及び
en English

緊急停電に最適なガジェット

停電は、現代で起こりうる最も厄介なことの XNUMX つです。 私たちは皆、電気に依存することを学んでいますが、おそらく過度に依存しているため、これらの不快な状況でのバックアップ計画が必要です. このような状況に適したガジェットをいくつか紹介します。

パワー・バンク

パワーバンク

完全に充電されたパワー バンクは、携帯電話やタブレットを充電できる優れたアイテムです。 それがより大きなパワーバンクである場合、それらを数回上までいっぱいにすることができ、携帯電話またはタブレットを充電すると、暗い時間の楽しみに大いに役立ちます. パワーバンクは、このリストの他のガジェットを埋めるためにも使用できるため、停電が長く続くことが予想される場合は、電話/タブレットゲームで無駄にしない方が賢明でしょう.

ポータブル発電機

ポータブル発電機

パワーバンクの寿命が短すぎる場合は、より長い時間電力を供給できるポータブル発電機が常に良い選択肢です。 ソーラー発電機をお勧めします。これは、電力を生成する方がはるかに安いためですが、夜間に電力サージが発生した場合は制限されます。ガソリンを使用する方が安定して実用的ですが、電力を生成するにはコストがかかります.

ポータブルソーラー充電器

ソーラー充電器

リストにもう XNUMX つ電気を生成するデバイスがありますが、これは、太陽のエネルギーを収集し、デバイスの貴重な電力に変換することで、携帯電話、タブレット、またはラップトップを充電することを目的としています。 完全に無音で操作が簡単なこれは、停電のための優れたツールです。 小型の家電製品用の電力を生成することはできませんが、基本的な電話/タブレット/ラップトップのニーズには十分です。

パニックライト

パニックライト

独自のバッテリーで自立するパニック ライトは、電力が供給されていないときの稲妻の優れた資産です。 回路が電力不足を検出すると自動的にオンになりますが、手動でオンまたはオフにすることもできます。 パニックライトには、生成する光からどれくらいの時間作動するかまで、さまざまなバージョンがあるため、適切なものを選択することは、家のサイズとニーズに完全に依存します.

USBヘッドランプ

usbヘッドライト

パニック ライトがない場合、USB ヘッドランプは道を照らすのに最適な選択肢であり、懐中電灯よりも優れた機能を発揮します。懐中電灯を持ってできる。 最新のヘッドライトには LED ライトが付属しているため、少ない電力消費で十分な量の光を提供し、パワーバンク、ソーラー充電器、または発電機で充電できます。

LEDランタン

LEDライト

LED Lantern は、ヘッドライトとパニック ライトの中間に位置するガジェットです。パニック ライトとほぼ同じ光量を提供しますが、持ち運びが可能です。 もちろん、非常灯よりもバッテリーの消耗が早く、持ち歩く必要はありますが、トイレに持っていくなど、必要なときにいくつかの良いオプションを提供できます.

電気ライター

電気ライター

電気ライターも必要なものの XNUMX つで、ろうそく、紙、ストーブなどに火をつけることができます。バッテリーは通常、長時間使用するのに十分であり、再充電が必要になる可能性はほとんどありません。 念のため、マッチを持っていることも賢明です。

ソーラーオーブン

ソーラーオーブン

アウトブレイクが長引くときやお腹が空いたときに最適なガジェットです。 すべての家庭がガスオーブンを持っているわけではないので、ソーラーオーブンは食べ物をいっぱいに保つのに最適なツールです. 確かに、通常のオーブンと同等の速度と品質はありませんが、それが唯一のオプションである場合は十分です.

高度なシステム修復プロ

ワンクリックで自動化されたPC修復ソリューション
Advanced System Repair Proを使用すると、簡単に
破損したファイルを置き換える
パフォーマンスを回復する
空きディスク容量
マルウェアを削除する
WEBブラウザを保護します
ウイルスを削除する
PCのフリーズを停止します
DOWNLOAD
Advanced System Repair Proは、Windows11を含むすべてのバージョンのMicrosoftWindowsと互換性があります。

この記事を共有する:

あなたはおそらくそれも好きでしょう

SearchAppを削除する方法

SearchApp by Blpsearchは、現在GoogleChromeブラウザをターゲットにしているブラウザハイジャッカーです。 これは、ユーザーに強化されたオンライン検索エクスペリエンスを提供するツールとして提供されます。 Search Appには、新しいタブウィンドウからWebをすばやく検索できる他のすばらしいツールもあります。

この拡張機能により、ホームページと新しいタブ検索がblpsearchに変更されました。 インストール中に、ブラウジングセッション全体で追加の広告とスポンサーリンクが表示されます。 ユーザーの閲覧情報を収集し、それを使用してスポンサー付きコンテンツをより適切に提供します。

ブラウザハイジャッカーについて

ブラウザハイジャッカーとは、悪意のあるコードが、ユーザーの承認なしにWebブラウザの設定を制御および変更することを意味します。 インターネットブラウザハイジャックが発生する理由はたくさんあります。 ただし、商業、マーケティング、および広告がそれらの作成の主な理由です。 一般に、ハイジャック犯は、Webトラフィックを増やして広告収入を増やすか、そこにアクセスするすべてのユーザーに手数料を支払うために、好みのWebサイトにヒットを強制します。 それにもかかわらず、それはそれほど素朴ではありません。 あなたのインターネットの安全性は危険にさらされており、それはまた非常に迷惑です。 最悪の場合、ブラウザがハイジャックされて、コンピュータやラップトップに多大な損害を与える悪意のあるソフトウェアをダウンロードする可能性があります。

ブラウザハイジャックを特定する方法をご覧ください

インターネットブラウザが乗っ取られた場合の症状は次のとおりです。Webブラウザのホームページが突然異なります。 ブックマークと新しいタブも変更されます。 デフォルトのブラウザ構成が変更されているか、デフォルトのWebエンジンが変更されています。 未承諾の新しいツールバーがWebブラウザに追加されます。 Webブラウザまたは表示画面に多数の広告が表示されるのを観察します。 ブラウザに不安定性の問題があるか、頻繁にエラーが表示されます。 特定のサイト、特にマルウェア対策やその他のコンピューターセキュリティソフトウェアサイトに移動できない。

それがあなたのパソコンにどのように感染するか

ブラウザハイジャッカーは、ファイル共有、ダウンロード、電子メールなど、何らかの手段でPCに侵入する可能性があります。 多くのインターネットブラウザハイジャックは、アドオンアプリケーション、つまりツールバー、ブラウザヘルパーオブジェクト(BHO)、または追加機能を提供するためにWebブラウザに追加された拡張機能から発生します。 一部のブラウザハイジャッカーは、「バンドル」(通常はシェアウェアやフリーウェアを介して)と呼ばれる不正なソフトウェア配布戦略を使用して、ユーザーのコンピューターに拡散します。 人気のあるブラウザハイジャッカーの例としては、Fireball、GoSave、Askツールバー、CoolWebSearch、RocketTab、Babylonツールバーがあります。 ブラウザハイジャッカーは、ユーザーのキーストロークを記録して、プライバシーの問題につながる可能性のある重要な情報を収集し、システムを不安定にし、ユーザーエクスペリエンスを大幅に混乱させ、最終的にシステムの速度を低下させて使用できなくなる可能性があります。

ブラウザハイジャックを修復する方法

ブラウザハイジャッカーを削除するために試みることができるXNUMXつのことは、Windowsのコントロールパネルの[プログラムの追加と削除]リスト内で悪意のあるソフトウェアを発見することです。 そこにあるかもしれないし、ないかもしれない。 その場合は、アンインストールしてください。 ただし、一部のハイジャック犯は、必要なオペレーティングシステムプロセスとして動作できるようにする特定の重要なコンピューターファイルに関連付けられる可能性があるため、特定または削除するのがより困難になります。 システムレジストリとHOSTSファイルをいじり回すことに関連する悪影響があるため、技術に精通した個人である場合にのみ、手動修正の実行を検討する必要があります。 影響を受けるコンピュータにウイルス対策ソフトウェアをインストールして実行すると、ブラウザハイジャッカーやその他の悪意のあるプログラムが自動的に消去される可能性があります。 Safebytes Anti-Malwareは、最先端のマルウェア対策エンジンを備えており、ブラウザハイジャッカーの感染を最初から防止し、既存の問題をクリーンアップするのに役立ちます。 マルウェア対策ツールと一緒に、RestoroのようなPCオプティマイザーは、コンピューターレジストリ内のすべてのリンクされたファイルと変更を自動的に取り除くのに役立ちます。

マルウェア対策をインストールできない場合はどうすればよいですか?

