が原因である可能性があります。コンピュータまたはWindowsサービスにサードパーティのアプリケーションがインストールされていて、起動時にSystem32がポップアップする可能性があります。 これは、システム変更の結果である可能性もあります。 したがって、サードパーティのプログラムを特定するか、コンピュータを以前の状態に復元する必要があります。

オプション1-コンピュータをクリーンブート状態にする

指摘したように、問題の背後にあるのはサードパーティのプログラムまたはサービスである可能性があります。 この可能性を分離し、原因を特定するには、コンピューターをクリーンブート状態にする必要があります。 これを行うには、以下の手順に従います。
  • 管理者としてPCにログオンします。
  • 入力します MSConfigの [検索の開始]で、[システム構成]ユーティリティを開きます。
  • そこから、[全般]タブに移動し、[選択的なスタートアップ]をクリックします。
  • [スタートアップ項目をロードする]チェックボックスをオフにし、[システムサービスをロードする]および[元のブート構成を使用する]オプションがオンになっていることを確認します。
  • 次に、[サービス]タブをクリックし、[すべてのMicrosoftサービスを非表示にする]チェックボックスをオンにします。
  • [すべて無効にする]をクリックします。
  • [適用/ OK]をクリックして、PCを再起動します。 (これにより、PCがクリーンブート状態になります。通常の起動を使用するようにWindowsを構成し、変更を元に戻すだけです。)
PCをクリーンブート状態にした後、システムの復元ポイントを作成して、問題が引き続き発生するかどうかを確認してください。 クリーンブートのトラブルシューティングは、問題の特定に役立つように設計されています。 クリーンブートのトラブルシューティングを実行するには、いくつかのアクション(上記の手順)を実行してから、すべてのアクションの後にPCを再起動する必要があります。 問題を実際に特定するには、サードパーティのアプリを次々に無効にする必要がある場合があります。 問題を絞り込んだら、問題の原因となっているサードパーティのアプリを無効にするか、削除することができます。 問題のトラブルシューティングが完了したら、PCを通常のスタートアップモードに戻す必要があることに注意してください。 これがあなたがそれをすることができる方法です:
  • 「スタート」メニューから、システム構成に移動します。
  • その後、[全般]タブに切り替えて、[通常の起動]オプションをクリックします。
  • 次に、[サービス]タブに移動し、[すべてのMicrosoftサービスを非表示にする]チェックボックスをオフにします。
  • 次に、[すべて有効にする]を見つけてクリックし、プロンプトが表示されたら確認する必要があります。
  • その後、タスクマネージャに移動し、すべてのスタートアッププログラムを有効にして、アクションを確認します。
  • プロンプトが表示されたら、PCを再起動します。

オプション2–システムの復元を実行する

  • まず、Win + Rキーを押して[実行]ダイアログボックスを開きます。
  • その後、フィールドに「sysdm.cpl」と入力し、Enterをタップします。
  • 次に、[システムの保護]タブに移動し、[システムの復元]ボタンをクリックします。 これにより、新しいウィンドウが開き、希望のシステムの復元ポイントを選択する必要があります。
  • その後、画面の指示に従ってプロセスを終了し、コンピュータを再起動して、問題が修正されたかどうかを確認します。

オプション3–システムファイルチェッカースキャンを実行する

システムファイルチェッカーまたはSFCスキャンを実行して問題を解決することもできます。 システムファイルチェッカーは、破損したファイルや不足しているファイルを復元するのに役立つ、コンピュータに組み込まれているコマンドユーティリティです。 実行するには、次の手順を参照してください。
  • Win + Rキーを押してRunを起動します。
  • 入力します CMD フィールドに入力し、Enterをタップします。
  • コマンドプロンプトを開いた後、次のように入力します SFC / SCANNOW
コマンドはシステムスキャンを開始しますが、終了するまでに数時間かかります。 完了すると、次の結果が得られます。
  1. Windowsリソース保護は整合性違反を検出しませんでした。
  2. Windows Resource Protectionは破損したファイルを検出し、正常に修復しました。
  3. Windows Resource Protectionは破損したファイルを検出しましたが、一部を修正できませんでした。
 コンピュータを再起動し、起動時にSystem32フォルダがまだポップアップするかどうかを確認します。
続きを読む
Steamデッキはデュアルブートできるようになります
Steam Deckのリリースが間近に迫っており、さらに多くのニュースが明るみに出ています。 最新の公式に確認された技術的な詳細は、ユーザーがデバイスのBIOSにアクセスできるようになり、デュアルブートが公式にサポートされることです。 スチームデッキもちろん、これは、デバイスにProtonとWindowsの両方を搭載して、ハードウェアが十分に強力であれば、好きなものを再生できることを意味します。 バルブはまた、SDカードからOSを起動できると言っていました! もちろん、これにより、ゲーム自体に利用できるスペースが節約されます。特に、利用可能なエントリモデルがXNUMXつ未満の場合はなおさらです。 このすべての情報は、デッキを別のコンソールだけでなくハンドヘルドPCの領域に押し込みます。この発表が、私の顔に笑顔を残したことを認めなければなりません。
続きを読む
Windows0でエラーコード004xc210f8を修正する方法

エラーコード0xc004f210–それはなんですか?