マルウェアは、パーソナルコンピュータに多くの損害を与える可能性があります。 一部のマルウェア、特にウイルス対策ソフトウェアプログラムは、コンピュータに何かをダウンロードまたはインストールすることを妨げるために非常に長い時間がかかります。 これを今読んでいると、マルウェア感染がブロックされたネットトラフィックの背後にある理由であることに気付いたかもしれません。 では、Safebytesなどのウイルス対策アプリケーションをダウンロードしてインストールする必要がある場合はどうすればよいでしょうか。 この問題を回避するために実行できるいくつかの手順があります。

ネットワークを使用してセーフモードでアンチウイルスをインストールする

セーフモードでは、実際にWindowsの設定を変更したり、プログラムをアンインストールまたはインストールしたり、削除が難しいマルウェアを根絶したりできます。 マルウェアがインターネット接続を妨害し、コンピューターに影響を与えている場合、セーフモードで実行すると、潜在的な損害を制限しながら、ウイルス対策ソフトウェアをダウンロードしてスキャンを実行できます。 セーフモードで起動するには、Windowsの起動画面が表示される直前にキーボードの「F8」キーを押します。 または、通常のWindows起動の直後に、MSConfigを実行し、[起動]タブの[セーフブート]をオンにして、[適用]をクリックします。 セーフモードになったら、マルウェアの邪魔をせずにウイルス対策ソフトウェアプログラムのインストールを試みることができます。 インストール後、マルウェアスキャナーを実行して、ほとんどの標準的な感染を排除します。

別のブラウザを使用してセキュリティソフトウェアをダウンロードする

一部のマルウェアは、特定のWebブラウザのみを標的としています。 これがあなたの状況である場合、ウイルスを回避する可能性があるため、別のWebブラウザを使用してください。 Internet Explorerがウイルスに乗っ取られたり、サイバー犯罪者に侵害されたりした疑いがある場合、最も効果的な方法は、Google Chrome、Mozilla Firefox、AppleSafariなどの代替Webブラウザに切り替えてダウンロードすることです。選択したセキュリティプログラム– SafebytesAnti-Malware。

フラッシュドライブにアンチウイルスをインストールする

これは、インストールを必要とせずにシステムのマルウェアをスキャンできるポータブルUSBアンチウイルスソフトウェアを利用するさらに別のソリューションです。 これらの簡単な手順を実行して、ポータブルアンチウイルスを使用して影響を受けるコンピューターをクリーンアップします。 1)クリーンなPCに、SafebytesAnti-Malwareをダウンロードしてインストールします。 2)フラッシュドライブをクリーンなコンピューターのUSBポートに接続します。 3)ダウンロードしたアプリケーションの実行可能ファイル(.exeファイル拡張子)をダブルクリックして、セットアッププログラムを実行します。 4)ウィザードがアプリケーションをインストールする場所を尋ねてきたら、場所としてサムドライブを選択します。 指示に従って、インストールプロセスを終了します。 5)USBドライブをクリーンなコンピューターから感染したコンピューターに転送します。 6)アイコンをダブルクリックして、ペンドライブから直接SafebytesAnti-malwareを実行します。 7)「今すぐスキャン」をクリックして、影響を受けるコンピューターでウイルスのスキャンを実行します。

SafeBytes SecuritySuiteを使用してマルウェアからコンピューターを保護する

PC用のマルウェア対策プログラムをダウンロードする場合、市場にはさまざまなツールを検討する必要がありますが、有料プログラムか無料プログラムかに関係なく、誰もが盲目的に信頼することはできません。 それらのいくつかは優れている、いくつかは大丈夫なタイプであり、そしていくつかはあなたのコンピュータ自体を台無しにするでしょう! マルウェア対策ソフトウェアを検索するときは、すべての既知のコンピューターウイルスおよびマルウェアに対して、信頼性が高く、効率的で、完全な保護を提供するソフトウェアを選択してください。 商用ツールのオプションに関しては、ほとんどの人がSafeBytesなどの有名なブランドを使用しており、非常に満足しています。 SafeBytesマルウェア対策は、コンピューターリテラシーのすべてのレベルのユーザーがコンピューターから有害な脅威を特定して排除するのを支援するために作成された強力で非常に効果的な保護ツールです。 このソフトウェアは、最先端のテクノロジーを通じて、スパイウェア、アドウェア、コンピューターウイルス、ワーム、トロイの木馬、キーロガー、望ましくない可能性のあるプログラム(PUP)、ランサムウェアなど、さまざまな種類のマルウェアやその他の脅威によって引き起こされる感染からパーソナルコンピューターを保護します。 。 SafeBytesマルウェア対策は、他のすべてとは一線を画す無数の拡張機能を提供します。 以下にリストされているのは、SafeBytesで好むかもしれない機能のいくつかです。 世界クラスのアンチウイルス保護: このマルウェア除去ツールは、強化された高度なアルゴリズムを使用して、PCに隠れているマルウェアの脅威を効果的に識別して除去できます。 アクティブプロテクション: SafeBytesは、コンピューターをXNUMX時間保護し、マルウェア攻撃をリアルタイムで制限します。 このソフトウェアは、疑わしいアクティビティがないか常にPCを追跡し、最新の脅威に遅れないように定期的に更新します。 ウェブサイトのフィルタリング: SafeBytesは、アクセスするすべてのWebサイトに固有の安全性評価をチェックして付与し、フィッシングサイトと見なされるWebページへのアクセスをブロックします。これにより、個人情報の盗難やマルウェアが含まれていることがわかっているWebページからユーザーを保護します。 軽量: SafeBytesは、軽量でユーザーフレンドリーなウイルス対策およびマルウェア対策ソリューションです。 最小限のコンピューターリソースを使用するため、このプログラムは、コンピューターの能力を、それが属する場所に正確に残します。 素晴らしいテクニカルサポート: 有料のソフトウェアを使用している場合は、XNUMX時間体制で高レベルのサポートを受けることができます。 要約すると、SafeBytes Anti-Malwareは、優れたマルウェアの検出と防止の両方を備えた非常に低いシステムリソース使用量と組み合わせて、優れた保護を提供します。 SafeBytes Anti-Malwareをインストールすると、マルウェアやその他のセキュリティ上の懸念について心配する必要がなくなります。 したがって、高度な形式の保護機能と脅威の検出が必要な場合は、SafeBytesAnti-Malwareを購入する価値があります。

技術的な詳細と手動による削除(上級ユーザー)

自動化されたツールを使用せず、SearchAppを手動で削除したい場合は、コントロールパネルの[Windowsの[プログラムの追加と削除]]メニューに移動し、問題のあるプログラムを削除することで削除できます。 ブラウザ拡張機能の場合は、ブラウザのアドオン/拡張機能マネージャに移動してアンインストールできます。 また、インターネットブラウザをデフォルトの構成設定に完全にリセットすることもできます。 完全に削除するには、ハードドライブとレジストリで次のすべてを手動で調べ、必要に応じて値を削除またはリセットします。 ただし、これは多くの場合困難な作業であり、コンピューターの専門家だけが安全に実行できることを覚えておいてください。 さらに、一部のマルウェアは、削除を複製または防止することができます。 セーフモードで削除手順を実行することをお勧めします。
ファイル: %Documents and Settings%\ All Users \ Application Data \ Blpsearch.com%program files%\ internet explorer \ Blpsearch.com \ random.mof%program files(x86)%\ common files \ Speechengines \%programData%\ suspicious folder \ %windows%\ system32 \ driver \ messy code.dll%AppData%\ blpsearch.com \ツールバーuninstallStatIE.dat%app data%\ Blpsearch.comn Blpsearch.com レジストリ: HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\MATS\WindowsInstaller\EAF386F0-7205-40F2-8DA6-1BABEEFCBE8914.07.30.07.52.18 ProductName=Blpsearch.com HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\Microsoft\Tracing\Muvic_RASAPI32 HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\Microsoft\Tracing\Muvic_RASMANCS HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Uninstall\EAF386F0-7205-40F2-8DA6-1BABEEFCBE89\DisplayName=Blpsearch.com HKEY_USERS\S-1-5-21-3825580999-3780825030-779906692-1001\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Uninstallf25211-852e-4d10-b6f5-50b1338a9271\DisplayName=Blpsearch.com
続きを読む
エラーコード40のクイックソリューションガイド

エラーコード40–それはなんですか?

エラーコード40は、ユーザーがWindows2000以降のオペレーティングシステムで発生するデバイスドライバエラーです。 システムレジストリの変更により、PCに接続している周辺機器にアクセスできない場合に発生します。

これは、システムレジストリにデバイスドライバの無効なサブキーが存在するためです。 ユーザーが遭遇し、次のメッセージのいずれかでPCに表示されるのは一般的なエラーです。

「このドライバのレジストリエントリの情報が無効です」

OR

「レジストリ内のサービスキー情報が欠落しているか、正しく記録されていないため、Windowsはこのハードウェアにアクセスできません。(コード40)」

世界

ドライバーフィックスボックスエラーの原因

上記のように、エラーコードは、デバイスドライバーの無効なサブキーがレジストリに表示され、効果的に変更されたときにトリガーされます。 これは、次の要因によりWindowsシステムファイルが破損した場合に発生します。

  • 不完全なプログラムのアンインストール
  • 不完全なプログラムのインストール
  • ハードウェアが正しく取り外されていない
  • ウイルスからのシステム回復
  • 不適切なシステムのシャットダウン

不完全なインストールやアンインストール、不適切なシステムシャットダウンなどの要因により、ファイルが損傷し、コンピュータの正常性が脅かされる可能性があります。

コンピュータからウイルスを削除することも、スパイウェアやマルウェアなどのウイルスを含むWindowsシステムファイルのエントリを削除するため、別の要因です。

詳細情報と手動修理

エラーコード40の修正は、他のデバイスマネージャのエラーコードの修正と同様です。 ここにあなたが試すことができるいくつかの方法があります。

方法1–システムの復元を使用する

システムの復元を使用して、問題を解消できます。 使用方法は次のとおりです。

  • 管理者アカウントを使用してログインします
  • [スタート]ボタンをクリックして、[すべてのプログラム]> [アクセサリ]> [システムツール]> [システムの復元]を選択します
  • [コンピュータを以前の状態に復元する]をクリックし、[次へ]をクリックします
  • [このリストで、復元ポイントをクリックする]リストから最後のWindows復元ポイントを選択し、[次へ]をクリックします
  • 確認ウィンドウで[次へ]をクリックして続行します
  • 復元が完了したら、PCを再起動します
最後に保存されたシステムチェックポイントを介してシステムを復元することにより、エラーコードを回避するのに役立つ損傷のないWindowsシステムレジストリファイルを取得できます。

方法2–デバイスドライバを手動でアンインストールしてから再インストールします

システムの復元を使用してもエラーコードを削除できない場合は、デバイスドライバを手動でアンインストールしてから再インストールすると、問題が発生する可能性があります。

プログラムの部分的な削除またはインストールによる残りの不完全なファイルがエラーコードの原因であるため、これが必要になります。 デバイスドライバプログラムをアンインストールして再インストールすると、ファイルが完成します。

これを行うには、最初に管理者としてログインし、デバイスマネージャーを開きます。 問題の原因となっているデバイスを選択してダブルクリックし、周辺機器がPCに正しく接続されていることを確認します。 開いたら、[ドライバ]タブをクリックし、[ドライバの更新]を選択します。

マザーボードの詳細とドライバの詳細を確認するには、PCまたはコンピュータで受け取ったシステムドキュメントを必ず参照してください。

方法3–ソフトウェアを使用してドライバーを自動的にダウンロードする

ドライバを手動でアンインストールして再インストールすることでうまくいきますが、特にハードウェアのユーザーマニュアルに頼らなければならない場合は、時間がかかる可能性があります。

したがって、Driverなどのプログラムを使用するFIX デバイスをコンピュータ上で正しく動作させることで、多くの時間とフラストレーションを節約できます。

ドライバFIXは、PCの問題を修正するのに役立つユーザーフレンドリーなアプローチで、わずか数秒で再構成する必要のあるドライバーを検出し、それを自動的にダウンロードする統合データベースが付属しています。

さらに、ドライバーが完全にインストールされ、エラーコード40を作成する不完全なファイルが残る余地がないことが保証されます。

また、システムファイルの損傷の可能性がわずかでもある場合に、ファイルをバックアップおよび復元できるという追加の利点もあります。

したがって、ソフトウェアにシステムファイルを以前の正常なチェックポイントにロールバックさせることで、レジストリの損傷を回避できます。 ドライバーアシストは、PCのエラーコードを正確かつ迅速に修正するための答えです。

こちらをクリックしてください。 ドライバをダウンロードするにはFIX エラーコード40を迅速かつ効果的に修正するために!
続きを読む
スリープの代わりにWindowsコンピュータがシャットダウンする
ご存知のように、Windows 10オペレーティングシステムには多くの機能があり、それらのいくつかは、さまざまなレベルで電力を節約するために、さまざまな方法でコンピューターの電源を切ることに関連しています。 これらの特定の機能は、シャットダウン、再起動、休止状態、およびスリープです。 ただし、前述の機能のいずれかを使用すると、問題が発生する場合があります。 これらの問題のXNUMXつは、コンピュータがスリープ状態になる代わりにシャットダウンした場合です。 この問題は、Intel Management EngineインターフェイスまたはIMEIドライバーに関連するバグや、BIOSまたはUEFIの電源設定の設定ミスなどのいくつかの要因によって引き起こされる可能性があります。 お使いのコンピュータでこの問題が発生している場合は、この投稿で修正方法を説明しているので、このまま読み進めてください。 問題の修正を試みることができるいくつかの潜在的な修正があります。 スリープの詳細設定を確認するか、組み込みの電源トラブルシューティングを実行するか、電力効率診断レポートを実行してみてください。 さらに、クリーンブート状態で問題のトラブルシューティングを試みたり、BIOSをリセットまたは更新したりすることもできます。

オプション1-スリープの詳細設定を確認します

  • Windowsキーをクリックし、フィールドに「コントロールパネル」と入力して、関連する検索結果を選択します。
  • 次に、[セキュリティとメンテナンス]オプションを選択し、[電源オプション]をクリックします。
  • その後、プラン設定の変更を選択する必要がありますが、このオプションはほとんど読めないため、各オプションを注意深く読む必要があることに注意してください。
  • 次に、[詳細な電源設定の変更]ボタンをクリックすると、新しいウィンドウが表示されます。
  • 次に、「スリープ」オプションを探して展開します。 「ハイブリッドスリープを許可する」オプションがオンになっていることを確認します。
  • コンピュータを再起動し、コンピュータが正しく機能するかどうかを確認します。 それでも機能しない場合は、行った変更を元に戻す必要がある場合があります。

オプション2–電源トラブルシューティングを実行してみてください

次にできることは、電源のトラブルシューティングを実行することです。 これを行うには、次の手順に従います。
  • [設定]に移動し、[更新とセキュリティ]> [トラブルシューティング]に移動します。
  • その後、組み込みのトラブルシューティングのリストから「電源」オプションを探してクリックします。
  • 次に、「トラブルシューティングの実行」ボタンをクリックして、電源のトラブルシューティングを実行します。
  • トラブルシューティングで問題の特定が完了したら、次の画面の指示に従って問題を解決します。

オプション3–クリーンブート状態でのスリープモードの問題のトラブルシューティング

スリープモードの問題は、コンピュータにインストールされているサードパーティのプログラムが原因である可能性があります。 このプログラムは、コンピュータをスリープ状態にするプログラムである可能性があるため、この可能性を分離するには、以下の手順を使用してPCをクリーンブート状態にする必要があります。
  • 管理者としてPCにログオンします。
  • 入力します MSConfigの [検索の開始]で、[システム構成]ユーティリティを開きます。
  • そこから、[全般]タブに移動し、[選択的なスタートアップ]をクリックします。
  • [スタートアップ項目をロードする]チェックボックスをオフにし、[システムサービスをロードする]および[元のブート構成を使用する]オプションがオンになっていることを確認します。
  • 次に、[サービス]タブをクリックし、[すべてのMicrosoftサービスを非表示にする]チェックボックスをオンにします。
  • [すべて無効にする]をクリックします。
  • [適用/ OK]をクリックして、PCを再起動します。 (これにより、PCがクリーンブート状態になります。通常の起動を使用するようにWindowsを構成し、変更を元に戻すだけです。)
  • その後、コンピュータを再びスリープ状態にしてみてください。

オプション4–電力効率診断レポートを実行してみてください

また、電力効率診断レポートを実行して問題を解決することもできます。 このツールは便利で、バッテリーの状態を分析するのに役立ちますが、特にこの問題に精通していない場合は、これは非常に圧倒される可能性があることに注意してください。

オプション5–BIOSを更新してみてください

BIOSを更新すると、ATTEMPTED_WRITE_TO_READONLY_MEMORY BSODエラーを修正するのに役立ちますが、ご存知のように、BIOSはコンピューターの機密部分です。 それはソフトウェアコンポーネントですが、ハードウェアの機能はそれに大きく依存しています。 したがって、BIOSで何かを変更するときは注意する必要があります。 したがって、それについてよく知らない場合は、このオプションをスキップして、代わりに他のオプションを試してみることをお勧めします。 ただし、BIOSの操作に精通している場合は、以下の手順に従ってください。
  • Win + Rキーをタップして、[ファイル名を指定して実行]ダイアログボックスを開きます。
  • 次に、「msinfo32フィールドに「」と入力し、Enterキーを押してシステム情報を開きます。
  • そこから、BIOSバージョンを検索する必要がある下部に検索フィールドがあり、Enterキーを押します。
  • その後、PCにインストールされているBIOSの開発者とバージョンが表示されます。
  • 製造元のWebサイトにアクセスして、最新バージョンのBIOSをコンピューターにダウンロードします。
  • ラップトップを使用している場合は、BIOSを更新するまでラップトップを接続したままにしてください。
  • 次に、ダウンロードしたファイルをダブルクリックして、新しいBIOSバージョンをコンピューターにインストールします。
  • 次に、コンピュータを再起動して、行った変更を適用します。
注意: BIOSの更新が役に立たなかった場合は、代わりにBIOSのリセットを検討することをお勧めします。
続きを読む
エラー504を修正する方法

エラー504-それはなんですか?