エラーコード0xc004f210は、Windows8ユーザーがWindowsオペレーティングシステムのアクティブ化に失敗した場合に発生します。 次の一般的な症状が発生するため、ユーザーはエラーコード0xc004f210を特定できます。

世界

Restoroボックス画像エラーの原因

無効なプロダクトキーを入力した場合、またはアクティブ化しようとしているWindowsのエディションのデジタル資格がない場合は、エラーコード0xc004f210が発生する可能性があります。 このエラーは通常、これらの主な理由で発生するため、有効なプロダクトキーを使用するか、デジタル資格のエディションに基づいてWindowsの適切なエディションをアクティブ化することで、この問題の解決に成功する可能性があります。

詳細情報と手動修理

エラーコードは、エラーの原因となっている根本的な問題を修正しようとする手動の修復手順によって解決できます。 エラーコード0xc004f210の場合、以下の方法を使用してこのエラーを解決できるはずです。 エラーコードの解決が困難な場合は、Windowsの修理技術者に連絡することも検討してください。

方法XNUMX:有効なプロダクトキーを入力する

オペレーティングシステムを正常にアクティブ化し、エラーコード0xc004f210を解決するには、Windowsの[更新とセキュリティ]セクションに有効なプロダクトキーを入力する必要があります。 以下の手順に従って、プロダクトキーを入力します。

  • ステップXNUMX:[スタート]ボタンをクリックして、[設定]を選択します
  • ステップXNUMX:[更新とセキュリティ]、[アクティベーション]の順に選択します
  • ステップXNUMX:[プロダクトキーの変更]をクリックします
  • ステップXNUMX:有効なプロダクトキーを入力します

エラーコード0xc004f210の原因となる問題が無効なプロダクトキーの使用に関連している場合は、Windowsオペレーティングシステムを正常にアクティブ化できるはずです。 問題が解決しない場合でも、以下で説明する次の手動修復方法を試す必要がありますか? 注:このエラーコードを修正しないと、他の結果になる可能性があります Windows10のエラーメッセージ.

方法XNUMX:Windowsのエディションがデジタルエンタイトルメントと一致することを確認する

デジタルエンタイトルメントにより、Windowsユーザーはプロダクトキーを使用せずにアクティベーションにアクセスできます。 このデジタル資格は、Windows 8Proを含むバージョンのWindows10をアクティブ化しようとしているWindows10ユーザーにのみ影響します。 Windows 8.1の正規のコピーを使用していて、Windowsのエディションが資格と一致したら、以下の手順に進むことができます。

  • ステップXNUMX:[スタート]ボタンをクリックして、[設定]を選択します
  • ステップXNUMX:[設定]を選択した後、[更新とセキュリティ]をクリックします
  • ステップXNUMX:[Windows Update]を選択してから、[更新の確認]タブを選択します
  • ステップ10:[WindowsXNUMXアップデートのアクティブ化]をクリックします

上記の手順に従うと、WindowsUpdateをアクティブ化できるはずです。 エラーコード0xc004f210は、プロダクトキーまたはデジタルエンタイトルメントに関連するアクティベーションコードであるため、これらの問題が修正されたら、選択したオペレーティングシステムをアクティベートして、そのメリットを享受できます。 ただし、両方の手動修復方法を試しても問題が解決しない場合は、システムに異常な問題が発生している可能性があります。 Microsoftに連絡して問題を修正するか、Windowsの修理技術者にサポートを依頼してください。

方法XNUMX:自動ツールをダウンロードする

これらのWindows 8やその他の関連する問題が発生したときに、それらを修正するためのユーティリティツールを常に自由に使用したい場合 ダウンロードとインストール 強力な自動化ツール。

続きを読む
及び
著作権©iriz.co ErrorTools。 全著作権所有
商標:Microsoft Windowsのロゴは、Microsoftの登録商標です。 免責事項: ErrorTools.comはMicrosoftと提携しておらず、直接提携しているとは主張していません。
このページの情報は、情報提供のみを目的として提供されています。
DMCA.com保護ステータス