エラー504は、WindowsPCで発生するランタイムエラーの一種です。 ランタイムエラーは、ソフトウェアまたはハードウェアの問題を引き起こし、それによってプログラムがPC上で正しく動作するのを妨げるバグです。 このエラーは、プログラムの実行中に発生する可能性があります。 また、PCのパフォーマンスが低下します。

世界

Restoroボックス画像エラーの原因

エラー504は、次のような多くの原因によって引き起こされる可能性があります。
  • 2つのソフトウェアプログラム間の非互換性
  • 悪意のあるソフトウェア
  • 不足しているDLLファイル
  • レジストリの問題

詳細情報と手動修理

システムでエラー504が発生した場合は、すぐに解決することをお勧めします。通常、エラー504のようなランタイムエラーは、システム障害や貴重なデータの損失につながる可能性があり、回復が困難な場合が多いためです。 このエラーコードを解決するために、必ずしも専門家を雇う必要はありません。 実際、コンピュータープログラマーでなくても、自分で修正できるソリューションがいくつかあります。

1.Windowsおよびエラーを表示しているプログラムの最新の更新を取得します

これは、WindowsPCのランタイムエラー504を解決する簡単な方法です。 Windowsおよびエラーの原因となっているプログラムの最新の更新を更新するには、スタートメニューに移動してWindowsUpdateを開きます。 検索ボックスに「update」と入力し、結果のリストで[WindowsUpdate]をクリックします。 左側のウィンドウで[更新の確認]をクリックし、Windowsが最新の更新を探すまで待ち​​ます。 インストールする重要なアップデートを選択して、利用可能なアップデートのリストが表示されます。 次に、[OK]をクリックしてから、[更新のインストール]をクリックします。 更新が正常に完了したら、PCを再起動して、アプリケーションを実行してみてください。 それでもエラーが続く場合は、以下の解決策を試してください。

2.悪意のあるソフトウェアをスキャンします

実行時エラー504は、次の理由で発生する場合があります。 ウイルス感染とマルウェア。 したがって、それを解決するには、アンチウイルスをダウンロードします。 ただし、アンチウイルスはPCのパフォーマンスを低下させる可能性もあります。

3.レジストリの問題をスキャンします

これを解決する別の方法は、レジストリの問題をスキャンすることです。 レジストリとDLLファイルは、データが多すぎると過負荷になると破損します。 これには、特に無関係で廃止されたファイルが含まれます。 レジストリの問題 504のようなランタイムエラーをトリガーします。それを解決する最良の方法は、Restoroをダウンロードすることです。 これは、レジストリクリーナー、アンチウイルス、システムオプティマイザーなどの複数のユーティリティが組み込まれた高度な多機能PCフィクサーです。 レジストリクリーニングユーティリティは、不要なファイルを完全に削除し、破損したdllファイルを修復することにより、レジストリの問題を解決します。 ウイルス対策モジュールは、ウイルスやトロイの木馬など、PC上のあらゆる種類の悪意のあるソフトウェアをスキャンして削除し、ランタイムエラー504を数秒で解決します。 速度に関しては、Restoroはシステムオプティマイザーとしても機能し、システムのパフォーマンスを大幅に向上させます。 Restoroは安全でバグのないソフトウェアです。 シンプルなナビゲーションとユーザーフレンドリーなインターフェースを備えているため、操作と回避策が非常に簡単です。 すべてのWindowsバージョンと互換性があります。 こちらをクリックしてください。 Restoroをダウンロードして、今日エラー504を解決してください!
続きを読む
コマンドプロンプトのヒントとコツ
こんにちは、ようこそ errortools 記事。 今日は、コマンドプロンプトのすばらしいヒントとコツについて説明します。 あなたの生活を楽にし、あなたの仕事をより快適にすることができるコマンド。 そうは言っても、泥だらけの海に飛び込んで、新しい知識を持って泳ぎましょう。

ヒント1:マザーボード情報を読む

マザーボードから情報を読みたい理由はたくさんあります。BIOSをアップグレードしたい場合、シリアル番号、さらにはバージョン番号を知りたい場合もあります。 コマンドプロンプトに次のコードを入力すると、マザーボードに関するすべての情報を受け取ることができます。
wmicベースボードgetproduct、version、serialnumber、product

ヒント2:コマンド出力をクリップボードにコピーする

コマンドプロンプトからワードプロセッサ、電子メール、またはその他の媒体に情報を取得するのはやや面倒です。通常、人々はコマンドプロンプトから別の宛先にスクリーンショットを撮ったり書き込んだりする傾向があり、エラーが発生する可能性があります。正直に言うと、実用的ではありません。 コマンド出力をクリップボードに直接コピーして、どこにでも貼り付けることができます。 | クリップ。 したがって、たとえば、cドライブコマンドのディレクトリ構造を貼り付けたい場合は、次のようになります。 dir c:| クリップ、出力はクリップボードに配置され、必要な場所に貼り付けることができます。

ヒント3:データを完全に消去する

ハードドライブ上のデータを削除すると、実際に起こることは、ファイルが新しいデータ書き込み用のスペースをマークするマーカーでマークされていることですが、データ自体はまだ存在しており、元に戻すことができます。 これにより問題が発生する場合がありますが、次のように入力します。 暗号/ w:c Windowsは、マークされた各ファイルにランダムなデータを書き込み、元に戻す手段なしに永久に削除します。

ヒント4:IPアドレスを管理する

IPアドレスを試して、それを使って凝ったことをしたい場合は、次のようにします。 でipconfig /リリース IPアドレスを解放します IPCONFIG / RENEW IPアドレスを更新するには でipconfig / flushdnsと DNS情報をフラッシュダウンし、新しいブラウジングの開始をお楽しみください。

ヒント5:パケットが目的の場所に到達しているかどうかを確認します

新しいLANプリンター、または新しいスイッチをインストールしました。新しいサイトが稼働しているかどうかを確認したい場合があります。 つかいます ping 宛先は、TCPパケットが目的の情報に到達しているかどうかを確認するために、次のような特定のアドレスで使用できます。 pingの192.168.1.1 または、たとえば、Webアドレスを入力できます。 ピングgoogle.com 接続を確立できるかどうかを確認します。

ヒント6:特定のコマンドに関する情報を取得する

それで、いくつかのコマンドプロンプトコマンドを学びましたが、それらの構成やスイッチのすべてを知っているわけではありませんか? 心配いりません。コマンドを入力するだけです。/? 使用可能なスイッチのリストを取得します。 例えば ipconfig /? 利用可能なスイッチのリストを書き込みます IPCONFIG コマンド。

ヒント7:複数のコマンドを次々にリンクして実行します。

たとえば、ファイルを別のフォルダにコピーしてから、名前を変更して他のファイルを削除したい場合、数回実行する必要があるとします。 それぞれが終了したらコマンドの後にコマンドを書く代わりに、それらをリンクします && そしてそれらは次々に実行されます。

ヒント8:ファイルをスキャンして修復します。

ファイルをスキャンして壊れたファイルや破損したファイルを修復するには、コマンドプロンプトに次のように入力します。 SFC / SCANNOW。 このコマンドは、ファイルの数、ファイルのサイズ、およびコンピューターの能力にのみ依存するため、時間がかかる可能性があることをご承知おきください。

ヒント9:コンピューターのエネルギーを管理および構成する

コマンド POWERCFG コンピュータの電源構成を管理および確認できるようになります。 書くだけ powercfg /? 何が必要で、何を変更したいのか、または情報を入手したいのかを確認してください。

ヒント10:ファイルをアプリケーションに関連付ける

Windowsにはすでにいくつかのファイルの関連付けが定義されており、一部のアプリケーションは特定の種類のファイルを引き継ぎますが、自分で制御したい場合は 連想 指図。 例えば assoc.txt="アプリケーション名" txtファイルを提供されたアプリケーションに関連付けます。

ヒント11:ファイルとフォルダーを非表示にします。

誰かがファイルエクスプローラーを開いたときに見られたくない情報を含むフォルダーまたはファイルがありますか? つかいます 属性+ h ファイルを非表示にするか 属性+ h / D フォルダを非表示にします。

ヒント12:インストールされているコンピュータードライバーのリストを取得する

システムにインストールされているドライバーを知りたいですか? つかいます driverquery 見てみましょう。

ヒント13:共有フォルダーを見つけて見つける

フォルダを共有しましたが、どれとどこを忘れましたか? 壁に頭をぶつけないでください。簡単な解決策があります。 コマンドプロンプトを入力するだけです ネット株 そしてすべてを見てください。

ヒント14:管理者としてコマンドを実行する

管理者権限がありませんか? 一般的な封鎖を回避しますか?
runas / user:yourdomainadministratorコマンド
今日はこれですべてです。ここで役立つものを見つけていただき、貴重なことを教えていただければ幸いです。
続きを読む
新しいPowerToysforWindowsの新しいおもちゃ
人気のあるMicrosoftPowerToysの新しい更新により、ワークフローの高速化を目的としたいくつかの新機能が追加されました。 PowerToysスライドインされた最初の新機能は、Always ontopユーティリティです。 このクールなユーティリティを使用すると、名前が示すように、常に他のウィンドウの上にウィンドウを保持できます。 このクールな機能を有効にするには、次のキーの組み合わせを押すだけです。 ⊞ウィンドウ + CTRL + T これで、アクティブなウィンドウが常に他のすべてのウィンドウの上に表示されます。 このウィンドウを元に戻してロックを解除するには、キーの組み合わせをもう一度押します。 XNUMXつ目の新機能は、非常に優れた機能であり、PowerToysで発生する私のお気に入りの機能です。 多くの場合、ブラウザで検索を行って、何か、物事、説明、情報などを見つけます。PowerToysの最新のアップデートにより、これはまったく新しい次元になります。 あなたがPCにいる間、あなたはただタイプする必要があります ?? 次のような質問が続きます: ?? ドクターストレンジ2が出てきたとき これにより、選択した検索エンジンでデフォルトのブラウザが起動し、回答が提供されます。 XNUMX番目で最後のことは、ファイルエクスプローラーのプレビューペインとサムネイルでのGコードのサポートです。つまり、CNC機器を使用している場合は、ファイルエクスプローラー内でコード自体のサムネイルプレビューを表示できます。 とりあえずこれでおしまいです。お越しいただきありがとうございます。お気をつけください。次回お会いできることを楽しみにしております。
続きを読む
エラーコード35を解決するためのガイド

エラーコード35-それはなんですか?

エラーコード35は、一般的なデバイスマネージャのエラーです。 デバイスを適切に構成するための情報が不足していることを示します。 エラーコード35は通常、次の形式で表示されます。

「コンピュータのシステムファームウェアには、このデバイスを適切に構成して使用するための十分な情報が含まれていません。 このデバイスを使用するには、コンピューターの製造元に連絡して、ファームウェアまたはBIOSの更新を入手してください。 コード35インチ

世界

ドライバーフィックスボックスエラーの原因

デバイスマネージャのエラーコード2の35つの一般的な理由は次のとおりです。

  • 古いBIOS
  • 誤って構成された、破損した、または古いドライバー

理由が何であれ、遅滞なくすぐに問題を解決することをお勧めします。そうしないと、ハードウェアデバイスを使用できなくなります。

詳細情報と手動修理

以下は、PCのエラーコード35を解決するための最も効果的で実行しやすいソリューションのリストです。 これらのソリューションには、技術的な知識や理解は必要ありません。 指示に従って、このエラーコードを解決してください。

方法1-BIOSを更新します

BIOS(Basic Input / Output System)は、コンピューターのマザーボードに組み込まれているソフトウェアです。

すべてのPCのBIOSメーカーが同じというわけではありませんが、BIOSを更新する手順はすべてのバージョンで同じです。 更新プロセスを開始する前に、まず現在のBIOSバージョンを特定します。

  • これを行うには、スタートメニューに移動してmsinfo32と入力し、Enterキーを押します。
  • 次に、[システムの概要]をクリックしてBIOSバージョンを表示します。 ここにバージョン番号と日付が表示されます。
  • 次に、PCマザーボードの製造元のWebサイトを確認して、所有しているモデルのBIOSアップデートをダウンロードします。 また、ReadMeファイルとドキュメントをダウンロードしてください。 これらには、更新する前に知っておくべきガイドラインと注意事項が含まれています。
  • BIOSバージョンを更新する前に、すべてのデータと既存のBIOSをバックアップしてください。 これにより、BIOSの更新に失敗した場合に備えて、データが保護されます。
  • また、更新の際は無停電電源装置をご使用ください。 停電やわずかな電力変動でもBIOSが破損する可能性があることを忘れないでください。これは望ましくないことです。
  • 次に、更新を実行します。 ダウンロードしたBIOSアップデートソフトウェアのインストーラーを実行します。 実行可能ファイルをダブルクリックします。
  • [更新]、[フラッシュ]、または[実行]という名前のボタンを探します。
  • それをクリックして、新しいバージョンの更新を開始します
  • 更新が完了すると、コンピューターは自動的に再起動します。

これで問題が解決することを願っています。 ただし、それでもエラーが続く場合は、エラーコードが古いドライバに関連している可能性があります。 解決するには、方法2を試してください。

方法2-ドライバーを自動的に更新するためのドライバーアシストのダウンロード

ドライバをダウンロードするだけで、PCのエラーコード35を修復するようにドライバを更新しますFIX。 これは、インテリジェントなプログラミングシステムで展開される最先端のプログラムです。

すべてのWindowsバージョンと互換性があります。

問題のあるドライバーがないかPCをスキャンし、最新の互換性のあるバージョンで自動的に数秒で更新します。これにより、古い/破損したドライバーが原因で生成されたエラーコード35を含むすべてのデバイスマネージャーエラーコードが修復されます。

これに加えて、すべてのデバイスドライバーを定期的に更新するため、PC上のどのドライバーをいつ更新する必要があるかを強調したり、追跡したりする必要はありません。

こちらをクリックしてください。 ドライバをダウンロードするにはFIX 今日デバイスマネージャのエラーコード35を解決するために!

続きを読む
FreeRideGamesPUP削除チュートリアルを簡単に削除

Free Ride Gamesは、デスクトップカジュアルゲームプログラムであり、望ましくない可能性のあるアプリケーションです。 Windowsでのスタートアップブートで実行するようにプレーヤーを設定し、指定されたインストールフォルダーの外に追加のファイルをインストールします。 このソフトウェアは、PC情報を読み取ってターゲット広告を表示し、FreeRidePlayerを終了してもシャットダウンできないバックグラウンドプロセスを実行します。 プレーヤーはフルスクリーンで実行され、終了または最小化するためのウィンドウコントロールは表示されず、その機能にはスキップできない広告が含まれています。 FreeRide Playerは悪意はありませんが、公開時点で一部のアンチウイルスプログラムが潜在的に不要なアドウェアとして指定している多くの特性を備えています。 また、GameVanceなどのアドウェア配布ツールバーにも関連付けられています。

ブラウザハイジャッカーについて

ブラウザハイジャッカーとは、悪意のあるコードがユーザーの同意なしにブラウザの設定を無効にして変更したことを意味します。 ブラウザハイジャッカーマルウェアは、さまざまな理由で作成されます。 通常、ハイジャック犯は、Webトラフィックを増やして広告収入を増やすか、そこにアクセスするすべてのユーザーの手数料を獲得するために、好みのWebサイトにヒットを強制します。 多くの人々は、そのようなWebサイトは合法で無害であると考えていますが、それは正しくありません。 ほぼすべてのブラウザハイジャッカーは、オンラインの安全性に実際の脅威をもたらし、プライバシーリスクに分類することが重要です。 マルウェアがコンピューターまたはラップトップを攻撃すると、全体が混乱し始め、システムの速度が低下します。 最悪の場合、深刻なマルウェアの脅威にも対処するように迫られます。

ブラウザハイジャックの兆候

ブラウザの乗っ取りを示す可能性のある兆候は数多くあります。 1.インターネットブラウザのホームページへの不正な変更を見つけた 2. URLを入力すると、実際に意図したもの以外のWebサイトに定期的に誘導されていることに気付きます。 3.デフォルトのWebエンジンとデフォルトのブラウザ設定が変更されます 4.追加しなかった新しいツールバーを見つけます 5.コンピュータの画面に多数のポップアップ広告が表示される場合があります 6.インターネットブラウザが不安定になった、または動作が遅くなり始めた 7.セキュリティソリューションプロバイダーのこれらのサイトへのアクセスがブロックされています。

それがあなたのコンピュータにどのように感染するか

ブラウザハイジャッカーは、ドライブバイダウンロードやファイル共有Webサイト、さらには電子メールの添付ファイルを使用して、標的のコンピュータに到達する可能性があります。 また、悪意のある目的を持つ任意のBHO、拡張機能、ツールバー、アドオン、またはプラグインから取得することもできます。 また、特定のフリーウェアやシェアウェアは、「バンドル」技術によってハイジャック犯をコンピュータに侵入させる可能性があります。 悪名高いブラウザハイジャッカーの例としては、Conduit、Anyprotect、Babylon、DefaultTab、SweetPage、Delta Search、RocketTabなどがありますが、名前は常に変化しています。 ブラウザの乗っ取りは、深刻なプライバシーの問題や個人情報の盗難につながる可能性があり、送信トラフィックを制御することでWebブラウジング体験に影響を与え、多くのリソースを使い果たしてパーソナルコンピュータの速度を大幅に低下させ、システムの不安定性にもつながります。

ブラウザハイジャッカーを削除する方法

一部のハイジャック犯は、Windowsのコントロールパネルの[プログラムの追加と削除]から関連するフリーウェアまたはアドオンをアンインストールするだけで削除できます。 ただし、ほとんどのハイジャック犯は手動で排除するのが困難です。 あなたがそれをどれだけ取り除こうとしても、それは何度も何度も戻ってくるかもしれません。 さらに、手動での削除にはシステムに関する深い知識が必要であるため、初心者のコンピューターユーザーにとっては非常に困難な作業になる可能性があります。

マルウェアが存在するため、Safebytes Anti-malwareをインストールできませんか? これを試して!

マルウェアは、個人情報の盗用からコンピュータシステム上のファイルの消去まで、システムに侵入するとあらゆる種類の損害を引き起こす可能性があります。 一部のマルウェアは、コンピューターとネット接続の間に存在し、本当にチェックアウトしたいいくつかまたはすべてのインターネットサイトをブロックします。 また、PCに何か、特にマルウェア対策アプリケーションを追加できなくなる可能性があります。 これを読んでいる場合は、マルウェア感染に悩まされており、システムにSafebytesAnti-Malwareプログラムをダウンロードおよび/またはインストールできない可能性があります。 この種の問題を回避するのは難しい場合がありますが、実行できるアクションがいくつかあります。

アンチウイルスをセーフモードでインストールする

Microsoft Windowsの起動時にウイルスが自動的に読み込まれるように設定されている場合、セーフモードに入ると試行がブロックされる可能性があります。 コンピュータまたはラップトップをセーフモードで起動すると、必要最小限のアプリケーションとサービスのみが読み込まれます。 Windows XP、Vista、または7台のPCをセーフモードでネットワークを使用して起動するには、以下の手順に従ってください。 1)電源を入れた状態で、Windowsのスプラッシュ画面が読み込まれ始めている間にF8キーを押します。 これにより、[詳細ブートオプション]メニューが表示されます。 2)矢印キーを使用して[セーフモードとネットワーク]を選択し、Enterキーを押します。 3)このモードに入ると、もう一度オンラインアクセスできるようになります。 次に、ブラウザを使用して、必要なマルウェア除去アプリケーションを入手します。 ソフトウェアをインストールするには、セットアップウィザードの指示に従います。 4)インストール後、完全なスキャンを実行し、プログラムに検出した脅威を削除させます。

別のブラウザでウイルス対策プログラムをダウンロードする

Webベースのウイルスは、特定のWebブラウザを狙ったり、特定のバージョンのブラウザを攻撃したりする、環境固有のウイルスである可能性があります。 Internet Explorerにマルウェアが接続されていると思われる場合は、FirefoxやChromeなどの安全機能が組み込まれた別のWebブラウザーに切り替えて、お気に入りのウイルス対策プログラムであるSafebytesをダウンロードしてください。 起動可能なUSBウイルス対策ドライブを作成する別のオプションは、マルウェア対策ソフトウェアプログラムを完全にUSBドライブから保存して操作することです。 USBドライブからマルウェア対策を実行するには、次の簡単な手順に従います。 1)ウイルスのないPCにマルウェア対策プログラムをダウンロードします。 2)ペンドライブをきれいなコンピューターに接続します。 3)ダウンロードしたアプリケーションの実行可能ファイル(.exeファイル拡張子)をダブルクリックして、セットアッププログラムを実行します。 4)ウィザードがアプリケーションをインストールする場所を正確に尋ねてきたら、場所としてフラッシュドライブを選択します。 指示に従って、インストールプロセスを完了します。 5)フラッシュドライブを取り外します。 これで、感染したコンピューターでこのポータブルアンチウイルスを使用できます。 6)サムドライブのSafebytes Anti-malwareアイコンをダブルクリックして、ソフトウェアを実行します。 7)「スキャン」ボタンをクリックして、コンピュータ全体のスキャンを実行し、ウイルスを自動的に削除します。 SafeBytes Anti-Malwareがマシンをウイルスに感染させないようにする方法"]デスクトップ用のマルウェア対策を購入する場合は、検討すべきブランドやアプリケーションが多数あります。非常に優れたものもあれば、まともなものもあれば、単なるものもあります。コンピュータ自体に損害を与える偽のマルウェア対策アプリケーション!評判が高く、ウイルスだけでなく他の種類のマルウェアも検出するツールを探す必要があります。いくつかの優れたアプリケーションの中で、SafeBytesAnti-Malwareを強くお勧めします。 SafeBytesマルウェア対策は、あらゆるレベルのコンピュータリテラシーのエンドユーザーがPCから悪意のある脅威を検出して削除するのを支援するために作成された、強力で非常に効果的な保護ツールです。このツールをインストールした後、SafeBytesの高度な保護システムにより、ウイルスや悪意のあるソフトウェアがPCから侵入することはありません。SafeBytesは、他のマルウェア対策プログラムと比較して優れた機能を備えています。 以下は、このソフトウェアに見られるいくつかの典型的な機能です。 アクティブプロテクション: SafeBytesは、パーソナルマシンに完全でリアルタイムのセキュリティを提供します。 疑わしいアクティビティがないかコンピュータシステムを継続的にチェックし、比類のないファイアウォールがPCを外部からの不正アクセスから保護します。 最も効果的なアンチウイルス保護: 強化された高度なアルゴリズムを使用して、このマルウェア除去ツールは、コンピューターシステムに隠れているマルウェアの脅威を効果的に検出して排除できます。 ウェブ保護: SafeBytesは、アクセスするすべてのWebサイトをチェックして一意の安全性評価を与え、フィッシングサイトと見なされるWebページへのアクセスをブロックします。これにより、個人情報の盗難や悪意のあるソフトウェアが含まれていることがわかっています。 より高速なスキャン: Safebytes Anti-Malwareは、高度なスキャンエンジンを使用して、アクティブなオンラインの脅威をすばやくターゲットにできる非常に高速なスキャンを提供します。 軽量: このソフトウェアは軽量で、バックグラウンドでサイレントに動作しますが、コンピューターの効率には影響しません。 24時間年中無休のオンラインテクニカルサポート: 24時間年中無休のテクニカルサポートを受けて、セキュリティツールに関する懸念を迅速に解決できます。

技術的な詳細と手動による削除(上級ユーザー)

自動ツールを使用せずにFreeRideGamesを手動で削除する場合は、Windowsの[プログラムの追加と削除]メニューからプログラムを削除するか、ブラウザー拡張機能の場合はブラウザーのアドオン/拡張機能マネージャーに移動することで削除できる場合があります。そしてそれを削除します。 ブラウザをリセットすることもできます。 完全に削除するには、ハードドライブとレジストリで次のすべてを手動で確認し、それに応じて値を削除またはリセットします。 これは上級ユーザー専用であり、ファイルの削除が正しくないと追加のPCエラーが発生する可能性があることに注意してください。 さらに、一部のマルウェアは、削除を複製または防止することができます。 セーフモードでこれを行うことをお勧めします。

次のファイル、フォルダ、およびレジストリエントリは、FreeRideGamesによって作成または変更されます。

ファイル: C:21984fa691bd80870e3e3f15cc83121a5862cef4abf2989844d858b2c64b0f C:DOCUME1USER1LOCALS1TempSDM143C:21984fa691bd80870e3e3f15cc83121a5862cef4abf2989844d858b2c64b0f C:DOCUME1USER1LOCALS1TempSDM143%#MANIFEST#%01235B C:DOCUME1USER1LOCALS1TempSDM143cmhelper.exe C:DOCUME1USER1LOCALS1TempSDM143ExentCtlInstaller.dll C:DOCUME1USER1LOCALS1TempSDM143Free Ride Games.exe C:DOCUME1USER1LOCALS1TempSDM143resourceDll.dll C:WINDOWSRegistrationR000000000007.clb C:WINDOWSsystem32msxml3r.dll C:21984fa691bd80870e3e3f15cc83121a5862cef4abf2989844d858b2c64b0f C:DOCUME1USER1LOCALS1TempSDM143%#MANIFEST#%01235B C:WINDOWSRegistrationR000000000007.clb C:DOCUME1USER1LOCALS1TempSDM143Free Ride Games.exe C:DOCUME1USER1LOCALS1Temp_uninsep.bat C:WINDOWSsystem32rsaenh.dll C:Documents and SettingsUSERLocal SettingsTemp_uninsep.bat C:WINDOWSsystem32shdocvw.dll C:WINDOWSsystem32stdole2.tlb c:autoexec.bat C:DOCUME1USER1LOCALS1TempSDM143%#MANIFEST#%01235B C:DOCUME1USER1LOCALS1TempSDM143cmhelper.exe C:DOCUME1USER1LOCALS1TempSDM143ExentCtlInstaller.dll C:DOCUME1USER1LOCALS1TempSDM143Free Ride Games.exe C:DOCUME1USER1LOCALS1TempSDM143resourceDll.dll C:DOCUME1USER1LOCALS1Temp_uninsep.bat C:DOCUME1USER1LOCALS1TempSDM143SDMLog.log C:DOCUME1USER1LOCALS1TempSDM143SDM_DB_143.xml C:DOCUME1USER1LOCALS1TempSDM143FreeRideGames.exe C:DOCUME1USER1LOCALS1Temp_uninsdm.bat C:DOCUME1USER1LOCALS1Temppft3.tmpIKernel.ex_ C:DOCUME1USER1LOCALS1TempIEC4.tmp C:Program FilesCommon FilesInstallShieldEngineIntel 32temp.000 C:Program FilesCommon FilesInstallShieldEngineIntel 32IKernel.exe C:DOCUME1USER1LOCALS1TempSDM143Free Ride Games.exe C:DOCUME1USER1LOCALS1Temp_uninsep.bat C:DOCUME1USER1LOCALS1TempSDM143FreeRideGames.exe C:DOCUME1USER1LOCALS1TempSDM143FreeRideGames.exe C:DOCUME1USER1LOCALS1Temp_uninsdm.bat C:DOCUME1USER1LOCALS1Temppft3.tmpSetup.exe C:Program FilesCommon FilesInstallShieldEngineIntel 32IKernel.exe -RegServer01235B C:DOCUME1USER1LOCALS1TempSDM143cmhelper.exe C:DOCUME1USER1LOCALS1TempSDM143ExentCtlInstaller.dll C:DOCUME1USER1LOCALS1TempSDM143Free Ride Games.exe C:DOCUME1USER1LOCALS1TempSDM143resourceDll.dll C:WINDOWSRegistrationR000000000007.clb C:WINDOWSsystem32msxml3r.dll C:21984fa691bd80870e3e3f15cc83121a5862cef4abf2989844d858b2c64b0f C:DOCUME1USER1LOCALS1TempSDM143C:21984fa691bd80870e3e3f15cc83121a5862cef4abf2989844d858b2c64b0f C:DOCUME1USER1LOCALS1TempSDM143%#MANIFEST#%01235B C:DOCUME1USER1LOCALS1TempSDM143cmhelper.exe C:DOCUME1USER1LOCALS1TempSDM143ExentCtlInstaller.dll C:DOCUME1USER1LOCALS1TempSDM143Free Ride Games.exe C:DOCUME1USER1LOCALS1TempSDM143resourceDll.dll C:WINDOWSRegistrationR000000000007.clb C:WINDOWSsystem32msxml3r.dll C:21984fa691bd80870e3e3f15cc83121a5862cef4abf2989844d858b2c64b0f C:DOCUME1USER1LOCALS1TempSDM143%#MANIFEST#%01235B C:WINDOWSRegistrationR000000000007.clb C:DOCUME1USER1LOCALS1TempSDM143Free Ride Games.exe C:DOCUME1USER1LOCALS1Temp_uninsep.bat C:WINDOWSsystem32rsaenh.dll C:Documents and SettingsUSERLocal SettingsTemp_uninsep.bat C:WINDOWSsystem32shdocvw.dll C:WINDOWSsystem32stdole2.tlb c:autoexec.bat C:DOCUME1USER1LOCALS1TempSDM143%#MANIFEST#%01235B C:DOCUME1USER1LOCALS1TempSDM143cmhelper.exe C:DOCUME1USER1LOCALS1TempSDM143ExentCtlInstaller.dll C:DOCUME1USER1LOCALS1TempSDM143Free Ride Games.exe C:DOCUME1USER1LOCALS1TempSDM143resourceDll.dll C:DOCUME1USER1LOCALS1Temp_uninsep.bat C:DOCUME1USER1LOCALS1TempSDM143SDMLog.log C:DOCUME1USER1LOCALS1TempSDM143SDM_DB_143.xml C:DOCUME1USER1LOCALS1TempSDM143FreeRideGames.exe C:DOCUME1USER1LOCALS1Temp_uninsdm.bat C:DOCUME1USER1LOCALS1Temppft3.tmpIKernel.ex_ C:DOCUME1USER1LOCALS1TempIEC4.tmp C:Program FilesCommon FilesInstallShieldEngineIntel 32temp.000 C:Program FilesCommon FilesInstallShieldEngineIntel 32IKernel.exe C:DOCUME1USER1LOCALS1TempSDM143Free Ride Games.exe C:DOCUME1USER1LOCALS1Temp_uninsep.bat C:DOCUME1USER1LOCALS1TempSDM143FreeRideGames.exe C:DOCUME1USER1LOCALS1TempSDM143FreeRideGames.exe C:DOCUME1USER1LOCALS1Temp_uninsdm.bat C:DOCUME1USER1LOCALS1Temppft3.tmpSetup.exe C:Program FilesCommon FilesInstallShieldEngineIntel 32IKernel.exe -RegServer01235B C:WINDOWSRegistrationR000000000007.clb C:DOCUME1USER1LOCALS1TempSDM143Free Ride Games.exe C:DOCUME1USER1LOCALS1Temp_uninsep.bat C:WINDOWSsystem32rsaenh.dll C:Documents and SettingsUSERLocal SettingsTemp_uninsep.bat C:WINDOWSsystem32shdocvw.dll C:WINDOWSsystem32stdole2.tlb c:autoexec.bat C:DOCUME1USER1LOCALS1TempSDM143C:21984fa691bd80870e3e3f15cc83121a5862cef4abf2989844d858b2c64b0f C:DOCUME1USER1LOCALS1TempSDM143%#MANIFEST#%01235B C:DOCUME1USER1LOCALS1TempSDM143cmhelper.exe C:DOCUME1USER1LOCALS1TempSDM143ExentCtlInstaller.dll C:DOCUME1USER1LOCALS1TempSDM143Free Ride Games.exe C:DOCUME1USER1LOCALS1TempSDM143resourceDll.dll C:WINDOWSRegistrationR000000000007.clb C:WINDOWSsystem32msxml3r.dll C:21984fa691bd80870e3e3f15cc83121a5862cef4abf2989844d858b2c64b0f C:DOCUME1USER1LOCALS1TempSDM143%#MANIFEST#%01235B C:WINDOWSRegistrationR000000000007.clb C:DOCUME1USER1LOCALS1TempSDM143Free Ride Games.exe C:DOCUME1USER1LOCALS1Temp_uninsep.bat C:WINDOWSsystem32rsaenh.dll C:Documents and SettingsUSERLocal SettingsTemp_uninsep.bat C:WINDOWSsystem32shdocvw.dll C:WINDOWSsystem32stdole2.tlb c:autoexec.bat C:DOCUME1USER1LOCALS1TempSDM143%#MANIFEST#%01235B C:DOCUME1USER1LOCALS1TempSDM143cmhelper.exe C:DOCUME1USER1LOCALS1TempSDM143ExentCtlInstaller.dll C:DOCUME1USER1LOCALS1TempSDM143Free Ride Games.exe C:DOCUME1USER1LOCALS1TempSDM143resourceDll.dll C:DOCUME1USER1LOCALS1Temp_uninsep.bat C:DOCUME1USER1LOCALS1TempSDM143SDMLog.log C:DOCUME1USER1LOCALS1TempSDM143SDM_DB_143.xml C:DOCUME1USER1LOCALS1TempSDM143FreeRideGames.exe C:DOCUME1USER1LOCALS1Temp_uninsdm.bat C:DOCUME1USER1LOCALS1Temppft3.tmpIKernel.ex_ C:DOCUME1USER1LOCALS1TempIEC4.tmp C:Program FilesCommon FilesInstallShieldEngineIntel 32temp.000 C:Program FilesCommon FilesInstallShieldEngineIntel 32IKernel.exe C:DOCUME1USER1LOCALS1TempSDM143Free Ride Games.exe C:DOCUME1USER1LOCALS1Temp_uninsep.bat C:DOCUME1USER1LOCALS1TempSDM143FreeRideGames.exe C:DOCUME1USER1LOCALS1TempSDM143FreeRideGames.exe C:DOCUME1USER1LOCALS1Temp_uninsdm.bat C:DOCUME1USER1LOCALS1Temppft3.tmpSetup.exe C:Program FilesCommon FilesInstallShieldEngineIntel 32IKernel.exe -RegServer01235B C:DOCUME1USER1LOCALS1TempSDM143cmhelper.exe C:DOCUME1USER1LOCALS1TempSDM143ExentCtlInstaller.dll C:DOCUME1USER1LOCALS1TempSDM143Free Ride Games.exe C:DOCUME1USER1LOCALS1TempSDM143resourceDll.dll C:DOCUME1USER1LOCALS1Temp_uninsep.bat C:DOCUME1USER1LOCALS1TempSDM143SDMLog.log C:DOCUME1USER1LOCALS1TempSDM143SDM_DB_143.xml C:DOCUME1USER1LOCALS1TempSDM143FreeRideGames.exe C:DOCUME1USER1LOCALS1Temp_uninsdm.bat C:DOCUME1USER1LOCALS1Temppft3.tmpIKernel.ex_ C:DOCUME1USER1LOCALS1TempIEC4.tmp C:Program FilesCommon FilesInstallShieldEngineIntel 32temp.000 C:Program FilesCommon FilesInstallShieldEngineIntel 32IKernel.exe C:DOCUME1USER1LOCALS1TempSDM143Free Ride Games.exe C:DOCUME1USER1LOCALS1Temp_uninsep.bat C:DOCUME1USER1LOCALS1TempSDM143FreeRideGames.exe C:DOCUME1USER1LOCALS1TempSDM143FreeRideGames.exe C:DOCUME1USER1LOCALS1Temp_uninsdm.bat C:DOCUME1USER1LOCALS1Temppft3.tmpSetup.exe C:Program FilesCommon FilesInstallShieldEngineIntel 32IKernel.exe -RegServer
続きを読む
WindowsUpdateエラー0x80070BC9を修正
ご存知のように、すべてのWindows Updateは、すべてのWindowsオペレーティングシステムに不可欠です。 特に、システムにとって重要なさまざまなセキュリティ更新プログラムが含まれているため、定期的にインストールする必要があります。 ただし、Windows Updateが正しく実行されず、エラーコード0x80070BC9などのエラーが発生する場合があります。 この特定のWindowsUpdateエラーが発生すると、画面に次のエラーメッセージが表示されます。
「0x80070BC9–ERROR_FAIL_REBOOT_REQUIRED。 要求された操作は失敗しました。 行った変更をロールバックするには、システムを再起動する必要があります。」
この種のWindowsUpdateエラーは、新しくインストールされた問題のあるソフトウェア、破損したWindows Updateファイル、またはWindowsモジュールインストーラーの動作を制限するポリシーが原因である可能性があります。 「WMIW」または「TiWorker.exe」とも呼ばれるWindowsモジュールインストーラーは、Windowsサーバーからの新しい更新をチェックし、それらをコンピューターにインストールするインストーラーです。 このため、Windowsモジュールインストーラーの開始動作を制御するポリシーがないことを確認する必要があります。このサービスは開始値に強化されてはならず、オペレーティングシステムによって管理される必要があるためです。 Windows Updateのエラーコード0x80070BC9を解決するには、以下のオプションを確認してください。

オプション1-Windowsモジュールインストーラーワーカーサービスのステータスを確認してみてください

Windows Updateのエラーコード0x80070BC9は、Windows Module Installer Workerサービスと関係があるため、ServiceManagerでそのステータスを確認する必要があります。 これを行うには、次の手順を参照してください。
  • Cortana検索ボックスに「services」と入力し、[Services]アイコンをクリックしてServicesManagerを開きます。 または、Win + Rキーをタップして実行プロンプトを起動し、「MSCフィールドに「」と入力し、Enterキーを押してサービスマネージャを開きます。
  • サービスマネージャーを開いた後、Windowsモジュールインストーラーワーカーサービスを探します。
  • 見つかったら、ステータスを確認し、スタートアップの種類が手動に設定されていることを確認します。
  • 次に、[スタート]ボタンをクリックして、WindowsUpdateエラーが修正されるかどうかを確認します。

オプション2– WindowsUpdateトラブルシューティングを実行する

組み込みのWindowsUpdateトラブルシューティングを実行して、WindowsUpdateエラーを解決することをお勧めします。 エラーコード0x80072EE2のようなWindowsUpdateエラーを自動的に解決することが知られているので、これはチェックアウトできるもののXNUMXつです。 このトラブルシューティングを実行するには、[設定]に移動し、オプションから[トラブルシューティング]を選択します。 そこから、Windows Updateをクリックし、[トラブルシューティングツールを実行する]ボタンをクリックします。 その後、次の画面の指示に従ってください。

オプション3– IT管理者に連絡して、グループポリシーを変更してみてください

IT管​​理者に連絡して、グループポリシーを変更することもできます。 このオプションは、会社が管理するシステムに適用できます。 前述のように、Windows Updateエラー0x80072EE2の考えられる原因のXNUMXつは、Windowsモジュールインストーラーの起動動作を制御するポリシーです。 したがって、Windows Module Installer Workerサービスがオペレーティングシステム自体によって管理されるように、それらを削除する必要があります。 また、多くのポリシーが存在する可能性があるため、会社のIT管理者に連絡して作業を完了することを強くお勧めします。

オプション4–WindowsUpdateをクリーンブート状態でインストールしてみます

コンピュータにインストールされているいくつかの競合するプログラムが、WindowsUpdateエラーコード0x80070BC9を引き起こしている可能性がある場合があります。 問題の原因となっているプログラムを特定するには、コンピューターをクリーンブート状態にする必要があります。 これを行うには、以下の手順に従います。
  • 管理者としてPCにログオンします。
  • 入力します MSConfigの [検索の開始]で、[システム構成]ユーティリティを開きます。
  • そこから、[全般]タブに移動し、[選択的なスタートアップ]をクリックします。
  • [スタートアップ項目をロードする]チェックボックスをオフにし、[システムサービスをロードする]および[元のブート構成を使用する]オプションがオンになっていることを確認します。
  • 次に、[サービス]タブをクリックし、[すべてのMicrosoftサービスを非表示にする]チェックボックスをオンにします。
  • [すべて無効にする]をクリックします。
  • [適用/ OK]をクリックして、PCを再起動します。 (これにより、PCがクリーンブート状態になります。通常の起動を使用するようにWindowsを構成し、変更を元に戻すだけです。)
  • そこから、最近インストールしたプログラムのどれが問題の根本原因であるかを確認することにより、問題の切り分けを開始します。
続きを読む
Libvlc.dllエラーを修正するための簡単なガイド

Libvlc.dllエラーコード-それは何ですか?

Libvlc.dllエラー DLLファイルエラーの一種です。 Libvlc.dllは、WindowsOS用にVideolanチームによって開発されたサードパーティソフトウェアに関連付けられたダイナミックリンクライブラリファイルの一種です。 Libvlc.dllファイルには、複数のソフトウェアプログラムが同じ機能を共有できるようにするEXE実行可能ファイルに似た小さなプログラムが含まれています。 これは、VideolanTeamによって開発された特定のプログラムをシステムにロードして実行するのに役立ちます。 ファイルの読み込みと目的のプログラムの実行に失敗すると、Libvlc.dllエラーがポップアップ表示されます。 このエラーは通常、Libvlc.dll関連ソフトウェアがPCで実行されているとき、またはWindowsの起動またはシャットダウン中に、プログラムのインストール中にトリガーされます。 Libvlc.dllエラーコードは、次のいずれかの形式でWindowsコンピュータに表示される場合があります。
Libvlc.dllが見つかりません。 libvlc.dllファイルがありません。 libvlc.dllを登録できません。 C:WindowsSystem32\libvlc.dllが見つかりません。 Libvlc.dllアクセス違反です。 サードパーティソフトウェアを起動できません。必要なコンポーネントがありません:libvlc.dll。サードパーティソフトウェアを再度インストールしてください。」 「libvlc.dllが見つからなかったため、このアプリケーションを起動できませんでした。アプリケーションを再インストールすると、この問題が解決する場合があります。」
Libvlc.dllエラーは致命的なエラーコードではありませんが、それでも不便を避けるためにすぐに解決することをお勧めします。

世界

Restoroボックス画像エラーの原因

Libvlc.dllエラーコードは、以下を含むがこれらに限定されないいくつかの理由により発生する可能性があります。
  • 破損したLibvlc.dllレジストリエントリ
  • マルウェア感染
  • ハードウェア障害
  • 削除または欠落しているLibvlc.dllファイル
  • 別のプログラムが必要なバージョンのLibvlc.dllを上書きしました

詳細情報と手動修理

ここにあなたが数分であなたのシステムのLibvlcDLLエラーを解決することを試みることができる最もよくて簡単な回避方法のいくつかがあります。 始めましょう:

方法1:削除されたLibvlc.dllファイルを再インストールします

DLLは共有ファイルであるため、同じファイルで実行されているプログラムをアンインストールしているときに誤って削除すると、エラーコードが表示される場合があります。 このような状況で、Libvlc.dllエラーを解決するには、ごみ箱に移動して削除されたファイルを再インストールするだけです。 再インストールした場合でも、そうでない場合は、信頼できるDLLファイルのWebサイトからLibvlc.dllファイルをダウンロードしてインストールしてください。 うまくいけば、これで問題が解決するでしょう。 または、 VLCを再インストールします libvlc.dllの完全なコピーが付属しているはずです。 ただし、それでもエラーコードが続く場合は、以下に示す他の方法を試してください。

方法2:ポイントを復元する-最近の変更を元に戻す

Libvlc dllエラーを解決する別の方法は、Windowsシステムを以前のポイントに復元することです。 システムの復元 PCシステムのファイルとプログラムを、すべてが完全に正常に機能していた時間に戻すことができます。 これにより、何時間にもわたる頭痛の種のトラブルシューティングを回避できます。 これは、スタートメニューに移動することで簡単に実行できます。 検索ボックスに「システムの復元」と入力し、Enterキーを押します。 次に、[システムの復元]をクリックし、プロンプトが表示されたら管理者パスワードを入力します。 ウィザードの手順に従って復元ポイントを選択し、再起動して変更を有効にします。

方法3:レジストリを修復する

Libvlc dllエラーは、無効なレジストリエントリによってトリガーされる可能性があります。 解決するには、Restoroをダウンロードするだけです。 これは、強力なレジストリクリーナーが組み込まれたユーザーフレンドリーで多機能なPCフィクサーです。 それはすべての無効なファイルを削除し、破損したDLLファイルを修復し、数秒でレジストリをクリーンアップします。 こちらをクリックしてください。 RestoroをダウンロードしてLibvlcdllエラーを今日解決するために!
続きを読む
及び
著作権©iriz.co ErrorTools。 全著作権所有
商標:Microsoft Windowsのロゴは、Microsoftの登録商標です。 免責事項: ErrorTools.comはMicrosoftと提携しておらず、直接提携しているとは主張していません。
このページの情報は、情報提供のみを目的として提供されています。
DMCA.com保護ステータス